仕事の憂鬱を解消する7つ方法と簡単にできるリフレッシュ法を紹介!

朝起きて仕事に行きたくないと憂鬱な気分になるときは誰にでもあります。とくに、連休などの長い休みの後に思う人はたくさんいるのではないでしょうか。このように仕事に行くことが憂鬱になるのは、一体なぜなのでしょうか?仕事が憂鬱になる原因や、その解消法を紹介していきます。

仕事が憂鬱なのは普通の出来事

どんな人にも躁の状態、そして、鬱の状態はあります。特別なことではありません。日常の中で虫の居所が悪い場合が続き落ち込むこともあるでしょうし、反対に、楽しいことが続き世の中は自分のために存在すると有頂天になる場合もあります。

これは世の習いで、誰にでも見られることです。それでは会社で仕事をしている場合はどうでしょうか。成果主義や上がらない給料、リストラなどの取り巻く環境は厳しくなる一方で、人間関係も圧し掛かってくるし、先行きを考えると憂鬱になるかも知れません。

しかしながら、これは仕事を持つ人すべてが通ってきた道で、あなただけが特別な目に遭っているわけではありません。誰もが一度ならず何回も憂鬱な状況を味わっています。でも、人それぞれが自分なりに工夫をしたり、助けてもらったりして跳ね返してきました。

そういう意味では仕事が憂鬱になるのは普通の出来事と言えるかも知れません。そこで、仕事上の憂鬱な状況とどう向き合えばいいのか、一緒に考えていきましょう。

仕事が憂鬱になる7つの原因

仕事が憂鬱になる原因は人それぞれ異なりますが、多くの人は一つのことだけではなく、いろいろな原因が複合的に絡み合っていることが多いと言われています。では、どのような原因で仕事が憂鬱になるのかを以下に紹介していきます。

1.社内の人間関係に問題がある

仕事内容がどうであれ、職場で一緒に働く人たちとのコミュニケーションが上手く図れていたら、充実した毎日を送ることができますよね。反対に、どれだけ自分が好きな仕事をしていても、職場の人たちとの関係が悪ければ、毎日職場に行くのが憂鬱になるものです。このように、仕事が憂鬱になる原因は、人間関係が深く関わっている場合が多いと言われています。

世の中には色んなタイプの人がいます。どんなにコミュニケーション能力の高い人でも、全ての人と良い関係を築くのは難しいでしょう。それにも関わらず、職場ではどんな人とも良好な関係でいることが求められます。そうでなければ仕事にさまざまな支障が出て、スムーズに進まないからです。

仕事では、お互いの考え方や価値観が合わなくても、どこかで折り合いをつけないといけないので、ストレスもたまりやすくなります。人によっては、英語など他の国の言語でのコミュニケーションが必要な人もいます。

そんな人にとっては、まずはその言語を習得するまでに時間がかかりますし、実際相手と話す時も、慣れるまでは間違った表現をして、相手に誤解を与えてしまうこともあるでしょう。日本語ならすぐに伝わることも、他国の言語のせいで倍以上かかる。そんな毎日を送っていれば、誰だってストレスが溜まります。

しかし、職場で一緒に働く相手は、自分では選べません。働きやすいと思っていた人が異動でいなくなって、剃りの合わない人が代わりに入ってくることだってあります。職場環境はその時々で変わっていくので、そのたびに一喜一憂していては気持ちが持たないので、仕事は仕事として割り切れる心の強さが必要です。

2.ノルマが高い・プレッシャーが強い

仕事が憂鬱になるのは、会社のノルマやプレッシャーが強いことが、原因になる場合があります。仕事の利益向上のためには、ある程度のノルマを課すことや、適度な緊張感が大切ではありますが、人によってはこのノルマに対してプレッシャーを強く感じてしまうなど、逆効果になることがあります。

