「結婚資金ってどのくらい必要なのだろう?」「今からでも貯金は間に合う?」など、結婚資金について不安に思っている人も少なくないのではないでしょうか。初めてなのでわからなくて当然です。お金がない!と思っても大丈夫です。今回は、結婚資金についてご紹介したいと思います。

結婚資金について

ついに夢の結婚式!でも、結婚資金ってどれくらい貯めるもの?何にいくらくらいかかって、どれくらい前から貯金を始めるものなの?貯金がない今からでもできるのかなぁ?など、結婚資金について不安を抱いていませんか?

結婚はほとんどの方が初体験。何にいくらくらいかかるのかはわからなくて当然です。結婚資金は、結婚式だけではなく、結納、ハネムーン、新婚生活費など様々なことにお金がかかります。おそらく、今思っている以上に費用が必要になることでしょう。後から困らないように、早めにしっかりと確認をしておくことがとても重要です。

これから結婚資金を貯め始める方へ

結婚資金ってどれくらい貯めればいいのだろう?どのように二人で貯金していけばいい?できる限り効率よく貯金がしたい。親からの援助ってどのくらいしてもらえるものなのだろう?

など、今回は、結婚資金について全くわからない方にオススメの記事となっています。結婚資金を二人で貯金するということは、初めて二人でお金の管理をするということです。今までしたことがないようなことばかりだと思いますので、事前にしっかりと知識をつけてケンカにならないように結婚式を迎えましょう!

今から貯めれる?結婚資金の相場をご紹介!

結婚式だけでも平均350万円?

まず、結婚式の相場から見ていきましょう。結婚式にかかる平均金額はなんと352.7万円と言われています。これだけでも結構な金額になりますよね。このためにしっかりと貯金をしてきた人であれば問題ないかもしれませんが、今から貯めるという人にとってはかなり辛い金額になるかもしれません。

また、親が援助してくれるのかしてくれないのかによっても異なってくるでしょう。基本的には、会場が決まって予約金として5~10万円を支払います。そのあとに、挙式の1ヶ月〜1週間前くらいに残りの300万円ほどを支払うという流れになります。会場によっては当日払いでもいいところもありますので、ご祝儀を足して支払うという人も少なくありません。

結婚式以外にも300万円ほどかかる?!

結婚をする際には結婚式以外にもお金がかかるところが沢山あるのです。まず結納関係です。婚約指輪や結納品、結納金や結納会場など合わせて163万円ほどかかると言われています。

また、結婚式後にかかるものとしては、ハネムーンです。ハネムーンは一生に一度しか行くことができませんので、これは逃したくないと思われる人も多いことでしょう。旅費やお土産代あわせて75万円ほど相場でかかるようです。

最後に、新婚生活で必要な引っ越し費用です。旦那様が今住んでいる部屋に転がり込むような形であればそこまで費用はかからないでしょう。しかし、新しく契約をして二人とも引っ越しをするとなると、最初の初期費用がかなりかかります。家賃がいくらのマンションに引っ越すのかにもよりますが、平均で77万円と言われています。ソファーや二人暮し用の冷蔵庫など、家具をどの程度購入するかによっても変わってくるでしょう。

負担する割合は男7:女3の人もいれば折半の人も

結婚資金の割合は男性の方が多め

結婚資金で悩んでしまうのが、どちらがいくら払うのかという割合ですよね。基本的には、男性の方が収入が多い場合は男性の方が負担額が多くなる傾向にあります。男性側が7割で女性側が3割、または男性が6割で女性が4割という風にしている人も結構多いようです。

結婚資金を男性が多めに出してくれているのであれば、新居の家具は女性が多めに支払うなど他のところでバランスをとるということもできます。お互いの収入にもよりますが、女性の方が収入が多い場合は、逆の割合になることもあるでしょう。

結納を行わなかった&彼が九州男児だったため、当初は「俺が全部出す」と言い張っていました。 しかし準備のほとんどを私がおこなった結果、事前に支払う分を私が、当日式場に支払う分を彼が負担。最終的な負担割合は4:1くらいです。

お金に関するトラブルは嫌!きれいに折半

結婚式は二人のものです。二人で初めてお金のことを考えて一つのものを作り上げていくものとなります。その時に、お金の割合が違うとトラブルになりやすくなります。「俺の方が多く払っているんだから、俺の意見に合わせてくれよ。」「俺の方が支払いが多いから俺の好みに仕上げよう。」など多く支払っている方が有利になってしまうこともあります。

