【自分に自信がない人の行動や恋愛傾向】自分に自信がないときにおすすめの名言をご紹介します!

もしかしてあなたは自分に自信がないと感じていませんか?どうすれば自信が持てるのかを知りたいと思っている顔しれません。そのためにはまず、自分に自信がない人の行動や特徴を知ることも大切です。こちらでは、自分に自信がない人の行動や恋愛傾向、そして対処法とおすすめの名言をご紹介いたします。

自分に自信がないなんて言わないで!

あなたは自分の行動や発言、考え方に自信を持っているでしょうか?堂々とふるまうことはできますか?もしこの答えに頷くことができないのなら、自分に自信がないと感じているのかもしれませんね。

自分に自信がないというという事はいったいどんな結果を生み出してしまうのでしょうか?自分に自信がある人と、自分に自信がない人では、どちらの方が豊かな人生を送れると思いますか?こんな質問をされたら、誰だって、自分に自信がある方だと答えるでしょう。

では、どうすれば自分に自信を持つことができるのでしょうか?そのためには、自分に自信がない人の行動や特徴をよく理解し、克服することが大切です。

自信が無い原因とは?

慣れていない

社会ではよく知識よりも経験が評価される傾向がありますが、このことは仕事だけに限らず、普段の生活で体験する様々なことにも当てはめられる事実と言っていいでしょう。故に、未知のことに対して頭の中で漠然と思い描いてるイメージよりも、実際に体験を通して体に染みついたイメージの方が物事を適切に処理するうえで人には役に立つのです。

また、こうした経験に基づいた慣れという感覚はその人に強い自信を与え、その人に精神的大きな力を与える作用を持っているのです。逆に、経験不足な人はそのような感覚を十分に持てないあまり、自分の慣れていない未知のことに対して、どうしても弱弱しくなり、自分を信じられなくなってしまいやすいのです。

こうした事がきっかけで、自分に自信が持てない人はひたすら自分が慣れていないと感じるような事に対して経験を積むようにしましょう。「習うより慣れろ」なんて昔から言いますが、さすがに先人の知恵といったところですね。

マイナスイメージ

人は考えるという行為を通して、ある程度未来に対する想像を行う事ができる高度な能力を持った生き物です。そして、そのように作られる未来のイメージは人の行動と感情に大きな影響を与えるのです。未来における前向きなイメージを得る事ができたら、心身伴にとてもパワフルになり、その人は強い自信を獲得し、物事に対して今まで以上に行動的になれるのです。

しかし、未来における不安的イメージを持つと、ただただ不安になり、自分を無気力にしたり混乱させてしまい、しまいには自分への自信さえも無くしてしまうことがあるのです。例えば、新しい仕事に挑む際に、この様なマイナスイメージを持って始めてしまうと、自分に自信を持てず、十分にその仕事を行うことができにくくなります。

体力的に無理

疲労という物は肉体だけでなく、人の心にも何かしらの問題を訴えかけてくる厄介な生理現象と言っていいでしょう。例えば、疲れている時に無性に無気力感を感じたり、気持ちが沈む事はありませんか?あれは正に疲労が心に悪影響を与えている証拠といっていいでしょう。

また、肉体的な疲労は人の自信という感情にも働きかける作用が少なからずあると考えられています。そのため、日々疲れている人は自分に自信を持ちにくくなったり、精神的に弱気になりやすいと考えられるのです。

故に、肉体的に疲労を溜めすぎたり、慢性的に疲れがある人は自分に自信を十分に持てる機会が普通の人よりも低くなっていることがあるかもしれません。

自意識過剰

人の目を気にしすぎている人はそうでない人に比べて、とても自己肯定感が低いと言えます。要するに、こうしたタイプの人は自分に自信を強く持てないのです。人の目を気にするという行為は、人の目に合わせるように本当の自分を抑え込むという行為と言い換える事ができます。

そのようにして、本当の自己を抑え続けていくと、本当の自己が間違っていると勝手に思い込んでしまい、本当の自己に対して嫌悪感や恥ずかしさ、そして弱さといったマイナス的な感情を無意識に持ってしまうのです。

そして、その結果、本当の自分に自信という感情を一滴も持つ事ができなくなってしまうのです。

自分のミスが許せない

完璧主義の人もまた自分に対して自信が持ちにくい人達と言っていいでしょう。こうした人達は自分の行うこと全てに対して、常に百パーセントの結果を求めるような、言わばとても自分に厳しい人達と言えます。それ故、少しの失敗で自分を過度に責めたり、自分に自信を無くしやすいのです。

