ダブル不倫は、今までの人生で一番の恋愛経験ができるシチュエーションかもしれません。相手への責任がなく、心はいつでも自由です。楽しい部分だけを吸い取ることができる秘密の恋愛です。そんな密会を楽しむ方法をご紹介します。だけど、楽しいだけでは終わらないかも。その結末に待ち受ける代償や絶対にしてはいけないことも見ていきましょう。

W不倫を最高の楽園と呼ぶ理由

無責任な理想の恋愛ができる

実際の恋愛では、結婚を前提にすることが多いため、「これを言ったら嫌われるかな?」とか、自分を良く見せようと頑張らなければいけません。しかしW不倫の場合は、将来を約束する責任もなければ、嫌われても慣れ親しんだ自分の家庭に戻るだけです。言ってみればW不倫は疑似恋愛ですから、無責任なことを簡単に口にすることができます。例えば「お前だけを愛してる」とか「生まれ変わったら、一生俺のものにしたい」とか、どこかで聞いたことがあるような夢のセリフを言うこともできます。

ただ1つ危険があるとすれば、あなたからするとただの遊びのつもりでも、不倫相手が本気に受け止めてしまうことが考えられることです。もしそれを本気にして、「あなたのために離婚した。」なんてことになったら大変ですので、注意が必要です。これでもしあなたが不倫相手に訴えられでもしたら、奥さんにW不倫がバレるのは避けられませんし、多大な迷惑をかけることになるでしょう。

相手の旦那から抗議を受けることになるでしょうし、奥さんと離婚することにもなるかもしれません。そこまで考えると、無責任では終われませんね。不倫をしている友人や女性に注意点を忠告をできるよう様々なリスクについて知っておきましょう。

リスクがあるから刺激がある

W不倫の一番の醍醐味は、バレないようにすることのドキドキ感です。2人だけの秘密を持つというのは、底知れぬ魅力があります。また、人はいけないことをしていると、脳が興奮状態になります。このようなリスクがあるから、刺激を楽しむことができるのです。この気持ちが恋愛のドキドキ感としてインプットされているのでしょう。もちろん、本当に不倫相手にドキドキしていることも考えられます。

W不倫は、お互いのパートナーにバレないようにするだけでなく、周囲の人たちにもバレるわけにはいきません。そうなると、2人だけの秘密がどんどん増えていきます。しかも、一緒に悪いことをしているという連帯感が、より2人の絆を深めるのです。『赤信号、一緒に渡れば怖くない』というわけです。

帰る場所。W不倫のメリット

不倫とは、好きなときに自由に会えない分、寂しさが募るものです。しかしW不倫の場合は、ワクワクするような恋愛を楽しんだ後には、可愛い我が子が待つ家に帰ることができるのです。たとえ子供がいなくても、パートナーがいて1人にならない分、寂しさを感じることは少ないでしょう。これがもし、1人の部屋に帰っていくのなら、寂しくて仕方ありません。

W不倫は、お互いに帰る場所があるからこそ、ひとときの至福の時間を心おきなく楽しむことができるのです。不倫相手もまた帰る場所があるので、離れるのが寂しいと駄々をこねられることもありません。不倫をする際、男性にとってはこれが一番面倒なことなのです。結婚を迫ってくることも少ないので、男としては最高の条件で恋愛ができるのです。

味わったことのない快感

妻とはいつも変わりばえのしない行為も、不倫相手となら燃え上がることでしょう。不倫相手もまた、旦那に同じような感情を抱いている可能性がありますので、あなたの男としてのプライドを満たすことができます。また、不倫相手とベッドを共にすることで、妻との時間も刺激的になる可能性があります。

ただし妻の前では、あまり今までやったことのない体位などはしない方が良いでしょう。W不倫をしていることに感づかれてしまいます。また、不倫相手の香水のニオイなどが体につかないように気を付けましょう。

W不倫は初恋に似ている純愛

ときめきに気分は最高潮!

