余裕がない男性はモテない?心に余裕がない人の特徴や余裕を持つ5つの方法!

心や時間、お金に余裕がない人は人から嫌われてしまうこともあるようです。また、余裕がない男性はモテないとも言われています。余裕がない人の特徴や余裕を持つ方法を知って、自分に余裕が持てるようにしてみてください。余裕を持つようになることで、考え方も変わるかもしれませんね。

余裕がないってどんな状態!?

余裕がないと聞くと「お金に余裕がない」「時間に余裕がない」「心に余裕がない」などさまざまな余裕のなさを考えることができるかと思います。しかし、お金に余裕がない場合や時間に余裕がない場合も、結果として「心に余裕がない」という状態になってしまう可能性が高いと言われています。

心に余裕がなくなることで、余裕のある行動ができなくなってしまうこともありますよね。心に余裕がないことで、人との付き合い方も変わってきてしまうこともあるようです。

余裕がないことでどのような状況に陥ってしまうのかを紹介します。また、余裕がない男性は、さまざまな原因から女性にモテなくなってしまうと考えられています。モテなくなる原因を知って、女性にモテる男性に変わる努力をしてみましょう!

心に余裕がない男性の特徴5つ!何故モテなくなってしまうの!?

すぐに人のせいにする

心に余裕がなくなったり、自分自身に余裕がなくなることでそれを隠そうとする傾向があるようです。そのため、自分の余裕のなさを隠すために「あいつがそうしたいって言ったから…」などと自分に非があるにも関わらず人のせいにしようとしてしまうようです。

このようになんでも人のせいにする男性の姿をみて「器が小さい人」だと考えるようになる女性もたくさんいるようです。

そのため、器の小さい人は嫌だという考えから女性にモテなくなる可能性が高いと言われています。反対に、どんなことでも連帯責任と言うように自ら謝ることができる男性は「素敵な人」だと思われてモテる傾向があると考えられています。

すぐに怒ったり拗ねたりする

自分にとって少し気に入らないことがあると、必要以上に拗ねたり怒ったりする人もいますよね。ちょっとしたことで拗ねたり怒ったりされてしまうことで、女性は常に相手の機嫌を伺わなければいけなくなるようです。

そうなってしまえばより良い付き合い方もできなくなってしまいますよね。これは、相手のことを受け入れることができない余裕のなさによるものだと考えられています。

正直このようにすぐに怒ったり、拗ねたりされてしまうことで「面倒臭い」と感じる女性もたくさんいるようですよ!反対にちょっとしたことは、広い心を持って受け止めてくれるような人がモテる男性だと考えられています。

複数の女性にアプローチをする

余裕がなくなることで、「誰とでもいいから付き合いたい」と思うようになる男性もいるようです。しかし、このような考えになってしまえば多くの女性は「特別感」を感じることができなくなってしまいますよね。

余裕がないことで、複数の女性にアプローチしていることがばれてしまえば「結局誰でもいいんだ」と気持ちが冷めてしまう可能性が高くなります。

これは、女性関係に恵まれていない人に多く見られる傾向だと言われています。本当にモテたいと思っているのなら、本命の女性1人だけにアプローチを行うようにした方が良いかもしれませんね。その方が好感を持たれることが多いと思いませんか?

自分の話ばかりをしたがる

心に余裕がない男性は、自分の話ばかりをしたがる傾向があると言われています。相手が割り込む隙を見せないほど、自分の話をしている姿をみて余裕があるという印象を受けることは少ないですよね。

また、このような人は自慢話をすることが好きだという傾向があると言われています。相手からしたら、常に自分の自慢話を聞かされるようになることで、「話していて楽しい」と思うことができなくなってしまいますよね。

このように、自分の話ばかりをする人は女性だけではなく多くの人からひかれてしまう可能性があるので注意をしたほうが良いかもしれませんね。ある程度相手側入る隙間のある、余裕の持った話し方をすることが大切だと思います。

暴力を振るう

暴力を振るうことは、とても最低なことですよね。しかし、中には心に余裕がないことで自分にとって都合の悪いことは力で解決しようとしてしまう場合もあるようです。暴力を振るわれて喜ぶ女性はいないのです。心に余裕がないことで暴力を振るう人は、モテるモテない以前に人間性を疑われてしまうので注意をしましょう。

まず、人として相手を傷つけることがどういうことなのかを考えるようにした方が良いと言われています。最悪の場合犯罪になってしまうので要注意してくださいね。どんなことがあっても、暴力はいけません。

「時間」「お金」「心」に余裕がない人の5つの特徴とは?