また、完璧主義の人は非常に上で紹介した、人の目を気にしやすいという特性も大抵の場合、併せ持っているので、その分普通の人達よりも自己に対する自信をとりわけ持ちにくい人達と言えるでしょう。

自信が持てない時に疑う病気

貧血

自分に自信が持てないといった精神的な不調が自分にきている時にまず疑うのは、体の病気と言えます。そこでここでは、そんな自分への自信の無さを誘発すると考えられる、いくつかの病気をピックアップしました。自分に自信が持てない人は是非チェックしてみましょう。

まずはじめに貧血という問題が挙げられます。貧血は一見、身体的な不調として考えられがちですが、精神的にも不調をきたす原因にもなる病気と考えられています。特に、貧血の原因の90パーセントを占める鉄欠乏性貧血は、気分の乱れや気分の落ち込みを与える可能性が指摘されています。

貧血は女性に多い病気と言えます。そのため、女性の方は特に注意が必要と言えます。

うつ病

いわずもがな、うつ病も自分への自信を極度に低くする原因と考えられている病気です。この病気が原因で自分にネガティブな感情を抱えている人は非常に多いと考えられます。そのため、うつ病と自信喪失は表裏一体の関係と言っていいかもしれません。

うつは現代のような複雑な社会では非常に多くの人が罹る可能性のある現代病として挙げられています。そのため、うつへの治療技術は非常に高度な次元で進んできています。自分への自信喪失感情を感じ始めたら、まずはうつ病を疑い、病院に即座に相談しに行くのをお勧めします。

回避性パーソナリティー障害

回避性パーソナリティー障害という病気を聞いた事はあるでしょうか?あまり聞きなれない病気ですが、近年この病気を抱える人が増えていると言われています。そして、この病気はダイレクトにその人に自分自身への自信喪失感情を作り上げてしまうと言われているものなのです。

この病気は何をやるにおいても、先行して失敗を恐れてしまったり、変に臆病になってしまったりして、何事にも逃げ腰になってしまう症状に加えて、自分が他者よりも劣っているという感情を過度に感じてしまう「劣等コンプレックス」を与えてしまうと言われています。

それ故、自分に対して自信を消失させる原因として十分に考えられる病気と言えます。

摂食障害

摂食障害は過食症と拒食症の2つあるいはこの2つが複合された形の物の3つのタイプがあります。その名の通り、拒食症は食べ物を過剰に拒んでしまい、十分な食事ができない病気で、過食症は必要以上の食べ物を食べすぎてしまったり、それを吐きだそうとしてしまう病気と言えます。

このような食事の仕方はその人のメンタルを激しく消耗させ、その人を気持ちとしてとてもネガティブな状態にしてしまうと言われています。もちろん、その中には自分への自信喪失感情も含まれています。

このような症状にかかる人は元々自分の体形に関してコンプレックスという感情を強く持っていた人達が多いといわれています。そして、その気持ちを余計に強くしてしまう危険性があるのがこの摂食障害であると考えられているのです。

自分に自信がない人の行動

自分に自信がない人には何らかの原因があり、また行動にも特徴があります。今まで育ってきた環境や、受けてきた教育、考え方、経験などから、個性に差がでてきますよね。ではいったい自分に自信がない人たちはいったいどんな行動をとってしまうのでしょうか?

1:自分の意見を言わない

自分に自信がない人は、自分の意見を隠してしまいます。自分に自信をもっていない自分が発言する内容なので、自分でも信じることができません。「こんなことを言って、否定されたらどうしよう。」「誰も賛同してくれないんじゃないか?」「場の雰囲気が白けてしまったらどうしよう」と、不安になってしまうのです。

いつも、皆が意見を出し合うような場面で、一人「それでいい」や「なんでもいい」などと繰り返す人を見て尊敬できるでしょうか?できませんよね。自分に自信がないがゆえに、自分の意見を言わないということが、さらに周りからの信頼を無くし、より一層自信を無くさせるような現実を呼び寄せるのです。

自分に自信がないために、自分の意見を言わないことが原因で、より一層自分に自信がなくなってしまう。こういった負のスパイラルに陥ってしまうのです。

2:相手に合わせる

自分に自信がない人が自分の意見を言わない結果、何をするにも相手に合わせてしまうことになります。例えば一緒に遊ぶ時も、自分の意見を言わない為、行きたい場所も、ランチの場所も、ディナーの場所もすべて相手の希望に合わせ、ただただついていくだけになってしまいます。