いつも奥さんにガミガミと小言を言われているから、女を感じなくなる男性も多いはずです。母親になった妻は尚更そうでしょう。しかしダブル不倫なら、相手もまた平凡な旦那に飽き飽きしていますので、可愛げのある女を演じることができます。会社内でW不倫をしている場合には、人に気づかれないように目くばせをしたり、秘密のメモを渡したりして、中学生のようにときめくこともできます。まるで青春が舞い戻って来たかのようです。

「今度はいつ会えるかな」と考えたり、会える日になると朝からワクワクしたりと、仕事に身が入らないこともあるかもしれません。そして秘密の待ち合わせ場所で会った時には、気分が最高潮に達します。気持ちが高ぶって、思わず抱きしめたい気分になることでしょう。でも周りを確認してからにしてくださいね。

顔見知り程度の人に見られるのも危険です。なぜなら、「この前、あそこにいたのは奥様?」なんて聞かれたら大変です。奥さんに直接聞くかもしれません。

身体の関係がなくても楽しめる

体の関係がないと不倫とは呼ばないと主張する人もいますが、やはり気持ちが入って、2人だけで会っているのなら、それは不倫と呼ぶのでしょう。しかし離婚事由となる不貞行為に当てはまるのかどうかは、ケースバイケースです。このことからもわかるように、W不倫は身体の関係がなくても楽しむことができます。プラトニックな恋愛を楽しんでいる段階を想定し、そんな自分になりきることで、プラトニックな純愛を楽しむのです。

ただし、身体の関係を求めないということは、心の繋がりだけを大切にするということです。それは、不倫ではなく本気になる可能性を秘めていますので、ある意味では体の関係があるよりも危険と言えるでしょう。W不倫は、無責任な恋愛ができることがメリットですが、本当に無責任に何の考えもなく行動してしまうと、大変なことになります。自分でも気づかないうちにドツボにハマることもありますので、それなりの自覚を持って楽しむことです。

両想いになったときの高揚感

普通の恋愛であれば、初めはお互いに興味を持ち、少しずつ相手の気持ちを探っていくという段階を経て、両想いになります。しかしW不倫の場合は、相手が既婚者ということで安心してしまうという落とし穴があります。男性にとってはそれが良い武器になるのです。男性の場合は、隙あらばという本能があるのかもしれませんが、女性の場合には「この人は既婚者だから、間違いは起きないだろう」と安心しているのです。

また自分も既婚者なので、心に余裕があるのでしょう。そしてお互いに話しているうちに、「この感覚なんだろう」と思っていると、相手も同じ気持ちになっていて、突然両想いになるのです。自分でも予測していなかったときの両想いは、思いがけず高揚感が高まるのです。それが大きなときめきとなり、急速に関係が進展していくと考えられます。ましてや家庭がつまらない、刺激がないと思っていた者同士であれば、深い関係になるまでに時間はかかりません。

バレたら最後!理由とW不倫の結末

慰謝料は免れない

体の関係があろうとなかろうと、ある程度の長期間にわたって個人的な連絡を取り合っていたとすると、不倫の証拠となる可能性が極めて高くなります。2人だけで複数回会っていたのなら、もう逃れられないでしょう。まずあなたは、不倫相手の旦那から慰謝料を請求されますが、あなたの妻からも慰謝料を請求される可能性があります。通常の2倍の慰謝料を払うことになり、それに加えて子供の養育費も支払う義務があります。

もし仮に、浮気相手と再婚することになっても、経済的に困窮することが予想されますし、今までのようなときめきのある関係ではなくなります。W不倫だからこそのドキドキ感であり、不倫相手を本当に好きなわけではありません。

養育費も請求される可能性が高い

W不倫の結末は、慰謝料だけでなく子供の養育費も請求される可能性が高いです。もちろん自分の子供ですから、その成長を見守るために養育費を支払うのは当然と言えるでしょう。でもはじめにしっかりと取り決めをしておかないと、いくら請求されるかわかりません。W不倫をしたのはあなた自身ですから、離婚協議のときにももめることは避けられません。

だから必要以上に請求される可能性もあります。あなたの経済レベルにもよりますが、元配偶者がまともな生活ができるような金銭的な援助をするのは、ある意味義務と言えます。それに加えて養育費ですから、経済的負担がかかるのは覚悟した方が良いでしょう。

傷つける人の数が多すぎる

W不倫の結末は、パートナーはもちろんのこと、自分の子供や不倫相手の子供、それぞれの両親や友人など、数えきれないほどの人たちを裏切ったことになり、傷つける結果となります。W不倫のおいしい所ばかりに目がいって、そのような覚悟を持たずに軽はずみな行動をしてしまったら、大きな代償をはらうことになるでしょう。いい大人としては、自覚に欠ける行動です。

今後は、親戚の集まりには恥ずかしくて出席できなくなり、友人からは軽蔑されるようになります。子供の親権を取られる可能性も低いので、愛する我が子に会うことも許されないのです。あなたはそんな人生、耐えられますか?