こうなってしまうと、女性は何も言えなくなってしまいますよね。結婚式への憧れやこだわりは女性の方が強い場合が多いです。結婚式の準備の段階でこのように意見が合わなくて別れてしまうということも少なくありません。そのようなトラブルを避けるためにも、きれいに折半するという考えの人も増えてきているようです。

それぞれのゲストの人数で分ける

結婚式はゲストの人数でも金額が変わってきます。一人あたり15,000円など人数が増えれば増えるほど金額も上がっていきます。そして、自分の招待したゲストが多ければご祝儀をいただく金額も増えていきます。そのようなことを考慮して、わかりやすくゲストの人数で分けようという人も結構多いです。

お料理だけではなく、引き出物にもお金がかかります。また、男性の方が職場関係で招待することが多い傾向にあるかと思います。呼ぶゲストの人数で分けるのもトラブルが少なくて人気の分け方です。

事前に対処!費用の分担を決める時に揉めやすいこと

結婚式の後の生活費について

女性にとっては夢の結婚式。ついつい、自分の生活が苦しくなったとしても盛大に素敵な結婚式を挙げたい!と張り切ってしまうもの。しかし、男性にとっては結婚式よりもその後の新婚生活のことの方が重要だと考えます。

確かに、結婚式の後は一緒に住むことになりますので、ハネムーンだけではなく引越し費用などいろんなお金が必要になります。こういう面では、男性の方が冷静に考えることができるのかもしれませんね。

結婚式は小さくていいと新郎の親に言われた

男性にとっては、そこまで盛大に結婚式をしなくていいと思っている人が多いかもしれません。また、その両親は特にそう思っている人が多いでしょう。両親にとっては、親戚にさえ挨拶ができれば十分と思っている人が少なくありません。

しかし、新婦にとっては今までで一番綺麗な姿になれるとっておきの1日。そんな晴れ舞台にいろんな友達を呼びたい。沢山写真を撮ってもらいたい。そんな風に思っている人も少なくありません。しかし、ご両親に嫌われたくない。相手の両親の意見を取るか、自分の夢を取るか。かなり悩む人も多いようです。

お金を出す人が有利?

両親から全額援助してもらえてラッキー!と思いきや、全く自分の意見が言えずに苦労したという人もいるようです。好きな会場を選べなかったり、ドレスにこだわることができなかったりと新郎新婦がやりたいような結婚式ができない場合もあります。

頑張って自分たちで貯めたお金であれば、両親も何も言えないでしょう。しかし、両親が出したお金なのであれば、権利は両親の方が高くなってしまいます。我慢してお金を出してもらうのか、自分たちで頑張って理想の結婚式にするのか、そのところから決めていく必要があるかもしれませんね。

結婚資金がない!お金がなくても式を挙げる裏技とは

盛大にやらない。自分たちの出来る範囲の規模にする

結婚式となるとつい、一流のホテルで、大勢の友達を呼んで、素敵なドレスを着て挙げたい!などどんどん夢が広がりますよね。しかし、広がれば広がるほど金額が大きくなっていきます。お金があればいいかと思いますが、お金がないのであれば自分たちで出来る範囲の結婚式にしましょう。

最近では、家族だけで行う結婚式も増えてきています。家族だけであればそこまで見栄を張って会場を選ばなくてもいいですし、小規模の結婚式でいいので費用がそこまでかかりません。親からの援助や親戚からのご祝儀だけでまかなえることもあります。お金がないけど、記念に結婚式は挙げたいという方はまず親と相談をしてみてもいいかもしれませんね。

資金0円で出来るサービスを利用する

お金がない!親からの援助もないし。結婚式は無理だろう。そう思うのはまだ早すぎます!最近では、結婚費用が0円でも挙げられるサービスが沢山増えてきているのです。徹底的なコスト削減を実現し、当日の会費やご祝儀だけでまかなうことが出来るのです。

通常の結婚式場であれば、結婚式を挙げる前に全額支払わなければならないところが多いかと思います。しかし、資金0円でできるサービスは後払いが可能となりますので、自分で貯金をすることなく式を挙げることができるのです。

有名なところとしては、「スマ婚」「タダ婚」「ゼロ婚」「楽婚」「すぐ婚」などがあります。それぞれサービス内容が若干異なりますので、ご希望に合ったサービスを選んでみてくださいね!