自分に自信がない人にとっては、相手に合わせるということは、自分で決めなくても良い=たとえその場所が楽しくなくても、おいしくなくても、自分の責任ではないので、安心して参加できるのです。

本当はあっちの方が楽しそうだな、あっちのお店の方がおいしそうだな、と思っても、万が一そのチョイスが失敗していたとしたら?!そんなことを考えると怖くなってしまい、結局相手にすべて合わせてしまうのです。

3:積極的に経験を積まない

自分に自信がない人はえてして消極的になりがちです。例えば初めて経験することがあった場合、積極性のある人なら面白がって体験したいと思うようなことでも、自分に自信がない人は、未経験の事柄はできるだけ避けて通ろうとしてしまうのです。

そもそも自分に自信がない原因の一つに、「絶対的な経験不足」が挙げられます。自分が経験していないことは、誰だって失敗する可能性が高いのです。しかし、自分に自信がない人は、誰もが失敗してもしょうがないような状況であったとしても、“自分だから”失敗してしまったんだ、と自分を責めてしまいがちです。

経験不足が自分に自信がないという状況を生み出し、そのため新しい経験を避けて通る。こんなことを何年も、何十年も繰り返していたら、積極的に経験しようとする人との差は大きくなってしまいます。小さなころに経験しておけば、誰もが失敗するような内容でも、避けて通ってきたため大人になってからも失敗してしまう可能性がある。こんなことではいつまでたっても自分に自信がないままですよね。

自分に自信がない人は、積極的に経験を積まずに、初めての経験を避ける傾向があるのです。

4:マイナス思考が強い

「当たって砕けろ!」という威勢のいい言葉がありますが、自分に自信がない人には信じられない言葉なのです。砕けることがわかっているのなら、当たってる場合ではない!と考えてしまいます。世の中には、失敗から学べる事、また失敗しそうでもチャレンジすることから学べることが沢山あるはずですが、自分に自信がない人にとって、失敗は何よりも怖く、何よりも避けたい事柄なのです。

そもそも自分に自信がない人は、マイナス思考が強くなりがちです。チャレンジする前に、あれやこれやと勝手なマイナス思考で結果を予測し、「絶対に無理」「成功するわけがない」と決めつけてかかります。また、自分に自信がないものですから「自分に成功できるわけがない」とさらに追い打ちをかけてしまいます。

このようなマイナス思考によって導き出された、勝手な失敗計画に基づいて、やる前から諦めてしまうのです。このことも手伝って“3”で紹介したように、絶対的な経験不足になってしまい、より一層自分に自信がない、という状況に陥ってしまうのです。

5:他人軸の人生を生きる

自分に自信がないがない人は、他人軸で人生を生きてしまいがちです。人生というのは一人一人に平等に割り当てられたストーリーではないでしょうか?その長さや内容に違いがあるとしても、自分の考えや自分の意思を尊重し、自分で切り開いていくものです。せっかく主役の座を射止めたのに、他人軸で生きるなんてもったいない話です。

自分に自信がない人は、自分の選択に全く自信がもてません。小さい時から「周りでこれが流行っているからこれが欲しい」「みんながこういう遊びをするからこれで遊ぶ」「あの人がこういったからそうする」などと、自分の意見は全くなく、人が選んだものを基準に生きているのです。

小さい時から選択してこなかったため、進路や就職、結婚などの人生の大きな決断も自信がなくて一人ではできないでしょう。結果的には、自分が信頼できると思っている人のアドバイスに従うような人生を送ってしまいます。自分に自信がない人は、自分の人生を他人軸で生きているのです。

自分に自信がない人は恋愛で損をする

自分に自信がない恋愛とはどんな恋愛になってしまうのでしょうか?自分に自信がない女性の恋愛傾向とは?さきほどご紹介した、自分に自信がない人の行動に重なる部分もありますが、特に恋愛傾向に注目してチェックしてみましょう。

1:恋愛の行方も相手次第になってしまう

先ほどの自分に自信がない人の行動でもご紹介した通り、自分に自信がないは自分の意見を言いません。それは、恋愛に対しても顕著に表れます。「私みたいな者を好きになってくれただけで十分。どこまででもついていきます。」という心理が大きく働いてしまうのです。

恋愛において、お互いに相手に感謝するという事はとても大切なことですが、相手の意見を丸呑みするという事が感謝するという事にはなりません。自分に自信がない女性が付き合った男性が“いい人”の場合は良いでしょう。あなたのことを大切に思い、本心を根気強く聞き出してくれるからです。でも、もし“あまりいい人じゃない”場合はどうでしょうか?最初は相手も対等なつもりで接してきていたとしても、何をやっても受け入れてくれるあなたのことを、次第に都合のいい女と思うかもしれません。

