職場の人間関係の悩みを改善する30の方法!最悪な職場の人間関係を良くするには?

職場の人間関係が最悪だと、仕事以上に疲れたり、ストレスが溜まってしまいますよね。それは心身に悪影響を与えるので、たかが人間関係と侮ることはできません。そこでこちらでは職場の人間関係を改善する30の方法について、ご紹介したいと思います。

職場の人間関係とは?

職場の人間関係の悩みは、どこにでもあるもの!

人間関係の悩みというのは、どこの職場にもあるもので、会社を辞める理由として最も多くあげられるようです。職場の人間関係が最悪だと、仕事がうまくいかなかったり、会社に行くのが憂鬱になったり、ストレスからうつ病になってしまったり、と深刻な問題に発展することも少なくないかと思います。

職場で一緒に働くのは、特別親しくならない限りは、基本的によく知らない人達ですよね。でも一緒に仕事をする訳ですから利害関係もあり、特に平日は1日の大半を共に過ごすので、人間関係が良好であることに越したことはありません。

こちらでは職場の人間関係で悩みを抱えている方に、すぐに始められる改善方法をご紹介します。

職場の人間関係を改善する30の方法

1:自分から挨拶をしよう!

挨拶は相手に敵意がないことを表現するための、有効な手段だと言われています。職場の人間関係を改善したいなら、まずあなたから挨拶をするようにしてみましょう。

よく「あの人は挨拶をしない」と批判する人がいますが、それは相手から挨拶されるのを待っている訳ですよね。例えあなたの方が年上でも、先輩でも、相手から挨拶するのが当然だと思うのではなく、気付いた方から挨拶を行うようにすることが大切です。

また挨拶は正面から相手の目を見て、はっきりと大きな声で明るく、「○○さん、おはようございます」と言うのが理想的です。相手の背中に声をかけたり、名前を呼ばないと、相手は自分に言ったと気付かないかもしれませんし、ボソボソとした声で言うと聞こえないかもしれません。また不機嫌な声で言われても、返事がしにくいですよね。

相手から確実に挨拶を返して貰うには、そういった点にも注意しましょう。

2:どんな時でも必ず返事をしよう!

挨拶をしたり、話しかけたりした時、相手に無視されると腹が立ったり、悲しい気持ちになったりしますよね。それは相手も同じです。返事をすることは相手を認識したというサインになるので、どんな時であれ必ず返事をすることが大切です。

機嫌が悪い時や、忙しい時、相手に気に入らないことを言われた時であっても、返事をしないと人間関係が好転することは期待できないでしょう。また首を縦に振ったり、手を上下させたりするのではなく、声に出して返事をすることも重要です。

ただ「おはようございます」という挨拶に対して「はい」という返事はおかしいですよね。返事は反応すればいい、ということではないので、相手の言葉に合わせた返事をすることも大切かと思います。

3:表情に気をつけよう!

相手に好印象を持って貰いたいなら、常に笑顔でいることが理想です。とはいえ、職場で常に笑顔でいるというのは、難しいですよね。

ただいつもムスッとしていたり、怖い顔をしていると、相手は話しかけにくいですし、周りの空気も悪くなるかと思います。「自分は生まれつき無愛想な顔だから」という方もいるようですが、人間関係をよくしたいなら、少しでも柔らかな表情を心掛けることが大切かと思います。

笑顔をつくる時に重要なのは口元で、接客業では鏡を見て口角をあげる練習をすることもあります。口角をあげるだけで、表情はずいぶん変わってくるものです。また機嫌が悪い時や、相手に嫌なことを言われた時、表情に出さないようにすることも大切です。

「相手の表情は、自分の顔を映し出す鏡」と言われ、自分が笑顔でいれば相手も笑顔になると言われています。鬼のような顔で話しかけられたら、怖いですよね。相手にどんな印象を与えるのかを考えて、表情に気を配ってみましょう。

4:服装を見直してみよう!

