人生が楽しくない?もっと自分の人生を楽しむための6つの方法!

自分の人生に楽しみを見いだせない…なんて事がありますよね。実は人生がつまらないと感じるのは、運命や境遇ではなく、自分自身の「思考」にも原因があったのです!自分自身の思考や行動を変えるだけで、人生は驚くほど変化していきます。より楽しい人生に変えるための6つの方法についてもまとめてみました!

人生が楽しくないと思ってしまう4つの原因

気が付けば、毎日同じ事の繰り返しで人生が楽しくない!という、人間生きていれば1度は誰もが陥ってしまいそうな状態ですが、なぜ人生が楽しくないと感じてしまうのでしょうか?それには、自分自身でも気付かないうちに毎日繰り返し考えている思考パターンがあったのです!

人生が楽しくない!と思ってしまう思考パターンをいくつか紹介していきます。
以下に当てはまるものがないか、チェックしてみて下さい。

1.全てに対して深く考え過ぎてしまう

私たち人間の脳のメカニズムは、自分の身を危険から守るために、常に最悪の事態を先周りして考えてしまう「ネガティブ思考」に元々創られています。そのため考えるほどにありとあらゆるトラブルを想定し、最悪の事態に陥ることを心配してしまうのです。

これは悪いことばかりではありません。事前にトラブルを予測するため慎重な行動を取ることでトラブルを回避する危機回避能力が高いといえます。しかし、悪いことばかりが思いつくので、行動力が鈍ったり、いつも不安にさいなまれて人生が辛くなってしまうこともあるでしょう。

アメリカの作家であるマーク・トゥエインの名言「私がこれまで思い悩んだことのうち、98%は取り越し苦労だった」と言うように、このような思考パターンから人間は常に起こらざることに対しても、必ず心配をしてしまう生き物だと言うことが分かりますよね。

いらぬ心配をし、常に色々な事に対して深く考え過ぎてしまうような人は、要注意です。毎回考える過ぎることにより、どんどんネガティブ思考になってしまい、それがパターン化し、常に心が不安な状態でいることとなってしまいます。

2.自分を必要以上に責めてしまう

自分の日々の行いに対し、ダメな点ばかりを見つけてしまい、反省ばかりをしていませんか?失敗を次に活かすための反省は有効ですが、自分のダメな点ばかりが気になってしまうと、「自分はダメな人間だ」「価値がない人間だ」と思うようになってしまいます。

失敗することですっかり自信をなくし、反省ばかりでなかなか立ち直れない人は、「また失敗するのでは?」という恐れを抱くようになります。そうなってしまうと、新しい事に挑戦することが恐怖となり行動に移せず、結果ずっと同じ場所に留まってしまう事になります。

新しい事に挑戦することなく、ずっと同じ場所に留まってしまうと、毎日が単調となり、結果人生が楽しいと思えなくなってしまいます。

自分のダメな点ばかりを探し、必要以上に責めるのはやめましょう。もっと自分の頑張っている点や、素晴らしい点、恵まれている点などを探し、褒めるようにしましょう。そして、自分の可能性を信じて今いる場所にずっと留まるのでは無く、常に新しい事にもチャレンジ出来るような心の状態でいられるようにしましょう。

3.人生の目標を見失っている人

充実した人生を送る為には、やはり目標が必要です。何も目標がないまま毎日を過ごしていると、自分がどこに向かっているかもわからず、達成感を味わう喜びもありません。ただ、毎日が過ぎていくだけで空しくなってしまうこともあるでしょう。ですが、人生の目標が分からない、だから悩んでいるんだ、と言う人も沢山いると思います。

人生の目標を見つけるには、まずは自分と向き合う事が大事です。自分がやりたい事は自分にしか分かりません。夢や目標が無い人は、自分の内面と向き合うのでは無く、外の情報から何かを得ようとしがちですが、本当にやりたい事を探すには自分自身について考える事が何よりも大事です。たまには時間をとって、ゆっくりと自分の内面と向き合うようにしましょう。

4.自分の価値観を大切にしていない人

いわゆる世間一般的な価値観が普通だと信じ切り、世間の価値観にしばられて生きてはいませんか?世間一般的な価値観は他人が作り上げたものです。世間の常識にしばられ、本当に自分がやりたい事や感じている事を抑えて生きてはいませんか?