最後は一人ぼっちに・・・

不倫相手と再婚できればまだ良い方で、相手の夫婦がやり直すことを決心した場合、自分だけ離婚して、一人ぼっちになる可能性があります。先ほども言ったように、子供にも友人にも会いづらくなり、両親からも呆れられることでしょう。今まで一生懸命に築き上げてきた仕事さえ失うことになるかもしれません。W不倫は、最高の楽園と呼べるほど楽しい恋愛ですが、それほど楽しいのですから、リスクもそれだけ大きいと言えるのです。

W不倫に走るということは、夫婦関係がつまらなくなる時期を迎えていると考えられるため、それなりに歳を食っている可能性が高いです。そうなると、新たな人と結婚できるかどうかも微妙になってきます。そしてそのまま歳を重ねていくと、孤独死も他人事ではなくなることでしょう。待っているのは、非常に惨めな最期かもしれません。一人ぼっちで死ぬのを覚悟するのは、さすがに寂しいことです。

いくら後悔しても事実は消えない

W不倫の結末は、いくら後悔しても事実は一生消えないということです。奥さんが許してくれてやり直すとしても、今までと全く同じというわけにはいかないかもしれません。それに奥さんの中には、あなたがW不倫したという事実は一生残るのです。口に出さなくても思い出したら悔しかったり、悲しかったりするかもしれません。

その気持ちもあなたは引き受けていかなければいけないのです。またもし離婚になったとしても、周りの人があなたを見る目は変えることができません。あなたは一生「不倫した人」というレッテルを背負っていかなくてはいけません。

W不倫でしてはいけないこと

妊娠

W不倫で絶対にしてはいけないことのナンバーワンは、妊娠すること、妊娠させることです。これは意外と多いことなのですが、旦那に知られないように日帰りで中絶をしている女性が存在するのです。水商売をしているなら、ある意味では仕方のないことなのかもしれませんが、体にも負担がかかりますし、多くの人に嘘をつくことになります。嘘は癖になりますから、どんどん積み重ねていって、引き返せない所まで行ってしまうことでしょう。

また、旦那か不倫相手かどちらの子か判別できないので、そのまま産んでしまうこともあるようです。旦那は待望の子供ができたと喜んでいるかもしれませんが、実はそれが自分の子供ではないと知ったら、想像を絶する屈辱に苛まれることになります。もしそれが自分だったらと考えると、恐怖で鳥肌が立つのではないでしょうか。実際に産んだ本人からすれば、両親にとっても孫には変わりありませんが、旦那の両親からすると、何の関係もない子供なのです。

事実を人に打ち明ける

W不倫は秘密であることが大前提ですが、あまりにウキウキしてしまい、この気持ちを誰かに話したいと思ってしまうことがあるかもしれません。どんなに信頼している相談相手でも、打ち明けるのはやめた方が良いでしょう。自分から打ち明けなくても、2人が密会している現場を誰かに見られたら、どこに広まるかわかりません。不倫相手の女性が脅されて、口止めに乱暴されるという卑劣な事件も起きているようですので、細心の注意が必要です。

人は噂話が大好きなのです。平凡な毎日に刺激を与えてくれるような話題なら、誰かに話たいとウズウズしてしまうでしょう。でも打ち明けたのはあなたですから、その人を全面的に責めることはできません。あなたにも責任があるのです。W不倫をするなら、慎重な行動が重要なポイントとなることを覚えておきましょう。

友人の奥さんとの不倫

W不倫をする場合、会社の同僚や上司、カルチャースクールなどで知り合った人、近所に住んでいる人などと関係を持つことがあります。しかし絶対に不倫相手に選んではいけないのは、友人の奥さんです。男同士でも女同士でも、友人のパートナーと付き合うということはタブーとされています。友人の元カレや元カノと付き合うのも、相手からするとあまり良い気分はしませんよね。W不倫というリスクを背負うなら、友人のパートナーだけは選ばないようにしましょう。