時間に余裕がない人は「いつもセカセカしている」

毎日忙しく仕事をしていることは、良いことだと一般的に考えられています。仕事があることだけでもとても幸せなことですよね。しかし、あまりにも忙しく時間に余裕がなくなると、「本当にこれでよかったのか」という不安を抱えるようになるのではないでしょうか?

いつも時間に追われてセカセカとするようになってしまうことも少なくないでしょう。いつも時間に追われるようになることで、人と関わる時間を取ることができなくなり「人付き合い」が疎かになる可能性も出てきます。また、忙しい事が原因で体調不良を引き起こす可能性もあるので注意をした方が良いかもしれませんね。

お金に余裕がないと「人付き合いが悪くなる」

人付き合いを行うときには、食事に行ったり、遊びに出かけることが多いですよね。そのため、誰かと関わることでお金の出費は増えてしまうでしょう。サラリーマンなど人付き合いのある仕事をしていれば仕事終わりに「付き合い」で飲み会に参加することもあるでしょう。

仕事終わりの付き合いだったとしても、お金がなければ参加することは難しくなってしまいますよね。また、遊びの約束もお金がないからという理由で断らなければならなくなってしまう可能性もあります。

そうなってしまうと「この人は付き合いが悪い人」と他人からは思われてしまうでしょう。また、常に誘いを断ってしまうと次第に誘われなくなる可能性もあるため、人付き合いにはほどほどのお金を出せる余裕を持ちたいものです。

お金に余裕がないと「生活のレベルが下がる」

急なリストラや急な収入の減少によって、生活のレベルが落ちてしまうケースは少なくないと言われています。今まである程度の収入があったのに、お金に余裕がなくなることで趣味をやめざるを得なくなってしまったり、家賃の安い場所に引っ越したりなど生活の全般を見直さなければならなくなってしまいますよね。

そうなってしまうと「もっと節約しなければ」とお金に余裕がなくなってしまうでしょう。また、このように急に生活のレベルが下がることでストレスを感じる原因となり、心の余裕もなくなってしまう場合もあると思います。

増税したことで生活が苦しくなったという人も少なくないと考えられています。急に生活のレベルが下がっても大丈夫なように普段からある程度無駄遣いはしないようにするなどの対策をしておいたほうが良いかもしれませんね。

心に余裕がないと「人に厳しくなる」

気持ちに余裕がなくなるといつもイライラするようになる可能性が高いと言われています。常にイライラしている状態で生活を送ることで、さらに些細なことでも勘に障るようになってしまうでしょう。そのため、人に対して優しくすることができなくなるそうです。

このようなことが原因となり、人間関係を悪くしてしまうこともあるため注意をした方が良いかもしれませんね。具体的な例としては、街で肩がぶつかっただけでも文句をいうような場合には「心に余裕がない」状態になっている場合がほとんどだと思いませんか?気持ちに余裕がある人は、人に対して優しく接することができるものです。

心に余裕がないと「冷静になることができない」

心に余裕がなくなることで、常に追い込まれているような感覚に陥ってしまうと考えられています。そのため、物事を冷静に判断する能力が低下する可能性があるようです。生きていれば頻繁に決断をしなければならない場面に直面しますよね。

そんな時に心に余裕が持てていないことで行動や発言、思考などがネガティヴになるとも言われています。そうなってしまうと、大切な時により良い決断をすることが難しくなる可能性が高くなってしまうでしょう。

余裕がある人になるために!すべき5つの実践

呼気と吸気を意識して行なう

余裕がない人は、普段無意識に行なっている呼気と吸気を、「息を吐いて~、息を吸う~」と意識しながらゆっくり行なってみてください。それで交感神経と副交感神経の働きをバランス良くしていく事ができます。深い呼吸をすることで、副交感神経の働きを活発にさせて、交感神経の働きを弱める効果を期待することができると考えられています。

