“仕事のストレス”溜めてませんか?3つの弊害と3つのストレス解消法

仕事のストレスが溜まっていませんか?誰にでもあることだ、みんな我慢していることだなんて思っていませんか?仕事のストレスを甘く見てはいけません。こちらでは、仕事のストレスがもたらす3つの弊害と、仕事のストレスを解消する方法を3つご紹介いたします。仕事のストレスを感じているなら、ぜひごらんください。

仕事のストレスを感じたら?

あなたは、仕事を心から楽しんでいますか?この質問に、笑顔でYESと答えられる人は、この世の中にどのくらいいらっしゃるのでしょうか?「給与はいいけど、仕事内容がちょっと」、「仕事内容はいいけれど、休日が少なすぎる」、「福利厚生は満足だけど、人間関係が悪い」。

これらのように、ある程度は満足しているけれど、ある面ではストレスを感じているという人が大多数ではないでしょうか?ストレスとは、なければいいというものではなく、ある程度はその人の成長のために必要だといわれています。

しかし、過度なストレスは心身の健康をはじめとする、様々な事柄に影響を与えてしまうのです。こちらでは、仕事のストレスが引き起こす様々な事柄をご紹介いたします。仕事のストレスが与える影響は、心と体をどのように変えてしまうのでしょうか?

また、仕事のストレスによる弊害を予防するためにも、仕事のストレスを解消する方法をご紹介いたします。たかがストレスと軽く考えず、ご自身の健康で健やかな生活のためにどうぞごらんください。

仕事のストレス判定図って?

普段から、仕事でストレスを受けているのだとしたら、そのストレスがいったいどの程度のものなのか、健康に対して、どの程度影響を与えているのかも気になる点ですよね?仕事のストレスという心理的なものは、そのストレスを受け取る側によって、その度合いが変化するので判断するのは難しいものです。

しかし、仕事のストレス判定図というものを用いると、職場全体における、職場のストレスの要因となるストレッサーを評価し、それが従業員に対してどのような健康への影響を与えているのかを知ることができるそうです。

これは、労働省より無料で配布されているもので、誰もが利用することができます。職場用ですので、大体20名以上での利用が想定されていますが、参考程度になら、個人の仕事のストレスの原因と、健康に与える影響を知ることができるようです。

気になる方は、全国の産業保健推進センターで配布されていますし、インターネット上でも探すことができますので、一度試してみてもいいかもしれませんね。

仕事のストレスでうつ病に…

仕事のストレスと人間関係は切っても切れない関係ではないでしょうか?仕事のストレスと言っても、仕事内容、業務内容をストレスに感じていたとしても、休憩時間に笑いあってリフレッシュできる仲間が居たり、作業を助け合える頼もしい味方がいれば、それほどストレスに感じることがないかもしれません。

でも、仕事が原因で人間関係が悪くなると、心に大きな影響を与えてしまいます。その中の代表的な症状が、うつ病ではないでしょうか?うつ病は、頑張れば頑張るほど症状がひどくなるといわれています。治療には、十分な休養が欠かせません。

ただ、仕事を十分に休養するということは、仕事を失う事にもなりかねないので、なかなか思い切って治療に専念することができないのも、仕事のストレスでうつ病が多くなる原因の一つではないでしょうか?

因みに、うつ病を発症しやすい仕事がランキング形式で挙げられています。トップ5は1位から順に「介護や保育の仕事」、「飲食店スタッフ」、「ソーシャルワーカー」、「医療関係者」、「芸術家、芸能人、ライター」となっています。

人員不足による過酷労働による体力面や、不安定な職業による金銭面での不安、要求に応えなければいけない精神面の負担など、いずれの仕事も過度なストレスを感じる職業ではないでしょうか?仕事のストレスがうつ病を引き起こしてしまう前に、しっかりと自分自身をケアしたいですね。

仕事のストレスで不妊になるの?!

仕事のストレスは健康面にも影響を与えます。実は、仕事のストレスが原因で不妊症になってしまう女性もいると言われています。また、仕事のストレスを抱えている女性は、不妊率が高いといわれていることもあります。では、世間一般の方々は仕事のストレスと不妊をどのように考えているのでしょうか?

