【忘れられない恋】過去の恋愛を忘れられない理由と忘れるための8つの秘訣を紹介!

あなたには忘れられない恋がありますか??もう終わったはずの恋なのに時間がたってもその人のことを思ってしまう、思い出したら涙が出るほど苦しくなったりする事もあると思います。どうして彼のことが忘れられないのか自分がイヤになることもあるかもしれません。今回は過去の恋を忘れられない理由と忘れるための秘訣をまとめています。

忘れられない恋人がいる、忘れられない理由は

まだ好きだから

忘れられない恋愛はその相手のことがまだ好きという気持ちがあるからという理由が多いでしょう。吹っ切ったはずなのにまだ、こころの中にはその相手への気持ちがガッツりと残っているのです。

その相手と付き合っていた場合は、別れの際にまだ好きだけどどうしても許す事ができなかったとか、相手から振られてしまったときなど、好きという気持ちがあるのに恋人と離れることになってしまったときはなかなか気持ちを吹っ切れないこともあるのではないでしょうか。

片想いの場合でも、その相手のことを諦めた後もやっぱりまだ好きな気持ちがあると、なかなか前に進めなかったりもしますよね。頭では分かっているけど気持ちがついていかないのです。

それほど相手のことを好きで想いが強かったという証拠ですね。

強く心を揺さぶられる恋だった

強い感情と結びついて記憶されたことは、月日がたってもずっと後々まで記憶され続けというる傾向があるといわれています。ですから片思いの恋であっても両思いの恋であっても激しく燃えるような恋ほど人の心に長く残り続けるのです。

恋人と別れたり、片想いでその相手のことを諦めたのになかなか忘れられない恋というのは、あなたにとってそれほど心を動かされる恋愛だったといえるでしょう。忘れたいのに脳が深く記憶してしまっているのです。

貴女にとって、とても良い恋愛だといえるような恋ではいのにいつまでも心に残って忘れらなれないのはそれほどその恋愛が心揺さぶられるものだったのでしょう。

今が充実していなくて満足できていない

なかなか過去の恋を忘れられずに楽しかった恋愛を思い出してしまうときは、今自分が現在置かれている状況に満足できていない状態であることが多いようです。新しく恋愛が出来ていないとか、仕事が上手くいっていないとか現状に不満を感じていると、過去の恋に未練を感じやすいようです。

心の中で空しさや寂しさを感じていると、過去の彼氏との楽しい思い出を思い出してしまうのです。そして忘れられない恋人との再会を望んだりしてしうのです。大抵そういう時は過去の恋を美化していることが多いでしょう。

先の事が不安だから

これから先の自分の人生に不安に感じたときは、過去のことを思い出して後悔する気持ちが出てしまいやすいようです。自分から恋人に別れを告げていたとしても、もっとあの時こうしてれば良かったなんて思うこともあるかもしれません。

この先、自分に新しく彼氏ができるのかとか、結婚はできるのか、幸せになっていけるのかと無性に不安になってしまうときはあると思います。そんな時は気持ちも後ろ向きになっているのに忘れていたはずの恋を思い出して、また落ち込んだりする事もあるはずです。

素直になれなかった

あなたは好きな人や付き合っている人に、素直な気持ちを伝えられていましたか??強がったりせずに自分の本当の気持ちや、弱さを出せていましたか??本当は会いたいのに、彼に嫌われたくないと自分の気持ちを我慢ばかりしていませんでしたか??

相手のことが大好きなのに意地を張って、つよっがてしまうという方は多いのではないでしょうか。素直になれずに意地ばかり張っていると、関係がギクシャクしてうまくいくものもいかなくなってしまいますよね。

その恋愛がうまくいかなくなったのはそれが原因だったと自覚している方もいると思います。素直になれずにいた恋愛は心にも残りやすくなります。本当はこう伝えたかったのに・・・と後悔する気持ちがその恋愛を忘れにくくしているようです。

忘れられない恋愛を忘れるための秘訣

彼の連絡先は削除する

その恋を忘れていのであれば、彼の連絡さきなどを削除してしまうのも一つの手です。その相手のことを忘れられないでしると、どうしても連絡を取りたくなってしまいますよね。