現代は服装自由な職場も増えていますし、勤務中は制服でも通勤は私服、という方も多いですよね。ただいくら自由でも奇抜な服装や髪型、派手なアクセサリーや持ち物というのは、問題があるかと思います。

もちろん職種にもよるでしょうが、やはり先輩や同僚、上司の服装を見て、周りに合わせた服装を心掛けることが大切です。日本は協調性を求める国で、異質なものは排除される傾向があります。特に様々な年齢の方が共に働く職場では、派手な髪色や爪の色、あまりに高価な持ち物などは、職場に相応しくないと思われてしまうようです。

職場は仕事をするところですから、あまりにも気合の入ったオシャレをしていると場違いな印象を与える可能性があります。また清潔にしておく、というのは最低限必要なことで、汚れた服やにおいがキツイなどは、敬遠される大きな原因となります。そういった点にも注意が必要かと思います。

5:ちょっとしたルールを守るようにしよう!

絶対に守らなければならない、という訳ではありませんが、守った方が人間関係がうまくいく、というルールのようなものはあるものです。例えば事務所や休憩室などのドアを開けた時、「出る人が先、入る人が後」というのが一般的ですよね。

ドアを開けておいて、相手が出てからあなたが入る、ドアを閉める時は後ろに誰かいないか確認する、前から誰かが歩いてきたら道を譲り合ったり、相手の前を通る時は「前を失礼します」「ちょっとすみません」と声をかける、できれば後ろを通る時も同じように声をかけると、衝突したりといった危険を防ぐことにも繋がります。

また相手が誰かと話している時に、自分がなにかを伝えたい時は、それが例え急ぎの仕事であっても「お話中、失礼します」と一声かける、並んでいる椅子に座る時は、先に入った人が奥から順番に座っていく、などやらなくても問題はないかもしれませんが、やると相手の印象が変わってくる、ということはあります。

少しでも人間関係を改善したい、というのであれば、こういったことを取り入れてみるのもいいかと思います。

6:「ありがとう」は必ず伝えよう!

「ありがとう」は、人間関係を円滑にする魔法の言葉とも言われています。人間関係を改善したいなら、どんなに小さなことでも、誰かになにかして貰ったら「ありがとう」と伝えることが大切です。

「ありがとう」と言われて、気分を害する人はいないでしょうし、「ありがとう」を言って自分が損をすることもないでしょう。ただ同じ「ありがとう」でも、相手の顔を見ていなかったり、無愛想に言っては意味がありません。

同じ「ありがとう」という言葉を伝えるなら、相手の顔を見ながら、感謝の気持ちを込めて言いましょう。そうすれば、相手があなたに抱く印象はきっとよくなるかと思います。

7:言い訳をしないようにしよう!

上司や先輩に叱責された時、同僚からミスを指摘された時、ついつい「だって」とか「自分のせいじゃない」とか、言い訳をしてしまうことが多いかと思います。

でもあなたは1%も悪くない、と言えるでしょうか。例え言われたことが誤解であっても、誤解されるような言動をとっていれば、それはあなたにも反省すべき点があると言えるのではないでしょうか。

もちろん上司や先輩に責任をなすりつけられた、お客様に身に覚えのないことを言われた、など理不尽なこともありますが、そこで「自分のせいじゃない」と言っても、相手を逆上させたり、評価を下げるだけかと思います。

言い訳をするよりも、どうすれば仕事がうまくいくのか、改善するためにはどうすればいいか、そういったことを現実的に、前向きに考えることが自分のためになり、相手からの評価にも繋がると言われています。

8:謝罪はきちんとしよう!

職場の人間関係がギスギスする最大の原因として、謝らないことがあげられています。まずあなたがミスをしたなら、一緒に働いている人に少なからず迷惑をかけている訳ですから、謝ることは当然かと思います。腹が立っていても、多くの人は謝られるとそれ以上は怒れないものです。

また例えば休憩時間を少し過ぎて仕事に戻った、でもそれは戻る直前に上司に仕事の指示を受けたから、といった場合でも、「遅れてすみません」と一声かけたあとに「上司から仕事の指示を受けて」といったように話すと、相手も怒らないかと思います。

もちろん「ありがとう」と同じように、できるだけ相手の顔を見て、謝罪の意を込めて伝えることが大切です。

9:言い方に注意しよう!

