『やりたい仕事』が分からない!あなたを不安にする就職活動を乗り切るには!?

自分のやりたい仕事が分からない。死ぬまでに、仕事で満足することなどできるのか、と思う人も多いでしょう。人は誰しも大人になると、仕事をするものだという考えはあるものの、自分のやりたい仕事が身近に無い!と困ることも少なくありません。しかし、色々な方法で自分探しをして考えを明確にすれば、やりたい仕事が分かってきますよ。詳しい方法を解説します!

やりたい仕事が分からない!

就職活動中、または就職活動時期が近付いているのに、どういう仕事が合ってるのかわからないことってありませんか?または社会人になっても転職を考えてしまう、今の仕事にやりがいを感じられずにいるけど、かといって何がやりたいと言われると何も云えなくなる…そういう人は実はけっこういたりします。

ワークライフバランスも多様化し、自分の将来も選択肢はある、でもそこに自分の求めるものがあるのだろうか?沢山の仕事の中でやりたい仕事が見つかると思っていたのに、何も見いだせないまま惰性で就職活動が進んでいく。

このような状態では、将来も見えず就職活動も空回りしたままになってしまいます。そこでコツとしては、自分の考え方や見方を変えてみることをおすすめします。案外何かのヒントが転がっていたりするものです。

自分の興味がどこにあるのか、好きなことは何か、そして何をするときに、情熱を傾けられ達成感を感じるのか。それを見つけるため、まずは自分の棚卸をしてみましょう。「自分を知る」ことで、合った仕事が見つけられるきっかけになるはず。そしてやりたい仕事が見つかったときに、それは強い武器になることでしょう。

適職診断って知ってる?

まずは、手っ取り早くできる、オンラインでの適職診断を行うのも一つの手段です。特に、仕事やアルバイトなどの社会経験が無い場合は、どのような仕事があって、自分にどのようなことができるかどうかもわからない状態であることは当然のこと。

適職診断を行い、自分は社会の中でどのようなことができるのかという「可能性」をまず見てみるとよいでしょう。

適職診断VCAP

適職診断は色々とありますが、現在インターネット上で手軽に無料でできる適職診断、VCAPが人気です。完全無料で60の設問に答えていくだけの簡単作業で数分で適職診断をしてくれます。適職診断結果として200以上のタイプがあり、それぞれのタイプの性格を分析し、仕事の適性を診断してくれます。

あなたのタイプの出現頻度をパーセンテージで示してくれたり、職業適性から全体像に比べてあなたの適性の割合を示してくれるだけでなく、他人との交流についての分析や、目標とするタイプ、アドバイスや相性の良いタイプまでわかりやすく説明してくれますよ。

収入偏差値などもあり、とても面白く、ためになる適職診断だと言えるでしょう。100万人以上が利用しているということも、詳しい結果が出る理由かもしれません。

参考

適職診断 VCAP-AI搭載 -適職診断 VCAP

適職診断は当たるのか

VCAPは比較的簡単な適職診断だと言えますが、その他複雑な適職診断でもほぼ同じような結果がでるでしょう。はたして、このような適職診断で、自分という人間の能力を判断できるのでしょうか?診断はあたるのか?という疑問がでるでしょう。

適職診断は、仕事において、自分の性格がどのように役立つかという診断です。ですので、あなたの性格全てがわかっていなくとも、仕事に関係がある、リーダーシップや従順さ、細かい事務作業が向いているかなど、そのような性格についての適切な質問がされているものです。

ですので、ほとんどの適職診断の結果は、当たっていると言えるでしょう。適職診断をすることによって、自分の知らなかった本当の自分を知ることも出来るんです。

適職診断による転職

今の仕事に生きがいを感じない。仕事がつらくてたまらない。このままの仕事をして人生を終わらせたくない。でも、自分のやりたいことがあるかどうか分からない。そのような人でも、適職診断をして、自分がやりがいを感じることができる仕事を見つけることができます。

卒業して、一つしか仕事の経験が無い、家族経営の仕事をして、他にどのような仕事があるかわからない等、仕事の経験が無いと、本当に今の仕事でいいのかどうかわからなくなることも多いはず。まずは、本来の自分は何に向いているか、そして転職することで自分がやりたい仕事に就職することができる可能性があるのかどうか、それをしっかりと考えて適職診断をするのもよいでしょう。

就職に不安を感じるのはなぜ?

就職が不安でフリーターに?