もう連絡しないと決めたはずのに、寂しくなったりしてつい連絡をしてしまったということもあると思います。そうならないために、彼に関するデータを削除しましょう。

連絡を取る手段があるとどうしても連絡してしまうのであれば、連絡できない状態を無理やり作るほうがいいでしょう。そうすれば、連絡が取れないことも諦めがつきますしその相手への執着が和らいでくるはずです。

データを消去するのはやっぱり勇気がいることだと思います。でも実際にやってみると気分がスッキリしてくると思います。自分で消す勇気がなければ、友達などに消してもらうのもいいかもしれませんね。

出会いの場に行く

忘れられない恋を忘れるために、新しい恋をするのが一番です。忘れられない人がいると出会いの場に行くのもイヤだと感じることもあると思いますが、引きこもっていても余計にその人のことばかり考えてしまいますよね。ですからそこは積極的に出会いの場に参加してみましょう。

友達の紹介や合コン、パーティなどに軽い気持ちで行ってみましょう。新しい彼氏を見つけつという気持ちになれないのならそれでもいいのです。友達の輪を広げるという気持ちでいればいいのです。新しい人との色んな出会いは刺激も与えてくれます。

これまで過去の恋にばかり意識がいっていても、新しい出会いによって新たな考えが生まれてくることも十分に考えられますよね。とにかく視野を広げることが大事なのです。その出会いの中で自然とまた好きになれる異性に出会えるかもしれませんし、身構えずに気楽に足を伸ばしてみてください。

妄想で新しい彼氏を作る

忘れられない恋を忘れるのには、妄想で新しい彼氏をつくるのも効果的なんです。妄想なので、相手はどんな人でもかまいません。芸能人とか学生時代に憧れだった人とか、漫画のイケメンキャラでもいいですね。

馬鹿らしいとおもうひともいると思いますが、この方法はとてもお勧めです。妄想なのでどんなことを妄想してもいいので、自分の言われたい言葉をその彼氏にどんどん言ってもらって脳内を恋愛モードにしていくのです。

人には思い癖というものがあるのです。いつも好きだった人のことばかり考えていると脳の回路がそうなってしまいます。ですからまた新たな回路を脳に作ってあげればいいのです。

ある程度の妄想力は必要ですが、妄想デートを繰り返すうちに今までと違った心境になっていいかもしれませんよ。是非試してみてください。

自分の気持ちををノートに書きだす

自分の苦しい気持ちを、そのままノートに書き出して見ましょう。感じたことを全部書いてみて下さい。誰かが見るわけではないので、かっこつけずに嫌な感情もそのまま書くことが大事です。

自分の気持ちを文字にする事で、客観的にみることが出来ますし、良くわからなくなっていた自分の感情を整理する事もできますよ。文字にして気持ちを吐き出すことで、苦しかった気持ちが少しスッキリするはずです。

自分の彼に対する気持ちや、自分に対する気持ちを思うままに書いてみましょう。人に相談するのも良いですが、ノートに書き出すことでより自分の気持ちを自分で理解する事が出来るでししょう。

趣味に没頭する

今まで恋愛に使っていた時間を趣味に使うようにしてみましょう。なんでもいいのです。運動でも映画でも読書でもとにかく趣味に没頭してみてください。

趣味がない人もこれを機会に、自分の好きなことを見つけてみるといいでしょう。自分の好きなことに集中して取り組むことで、その間は意識が辛い気持ちには集中しないはずです。その趣味を通して、また新しい自分を発見するチャンスでもあるのです。

体を動かす

運動など体を動かすことも忘れられない恋を忘れるためにはお勧めです。感情を司る脳と体の動きを司る脳の部位は違います。運動を司るのは主に小脳です。頭の中でぐるぐると考えているときは脳の同じ部分だけを使っているようです。

そのため運動など体を動かすだけで脳のバランスを整える効果が期待できるとされています。運動するときはなるべく運動することに意識を集中させましょう。体の感覚に集中することで運動をつかさどる小脳が活性化するのでその分感情を落ち着けることができるそうです。

ゆったりとした散歩もいいですが、ジョギングなどのすこし体への負荷が強い運動のほうが効果があるとされているようです。運動をして体を動かすと気分もスッキリするのでお勧めですよ。