「物は言いよう」と言われるように、同じことでも言い方次第でよい方にとられたり、悪い方にとられたりするものです。特に職場で頼みごとをする時は、言い方に注意しないと小さなことでも反感を持たれてしまうようです。

まず「お忙しいところ申し訳ないのですが」など、ワンクッションをおいて本題に入ること、それから例えば「あなたにお願いするのが1番だと思って」など、相手の能力を買っていることを表す言葉を入れると相手も悪い気はしないでしょうし、頼みごとを引き受けて貰いやすくなるかと思います。

また相手のミスや問題のある発言などを注意するなら、「言いたいことはわかりますが」「そういった意見もあるかもしれませんが」などの言葉を最初に入れて、頭ごなしに批判しないようにすることが大切です。

言葉を発する時は、あなたが同じことを言われたらどう思うかを考え、お互い気持ちよく仕事をするために、言い方に気を配るようにしましょう。

10:人の話をちゃんと聞こう!

自分が話をしている時、相手が上の空で聞いていなかったら、気分が悪いですよね。特に仕事の話であれば、相手の目を見て、時折相槌を打ったり、頷いたりしながら、話を聞くことが大切だと言われています。

相手に好感を持って貰いたいなら、「あなたの話を聞いています」と視線で、態度でアピールすることも重要になってきます。仕事以外、例えば休憩時間でもスマホを見ながら生返事をされるより、目を見て頷いてくれたら、「自分の話をちゃんと聞いてくれている」と感じるでしょう。

例え先輩の自慢話でうっとおしいと思っていても、それを顔に出さずにちゃんと話を聞くと、好感度がアップして、人間関係がうまくいくかもしれません。

11:話の腰は折らないようにしよう!

話の途中で口を挟んだり、全く関係のない話をされたら、多くの人は気分を害するかと思います。特に上司、先輩、お客様が相手で、叱責やクレームなどの場合は、途中で口を出すと相手を逆上させてしまったり、更に怒りを煽ったりすることが多いようです。

一般的に上司や仕事先などの場合、相手に7分喋らせて、いい気分にさせておき、あなたの用件は3分で伝えるのが賢いやり方だと言われています。この割合を身に付けると、相手に好印象を持たせることができるそうですよ。

12:人の悪口を言うのはやめよう!

休憩時間や仕事が終わった後などに、数人で集まって悪口を言う光景は大体どこの職場でも見られるようです。自分以外の誰かを標的にして悪口を言うことで、自分は安全圏にいると安心するようですね。でもあなたの隣で同じように悪口を言っていた人が、別の誰かとはあなたの悪口を言っている、というのはよくあるものです。

また悪口はどんどんエスカレートするものですし、多くは本人に伝わってしまい、職場の雰囲気にも表れるので人間関係は最悪になると言われています。ストレス解消に悪口を言う人もいるようですが、それは職場の人間関係を悪化させるだけなので、すぐにやめるべきでしょう。

13:自分の悪口を聞いてしまったら

事務所や休憩室に入ろうとしたら、トイレに入っていたら、といったタイミングで、自分の悪口を聞いてしまうことはあるかと思います。気分が悪いですし、腹が立ったり、落ち込んだりしますよね。

でもそこで冷静になって、悪口の内容について考えてみましょう。あなたは言われても仕方ない、といったことをしていませんか?「そんなつもりで言った訳じゃない」という言葉が、悪くとられていたりしませんか?

自分の悪口を聞くと気分は悪いですが、どういった点が悪口を言われる理由になっているのか、なにを改善したらいいのか、それを教えてくれていると思えば悪くないと思いませんか?マイナスではなく、プラスに考えて、あなた自身をよくしていくために、聞いてしまった悪口を利用しましょう。

14:言うべきことはキチンと言おう!