ストレスが引き起こす、様々な体調の変化があります。実態に身をもって体験したことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?症状としては、胃腸の不調であったり、睡眠障害であったり、食欲減退、疲労感、倦怠感、頭痛、めまいなどが挙げられるでしょう。

これらのようないわゆる体調不良という状態に陥るのならば、仕事のストレスが不妊の原因だと考えるのも自然のことですね。実際に、仕事をやめてストレスから解放された途端、子供ができたという方や、仕事をしていると治療に専念できないので、治療に専念するために退職し、その後不妊治療を始める前に、自然妊娠をしたという声もあります。

反対に、それらの経験者の声を聴き、妊娠するために仕事を辞めたけれど妊娠しなかったという声や、反対に専業主婦から仕事に復帰したら子供ができたという人もいるようです。

ストレスの感じ方は人それぞれですし、職場によってもストレス度合いが違うでしょう。そのため、はっきりと仕事のストレスが不妊の原因になるということは、言いきれないかもしれません。ただ、前述の通り、過去にストレスで健康被害を受けたことがあるという経験から、仕事のストレス=不妊という認識が広まっているのかもしれませんね。

仕事のストレスで彼氏と破局…

仕事のストレスによる弊害として、体調面でも心理面でもなく、恋愛に影響がでることもあるようです。仕事のストレスを抱えていると、誰もが心のゆとりがなくなりますよね?そして、一番甘えられる存在である、恋人、彼氏に八つ当たりをしてしまうことが増えてしまうのです。

仕事のストレスは、特殊な場合を除いて、恋人に助けてもらう事はできません。話を聴いてもらったり、励ましてもらう事はできるでしょうが、実際にストレスを解消したり、ストレスを無くすように働きかけることは、本人にしかできないことです。

そのため、「仕事のことは、どうせ話してもわからないだろう」と相談しなかったり、心配されてもうっとおしく感じて、感謝できなくなってしまいます。その結果、二人の関係がギクシャクしたり、彼に八つ当たりして喧嘩が増えたりして、彼氏と別れることになってしまうのです。

仕事のストレスは、放っておくとあなたの大切な人生のパートナーまで奪ってしまいかねません。仕事のストレスがあるのなら、一刻も早く解消するようにこころがけましょう。

仕事のストレス解消法“3つ”

仕事のストレスが私たちに与える弊害をご覧いただきました。折角頑張って仕事をしていても、このような状況に陥ってしまえば、元も子もありません。仕事のストレスはこまめに解消したいですよね?よく、「仕事のストレスは仕事でしか解消できない」などといわれますが、他に方法はないのでしょうか?どうぞごらんください。

仕事以外にも収入源を得よう!

仕事のストレスを感じているのなら、一番の解消法は“仕事を辞めること”ではないでしょうか?もちろん、それは人生に大きくかかわることなので、簡単に実行できることではありません。特に、結婚していたり、子供が居たりと養う人がいる場合は、安定収入を捨てることはできないでしょう。

こういった、金銭的な不安も、大きな仕事のストレスになるのではないでしょうか?また、給料が低い、会社がつぶれるかもしれない、リストラの対象に入っているようだ、などの“金銭的なこと”が仕事のストレスとなっている場合もあるでしょう。

それを解消するためには、仕事以外に収入源を得ることがおすすめです。もともと、土地を持っていて、駐車場経営やマンション経営などができればいいのですが、大体の場合はそんなことはないでしょう。また、仕事で疲れ果てているのに、家に帰ってまた仕事という状況は長く続かないでしょう。

そこでおすすめなのが、趣味を極めていずれ収入源になるようにするという方法です。現在は、昔に比べて色んな方法で収入を得ることができます。例えば、趣味の内容をブログで紹介しているのなら、そこに広告を貼ることによって、収入を得ている人も沢山います。

手作り品を作ることが趣味ならば、各地で開催されている“手作り市”に出店するのもいいでしょう。占いが趣味なら、インターネットなどでお客さんを集め、経験を積みながら収入を得ることも可能です。もちろん始めのうちは、一カ月でランチ1回分程度しか稼げないかもしれませんが、長く続けることによって、更なるアイデアがわくこともありますし、チャンスが広がることもあるでしょう。