世間一般的な価値観も移り行くので絶対的なものではありません。世間の常識が変わるたびに合わせて生きていくのでしょうか?世間的に素晴らしいとされている事でも、時が経てば何の価値もなくなるものだってあるかもしれません。世間の目を気にして好きでもない事を続けたり、決められたレールの上だけを歩むのは人生をつまらないものにしてしまいます。

自分自身の価値観を大切にし、決められた枠から飛び出して下さい。自分の人生は自分で創り上げて行くものです。自分の人生を歩めるようになった時、初めて人生が楽しいと思える筈です。

人生を楽しく生きるための6つの方法

では、人生をより楽しく生きるためにはどうしたら良いのでしょうか?
ここからは人生を楽しく生きるための具体的な方法を紹介していきます。

1.何か新しい事を始めてみる

「人生がつまらない」なんて思ってしまうのは、楽しいことがないからではないでしょうか。毎日楽しみもなく、楽しい予定もなく、同じような毎日が続くばかり。これでは、人生がつまらなく思えても仕方がないかもしれません。

しかし、待っているだけでは何も起こらないかもしれません。友達が誘ってくれるのを待つよりも、自分から積極的に動いてはいかがでしょうか。

まずは新しいことを始めてみましょう。未知の世界に踏み込むのはドキドキしますよね。習い事や勉強を始めて、興味があることを追及してみるのもよいのではないでしょうか。時間がないとかお金がないとか、最初から無理と決めつけないで、前向きに検討してみましょう。

新しいことを始めるというのはドキドキばかりではありません。不安になったり緊張したりすることもあるでしょう。しかし、今の生活に慣れすぎているので毎日がつまらなく感じてしまうのではないでしょうか。

新しいことを始めると、きっと刺激的なことが待っているはずです。これまでに体験したことがない新しいことに挑戦してみてはいかがでしょうか。

2.やりたい事・夢や目標を書き出す

夢や目標と言っても、難しく考えずに何でも良いのでやってみたい事など簡単なものから書き出してみてください。それは目標なの?と思えるくらい簡単な事でも大丈夫です。まずは何に興味があるのか、自分の内面を探って行きましょう。

自分がしてみたい事やワクワクする事、自分の感情が高まる事を沢山紙に書き出してみて下さい。すぐには思いつかないかもしれませんし、時間がかかる場合もあります。好きな事ややりたい事・ワクワクする事が分からない時は、幼少期を思い出し自分は何が好きだったか、得意だったのかなどを思い出してみるのもより早く「目標」を見つけるヒントになります。

どうしても分からない場合は、両親に自分は昔どんな事が好きで興味があり、夢中になって遊んでいたか、などを聞くのも良いでしょう。幼少期に好きだった事が実は自分がずっとやりたかった事や夢・得意なものである確率が高いからです。

3.他人の役に立つ事をしてみる・貢献する

人は他人に感謝される事で、生き甲斐を感じる生き物でもあります。普段人生が楽しくない・つまらないと思っている人は、他人との関わりも少ないのではないでしょうか?そして、他人に感謝された時の嬉しさの感情を知らないからかもしれません。

誰かを少しでも助けることができるのだ、という実感が喜びとなり、自分の人生がこれまでより素敵に思えてくるでしょう。たとえばボランティア活動に参加するのもよいでしょうし、時間がなければ募金をすることでも誰かの役にたつことができます。

その他にも身近なところで人の役に立てる機会はたくさんあるでしょう。たとえば電車でお年寄りなどに席を譲ることだって、誰にでもできることではありませんので、勇気をもって声をかけることができたら自分を誇らしく思えるのではないでしょうか。

毎日の生活の中でも、困っている人を積極的に助けたりして、人の役に立つことはできるでしょう。ボランティア活動に尻込みしてしまう人なら、まずは身近なところから人の役に立てることはないか探してみてはいかがでしょうか。

4.自分の今いる環境に感謝をしてみる

人は自分の今いる環境がごく当たり前だと思ってしまいがちです。しかし、住む家があり仕事もあり、食事もでき、明日生きて行くお金がないわけでもありません。これはとても恵まれており、感謝すべき事です。

人生が楽しくない、と思ってしまう人は、自分の今置かれている環境が当然だと思っており、恵まれた環境であることに気付いていません。世の中には住む家も食べ物もなく、毎日暮らす事だけでも精一杯な人たちも沢山います。