悪口はよくないですし、仕事では黙って「はい」と言わなければならないこともあるでしょう。それでも言うべきことは、キチンと言う必要があります。ただそういった時は、直接相手に伝えるべきでしょう。誰かを通して言うと、伝言ゲームのようになって、事実を曲げられてしまうことがあります。

直接話せば、ただの誤解だったということもよくある話です。腹を割って話すことで、人間関係が好転することも珍しくないようです。またなにを言われても黙っている、という態度は、相手になめられる原因になり、悪口を言われたり、理不尽なことを押し付けられたりといったことにも繋がるようです。

はっきりと言うべきことは言う、という態度を見せることで相手があなたを見る目も変わるでしょう。ただし例え相手が明らかに間違っていることであっても、指摘するのはその間違っている事実のみを、相手の人格を否定するようなことは言ってはいけませんし、いくら正論であってもなにを言ってもいい訳ではないので、言い方にはくれぐれも注意しましょう。

15:ありがた迷惑なこともある!

自分は親切のつもりでしたことが、相手にとっては迷惑なこともある、ということを「ありがた迷惑」と言いますが、これが職場の人間関係を悪くしていることもあるようです。

例えば本来Aさんがするべき仕事を、忙しそうだからとあなたが終わらせた、これはあなたにとっては親切のつもりかもしれませんが、そのことでAさんが後で上司に怒られたり、評価が下がったりすると、ありがた迷惑ですよね。

また特に女性の場合、休憩時間に持ってきたお菓子などを配る人もいますが、相手は甘いものが嫌いかもしれませんし、虫歯だったり、アレルギーがあったりするかもしれません。それに何度も貰うと、お返しも考えなければならないしと、かえって迷惑なことがあります。

あなたが正しいと思うことや、して貰って嬉しいということが、相手にとってもそうであるとは限りません。そういったことをしていないか、改めてあなたの行動を振り返ってみるのも大切かと思います。

16:相手を観察しよう!

体調が悪い、機嫌が悪いといった時に話しかけられると、つい態度が悪くなってしまうこともあるでしょう。それは相手も同じです。特に言いにくいことを言わなければならない時は、できるだけ相手の機嫌がいい時に、話しかけたいですよね。

そのためには、普段から相手を観察することが大切です。職場で毎日顔を合わせていれば、例えば「あの人は低血圧で朝は機嫌が悪い」とか、逆に「昼食後はタバコを吸った後だから機嫌がいい」とか、わかってくるものです。

そういったタイミングを逃さず、話しかけるようにすると、頼みごとなども通りやすくなるかもしれません。

17:苦手な人ほど話しかけるようにしてみよう!

人は接触する機会が増えるほど、そのものに対する抵抗感がなくなると言われ、これは行動心理学で「ザイオンス効果」と呼ばれています。

「あの人は苦手だから」と接触を持たないでいると、人間関係は好転しないでしょう。逆に苦手な人ほど積極的に話しかけるようにして、接触する機会を増やすとお互いに苦手意識をなくすことができると言われています。

18:相手の批判ばかりするのはやめよう!

「職場の人間関係が最悪なのはあの人のせいだ」「あの人が悪い」と相手の批判ばかりしていませんか?相手を批判することは簡単ですし、悪いところは目につくものです。でもそれでは人間関係の悩みや、ストレスを解決することにはならないでしょう。

いったん嫌いになると「嫌いということを証明する事実ばかりが目に入る」と言われ、逆にいったん相手を好きになると「好きということを証明する事実ばかりが目に入る」と言われています。

相手を批判するよりも、相手のいいところを探してみましょう。なにひとついいところのない人間などいない筈です。

19:ネガティブなことは言わないようにしよう!