やりたいことがまだ分からないから、就職してしまうとあとで辞めれなくなりそうだから、と、就職に不安をもってフリーターになる人も今ではいるようです。フリーターというと、真面目に就職活動をしていないイメージがあるかもしれませんが、そういう人に限って、自分の将来のために悩んでいる人が多いかもしれませんね。

やりたい仕事、向いている仕事が分かるためには、色々な経験をすることが大切です。出来れば、学生のころから多くのアルバイトをして社会経験を積むと、仕事とはどのようなものか理解することが出来ますし、自分が好きな職種が見えやすくなります。就職活動を始める前に、可能であれば出来るだけ色々なアルバイトをしてみましょう。

就職活動で不安を感じてない?

学生時代は楽しかったのに、就職活動を始めた途端、やりたい仕事が全く見つからないで将来に不安を感じる人も多いようです。もっと色々な職種があると思ったのに、もっと楽しそうな仕事があるかと思ったのに、というものです。転職の際に仕事を探すときにも同じようなことがあるかもしれません。

しかし、あなたの職探しは充分でしょうか。狭い大学の就職課に相談するだけでなく、色々な就職セミナーに通い、インターネットで情報を自分で収集すると、思った以上に色々な職種が見つかるはずです。

そして、仕事は決して楽しいばかりの物ではないと理解しておきましょう。就職1年目は、慣れない環境と見知らぬ人との間で新しい人間関係を築きながら初めての仕事に打ち込まなければなりません。先輩の指導も受け、やりたくないと思う作業もこなさなければならないことも多いでしょう。

それはどの業界でも当然あること。多くの人がやっていることですから、あまりにも強いこだわりを持ったり不安を持ち続けるのではなく、見つかった仕事の良い部分をしっかりと見て、向上心を忘れずにやる気を出すことを心がけることが大切です。

就職の不安で眠れない

就職ができるか分からない、周りは就職が決まっているから焦りは感じるものの、やりたくない仕事にはつきたくない、という考えで夜も眠れないという人もいるようですね。しかし、焦りは禁物。一度就職すると、その職場にずっと務めなくとも、仕事の基盤が出来上がり、将来も同じ系統の仕事に就く傾向があります。

自分の好きなこと、やりたい仕事ができる職場に就職できるように頑張りましょう。家族のプレッシャーもある、早く内定をもらうまで不安でたまらない、と思うかもしれませんが、人生はとても長いもの。焦りすぎると、自分のやりたいことすら何かもわからなくなってしまいますよ。

就職が不安なまま内定に

多くの就職試験を受けたものの、未だに就職に不安を感じている。でも、そのまま一つの会社から内定をもらってしまった。そういうこともあるでしょう。しかし、内定をもらっても不安を感じてしまうのはナンセンス!今から心配しても何も良い方向には向かいませんよ。

やりたい仕事がはっきりわからないというのは、人生経験がまだ少ないから。内定が決まって新しい仕事の扉が開かれたということは、あなたを必要としている会社があるということなのです。もしかしたら、自分の知らない能力も引き出してくれるかもしれません。

内定をもらったら、新しい世界に飛び出していくチャンスを与えられたということですから、自分にしっかりと自信をもって、入社までに自分磨きに専念しましょう。

向いている仕事とは?

やりたい仕事と向いている仕事

やりたかった夢の仕事にいざ就いても、仕事を始めてみたら、想像と違って嫌なことばかりだった、またはイメージと全く違う仕事内容だった、ということもあるでしょう。または、どうしてもやりたいと思っていた仕事が、実は自分には向いていない仕事だったということもあるかもしれません。

「やりたい仕事」イコール「向いている仕事」というわけではありません。テレビや映画で見てあこがれていた仕事でも、やってみたら、自分には向いていなかったと残念に思うことも少なくありません。

自分に向いている仕事がない?!

自分は高校や大学でも平凡だったし、特技もないし、向いている仕事が無いのではないか。そんな考えもあるようです。しかし、向いている仕事が無いという人は、この世に一人もいないのです。

成績はトップではないけれど、ノートを正確に美しく書くのが得意な人は秘書に向いていたり、人から相談を受けることが多い人はカウンセリングに向いていたり、音楽が好きな人は劇場での仕事に向いていたり。現在は仕事の種類というものは無限にあります。必ず自分に向いている仕事というものも存在しますから、焦らずに可能性を探ってみましょう。

向いている仕事の見つけ方

それでは、向いている仕事の探し方はどうすればよいのでしょうか。まず、すぐに出来るのが適職診断。そして、自分の性格が大体どのような仕事に向いているかイメージがつかめたら、大学の就職相談室に行ったり、講習に参加してみるとよいでしょう。

自分一人で考えるよりも、他人の意見も素直に聞き入れると、社会で自分はどのように見られているのか、他人は自分のどこをこう評価してくれているのかが分かります。自分一人で悩んでいても、なかなか解決策が見つからない人は、家族や友人、学校に相談する機会を増やしましょう。「仕事をしたい」という強い気持ちがあれば、必ず向いている仕事を見つけることが出来るでしょう。

やりたいことを書く!

