人の役に立つ仕事ってどんな仕事!?就活の志望動機で「役に立つ仕事」がNGワードになる理由

多くの人は役に立つ仕事に就きたいという願望を持っていることが多いと言われています。なぜ、役に立つ仕事をしたいと思うのでしょうか?また、志望動機に「役に立つ仕事」というワードを入れると良くないということを耳にしたことがありますか?役に立つ仕事とはどんなものなのかをしっかりと把握しておくようにしましょう。

人の役に立つ仕事とは?多くの人が就きたがる理由ってなんだろう

多くの人は、仕事を選ぶ段階で人の役に立つ仕事がしたいと思うようになるのでしょうか?毎日仕事を行うようになることで、やりがいのある仕事や人に感謝をされる仕事に「楽しい」「充実している」と感じるようになるのです。反対に、誰の役にも立たない、仕事をしていても楽しくないという状況になってしまえば仕事を行うことが徐々に憂鬱だと感じるようになってしまいますよね。

このような理由から、多くの人が人の役に立つ仕事を行うようになると考えられています。また、人の役に立つ仕事を求めるようになることで人気のある仕事になりその仕事に就くことが難しくなってしまうこともあるのです。

今現在人の役に立つ仕事がしたいと考えている人は、どんな仕事があるのかをしっかりと把握しておくようにしましょう。人や世間の役に立つ仕事をして「自分は社会から必要とされている人」というような実感ができるようになるといいですね。このような気持ちを持つようになることで、結果として自分に自信を持つことができるようになるかもしれませんよ。

人の役に立つ仕事ってどんな仕事!?

看護師などの医療関係の仕事

世の中にはたくさんの仕事がありますよね。その中で役に立つ仕事だなと感じるものは考えればたくさんあるかと思います。その中でも看護師などの医療関係の仕事は「人の役に立つ仕事」だと判断することができるかと思います。病院をはじめとする医療関係の仕事をしている人は、直接的であったり間接的であったりと体調の優れない人をサポートする役割がありますよね。

このように不調を訴えている人を受け入れて適切な処理をすることで、人々をより健康な状態にいてあげることができるのです。また、人間は完璧ではありません。だからと言って医療関係の仕事をしている人がミスをするようになってしまえば、最悪の場合人の命に関わるような大問題に発展してしまう可能性も考えられます。

人の命を預かるということは、かなりの責任を背負うことになると判断することができるのかもしれませんね。また、この大きな責任があるからそこ「人の役に立つ仕事」だと感じることができるようになるとも言われています。仕事をしている本人が「人の役に立っている」と実感することもあります。また、医療行為を受けてより健康な状態になれた人も「この人のおかげだ」と感謝をするようになります。

介護の仕事

人の役に立つ仕事として「介護の仕事」を挙げることができます。介護の仕事は自分だけでは生活をすることが困難な人をサポートする仕事ですよね。近年では、年々高齢化が進んでいると言われています。そのため、高齢者の生活をサポートする仕事は欠かすことができないと判断することができますよね。

昔は、高齢者を介護する上てば家族がある程度負担をしなければいけない状況でした。そのため、親を介護するために仕事を辞めたり自分の時間を削らなければいけないという過酷な状況に陥ってしまうということは少なくありませんでした。特に家庭に入っている女性は自分の意識に関係なく「必ず介護をする」という選択肢しかなかったのです。

自分が介護をしたくないと思っていてもしなければならない環境になってしまえば女性の負担はかなり大きなものになってしまいますよね。なんの知識もない人が介護をするよりも知識のあるプロが行う方がスムーズに行くこともあります。家族の負担を減らす意味でも、より良いサポートをする上でも介護の仕事は人の役に立つ仕事だと判断することができますよね。

冠婚葬祭に関わる仕事

人の役に立つ仕事の中には「冠婚葬祭の仕事」を挙げることができます。結婚をすることで、結婚式を挙げる人も多いですよね。この時に欠かせないのがウエディングプランナーなどの2人の幸せな結婚式の演出をサポートする仕事です。より良い演出を行うためには、ウエディングプランナーのような存在は欠かすことができませんよね。