「疲れた」「しんどい」「もうイヤ」「辞めようかな」など、ネガティブなことを職場で口にしていませんか?それを聞いて気分がいい、という人はいないですよね。そういった言葉は相手だけでなく、職場全体のモチベーションを下げることになると言われています。

同じ職場で同じ仕事をしているなら、基本的にしんどいのも、疲れているのも同じで、あなただけではない筈です。それを口にすることは周りの人達を不快にさせ、人間関係を悪化させることになると言われています。ネガティブではなく、ポジティブなことを言うようにすると、あなた自身のモチベーションもあがるでしょうし、周りの雰囲気もよくなるかと思います。

20:感情的にならないようにしよう!

いくら腹が立ったとしても、職場で怒鳴り散らすなど感情的な言動をとるのはよくないかと思います。大人であれば怒りをコントロールして、感情的にならないよう、自分を抑えることも必要でしょう。また言葉には出さなくても、ドアを乱暴に閉めたり、ものを投げたりといった行動も周りにいる人に不快な思いをさせてしまいます。

怒りのピークについては諸説あるものの、一般的には長くても6秒だそうで、この時間をやり過ごせば怒りは静まると言われています。怒りが爆発しそうになった時は、心の中で6秒数えてみましょう。

また相手に怒りをぶつけられた場合も、この6秒間は言い返したりせず、相手の怒りが落ち着いてから言葉を返すようにしましょう。

21:イベントを企画してみよう!

人間関係を良好にするには、飲み会などなにかイベントを企画することも有効な手だと言われています。仕事から離れると、相手の全く知らない一面が見えたりして、今まで抱いていた印象が一変することもあるそうです。

きっとあなた以外にも、職場の人間関係を改善したいと思っている人はいる筈です。できれば上司に提案するなどして、皆で参加するようにしましょう。

22:1人で悩まず、誰かに相談してみよう!

職場の人間関係の悩みは、職場に行くのが憂鬱になったり、うつ病になってしまったりと、深刻な問題にも繋がります。特に1人で悩んでいると、悪い方へ悪い方へと考えてしまい、心身に悪影響が出てしまうようです。

1人で悩んでいても、解決することは難しいでしょうから、誰かに相談してみましょう。家族、友人、恋人はもちろん、同僚でも相談できる人を探しましょう。もし仕事の面で影響が出るようなら、上司に相談するのも解決の糸口になるかと思います。

特に上司に相談するとなると勇気がいるかと思いますが、ずっと1人で悩んでいるのは苦しい筈です。誰かに相談すると、自分では気付かなかった解決策を授けてくれるかもしれませんよ。

23:仕事をちゃんとやろう!

職場の人間関係は良好であるに越したことはありませんが、職場は仕事をするところですから、やはりなによりも優先すべきは仕事でしょう。仕事を真面目にこなす人は、基本的に好感をもたれるものです。

逆に仕事にルーズだと、周りの人に迷惑をかけるので人間関係を乱す元凶となってしまいます。仕事がきっちりこなせれば、信頼されることで、人間関係も良好になっていくと言われています。

24:人間関係を我慢するのも給料の内だと考えよう!

人間関係の悩みがない職場は、ほぼないと言っていいでしょう。年齢や考え方、生まれ育った環境など、あなたとは違う人がたくさん集まり、長時間一緒に仕事をする訳ですから、意見が食い違うといったことはあって当然かと思います。

完璧を求めず、人間関係を我慢するのも給料の内と考えてみましょう。

25:友達ではなく、同僚だと意識しよう!

職場の同僚は友達ではなく、あくまで仕事上の関係と割り切って、一線を引いて付き合うことも大切だと言われています。人間関係は親しくなるほど遠慮を失くし、安易に傷つける言葉を言ったり、プライバシーに踏み入るようなことが起こってしまいます。

それは職場の人間関係を乱したり、信頼関係を壊す原因になってしまうようです。特に少人数と濃い付き合いをすると、悩みやストレスが起きやすいものです。そのため職場では一定の人と深く付き合うのではなく、多くの人と広く浅く、ほどよい距離をとって付き合うことが大切だと言われています。

26:無理に媚びないようにしよう!