また友人であれば、家族ぐるみで出かけたり、パーティーをしたりする機会も多いので、それだけバレるリスクが高いので危険です。あまり手近なところで探さずに、行動範囲が違う他人を選ぶようにしましょう。もしW不倫がバレた場合、それこそ何もかも失うことになります。W不倫をするなら、それなりの覚悟を持って、最低限のルールは守ることです。

キレイな別れをしても油断は禁物

W不倫では、たとえ不倫相手とキレイな別れをしても油断は禁物です。不倫相手の方から別れを切り出したのなら、面倒なトラブルになる可能性は低いでしょう。でもあなたから別れを切り出して、すんなり承諾してくれたとしても、何を考えているか本心はわかりません。奥さんに嫉妬して何か行動を起こすかもしれませんし、あなたの職場や家に来るかもしれません。嫉妬した女性の行動は見当がつきませんから、油断していると危険を伴うこともあるでしょう。

誓約書までは書かせる必要はないと思いますが、しっかりと意思確認をしておくことをおすすめします。

嫉妬から不倫相手の夫を攻撃する

W不倫で絶対にしてはいけないことは、嫉妬から不倫相手の夫を攻撃することです。あなたにも奥さんがいて、お互いにパートナーがいることをわかった上で付き合っているのです。しかももともと一番のパートナーが奥さんと旦那さんなのです。そこを壊そうとするのはお門違いでしょう。もし不倫相手に本気になってしまったのなら、まずあなたが奥さんと別れて、それから女性に気持ちを伝えるべきです。

それが本当の順序ではないでしょうか。しかも厄介なのは、奥さんと離婚するつもりもなく、不倫相手と別れるつもりもない人です。そんな人に相手の家庭を壊す権利なんてありませんよね。

どちらかの自宅で密会は危険

W不倫で絶対にしてはいけないことは、どちらかの自宅で密会することです。不倫相手の旦那さんも昼間は仕事の場合が多く自宅に戻ってくる可能性はかなり低いはずです。だから油断して自宅で密会してしまうこともあるかもしれませんが、これほど危険な行為はありません。何かあって早退して帰ってくるかもしれませんし、人が来たという痕跡を残すと困ります。

不倫相手の旦那さんも自分の家の雰囲気が何か変わっていると、すぐに気付くはずです。敏感な旦那さんなら本当に危険な行為なのだと自覚しておきましょう。車も同様に危険ですから、密会する場所選びは慎重に行うことです。

後腐れなく終わらせてキレイに別れる

身勝手だと自分を見つめ直す

W不倫は最高の楽園ではありますが、それをいつまでも続けることができないと気づくことが必要です。W不倫がいかに身勝手な行動で、一時の快楽を得るためだけに足を踏み入れたことを思い出してみましょう。家庭では良き夫、良き父親を演じていながらも、外では道理に反する行いをしているのは、自分自身にも嘘をついていることになります。家族に胸を張れない行いをしている後ろめたさを抱き続けるのは苦痛です。そろそろ自分を見つめ直す時期が来ているのかもしれません。

そんな自分と向き合うことで、W不倫という呪縛から解放されるきっかけを見つけ出しましょう。楽園を離れるのは名残惜しいですが、自分自身が後クサレなくW不倫と決別する覚悟を持つことが必要です。家族にバレる前にね。

傷つける人・失う物を想像する

W不倫を終わらせるには、自分自身の意志を奮い立たせる必要があります。人は楽な方へ引き寄せられてしまう生き物ですので、また甘い蜜を吸いに行きたくなる衝動をおさえる必要があります。そのためにはW不倫で傷つける人や失う物を想像してみると効果的でしょう。それは大抵の場合、あなたが心から大切にしている人や物である可能性が高いです。今はまだピンとこないかもしれませんが、失ってからでは遅いのだと肝に銘じましょう。

自分の気持ちが強い時でないとまた誘惑に負けてしまいますので、タイミングが大切です。「家族がいて幸せだな」と感じた瞬間は、絶好のタイミングだと言えるでしょう。それを逃したら、次のチャンスはいつ訪れるかわかりません。

未練はNG!命取りになる行動とは

W不倫の終わらせ方で命取りになる行動は、不倫相手に未練を残すことです。せっかく都合の良い相手がいるのに、それを断ち切るのは至難の業です。とくに男性にとってはそうでしょう。また突然の別れにより、不倫相手を刺激するのも良くありません。女性の場合は不倫と言えども、気持ちから入っている可能性がありますので、あなたに捨てられたと感じた不倫相手が家に乗り込んで来ることも考えられます。