例えば、いつもは上司がそこまで厳しくないのに、ある時期が来るとノルマ達成に向けてやたらうるさくなったりすると、普段とのギャップの大きさについていけず、精神的に憂鬱になってしまう人もいるようです。

常にノルマと戦っていたり、明らかに達成が不可能そうに見えるノルマを課せられ、寝る間も惜しんで仕事に取り組んでいたら、いくらタフな人でもストレスは溜まりますよね。ある時ふと、「何のためにこんなに頑張らないといけないんだろう?」と感じ、モチベーションが一気に下がり、仕事が憂鬱になることもあるようです。

3.結果に表れないため

仕事はどんなに努力して取り組んでも、業績が全てです。過程を評価すると言っていても、結果が伴わなければ評価はしてくれません。要領がよく何事もそつなくこなせるタイプの人であれば、それなりの結果も出せて上司にも評価されるでしょう。しかし、中にはどれだけ頑張って働いても報われない人もいます。

もう自分に出来ることはこれ以上ないのに、それでも結果が出せずに「もっと頑張れ」と言われてしまうのです。そんな事を言われたら、どんな気持ちになるでしょう?よっぽど負けん気の強い人であれば、這いあがっていけるかもしれませんが、繊細な人だと「もう、何もしたくない」と憂鬱な気持ちになるでしょう。

このような状態に陥る人は、真面目すぎる人に多いと言われています。自分の中でこうするべき、という決まり事のようなものがあるため、イレギュラーな事が起きた時に臨機応変さに欠けてしまうからです。仕事では機転を利かせたり、想像力を使って進めていくスキルも求められているので、真面目と言われる人は少し頭を柔らかくすることが大切です。

4.仕事でミスをしてしまったため

仕事でミスをしてしまったら、憂鬱になるのは当然です。誰でもミスは多少なりともするものですが、真面目で責任感が強い人の場合は、1度でもミスをすると申し訳ない気持ちでいっぱいになり、「次頑張ればいい!」という気持ちになかなかなれず、むしろ「また失敗したらどうしよう」とばかり考えるようになり、仕事が憂鬱に感じてしまうのです。

このような人の場合には、気持ちを前向きにする必要があります。気持ちの切り替えがうまくできないと、どんどんストレスが溜まってしまい、鬱などになってしまう可能性もあるので注意が必要です。

5.苦手な分野の仕事が回ってきた時

人間誰でも得意、不得意はあります。しかし仕事では、苦手な事もこなさないといけない時は必ずきます。例えば、人についていくタイプの人なら、入社当時は誰かの指示に従うだけでよかったのが、いずれ先輩として後輩を引っ張っていく事になれば、慣れない仕事にプレッシャーを感じることもあるでしょう。

苦手なことこそ取り組んで乗り越えた時に、人間として大きく成長できるチャンスなのですが、中にはそんな事は関係なく、ただ「やりたくない」と仕事が憂鬱になってしまう人もいるのです。

6.通勤が大変だから

仕事が憂鬱になる原因には、通勤ラッシュが大変という人もいるようです。中には通勤時間が1時間〜2時間という人もおり、その間電車内では座席にも座れず、会社に着く頃には体力を使い果ててしまう人も見られます。

加えて、周囲を気にせずマナーがない人がいる時もあり、さらに憂鬱な気分にさせられてしまい、このようなことが毎日繰り返されることで、仕事が憂鬱となることがあるようです。

7.残業や休日出勤が多いため

会社に拘束される時間が長いために、仕事が憂鬱となってしまう人も多いと言われています。残業や休日出勤などが多い人は、自分のプライベートな時間が少ないためストレスが溜まり、その結果、仕事が憂鬱と感じるようになります。

人は、あまりにも自分の人生の中で、仕事が占める割合が多すぎると、自分は何のために働いているのかと思ったり、精神的にも肉体的にも疲れたりして、仕事が憂鬱になってしまうと言われています。仕事の量が多く、ストレスが限界に達してしまった場合には、鬱などが発症するおそれがあるので、気をつけるようにした方が良いでしょう。