普段から体の動きや感覚に意識を向けるだけでも、感情に傾きすぎた脳のバランスを取り戻すのに役立ちますよ。

捉え方を変える

忘れられない恋があってそのことばかり考えてしまうときはとても辛いですよね。辛いからもう考えたくないと思うし、早く忘れてしまいたいと思うこともあると思います。でも忘れたいと思っているときは忘れられないのです。

少し、辛い記憶に対しての自分のとらえ方を変えてみるといいかもしれません。無理に忘れようとすることは難しいですが、その記憶のとらえ方を変える事は出来るのです。

好きな人との別れはとても辛いですし、別れた後も過去のことを何度も思い出しては悩んだりしますよね。でもこれももっと時間がたってくると、この辛い経験に感謝する気持ちが芽生えてくることもあるのです。

「あの出来事のお陰で今の自分があるんだ」と心のそこから思ったりすることもありますよね。どんな辛い経験も成長するために無駄なものは何一つありません。何事も経験です。今は辛いかもしれませんが、いつかその経験に感謝できる日が必ず来るはずですよ。

その人との出会い、そして別れは自分にとって必要な経験だったととらえるといいかもしれませんね。

考えてしまう事を無理に止めない

人は記憶してしまう生き物です。忘れる色んな努力をしてのに忘れられないという人もいるでしょう。でもそれはそれだけその人に対しての一途な深い想いがあったということです。いつまでも忘れられない自分をダメな人間だと責めたりせずにそんな自分も受け入れてあげましょう。

忘れられなくて苦しい時は忘れよう、忘れようとしますよね。でもこの気持ちが余計に忘れられなくしているのです。無理に考えないようにするのも同じです。考えたくない考えたくないと思っているときは思いいきり余計にその人の言葉かり考えてしまっています。

無理に考えてしまうことを辞めて、今の自分は忘れられない、考えてしまうのも仕方ないんだと考えると、少し楽になるのではないでしょうか。自分の気持ちに逆らわずに素直認めてしまうほうが、心は楽になるし、時間が解決してくれるということもありますよ。

無理に考えないようにするのは逆効果なんです。

自分の感情の整理の仕方

あーでもない、こーでもないと頭の中でグルグル考えてしまっていませんか??何度も同じ事を行ったり来たりぐるぐると考えてし待っているときは自分の心の中の気持ちが全部出し切れていない状態です。

人間は同時にいろんなことを考えることが苦手とされていて、心理学ではマジックナンバー7と言って、私たちが同時に物事を考えられるのは7個までとされているようです。しかし過去の忘れられない恋愛を思っているとき、いろんな想いや後悔など全部挙げたら7個ではすまないとおもいます。

一度に全てのことを考えられないかいつまでも『これで全て』とならずにいつまでもぐるぐる頭で考え続けてしまうようです。この思考のループを止めるためには今の自分の気持ちを全て出し切ることが必要が必要になってきます。

そのためには頭の中で考えていては同じことの繰り返しなので「紙に書きだす」ことが大事です。これを記憶の外部化と言うそうです。紙に書いたりして自分のキモチを目でみることで自分のキモチがハッキリ分かってきます。

紙に書く時にポイントはできるだけ大きな白い紙を使うほうがいいようです。大きな紙のほう自分の奥底の気持ちを吐き出す効果が高いとされています。ゆっくりと時間があるときにやってみましょう。

辛くなってきたら、紙に書くというのを繰り返しやっていくといいですよ。

まとめ

いかがでしたか?

忘れられない恋人がいるという人はたくさんいるのではないでしょうか?その忘れられない昔の恋人が結婚してしまったのを知っても中にはずっと忘れられずに思い続けている人もいるのではないかと思います。恋が終わって、その傷を癒すのにも時間が必要なのです。

忘れられない恋を引きずって、悩んで、心も疲れてしまいますよね。まずは自分のここの中のキモチとしっかりと向き合うことは大切です。自分の感情としっかりこれを機会に向き合ってみて下さいね。

忘れられない恋があることは全く悪いことではありません。きっとこの辛い経験が貴女をすてきな女性にしてくれるはずです。次の恋があなたにとって素敵なものであるといいですね。