職場の人間関係をよくしようと、無理に媚びを売ることはかえって人間関係を悪化させることになるようです。先輩の髪型や持ち物を無理に褒めたりすると、わざとらしいと嫌がられたり、周りの人からもよくは思われないでしょう。

上司にいい顔を見せよう、認めて貰おうと顔色を伺うのも、周りの人との関係を悪化させる原因になるようです。基本的に人によって態度を変えるのではなく、全員に対して同じ対応をするように心掛ければ、人間関係の悩みは減ると言われています。

27:無理をしないようにしよう!

先輩に「休憩を一緒にとろう」と誘われて断ったら、次から誘われなくなって、誰も話しかけてこなくなり、孤立してしまった、というのは特に女性の多い職場でありがちな話です。

特にあなたが新人の場合、そういった状態になると周りの人に仕事について聞きにくくなったりと、仕事上で困ることが出てくるかと思います。ただあなたが休憩時間は1人で過ごしたいのであれば、無理に先輩と過ごすのは苦痛でしょうし、そこでの言動などでかえって気まずい関係になることもあります。

最初はわざとらしく会話から外してきたり、といったことがあるかもしれませんが、相手にしなければその内飽きるもので、「あの人は休憩を1人でとりたい人」と認識されるでしょう。長く勤めるには、その方が楽な筈です。

なおどんなに気まずい状態であっても、仕事で聞くべきことは聞きましょう。そこで遠慮する必要はありません。

28:「全員に好かれる」のは無理だと認識しよう!

誰でも人には嫌われたくないものですが、「全員に好かれる」というのは不可能かと思います。「全員に好かれよう」として行動すると無理が生じ、悩みやストレスが生まれます。まずは「全員に好かれる」のは無理だと認識することが大切です。

職場の人間関係の理想は「全員とうまくやっていく」ことで、「全員に好かれる」こととは少し違うかと思います。完璧な人間関係を築くことは難しい、そう割り切ってしまえば少しは楽になるのではないでしょうか。

29:人を変えるのではなく、自分が変わろう!

「どうしてあの人は、あんな言い方をするのだろう」「あの人はどうしてこんなことをするのだろう」と腹が立ったり、落ち込んだりすることはよくあるかと思います。でもあなたがいくらそのことで悩んでも、相手は変わりません。相手はそういう人なので、仕方がないのです。

相手が変わることを期待しても、人間関係は好転しないでしょう。あなたが相手を変えるのは、ほぼ不可能に近いと言えます。でもあなたが、あなた自身を変えることはできる筈です。まずは「あの人はあんな人だから」と認識して、考え方を改めてみましょう。それが、あなたが変わる最初の一歩になるかと思います。

30:仕事は、あくまで生きるための手段と考えよう!

仕事をするのは給料を得るためで、それは生活のため、つまり生きるためですよね。もちろん仕事が生きがい、という人もいるかと思いますが、仕事が人生の全てではないかと思います。

自宅に帰っても職場の人間関係で悩む方は多いようですが、あなたには仕事しかない訳ではないでしょう。仕事はあくまで生きるための手段であり、仕事をするために生きている訳ではない筈です。

職場の人間関係があなたの全て、人生の全てではないと認識し、もっとあなたにとって大切なことを考えてみましょう。そのためには、仕事以外のプライベートを充実させることが大切だと言われています。

職場の人間関係のことだけを考えると、どうしても視野が狭くなってしまいます。もっと広い視野を持って、あなた自身のことを考えてみましょう。そうすれば、今まで悩んでいたことがとても小さなことに思えてくるかもしれません。

まとめ

職場の人間関係を改善するなら、まずあなたが変わろう!

いかがでしたか?
職場の人間関係の改善は、あなた自身の意識や考え方、行動にかかっていると言っても過言ではありません。大切なのは、あなたが変わることです。そのために是非ご紹介した方法を、試して頂けたらと思います。