沖縄へ宅配を行ってくれるウォーターサーバー業者

水道水は安全というのは過去の話で、最近は安全な水、おいしい水を求める人はミネラルウォーターやウォーターサーバーを利用しています。特に沖縄では水道水が硬水なのでそもそも水道水を飲む人が少ない傾向にあります。

このため沖縄ではウォーターサーバーを取り扱う業者がいくつかありますが、どのウォーターサーバーを選んでいいのかわかりませんよね。ここでは沖縄でウォーターサーバーをレンタルするときにおすすめの業者を紹介します。

沖縄の水が飲料水に向いていない理由

本土の水は軟水と呼ばれ、とても飲みやすい水なのですが、沖縄の水は硬水と呼ばれる、硬度の高い水が多く、本土から移住した人だけでなく、沖縄で暮らす人たちも飲むための水は水道水をあまり利用しません。

もちろん沖縄の水が飲料水に使われないのは硬度だけの問題ではありません。硬度だけでみれば、市販されているエビアンなどは沖縄の水道水よりもはるかに高い硬度の水になります。

沖縄の水が飲料水に向いていない本当の理由は、その管理状態にあります。

沖縄では台風の影響で断水することが多いため、一般家庭でも貯水タンクを利用するのですが、この貯水タンクのメンテナンスをしっかりしていない家庭が多いため、衛生面で考えても、あまり口に入れたいものではないと考える人がほとんどです。

沖縄の飲食店に行くと、レモンの入ったお水が出てくることがありますが、これは決しておしゃれな感じにするためでなく、水道水の塩素臭を消すことで、少しでも飲みやすい状態にするための工夫なのです。

沖縄でウォーターサーバーを選ぶときのポイント

沖縄ではあまり水道水を飲まないため、どこでもお水を買うことが可能ですが、毎日使う水をわざわざ買いに行くのも大変ですので、最近ではウォーターサーバーが普及し始めています。

沖縄で宅配しているウォーターサーバー業者も多く、どこを利用すればいいのかわかりにくいですよね。ここでは沖縄でウォーターサーバーをレンタルするときの業者選びのポイントを紹介します。

1.天然水のウォーターサーバーであること
2.高品質であること

この2点に注目してください。

ウォーターサーバーには大きく分けて天然水とRO水があります。天然水は書いて字のごとく、天然の水を殺菌して販売しています。RO水は濾過した水にミネラルなどを添加しています。

どちらが優れているということはないのですが、一般的に天然水のほうが美味しいとされているため、特に本土から沖縄に移住するのであれば、味にこだわって美味しい水の天然水がおすすめです。

またウォーターサーバーの中には品質が悪く、安全とは言い切れない水を販売している業者も少なくありません。できるだけ販売実績が高く、全国展開をしているウォーターサーバー業者を選ぶことで、高品質の水を入手することが可能です。

沖縄でウォーターサーバーを借りるときのおすすめ

それでは沖縄でウォーターサーバーを借りるときにおすすめしたい業者を紹介します。

第1位 うるのん(ulunom.tokai.jp/)

うるのんは全国13万の世帯が利用しているウォーターサーバーです。静岡の富士山のふもとの天然水を利用し、赤ちゃんから大人まで利用することができる、安心の天然水になります。

「富士の天然水さらり」と「やわらか水」がありますが、おすすめはやはり天然水の「富士の天然水さらり」です。

第2位 プレミアムウォーター(https://premium-water.net/)

プレミアムウォーターは天然水にこだわったウォーターサーバーです。こちらも「うるのん」と同じく富士山が作り出す天然水を利用したウォーターサーバーになります。

ウォーターサーバーの種類も豊富ですので、ライフスタイルに合ったウォーターサーバーを選ぶことで、自然な形でウォーターサーバーのある生活を始めることができます。

まとめ

沖縄では水道水の水があまり飲料水に適していないため、ミネラルウォーターなどを利用する機会が多いのですが、毎日使う水ですのでそのたびに購入するのではなくウォーターサーバーを利用する家庭が増えています。

ただし業者が多すぎて、どの業者に依頼すべきか悩んでしまいます。そんなときはここで紹介した、高品質な天然水を提供してくれる「うるのん」と「プレミアムウォーター」がおすすめです。

沖縄で安心安全、そして美味しい水を生活に取り入れたいと考えている人は、ぜひ「うるのん」と「プレミアムウォーター」も検討してみてください。