副交感神経には気持ちを落ち着かせる働きがあります。余裕がないと普段から自覚がある人は、深い呼吸をするように心がけることで、心を落ち着かせて気持ちに余裕を持つことができるのではないでしょうか。深呼吸をすることで気持ちがリフレッシュされるのもこれと同じ要因と考えられています。

心に余裕がないなと感じたときには、呼気と吸気をそれぞれ意識しながら3秒息を吸って6秒で息を吐く程度の、ゆっくりと深い呼吸を行うようにしてみてください。すぐに実行できるのでおすすめです。

自分より他人の事を優先する時間をつくる

忙しいときにこそ人のために時間を使うようにすることで、心に余裕が出てくるということが研究によってわかってきているそうです。ちょっと不思議に感じるかもしれませんが、自分の事ばかりに時間を使う生活習慣が出来ていると、他人からはキャパが狭い人に見られるそうです。

その上、本当に自分も他人の事までなんてとても考えられない、ゆとりが持てない気持ちになっていくようです。毎日「忙しい」と言っているのに何故か余裕があって楽しそうに見える人もいますよね。それは、その人が自分のためではなく人のために時間を使っているからだと考えることができるようです。

このようなことから、心に余裕を持つ為には「忙しい時こそ人のために時間を使う」ということが大切だと考えられます。心に余裕がないと感じたときには、あえて人のために時間を使うようにしてみてください。

余裕がない状態も人間として、あり

余裕がない人は時には、今は体力の余裕がない、気持ちの余裕がない、と認めてあげることも必要ではあります。生身の人間は、体力的にも精神的にも無限に何かを受け入れられるというわけではありません。機械ですら許容範囲があるように人間にだってあります。

なので、あなたがとても寛容で良い人であっても、例えば多くの人からヘルプを求められても断れる権利はあります。「何よ、冷たい!」なとど思われるのではないかと心配する必要はありません。又、自分に厳しい人は自分を追い込んで、何から何までやろうとする場合があります。

自分に厳しいと言うのは、既に余裕がない表れかもしれません。自分の心に余裕がなくなっていると、「まだそれほど仕事をやっていないから」「まだ自分は疲れていない」と思い込もうとしてしまう人もいるようです。

そんな時に余計に頑張ろうとすることでさらに心に余裕がない状態に陥ってしまうこともあるそうです。そうなってしまわないためにも「余裕がない」と感じたときには、それを認めてゆっくりと休むようにしてみてください。

やらない選択をする

世の中にはさまざまな情報が溢れかえっていますよね。そのため時には「やらない」という選択をしなければいけないと考えられています。常に「やる」選択をすることで情報に振舞わされるようになる可能性も高いと言われています。

やるべきことを考えるのではなく、時には「やらなくてもいいこと」を考えるようにしてみてください。やらない選択をすることで、自分が今までやっていたことはそれほど重要ではなかったことに気が付けるかもしれませんね。

また、本当に重要なことが見えてくるようです。そうすることで、やるべきこととやらなくてもいいことを判断することができるため、心や時間に余裕が生まれる可能性が高いと言われています。必要であれば毎日リストアップしてわかりやすくしてもいいかもしれませんね。

極端な考えを捨てる

必要以上に相手を責めてしまったことはありませんか?また自分を必要以上に追い込んでしまうこともあるかと思います。極端な考えを持つようになることで必要以上に相手や自分を追い込んでしまう可能性が高いと言われています。

また、極端な考えを持っているときにはストレスを感じて「余裕がない」状態になっているとも考えられています。そうなることで余計に自分を追い込んで余裕がない状態にしてしまうようです。

どんな時でもあり程度柔軟な考えが持てるようにしてみてください。また、今極端な考えを持っている場合にはそれを捨てる努力をしましょう。

まとめ:余裕がないから余裕がある人へ

このように余裕がないことで、人間関係を壊す原因になることもあるそうです。そうなってしまわないためにも、心に余裕がないと感じたときには適切な方法で心に余裕を持たせる努力をしてみてください。余裕を持ってより充実した毎日を過ごしましょう!