仕事が憂鬱な時の7つの解消法

このような、仕事が憂鬱であると思う時には、一体どうすれば良いのでしょうか?次に、仕事が憂鬱な時の解消法を紹介します。もし、ちょうど今が憂鬱な気分であれば、ぜひ気に入った方法を試してみてください。

1.仕事の終わりに予定を入れる

仕事が憂鬱なときには、仕事が終わった後に、自分の楽しみの予定を入れるなど、気分転換することをお勧めいたします。例えば、自分一人でどこか美味しいお店に食事にでかける予定を考えてみたり、友人と素敵なお店のディナーの予定を入れるのも良いでしょう。何か楽しみなことを作ると、憂鬱である気持ちから離れることができ、良い気分に変えることができますよ。

2.自分にご褒美を与える

仕事が憂鬱なときには何か目標を作り、その目標を達成した時にはご褒美を与えるようにすると、気持ちの切り替えができます。たとえば、今日中に終わらせる仕事のノルマを立て、それが達成できた場合には、美味しいスイーツを買って帰れるなどのご褒美を決めておくと、自然とやる気が起きるようになります。

具体的には、一日単位、一週間単位でなるべく達成可能な目標を立て、それに向けて頑張るようにすると、毎日の仕事にメリハリがつき憂鬱な気分が解消できるというわけです。

3.休日に楽しみな予定を作る

憂鬱な気分を切り替えるために、普段とは違う予定を立てるようにすると、ポジティブな気分に浸れるかもしれません。週末休みであれば、友人と食事や映画に行く予定を立ててみたり、あるいはたまには長期休暇などを取り、旅行の計画などを立ててみるのも良いでしょう。何かプライベートで楽しみなことを作ることにより、気分を切り替えることができ、モチベーションを保つことができます。

4.憂鬱な気分を聞いてもらう

人と話をすることによって、ストレスや憂鬱な気分から解放されることがあります。そのため、仕事でストレスが溜まっていると感じた場合には、親しい友人や家族など心を許せる人と話をすることが、気分転換に繋がる効果が期待できます。

一人で悩んだり考え込んでしまうと、良い考えは浮かばずにさらに塞ぎこんでしまったり、憂鬱な気分が助長されるおそれがあるので、一人で考えても気持ちが切り替えられないときには、誰かと話をするようにした方が良いでしょう。また、そうすることで、自分には思いつかないな良い解決策が見出せることもあります。

もし、人に相談することが苦手である場合や、相談相手が近くにいないという人は、憂鬱であると思うことを紙に書き出してみたり、自分にメールで内容を送ってみたりすると、悩んでいることを客観的に見ることができ、解決策が見出せる場合があると言われています。

5.趣味を楽しんだり、体を動かす

仕事が憂鬱なときには、何か趣味を持つようにすると良いでしょう。仕事後や休日に趣味の時間を持ち楽しむことにより、仕事のストレスや憂鬱な気分を解消することができるからです。

趣味の中でも一番おすすめなのは、体を動かすスポーツです。なぜなら、体を動かすことにより、ストレスを軽減することができるからです。また、仕事で凝り固まった筋肉をほぐすことができ、血行が良くなることで、疲労回復の効果も期待できます。

他にも、スポーツや趣味に集中している時には、そのことだけに考えを集中できるため、仕事を忘れることができるからです。このように、仕事を考える時間から離れることで、憂鬱な気分を解消することができます。

6.いつもと違う行動を取ってみる

仕事が憂鬱なときは、普段と違う行動を取ると気分転換になると言われています。いつもの帰り道のルートを変えてみて、一駅手前で降りて知らない街を散策してみたり、休日に近場の訪れたことがない場所に行ってみるなど、積極的な行動が有効かもしれません。というのも、いつもと違う場所へ行き、新しい発見をすることによって、新鮮な気持ちになりポジティブな気分に切り替えることができるからです。