担当するウエディングプランナーの腕によって2人の大切な結婚式の印象や思い出を大きく変えることができるといっても過言ではありません。結婚式をした人が直接でなくても「いい結婚式だったね」「幸せな思い出ができたね」などとプラスな意見を聞くことご出来れば「人の役に立つ仕事」「自分も幸せな気持ちになれる」と思うことができるようになるかと思います。

また、人生の最後である場面の仕事を行うようになるということは、故人を偲ぶ演出を考えなければいけませんよね。また、それだけではなくいかに家族をフォローするのかということも大切になります。結婚式とは違い直接感謝をされることはありません。しかし、人の人生の最後に関わるということは、欠かすことができない「人の役に立つ仕事」だと判断することができます。

教育に関わる仕事

学校の教師や塾の講師など、人に教育をする仕事は役に立つ仕事だと判断することができるかと思います。学校の教師であれば勉強以外でも、生きていく上で大切なことをたくさん教えていかなければいけません。また進路のことや道徳的なことなど、子供たちに教えなければならないことは山のようにあります。

教師が生徒と真剣に向き合うようになることで、結果として生徒から感謝をされるようになることも少なくないのです。また、学校にいる時間は意外と長いものですよね。ここで、たくさんのことを教えるようになれば一人一人の生徒が人としてより立派になることができるようになるといっても過言ではないのです。

子供を育てて教育をするという教師の仕事は人の役に立つ仕事だと判断することができます。また、塾の講師は学校の教師とは違い生徒に精神的な教育を行うことはありません。しかし、勉強を教えることによって学力を上げて入りたい学校に入学させるということは、その子の人生を左右するものだと判断することができます。

勉強をする努力を教えるという面では欠かすことができない大切な仕事なのです。生徒を見事に志望校に入学させることが出来れば「人の役に立つ仕事」だと実感することができるようになるかもしれませんね。

カウンセリングに関係する仕事

カウンセリングに関わる仕事は「役に立つ仕事」だと判断することが出来るかと思います。カウンセリングは、悩みを抱えている人の話を聞いたりアドバイスをしてあげることで多くの人の気持ちを軽くするという重要な仕事ですよね。人間は自分が抱えているものを人に伝えるようにするだけでも気持ちを軽くすることが出来ると言われています。

そのため、カウンセリングによって話を聞いてあげるようになれば結果的に人を救っているのと同じことだと判断することが出来るのかもしれません。しかし、カウンセリングの仕事は毎日のように人のマイナス的な話を聞かなければいけません。そのため、自分の気持ちが重たくなってしまう可能性もあるのです。このようなことからカウンセリングに関わる仕事は簡単なものではないと言われています。

誰にでも人の気持ちを軽くすることは出来ません。専門の知識を持って適切な対応を行うことが出来るからこそ人に感謝をされたり、役に立っていると実感出来るようになるのです。人を闇から救ってあげることが出来れば感謝されるだけではなく、自分も嬉しい気持ちになることが出来るかもしれませんね。

考え方を変えれば全ての仕事は「人の役に立つ仕事」

人の役に立つ仕事がしたいと考えている人は、「人に感謝をされて社会に必要とされている実感をしたい」という気持ちが大きいのかもしれませんね。このような人は、どんな仕事に「やりがい」や「達成感」などを感じるようになるのでしょうか?役に立つ仕事だと思ってい就職しても満足が出来ないという可能性も考えられます。

しかし、「役に立つ仕事」という事を簡単に考えてみると「全ての仕事は役に立つ仕事」だと判断することが出来るのです。事務の仕事であったり、スーパーのレジという仕事でもなくてはならない大切な仕事です。必要のない役の絶たないような仕事に対して給料を払うという会社はありませんよね。裏方であろうが、単純な作業であろうが自分たちが自覚をしていないだけで「誰かの役の立っている」という事を忘れないように出来るといいですね。

自分の仕事は「役に立たない」と感じている人も、結果的に誰かの役になっているという自信が持てるようになるといいかと思います。人から感謝をされて「役に立っている」と実感したいという人が上記のような仕事に就くようにしてもいいのかもしれませんね。

会社の中で役に立つ存在になる為には!?