後クサレなくW不倫を終わらせるには、あなたが未練を残すのもNGですが、不倫相手の気持ちも鎮めさせる必要があります。いま面倒くさいと感じました?そうです、W不倫は面倒くさいのです。楽園だと感じるのは幻想に近い錯覚で、本当は面倒くさくて醜いものです。周囲の人があなたたちのW不倫を知ったら、汚らわしいと感じるはずです。残念ながら、それが正常な感覚の持ち主の反応なのです。

荒療治?不倫相手を乗りかえる

あなたがもし今のW不倫を終わらせたいと思っているなら、チョット荒療治ではありますが、他の不倫相手に乗りかえることも1つの方法です。W不倫を終わらせたい原因は、不倫相手に魅力を感じなくなったか、結婚を迫ってきて面倒だと感じたのかもしれません。いずれにしても、不倫相手をあきらめさせるには効果的でしょう。しかし注意すべきことがあります。

あなたに捨てられた不倫相手が、あなたと新しい不倫相手との関係を会社や奥さまに密告する危険性があるということです。女の恨みは後をひきますから、本当の意味で後クサレなくW不倫を終わらせるには、キッパリ&優しくがポイントです。キッパリと不倫相手への気持ちがなくなったことを伝えて、なおかつ不倫相手を気遣うような優しさも必要なのです。

妻との仲睦まじい姿を見せる

W不倫をサッパリと清算して、自分がいるべき家族の元へ戻るなら、不倫相手に妻とのラブラブ感をアピールすることが効果的かもしれません。ただし嫌味にならないように気をつけないと、嫉妬からどんな行動に出るかわかりません。家族を裏切った上に、家族を守れなかったとなると、あなたはきっと精神を病んでしまうほど後悔するはずです。そんなことにならないために、毅然とした対応で不倫相手にわからせる必要があります。

そもそもW不倫を始めたあなたにも責任がありますので、そこはキッチリ受け止めることです。不倫相手も円満に家庭に戻れるよう配慮しましょう。何もそこでお互いを傷つけあう必要はないのですから。

すべての責任は俺にある位の覚悟を持つ

W不倫はどちらが悪いということはありません。お互いさまです。しかし終わらせる時くらいは男らしくしましょう。そんなあなたの姿に不倫相手が惚れ直してしまったら、それはまた厄介な話ですが、責任を負うくらいの覚悟が必要だということです。W不倫を軽い気持ちで始めてしまったのなら、終わらせる時くらいは本気で向き合いましょう。男はいつまでも別れた女に好きでいて欲しいと思うものですが、そんな淡い期待は捨てることです。

あなたが呆気にとられるくらいアッサリと諦めてもらった方が、お互いにとって良い結果だと言えるのです。女は意外とアッサリしているものですよ。むしろあなたが不倫相手に未練を残すようなら、恋愛経験が少ないのでしょう。

W不倫のやめどきを見極める方法

引き際のタイミングを逃すとその先は沼

W不倫のやめどきについてお話していきます。W不倫はその居心地の好さからなかなかやめどきがわからず、ズルズルとしてしまうのが特徴です。しかし、そのまま相手がこちらに肩入れしすぎたり、自分の旦那と別れると言いだした時にはもう遅いのです。その時点で崩壊はもう始まっています。別れようにもなかなか別れることが出来なかったり、先ほど記述したように恨みを買ってしまい奥さんや会社に密告される原因となります。

事前にそのリスクを抑えるためにも、引き際は見極めておかなければなりません。W不倫のやめどきは3つのサインに現れます。

①「旦那と別れたい」という言葉が

「本当はあなたと一緒になりたい、旦那なんかとは別れたい…」そんな言葉が彼女から出てきたら、もう潮時です。あなたも彼女に惚れ込んでいる場合「嬉しい」と思うかもしれませんが、それは甘い罠。一方に家庭を捨てる覚悟があり、一方にない場合は気持ちの不均衡がその後の悲劇を生み出します。その言葉を察したら「ごめん」と謝りましょう。

謝られたことで、相手も察してくれるはずです。その後は「会うのをやめよう」と直接言うのは危険ですので、連絡を減らしフェードアウトするようにしましょう。曖昧なまま終わらせるのが良いでしょう。