何より、ストレスを感じている仕事から、別の事柄に気持ちを切り替えることができるのです。仕事のストレスを忘れて、夢中になるものができるかもしれません。仕事以外に目を向けられるようになれば、仕事のストレスも少しは解消されるでしょう。

実際に筆者の友人で、全く別の職業に就いていたけれど、趣味をきわめてイラストレーターになったという事例もあります。収入を得ることが、仕事のストレスの解消になり、仕事以外のことに目を向けることも仕事のストレスの解消になる。場合によっては転職できる。仕事のストレス解消法としては一石三鳥の方法なのです。

休活しよう!

休活(きゅうかつ)という言葉をご存知ですか?これは、「今の現代人は忙しすぎる!休日にはのんびり過ごして、しっかり体を休めよう。」という意味の“休活”ではなく、休日こそ目いっぱい活動しよう、という“休活”なのです。

平日、仕事のストレスでクタクタになっている人からすると、休日まで活動しろだなんてとんでもない!と思うかもしれませんが、もしかすると休活で人生が変わるかもしれません。実際、「人生を変えたければ「休活」をしよう!」の筆者である大田氏は、休活することにより、友人ゼロから1,000人にまで人脈を広げられたそうです。

休日に自分の趣味や、興味のある場所へ出かけてみる、会社以外の人と交流を持ってみることが、新しい自分の発見につながるでしょう。会社以外に居場所を見つけることができたなら、会社での仕事のストレスは随分軽減されるのではないでしょうか?

懐かしい友人・知人・恩師に出会うのもいいでしょう。機会がなければ自分から何人かに声をかけて、プチ同窓会を開いてもいいでしょう。それも気恥ずかしいのなら、ボランティア活動に参加してもいいですし、習い事を始めてみてもいいでしょう。共通の趣味を持った人との新しい出会いが待っているはずです。

先ほどの副収入を得るという項目でもお伝えしましたが、仕事以外に熱中できるものを見つけたり、居場所を見つけることが仕事のストレスを解消する方法になるのです。

仕事とは真逆のことをしてみよう!

仕事でストレスを感じているのなら、仕事とは全く反対のことをしてみてはいかがでしょうか?やることも、環境も、普段ストレスを感じている仕事とは、真逆のことをしてみるのです。

もし仕事がサービス業などで、人に囲まれて騒がしい場所で、声を出し続けながら普段働いているのなら、休日は図書館に行ったり、空いている映画館へ足を延ばしたり、水族館へ行ってみてもいいでしょう。本など家でも読めるからなんて言わないで、散歩がてらお気に入りの本を持って、近くのカフェでお茶をしてみてもいいでしょう。

普段ずっと室内で、デスクワークをしているのなら、休日は太陽の光を浴びて、体を動かしたり、友達を誘って登山を楽しんだり、アクティブに活動してにみてもいいでしょう。身体を動かすのが苦手なら、スポーツ観戦でもいいですし、ボウリングを楽しんだり、大型ゲームセンターの体験型アトラクションで、大声を出しながら楽しむのもおすすめです。

普段と違った行動というのは、それだけで気分転換になるのです。そのひとときは仕事のストレスを忘れることができるでしょう。疲れたからと行動を起こさなければ、頭のどこかでずっと仕事のストレスを引きずってしまいます。普段とは全く真逆のことをして、仕事のストレスを解消しましょう。

仕事のストレスを解消して清々しい毎日を!

仕事のストレスがもたらす弊害と、仕事のストレスを解消する方法をご紹介いたしました。いかがでしたでしょうか?「ストレスのない仕事なんてない」、「仕事にストレスはつきものだ」などと言われて、ストレスを我慢したり、ストレスを感じる自分は弱い人間だなんて思ってはいけません。

仕事のストレスに気づいたのなら、自分で自分をケアしてあげましょう。一刻も早いストレス解消が、あなたの生活を守ることにつながります。仕事のストレスを解消して、清々しい毎日を過ごしましょう!