7.「ほめ日記」をつける

仕事が憂鬱になりやすい人は、自分を責めすぎることが多いようです。このような人の場合には、「ほめ日記」が効果的であると見られています。「ほめ日記」とは、その日の出来事で自分の良かった点を書く日記のことです。自分の良いところを見つけ、記録することで、自分を責めにくくなり、憂鬱になりにくくなる効果があります。

仕事が憂鬱になりやすい人は、自分に厳しい人が多いので、ほめ日記を活用して自分をもっと褒めるように心がけることで、憂鬱な気分になることを防ぐことができるというわけです。

簡単に憂鬱な気分を解消する方法

仕事が憂鬱な時の解消法を紹介してきましたが、もう少し簡単に憂鬱な気分を解消する方法を、以下に紹介します。

  • プリンを食べる→口の中で溶けるものは癒しの効果がある
  • 魚料理を食べる→魚のドコサヘキサエン酸(DHA)は鬱を解消する効果もある
  • コーヒーを飲む→コーヒーには抗うつ剤と同様の効果がある
  • カカオ(チョコレート)を摂取する→カカオには気分を高める効果を助ける成分がある
  • 好きな音楽を聴く→好きな音楽を聴くことにより気分転換&ストレス発散になる
  • 太陽の光に当たる→日光にはセロトニンを増やす効果があり、鬱を解消する効果がある
  • 十分な睡眠をとる→睡眠不足の人は鬱になりやすいため、日頃から十分な睡眠をとる必要がある
  • 香りでリフレッシュする→香りを嗅ぐことにより、抗うつ作用、鎮静作用、神経強壮作用が期待できる

仕事が憂鬱で出社したくない場合の対処法

また、仕事が憂鬱で朝に出社したくない気分のときもあることでしょう。そのようなよきには、以下のようなことが有効であると言われています。

体に刺激を与える方法

気分がスッキリしない時に、コーヒーなどの刺激が強いものを飲むとリフレッシュできますよね。いつも仕事に行くのが憂鬱という人は、出社前にコーヒーショップに立ち寄って、コーヒーを1杯飲んでみると、少しはやる気が出るかもしれませんよ!

栄養ドリンクを飲むという方法もありますが、カフェインを含む飲み物には中毒性があるので、毎日飲みすぎるのは逆に体調不良を招きます。くれぐれも、飲みすぎには気を付けましょう。もしくは、朝起きた時にシャワーを浴びれば目もすっきり覚めるので、働く意欲が沸くかもしれませんね。

気持ちをポジティブに切り替える方法

あなたには、「これをすると気分がスッキリする!」というものはありますか?何かひとつでもいいので、仕事の憂鬱な気持ちを忘れられるものを見つけてみましょう。

例えば、好きな音楽を聴きながらドライブをしたり、好きなアロマを嗅いでリラックスをしたり、好きなブランドの服を買ってみたり、とにかく気持ちが高まることなら何でも構いません。何もないという人は、大声をだすだけでも気合いが入りますよ!

仕事が憂鬱な時は気分転換がポイント

仕事が憂鬱な人の原因や解消法を紹介してきました。仕事が憂鬱になってしまう人は、責任感が強く真面目で、知らず知らずのうちにストレスを溜めてしまう傾向があります。このような人は、普段からストレスを溜めないように、心がけることが大切です。

また、仕事が憂鬱な時には、仕事をきちんと達成することにより、自分にご褒美を与えたり、週末や休日に楽しい予定などを入れるようにすると、憂鬱な気分を変えることができるのでおすすめです。ほかにも、スポーツや没頭できる趣味を見つけたりすることも、ストレス発散に効果的です。

憂鬱にならないためには、普段から自分の気持ちにへの気配りが大切なので、ストレスを溜めないようにうまく気持ちを切り替える方法を、自分なりに身につけておくことが大切になります。