②相手に興味がわかなくなった

相手に以前ほど興味もわかなくなり、こっちとしては家庭一本に戻ってもいいのだけど、相手がまだ求めてくるからなんとなく関係を続けている…そんな状況であれば早めに足を洗いましょう。あなたにそこまでの相手への欲求がないのにもかかわらず、リスクを冒して関係を続けるメリットはそこにはありません。情だけの関係はW不倫を抜け出せない沼へと引きずり込みます。

この場合は相手に「もう情しかない」と伝えるのではなく、フェードアウトするように消えていきましょう。あなた側は感情のコントロールが利く状況ですので、うまく終わらせることができるはずです。

③自分がのめりこみそうだと感じた

最初は軽い気持ちで始めたW不倫。家庭の不満やストレスは発散できるし、彼女のことは好きだし…そんなW不倫を続けているうちに、あれ、なんだかこれやめられないな?と思ったらそれはもう「のめりこみそう」の一歩手前まで来ています。「W不倫が生活の一部」ではありませんか?気がつけば不倫相手のことばかり考えたり、次はいつ会おうとスケジュールを練ったり、予定を不倫相手のために調整し始めたら「のめり込んで」います。

どこまで行っても結ばれない疑似恋愛がダブル不倫なのです。のめり込んだ先には沼しかありません。おとなしく身を引くように自分のマインドを整えましょう。

④妻から子供が欲しいと言われた

W不倫のやめ時は、妻から子供が欲しいと言われた時です。すでに子供がいる場合でもいない場合もあるでしょうが、これから新しい子供を育てていくために、父親の自覚を取り戻しておきましょう。妻が妊娠中に浮気するという話はよく聞きますが、女性からすれば「そんな旦那ありえない」と感じます。

今あなたに子供がいないのなら尚更、自分の明るい家庭をしっかりと築き上げていく時期が来たということなのではないでしょうか。

W不倫がバレた時の対処法

最悪の結末を逃れるために

W不倫が迎える最悪の結末は先ほどご紹介した通りですが、なんとかその結末を逃れるために出来ることはいくつかあります。人は過ちを犯すもの。その誤ちを許してもらうための努力も必要ということです。W不倫がバレた時のパターンを3つあげて対処法を見ていきましょう。

妻にバレたとき

誠心誠意謝り、人生の伴侶はあなただと伝えること。妻にバレた時の対処法は、誠心誠意謝るほかありません。夫に不倫された時の妻の気持ちは、あんなに愛を誓ったのに裏切られたという人間不信の気持ちだったり、「不倫された妻」に成り下がってしまったというプライドを深く傷つけられたという気持ちがほとんどでしょう。その妻の気持ちを繊細かつ丁寧に汲み取り、謝ることが大切です。

まずは妻の人間不信の部分を払拭するためにも、僕の不倫は気の迷いであり、生涯の伴侶は君しかいないと本気で思っているし、こんなことをした自分への後悔が酷いと伝えましょう。君を失うことを想像したら生きていけない、二度としないと下手に出たアプローチをすることが大切です。次に、プライドの部分を補修しましょう。不倫相手は完全に遊びであり、蔑むべき存在であると伝えましょう。

会社にバレたとき

2パターンに分けて転職を考えて見ましょう。会社にW不倫がバレた原因は2パターンあります。不倫相手や妻に密告された場合、もしくは社内でW不倫をしていた場合。後者の社内でW不倫をしていたような場合なら、どちらか片方が退職するのが一番ベターでしょう。会社の中でW不倫をしていた元恋人が一緒にいるような状況は周りの人間も仕事をしづらくなります。

前者の場合、かわいそうにと慰めてくれる仲間もいるかもしれませんが、大抵は蔑みの視線が投げかけられるでしょう。一過性のもので済めば、何事もなかったかのように過ごしていけばそのうち治ります。どちらにせよ、会社にW不倫の事実が広まってしまったようであれば転職してみるのも一つの手です。ずっと「W不倫の人」というレッテルを貼られたままキャリアを継続していくことは不可能でしょうから。

友人にバレたとき

最悪の場合は友達の縁が切れるかもしれません。W不倫が友人にバレたときは、いつもはあなたの味方をしてくれる人でも、あなたの元から離れていく可能性があります。友人ですからそこまで極端な行動には出ないかもしれませんが、もし不倫で嫌な記憶がある友人の場合には、あなたに対して嫌悪感を抱く人もいることでしょう。またあなたの両親と家族ぐるみの付き合いの友人なら、両親が可哀想だと思うかもしれません。

友人との関係性にもよりますが、何もない状態で仲良くしているからといって、あなたのことを全面的に受け入れているとは限らないのです。また正義感の強い友人なら、あなたを軽蔑することでしょう。

女性が不倫関係に陥ってしまう理由は?