本来ならば、時には意見がぶつかって喧嘩しながら二人で作り上げていく関係ですが、自分に自信がない恋愛では、その行方も相手の人柄次第になってしまうことが多いのです。

2:彼に依存してしまう

自分に自信がない女性は、彼に依存してしまいがちになります。例えば電話をかけてもつながらない、メールやLINEの返信が来ない場合、普通なら「忙しいのかな?」と特に気にせずに他のことをしながら返信を待つことができるでしょう。

しかし、自分に自信がない女性は、返信が来るまで、「どこにいるのか?」「何をしているのか?」「誰といるのか?」など気が気じゃなくなり、スマホを片時も手放すことができなくなり、他のことに手がつかなくなってしまいます、これは一種の依存状態と言えるでしょう。

恋愛はお互いを支えあうものですが、片方が依存してしまうとその関係は成り立ちません。男性側も最初は少しぐらいの依存はかわいく見えていたとしても、そのうちその依存が“重たく”感じ、次第に距離を置くような態度をとってしまうかもしれません。自分に自信がない女性は恋愛や彼に依存してしまいがちなのです。

3:彼を束縛してしまう

自分に自信がない女性は、彼がいつどこで自分よりも素敵な女性に出会ってしまうかと、いつもびくびくしてします。「もし、他に好きな人ができたと言ってフラれたらどうしよう」と、彼がひとりで出かけている時は不安で不安でしょうがありません。

その結果、「どこにいるの?」「誰といるの?」などと、彼を束縛するような行動に出てしまうのです。自分に自信がないがゆえに、彼の行動を信じられなくなり、彼に裏切られても当たり前だと心のどこかで感じてしまっているのかもしれません。それも自分に自信がないからなのです。

自分に自信がない女性は、フラれてしまうかもしれないという不安から、常に彼の行動や言動を見張っていないと気が済まなくなり、彼を束縛してしまうのです。

4:彼を疑ってしまう

自分に自信がない女性が、彼に依存してしまうのも、彼を束縛してしまうのも根底には、彼を疑っているという事実があるからです。自分に自信がないあまり、彼の一言一言を素直に信じることができず、すべて裏があるんじゃないか?本心ではないのではないか?といらぬ詮索をしてしまいます。

今日は友達と飲み会だといわれていたとしても、「本当は女性も参加するコンパなんじゃないの?」と疑ったり、「かわいいね」「好きだよ」などの褒め言葉も、何か裏があるのでは?と素直に受け取ることができません。

こんな態度をとっていれば、彼もうんざりしてしまうでしょう。本心を言っても、事実を言っても信じてもらえないのです。そのうち、もういいや、という気持ちになってしまうでしょう。自分に自信がない女性は、彼のことが信じられず疑ってしまい、結果、恋愛関係を悪くしてしまうのです。

仕事に自信が持てないとき

真面目にコツコツ取り組む

先程も上で触れましたが、自信の無い人が自分に自信を持たせるうえで、経験は大きなサポートをしてくれる要因になります。特に、会社と言った経験がものをいうような世界で自分に自信を持って生きていきたいと考えるのなら、なおさら、経験を積んでいく事は必須なのです。

そのためには、最初は自信の無さから怖いかもしれませんが、とりあえず目の前にある仕事をコツコツ真面目にできる範囲で一生懸命取り組んでいきましょう。それを繰り返していくことによって、きっとあなたの仕事における経験値は上がってきます。

そして、その仕事の経験値が会社内でのあなた自身の強い自信にも繋がっていくことでしょう。また、仕事へのやりがいも十分に感じられるようになっていくので、仕事は経験を積めば積むほどメリットづくしと言えるでしょう。

周りの評価を気にしない

仕事は確かに人から評価されてこそ、その達成感が得られるものですが、他人の評価を一切気にせず自分のやり遂げた仕事に対して誇りを持つ事も大事であり、自分への自信を見につけるうえではなおさら大事と言えます。自分がしたことに対して誇りを持つ事は、その人に強い達成感を与え、それを励みにまた自分を成長させたいという気持を生みます。

そして、このような自己を磨きたいという強い欲望が後の強い自分を生み出すきっかけになり、その結果として、自分に誇りが持てるようになるのです。自分に誇りが十分持てるようになった時には、もう自分への負の感情は消えている事でしょう。

自分に自信を持つための方法

得意分野を見つけよう!

