ワンウェイとボトル方式のウォーターサーバーってどっちがいいの?

ウォーターサーバーの水の容器は大きく分けて2種類のタイプがあります。ワンウェイ方式とボトル方式なのですが、それぞれに特徴があり、人によってはウォーターサーバーの業者選びのポイントにもなるほど実は重要な違いだったりもします。

ここではワンウェイとボトル方式、それぞれの特徴と選ぶときの注意点を紹介します。

ワンウェイ方式の容器の特徴

ワンウェイ方式の良いところは、お手軽であるところと衛生的であるというところにあります。

ワンウェイ方式の容器は使い捨てで、中身の水がなくなったら、容器をゴミとして捨てることになります。普通のペットボトルの飲料と同じ感覚です。

衛生的というのは、水が工場の出荷から一度も空気に触れることなく、ウォーターサーバーで利用できるということにあります。容器そのものも常に新しいものを使用していますので、クリーンな状態で使うことができます。

空き容器を保管しておく必要もないので、回収までの保管場所で悩む必要もありません。

ただし、返却をするボトル方式とくらべて容器代がかかるため割高になる傾向があります。もっともボトル方式が安いのは容器代だけではなくRO水での利用が多いためで、ワンウェイ方式でもRO水のウォーターサーバーを選べば、その金額差はあまり気にする必要はないほど小さくなります。

ボトル方式の容器の特徴

ボトル方式の容器を使う場合は、使い切るとボトルを回収してもらい、空のボトルと新しいボトルを交換することになります。中身が入っていても入っていなくても常に大きなボトルが家にある状態ですので、保管場所の確保が必要になります。

回収されたボトルは殺菌と洗浄をして再利用することになります。とてもエコですよね。無駄なゴミを発生させたくない。そういう考え方の人に最適な容器ともいます。自分で処分する手間も省くことができます。

ただし、ボトル方式で使われているボトルはポリカーボネート製で、健康を害する恐れのあるビスフェノールAが水の中に溶け出す可能性があると言われています。

さらに殺菌や洗浄をするとはいえ、何度も使った容器を使いまわすのは気持ち悪いと考える人も増えています。コンビニで売っているペットボトル飲料の容器が、使いまわされたものだと思うとちょっと購買意欲が減ってしまいますよね。

このため、最近ではボトル方式ではなくワンウェイ方式が主流になりつつあります。

衛生面はどちらも問題はない

イメージとしてボトル方式のウォーターサーバーは容器を使いまわししているため、衛生面で問題があるように感じますが、実際のところはワンウェイ方式でもボトル方式でも衛生面ではどちらも安全です。

もちろん信頼できるウォーターサーバー業者を利用することが大前提ですが、人気の高いウォーターサーバー業者は、ボトルの洗浄や殺菌を常に気にしていますので、100%安全とはいい切れませんが、安全性は非常に高い状態で管理されています。

大手のウォーターサーバー業者を使っている限り、衛生面での違いはそれほど考える必要はありません。

結局どちらを選ぶべきか

どちらを選ぶべきかという問に対して、すべての人に適した答えはありません。上記にあるポリカーボネートの問題性が気になるのであれば、ワンウェイ方式を選び、不要になった容器を自分で捨てるのが面倒だったり、毎回出るゴミが気になったりするようならボトル方式を選びましょう。

また、あまり力のない女性の場合は10Lや12Lもあるボトルは持ち上げるのも一苦労です。ワンウェイ方式、ボトル方式に関わらず、できるだけコンパクトな7L前後の容器を用意しているウォーターサーバーを選びましょう。

家族で暮らしているから、水の入れ替えは夫にしてもらうから大丈夫と思いがちですが、水をメインに使うのは家事をする女性です。料理中に水がなくなったりしたら困りますよね。どんなときでも自分で手軽に交換できる容器を選ぶようにしましょう。

まとめ

ボトル方式もワンウェイ方式もどちらも一長一短あるため、何も考えずに選んでしまうと、思ったよりも使い勝手が悪くて後悔することもあります。

まずはそれぞれの特徴を把握して、自分のライフスタイルに合った方式の容器を選ぶようにしましょう。