単純に恋心が芽生えてしまう

不倫はいけないことと思っていても、単純に恋心が芽生えてしまうことでそのまま走ってしまうケースは多いです。特に結婚生活が長い人ですと、忘れていた恋心を思いだすことでそれに陶酔してしまうのです。今の奥さんとの熱も冷めてしまっているのも大きな理由なのですが、なかなかその思いを消すことは難しく、理性をいかに保っていられるかがポイントになりますね。

困窮した状態を救ってくれそう

旦那の稼ぎが少なくて、自分の思うような生活ができないという不満を持つ女性は、経済的にも余裕のある男性に惹かれてしまうことがあります。結婚していなくても、経済力のある男性は魅力的に映るものですが、結婚した状態でも十分に不倫の引き金になってしまうことはあるのです。感情的もそこに絡むパターンも多いですが、高価なプレゼントなどをされてしまうと気持ちが傾いてしまう女性も多いようです。

旦那も周辺の人間関係も嫌

夫(旦那)に対する恋愛感情は冷めているだけでは不倫の原因にならなくても、夫側の姑家族や親戚関係に嫌気がさしていると不倫に走ってしまう原因となります。家庭での不満に加えて、それにかかわる人も嫌いということになれば、逃げ場がなくなったような気持ちになってしまう女性もいるでしょう。そんな時に、魅力的な男性に出会ってしまうことで、不倫関係になるということがあるのです。

この場合、恋愛関係が発展すると離婚にまでつながる恐れがありますので注意が必要です。特に女性側に子供がいないなどのケースですと、夫やその家族から離れたいがために離婚を選択することも多いようです。

夫の男性機能の衰え

セックスだけが愛情表現ではありませんが、中にはそれに満足できないために不倫に走ってしまうケースもあります。特に夫がEDなどの病にかかったり男性機能が衰えたりすることでセックスレスになり、結果、他の魅力ある男性と恋愛関係に発展してしまうということもあり得ます。男性側からすると女性の性に対する意識はよく分かりませんが、セックスレスである場合は妻の動向に注意をした方がいいでしょう。

不倫関係が芽生えてしまうきっかけは?

職場での出会い

結婚生活中の他の人との恋愛のきっかけとして最も多いのはやっぱり社内恋愛。職場での出会いでしょう。基本的には一年間のうちでもっとも時間を取られることが多いため、そこに関係する人も必然的に多くなります。春の時期になると人事異動などで人間関係も変わってくるため、そこから時間が経過する中で恋愛関係になってしまうことが多いです。

地域のクラブ活動

職場以外の人間関係ですと、友人以外にクラブ活動を通じた出会いがあります。現在も盛んに活動しているママさんバレーや男性ですと野球やサッカーなどのスポーツを通じたものですね。ママさんバレーですと、男性コーチとママさんプレイヤーが不倫関係になってしまうということも多いようです。

友人同士が集まるパーティー

同窓会で久しぶりに出会った2人が、恋愛関係になってしまうということもゼロではありません。昔はそんなに惹かれなかった2人が、新たに恋愛感情が芽生えてしまうということも多いようです。ドラマだと、ちょっとベタすぎる設定ですが、一般的にも多いことですので相手が同窓会などで夜遅くなった場合などには注意深くその後の行動を追ってみるのがいいでしょう。

まとめ

W不倫が最高の楽園という理由がお分かり頂けましたか?恋愛のおいしいトコ取りでありながら、相手に対して責任を持つ必要がないというのは、奇跡に近い状況と言えるでしょう。しかしそれほどの楽園には、人生設計や生活を脅かすほどの毒が存在しているのです。

それほどのリスクを負ってでも、あなたはその楽園に行ってみたいですか?人生をかけてでも遊びたいという人ももちろんいることでしょう。しかし多くの人は、それ程の覚悟もなくW不倫をしている人が多いのではないでしょうか。一番大切で、一番守るべきものは何なのかをしっかりと考えて行動するようにしましょう。