時期を延期して今は貯金に専念する

「結婚しよう!」と言われたからと言って、すぐに結婚式を挙げなければならないということもありません。結婚するということは、結婚式やハネムーン、引っ越しなどいろんなことにお金がかかってしまいます。お金がないのに結婚に踏み切るというのもかなり危険な状態です。

最近では、籍だけ先に入れてしまってそれから貯金をして結婚式を挙げるという人も増えてきています。早く子供が欲しい。と思う人もいるかもしれません。しかし、先に籍だけでも入れておけば、多少結婚式の時期とずれてしまってもそこまで問題はないでしょう。籍を先に確実に入れておけば、あとは状況を見て行えばいいのです。

お金がなくても大丈夫!ブライダルローンで夢の結婚式を

ブライダルローンって何?

結婚式をしたいけれど、お金がないから出来ない。お金を節約するために、できるだけ安く済む結婚式をしたい。でも、やっぱりいろんなオプションをみるとどうしてもつけたくなってしまう!そんな方には、ブライダルローンがおすすめです。

通常だと、挙式の1週間前くらいに会場の費用を支払わなければなりませんが、ローン会社が変わりに支払ってくれます。その1ヶ月後から毎月返済していくという流れになります。貯金が貯まってから結婚式を行うというのもいいですが、できる限り早く式を挙げてしまいたいという人には先にローンを組んで済ませてしまうということもできるのです。

どんな銀行からローンを組めるの?

ブライダルローンを組める銀行はかなり多くありますが、一部有名な銀行をご紹介したいと思います。

▪️三井住友銀行
業界最大で安心できる大手の銀行です。
限度額は800万円で、実質年率は4.0%から。

▪️三菱東京UFJ銀行
こちらも大手の銀行。保証人が不要で低金利が嬉しい。
限度額は500万円で、実質年率は1.8%から。

▪️みずほ銀行
利用限度額が高くて嬉しい。
限度額はなんと1,000万円。実質年率は3.0%から。

となっています。同じ大手の銀行でもそれぞれ特徴が違いますので、しっかりと選ぶようにしましょう。また、普段使っている銀行だと安心できますし、手続きもしやすいかもしれませんね。

今から貯金でも間に合う!効率のいい貯め方

共通の口座を作って、見える形で確実に貯金をしていく

結婚式までちゃんと貯金できるかなぁ。うっかり使ってしまって、結婚式までに貯金ができなかったらどうしよう。相手が貯金していなかったら困る。など、自分のことも心配ですが、相手もしっかりと貯金しているかどうか不安になりますよね。

そんな場合は、二人で共通の口座を作って一緒に貯金をするという方法があります。毎月いくらこの口座に入れる!と二人で決めていれば、絶対に守ろう!という気持ちになれます。また、もし相手が守っていなければ、「ちゃんと入れて!」と指摘することもできます。見える形にすることで、お互いに励ましあいながら確実に貯金をしていくことができるでしょう。

管理しすぎるのは嫌!それぞれの口座で貯金する

共通の口座を作って貯金をするという方法ももちろんいいのですが、もし別れてしまった場合、持ち逃げされてしまうという可能性があります。そのような心配をしたくないという方は、それぞれの口座で貯金をするという方法をお勧めします。

お互いがしっかりしていて、信頼できるようであればこの方法で十分だと思います。月に1回口座を見せ合ったり、口頭でちゃんと貯めることができているかどうかを確認しあったりしてもいいでしょう。お互いがしっかりとお金を管理できる能力があるのであれば、それぞれで貯金をしていけばいいかと思います。

お給料が入ったら、まず結婚資金を貯金する

お金があまった分を貯蓄に回そう!と考えている方も多いのではないでしょうか。しかし、この方法だとほぼ確実に全て使ってしまいます。人はお金があればあるほど使ってしまう傾向にあります。お給料が入ったらすぐに結婚資金用の口座に移動することをお勧めします。

そうすれば、その月の使える金額が明確になり、使いすぎを防ぐことができます。お金は使ってしまったら戻ってきません。まずは、絶対に使わないような工夫をすることが何よりも重要になってくるでしょう。

貯金期間はどれくらい必要?