自分がやりたいと思っていることを、自分の言葉で紙にリストアップしてみましょう。そして、どうしても妥協できないこと、またはやりたくないことも、同じ紙に書いてみます。頭で悩んでいてもわからない場合、紙に書いておくと、自分でも一目で自分の望むことを見ることが出来、仕事に対するアイディアが分かりやすくなるんですよ。

もちろん、どんなに好きな仕事であっても、好きでない作業をしなければならない事も少しはあるでしょう。仕事とは自分の働きで社会に奉仕し、給料を受け取ることです。やりたくないことを全くしないで楽してお金をもらいたいという考えでは仕事はなかなか見つからないでしょう。

自分の「やりたい!」が自分でもハッキリとわかるよう、自分のリストを掲げておくと、仕事探しの際に非常に役立ちます。

やりたい仕事に転職したい

今の仕事では本当に不満足?

こんな仕事、一生続けてもいいのかな、と思う事は誰だって一度はあるでしょう。まだ若いうちは自分の可能性を試してみたいと、転職を考える人も少なくありません。しかし、すぐに転職を考える前によく考えてみましょう。

本当に今の仕事は嫌なことばかり?今の仕事のいい部分を見過ごしてはいませんか?物事の好き、嫌いは、自分の気持ちの持ちようで変わることもあるんです。人間関係に疲れて仕事をやめたいとおもっているのでしょうか。それでは、転職してもまた人間関係がうまくいかなかったら?

簡単に転職を考える前に、まずは、今現在の仕事をしっかりと見直してみましょう。「辞めたい」という考えばかりが先走りして、大事なことを忘れないようにしましょう。もしかしたら気持ちの持ちようで、今の仕事が好きになるかもしれませんよ。せっかく就いた仕事ですから、本当に転職の必要があるかどうかしっかりと考え直してみましょう。

色々な人に会って世界を広げる

やりたい仕事がわからないけれど、どんな仕事があるのかわからないという人は、沢山の人に会って、会話をすることをお勧めします。自分の仕事場から一歩外に出ると、色々な職種の人が居ます。同級生との飲み会の時でも、バカ話ばかりするのではなく、少しは仕事のことも聞いてみるといいかもしれません。

周りの人がどういう仕事をしてどういうことで満足を感じ、どのような不満を持っているのか。自分では多くの仕事経験ができなくとも、他人の経験から学べることは沢山あるでしょう。

セミナー&講習に行ってみる

不安だから、自分のやりたいことがわからないから、という理由で就職セミナーなどを避けるのはやめましょう。色々なことがわからないからこそ、セミナーや講習会に頻繁に行こうとする意欲が大切です。質問されるのが心配だとか、興味がなさそうだから行きたくないという固定概念は捨てて、思い切って参加してみましょう。

一つ一つのセミナーや講習会で、きっと様々な職種について学ぶことが出来、多くの人と知り合うことも出来るでしょう。大切なのは前向きの姿勢です。ただ行って帰るだけでは得るものがありません。行くと決めたら、どんな小さなことでも数多く学んで、沢山の新しい人と知り合うつもりで参加してください。

我究館等の就職支援

現在は我究館等の、就職、転職エージェントがあります。このようなエージェントは就職のエキスパート。自分ではわからない自分の魅力を発見してくれたり、無数の職種から自分が目指す業界や職種を提案してくれたりします。

自分の力では、将来満足できる就職ができないと思ったら、こういった就職、転職エージェントに頼るのも一つの手段です。費用も掛かるかもしれませんが、自分の限界を超えた就職活動ができることを考えると、長い目で見たら満足いくものになる可能性も高いと言えるでしょう。

最後に

ライフスタイルの要となる仕事は、自分の生きがいを見つけるためとも言え、今後の人生を左右するものであります。自分のやりたい仕事が分からない、見つからない…当然不安にもなるでしょう。でも落ち着いて廻りを見てみれば様々な可能性が広がっているものです。

一人で悩んでいても解決にはなりません。いろんなところに出かけましょう。そして多くのものを見て、人と合うことが大切になってきます。そこからスタートしていずれは「やりたい」仕事がきっと見えてきます。仕事は、自分から探しに行かなければ向こうからはやってきません。

明るい未来を信じ、情熱を持って就職活動を乗り切っていきましょう。