感謝の気持ちを忘れずにいれば、多くのものに気付けるはずです。当たり前のことも特別に思えたり、今ある幸せに気付く事ができるようになります。自分の今の恵まれた環境に感謝してみると、今まで見ていた世界がまた違うものに感じられ、1日1日を大切に生きて行こう、と思えるようになるかもしれません。

5.自分で選択し、行動する

人生が楽しくないのは、これまでずっと親の目や世間の目を気にして生きてきたからかもしれません。自分がやりたいことよりも、両親に認めてもらえることを重視して、「よくやった」と褒めてもらうために生きてきたのではないでしょうか。

自分のやりたいことを我慢して生きていると、だんだん自分でも何がやりたいのかわからなくなっています。自分の感情を抑えて生きるなんて、そんな人生は楽しくありませんよね。自分の感情をもっと大切にし、自分の思った通りに生きて初めて人生が楽しいと思えるようになるのではないでしょうか。

また、人はどうしても他人の意見に流されてしまったり、自分が難しいと思ったことは避け、なんとなく自分にとって簡単な道を選んでしまいがちです。これでは、自分できちんと選択し、行動していると言う実感が湧きません。

全てが自分の責任である事を意識しながら、自分で選択し行動する、ということが出来ない限り、より楽しく充実した人生を歩むことは出来ません。他人の価値観に縛られず、自分の感情や価値観を大切にしてより良い選択と行動を重ねることによって、人生は楽しいものへと変わっていくことでしょう。

6.思い切って環境を変えてみる!

人生がつまらなく感じるのは、周りの環境のせいもあるかもしれません。いつも同じ人にしか会わない環境で、毎日愚痴などを言う同僚と一緒に仕事をしているのであれば、周りからネガティブな影響を受けている可能性もあります。人生が楽しくない、と言う人達が集まっている中に居れば、おのずと自分自身もそのような思考になっても不思議ではありません。

そして、人間関係は意識せずにいると自動的に形成される、と言われています。つまり、付き合う人を選ばずに暮らしていると、気付かないうちに気の合う人だけしか周りにいない環境になり、結果的に毎回同じ人とだけ会い、同じ会話をし、同じ物を食べ、同じ考え方じゃないといけない気になり、気が付くと気が合うだけの集団が形成されてしまうと言うわけです。

気が合う事は良いことではありますが、前述したようなネガティブな考え方の集団の中に毎日いることは好ましいことではありませんよね。できれば、人生前向きに活き活きと過ごしているような人の中で過ごしたいですよね。

また、人間はその時に付き合っている5人の友達の平均像に近くなる、と言われています。このような傾向が人間にはあるので、もし自分の今の思考や考え方・生き方を変えたいのであれば、今いる環境を思い切って変えることが一番簡単な方法かもしれません。

まとめ

いかがでしたか?
人生を楽しくできるかできないかは、自分の心がけしだいです。自分の考え方や行動で人生はどのような形にもなるということです。そう考えると、人生を楽しいものに変えるのは、簡単なことだと思いませんか?

もちろん、今までの思考は長い年月を経て形成されてきたものなので、すぐには変わらないかもしれませんが、積極的に毎日意識して変えるように努力する事が大事です。どんなに小さな事でも良いので、まずはいつもと違う事を始めてみたり、普段の自分の考え方に注意して意識しながら変えてみる事から始めてみるのが良いでしょう。そこから、自分の人生の目標や夢などへとつながっていくかもしれません。

また、すぐに行動に移せる人は、6つの方法の中にあった「思い切って環境を変える!」ことなどが、短時間で大きく自分を変える方法になると思うので、チャレンジしてみるのも良いでしょう。人は良くも悪くも周りの環境によって変わるものです。自分が理想とする環境や人の近くになるべくいるように心がけると、自然と理想の自分に変わっていけることでしょう。

そして、自分の今ある環境にもきちんと感謝し、今ある幸せも大切にすることが大事です。幸せは与えられるものではなく、自分の中に見いだすものです。自分の中に幸せを見いだすことが出来れば、人生ももっと楽しいと思えるものになるはずです。また、人生を楽しいものにしたいのであれば、意識的に人生を自分で楽しむように心がけることも大切ではないでしょうか。