自信がない自分を克服する方法をご紹介いたします。まず、自分のどんなところに自信がないのでしょうか?こう聞くと、たいていの人が「全てです」と答えるかもしれません。でもそれは事実ではありません。それは考えることを放棄しているだけなのです。人には得意分野と不得意分野があるはずですが、自分に自信がない人は、不得意分野にばかり目を向けているのです。

逆を返せば、不得意分野以外はすべて得意分野ともいえるでしょう。何も自信満々で行っていることだけが得意分野なのではありません。人前で話すことに自信が持てなくても、もしあなたが家族のために毎日料理を作っているとしたら、それは立派な得意分野です。できない人は、目玉焼き一つ作ることができないのですから。

よく考えて得意分野を見つけたら、その分野をより伸ばせるように頑張りましょう。何故なら不得意分野に時間をかけて人並みにするよりも、不得意なことはその分野が得意な人に任せてしまい、自分の得意分野を伸ばした方が効率がいいからです。もし料理が得意なのだとしたら、それで困っている人がいれば助けてあげましょう。実際に作ってあげることはできなくても、アドバイスをあげるくらいはできるでしょう。

アドバイスに対してお礼を言われるかもしれません。それが成功体験です。そうやって少しずつ成功体験を重ねていけば、自ずと自信がつくはずです。そう、もともとあなたは自分に自信がない人なのではなくて、「人前で話すことには自信がない人」なだけなのです。

こうやって少しずつ、自分の得意分野を広げていくことができれば、いつの間にか自分に自信がないなんてことは忘れてしまうでしょう。

自分に自信がないときに響く名言

こちらでは、自分に自信がないときに心に響く名言をご紹介いたします。
失敗すればやり直せばいい

失敗すればやり直せばいい。
やり直してダメなら、
もう一度工夫し、
もう一度やり直せばいい。
~松下幸之助~

自信のない人は、失敗を恐れがちです。この名言は、失敗してもいいという事を教えてくれます。失敗したら終わりなのではなく、失敗すれば工夫をしてやり直せばいいという事を教えてくれているのです。
日ごろから失敗を恐れて、何に対してもチャレンジできないような人に染みる言葉ではないでしょうか?

明日訪れるかもしれない成功

元気を出しなさい。
今日の失敗ではなく、
明日訪れるかもしれない成功について
考えるのです。
~ヘレン・ケラー~

先ほど、自分に自信がない人は、マイナス思考だとご紹介いたしました。そんな方におすすめの名言です。失敗したという事実をいつまでも考えるより、どうすれば成功するのかを考えるほうが、成功に近づけると思いませんか?失敗は失敗として一つのデータにして、どうすればうまくいくのかに思考を切り替えるとよいでしょう。

人間だもの

ぐちをこぼしたっていいがな
弱音を吐いたっていいがな
人間だもの
たまには涙をみせたっていいがな
生きているんだもの
~相田みつを~

相田みつを氏の“人間だもの”というフレーズはともて有名ですよね。それだけ人々の心に響く言葉なのではないでしょうか?この名言は自分に自信がない人に、自信がなくてもいいんだよ、と教えてくれます。愚痴をこぼしても、弱音を吐いても構わないんです。“自分に自信がない”自分を受け入れていくことも大切なのかもしれませんね。

幸福の定義

幸福のこんな定義を聞いたことがあります。
「幸福とは、健康と物忘れの早さである」
ですって!
わたしが思いつきたかったくらいだわ。
だって、それは真実だもの。
~オードリー・ヘップバーン~

自分に自信がない人は、いつまでも失敗や良くないことを覚えていて、クヨクヨしてしまいがちです。このヘップバーンの言う通り、物忘れの早さがあれば、幸福になれるかもしれません。良いことは何時まででも覚えておいて良いですが、悲しい事や悪い事、失敗したことなどは、さっさと忘れてしまいましょう。

自信をもって生きていこう!

いかがでしたか?自分に自信がないなんて本当にもったいないことです。もし、そのことに自覚があるのなら克服の第一歩を踏み出しているのではないでしょうか?

こう言ってしまうと身もふたもないかもしれませんが、一般的な人であれば物事の実力なんて、そう大差はないものなのです。どれだけ堂々とふるまっているか、自信を持っているかで、周りからの評価も変わってしまいます。例えば同じ味の料理を作った、自信満々の人と、自分に自信がない人がいれば、自信満々の人の料理の方がおいしいと感じるでしょう。

いきなり変わることは難しいかもしれませんが、少しずつ、一歩ずつでもいいので、自分の人生を生きてみませんか?