貯金をしよう!と思ったら、まずは計画が必要です。いつまでにいくら貯金をしたいのかを明確にしておく必要があります。貯金期間は大体1年くらいを目安にしている人が多い傾向にあります。しかし、貯金額は本当に人それぞれです。貯金がある程度ある人であればそこまで期間は必要ないかもしれません。

逆に、貯金がないのに盛大な結婚式をしたい!という人であれば、毎月多額の金額を貯金しなければなりません。1年で300万貯金したい人は、二人で毎月25万円は貯金しなければならないでしょう。ボーナスを全額結婚資金にあてるのであれば、毎月10万円くらいで済むかもしれません。まずは、念入りに貯金計画を二人で行うことが必要不可欠です。

二人でできる節約を、今から取り入れよう!

一緒に暮らしちゃう

一般的には結婚式を挙げてから一緒に暮らし始めるというカップルが多いかと思います。しかし、そのためには結婚式を挙げる前から、その引越し費用を貯金しておかなければなりません。どうせかかる費用であれば、先に同居生活をしてしまった方が無駄な費用がかからなくて済みます。

何よりも家賃が浮きますよね。二人暮しだと若干家賃は増えますが、それぞれ一人暮らしの部屋を借りているよりはかなり格安になります。また、食費も一人分を作るより二人分を作った方が効率がいいですし、お弁当を持っていくことでさらに節約できます。引越し費用分くらいはあるのであれば、先に一緒に暮らしてしまってから貯金をしていくことをおすすめします。

お金を使う時は必ず相談をする

自分でお金の管理をしていると、つい、甘くなってしまいますよね。節約をしよう!と思っている時に限って飲み会に誘われたり、遊びに誘われたりしてしまいます。今回だけならいいか!っと毎回自分に許していると、結局全部使ってしまった!ということはよくある話です。

結婚資金が貯まるまでは、お互いにお金を使う時は必ず相談をする!と決めておくと自然と無駄な出費を減らすことができます。一緒に暮らしていれば相談しやすいですが、ばらばらに暮らしているとなかなか相談できないもの。しかし、相談してからでなければ行けないと決めておけば、それだけで防げるものはかなり増えてくるはずです。自分だけのルールはどうしても甘くなってしまいます。

なかなか一人で守れない人は、このようなルールを取り入れても効果的だと思います。

デートは家か散歩のみ!

意外とお金がかかってしまうのがデート代。週に1回しか会えないから、いいお店に行きたいと欲がでてしまうもの。しかし、二人で1万円でも、1ヶ月で4万円。10ヶ月で40万円もかかってしまうのです!こうみると、1回1回の積み重ねは怖いですよね。

結婚資金で40万円はかなり大きな金額です。レストランでのお食事はランチにするか、お誕生日などのイベントだけにするなど回数をできる限り削減しましょう。デートは基本的に家で過ごすか、公園にお散歩をしに行くなどお金のかからない遊びを選ぶことが重要です。

親からお金をもらうと贈与税がかかる?

結婚資金であれば贈与税はかからない

頑張って二人で貯金をしたけれど、最終的にかかる費用が予定よりもかなりオーバーしてしまった!どうにか親に頼んで援助してもらおう!でも、親からもらうと贈与税がいくらかかかると聞いたことがあるけれど、どのくらいかかるのだろう?と心配される方も多いかと思います。

基本的には110万円以上贈与された場合は贈与税がかかりますが、結婚資金や教育費にあてられるものは非課税となりますので、贈与税はかからずに受け取ることができます。「税金を高く請求されてしまったらどうしよう!」と思ってしまうかもしれませんが、請求をされることはありませんので安心して受け取りましょう。

親から援助してもらう平均金額とは?

親から結婚資金に使いなさいと100万円も渡された。こんなに多額のお金を受け取ってもいいものなのだろうか?今後のために自分でとっておいて欲しいとも思うけれど、このお金を使わせてもらえればかなり助かる。他の人は大体いくらくらい親から援助してもらっているものなのだろうか?

相場としては、全国平均178万円と言われているようです。すごい金額!と思ってしまうかもしれませんが、ご両親はこの時のためにコツコツと自分が小さい頃から貯金をしてきてくれているのです。こんなに多額のお金を親から直接もらうことがないのでびっくりしてしまうかもしれませんが、ありがたく受け取りましょう。

最後に

結婚資金についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?結婚式って、挙げるまでにこんなに大変なんだぁっと感じられた人も多いかもしれません。しかし、これはまだまだ序の口です。これから二人で一緒にいろんな壁を乗り越えていかなければなりません。

そのための一つ目の試練とも言えるでしょう。いろんなトラブルがあるかと思いますが、二人の愛でぜひ、乗り越えていただきたいと思います