会社の中で「役に立つ存在になりたい」と考えている人もいるかもしれませんね。そんな時には、自分にまかされている仕事だけではなく、周りの様子をしっかりと見て「今これをしたらより効率的になる」「これをしたら○○さんが楽になる」というような事を意識するように出来るといいかと思います。

常に周りに目を向けるようになることで、些細な気遣いが出来るようになります。人が気が付かないような事に目を向けるようになることで、結果的に「気が利く人」「役に立つ人」として会社の中では欠かすことが出来ない人材になれるかもしれませんよ。

志望動機に「役に立つ仕事」を活用してはいけない理由

「この会社で働きたい」と思った時には、履歴書を提出したり面接を行うようになりますよね。この時に志望動機として「役に立つ仕事がしたいから」という理由を伝える人も多いかと思います。しかし、実際にはこの言葉はNGワードだと言われているのです。この理由を伝えたことで面接で落とされてしまったという人も少なくないという事を忘れないようにしましょう。

「役に立つ仕事をしたい」と聞くと「やる気がある」と思う人もいるかもしれませんね。しかし、どんな仕事でも役に立つ仕事だと判断することが出来ます。そのため「この人は上辺だけで言っている」「自分で実感が出来なければ辞める可能性もある」と思われるようになってしまうのです。

また、「この仕事がどんなものなのかをしっかりと把握できていない」と思われてしまう可能性もある為注意をしましょう。役に立ち仕事がしたいからという理由で仕事を選んでいたとしても、他の理由を考えるように出来るといいかもしれませんね。多くの人が「役に立つ仕事」だと思っている職業は競争率が高い仕事の場合も少なくありません。

そのため、この理由で落とされないように、自分の希望の職業に就職出来るように志望動機は慎重に考えるようにしましょう。素直な理由を伝えたから受からなかったという事もあるという事を頭の中に入れておくようにしてみてください。

志望動機は一歩踏み込んで考えるようにすることが大切

「役に立つ仕事がしたいから」という理由しか思い浮かばないという人もいるかもしれませんね。このような場合には志望動機を一歩踏み込んで考えるようにすることも大切なのです。どんな仕事をするにしても、顧客や株主、社会、企業に貢献するという意識を持つようにしましょう。

「役に立つ仕事をしたい」という理由を持つようになったきっかけは何ですか?ただ役に立ちたいと思うのではなく「人から感謝をされたい」「人の上に立つ立場になりたい」など深い理由があるかと思います。このように一歩踏み込んで考えるようにする事で、立派な脂肪動機を見つけることが出来るようになるかもしれませんね。

誰に対して役に立ちたいと思っているのか、どのような形で役に立ちたいのかという事をしっかりと考えるようにしましょう。またその企業がどんな事を求めているのか、どんな価値を提供しているのかという事も一緒に考えることが出来るようになるといいですね。

ただ単に「役に立ちたい」と思うではなく、その企業と自分の考えが本当にあっているのかという事をしっかりと考えるようにすることを忘れないようにしましょう。

人の役に立つ仕事に転職する前にしっかりと考えよう!

このように、役に立つ仕事をしたいと考えた時には自分がその仕事で何を感じたいのか、その職業に就くことで満足できるのかという事をしっかりと把握できるようになるといいですね。また、「人の役に立つ仕事」というものはそれなりに、体力や精神的にも負担がかかる仕事だということを忘れないようにしましょう。

今の仕事に満足出来ていない人は、考え方を一度改めたうえで転職をするのかどうかを考えるようにしましょう。軽い気持ちで転職を行うようになると結果的に自分を追い込むようになってしまうかもしれませんね。