彼女と別れたいと思った時には、どうやって別れようか悩んでしまうこともありますね。別れたいと思う理由や上手に別れる方法知って、解決していきましょう!

彼女と別れたいけど言えない…

f:id:ffgai:20170127163502j:plain

彼女と別れたいのに言えない…そんな悩みを抱えている男性は多くいるでしょう。一度は好きになって付き合った人ですから、いざ別れようと思ってもなかなか伝えることができないものです。

別れたいと思う理由は人それぞれありますが、別れるなら円満に別れたいものですよね?しかし、間違えた方法で別れを告げてしまうと相手を傷つけてしまったり、修羅場になってしまうこともあります。

また、別れたいと言えずにずるずると関係を続けてしまうと、大事な時間を無駄にするばかりでなく、ストレスがたまってしまい、仕事に影響が出たり、体調を壊してしまうこともあります。

気持ちがないのに関係を続けることは、相手にも失礼ですので、彼女と別れたいと思う理由を振り返り、上手に別れる方法を知っていきましょう!

彼女と別れたいと思う6つの理由

1.嫉妬をすることに疲れた

別れたいと思う理由には、嫉妬することに疲れてしまったということもあるでしょう。男友達が多かったり、一緒にいる時に他の男性の話ばかりされると、だんだんとストレスを感じてしまいますよね。

一緒にいる時は2人の時間を楽しみたいのに、他の男性とメールやLINEをされてしまうと、いやな気持ちになってしまいます。

男性の場合、嫉妬することは男らしくないと感じて、平気なふりをしてしまうこともあります。

我慢する状況が続けば、誰でもそこから離れたくなるものです。女性の中には、わざと嫉妬をさせるために他の男性と仲良くしているのを見せつける人もいます。自分が思われていることを実感したかったり、いつも冷静なあなたの違う顔を見てみたいのかもしれません。

まわりくどい方法ですが、時に女性は面倒なトラップを仕掛けてくるものです。

2.浮気をされた

浮気をされたことがきっかけで別れたいと思うこともあります。浮気が発覚しても関係を続ける人もいますが、大体の場合は、別れを決断することが多いでしょう。浮気をされた時は、相手がどんなに弁解しても信用できないでしょうし、裏切られた気持ちが強くなって、相手が許せない気持ちでいっぱいになってしまうものです

。一回きりのことなのか、長い間浮気をしていたのかなど状況によって変わることもありますが、一度裏切られた相手と今まで通りいることは難しいですよね。

しかし、どうしても別れたくないと泣きつかれたり、一度距離を置いてもう一度やり直してほしいと懇願された時には、なかなかきっぱりと別れることができないこともあります。

また、浮気をしてしまった原因が、自分にもあると感じたり、浮気されても好きな気持ちが残っている時には、なかなか別れにくいこともありますね。

3.自分勝手な性格がいやになった

<h3>3.自分勝手な性格がいやになった</h3>
わがままばかり言われたり、感情が激しくてすぐに怒ってきたりと、自分勝手な性格がいやになって別れたくなることもありますね。

女性は男性よりも感情的な一面があり、男性には理解できない時もあるでしょう。

女性はホルモンバランスの関係によって、自分でも感情をコントロールできない時もあります。

しかし、明らかに性格的な問題だと感じた時には、相手がいやになってしまうものです。

付き合いたての頃は気づかなかったことでも、付き合いが長くなると態度が変わって見えることもあります。

付き合いが長くなれば、いやな一面が見えてくるのはしかたありません。

完璧な人間はいませんから、お互いが妥協して歩み寄ることが大切です。それでも、相手から思いやる気持ちが感じられなかったり、自分ばかりがいやな思いをしていると感じる時には、別れたいと思ってしまうでしょう。

4.束縛が強い

束縛の強い彼女だと付き合っていることに疲れてしまって別れたくなることもありますね。

電話やメール、LINEなどの連絡がしつこかったり、友達と遊びに行くのにも制限されたりすると、自由がなくなったように感じて、付き合っているのがいやになってしまうでしょう。

男性の中には、仕事に集中すると、恋愛のことが考えられなくなる時もありますが、そんな時に仕事の都合を考えてくれない相手だと、別れたいと思ってしまうものです。

束縛をしてしまう女性の心理には、自分が好かれている自信がなかったり、他の誰かに取られてしまうんじゃないかと不安に感じていることもあります。

束縛がいやだからといって、態度を冷たくしてしまったり、連絡を無視してしまうと、余計に束縛がひどくなることもあるので、気をつけましょう。

5.仕事が忙しくて恋愛をしている暇がない

「仕事とあたしとどっちが大事なの?」こんな台詞が定番になっているほど、男性は仕事に集中してしまうと恋愛をおろそかにしてしまうことがあります。

男性は3つのことを同時進行できないと言われ、仕事が忙しかったり、他にやることが多くなってしまうと、女性に寂しい思いをさせてしまうこともあるでしょう。

仕事が忙しくても、男性がきちんと彼女に気を使えたり、彼女が仕事の忙しさや、一緒にいる時間を今は作れないことを理解してくれれば問題ないですが、もっと自分をかまってほしいと言われたり、話し合いをしても分かってくれない人だと付き合っていくのは難しいですね。

仕事が忙しくなると、自分自身に余裕がなくなるものです。

仕事も彼女もどちらも大事なのに、別れなければいけない時には、つらい気持ちでいっぱいになるでしょう。

あとから後悔しないように、よく考えてから結論を出すことが大切です。

6.他に好きな人ができた

他に好きな人ができた時には、今付き合っている彼女と別れたいと考えるでしょう。

彼女に落ち度があったわけではなく、ただ他に好きな人ができてしまった時には、彼女に罪悪感を感じたり、申し訳ない気持ちになることもあります。

なかなか別れたいと言えずに、悩んでしまうこともありますね。

男性の中には、彼女と別れる前に他の人と関係を持ってしまい、二股になってしまう人もいます。

ひとりになってしまったら寂しいからと、好きな人と付き合えることが決まってから、彼女と別れようと考える人もいますね。

どちらも自分勝手な考え方ですし、彼女にも好きな人にも失礼な行動です。場合によっては修羅場になることもあるので気をつけましょう。

相手を傷つけてしまう6つのサイン

電話やメール、LINEなどを無視する

彼女と別れたい時には、相手と距離を置きたいと思うため、今まで通りに話をするのを避けてしまうことがあります。

しかし、電話やメール、LINEなどをいきなり無視してしまうと、彼女が傷ついてしまうでしょう。

自分から別れを切り出す時には、連絡をするのが気まずいと感じるでしょうが、どんな事情であっても相手を傷つけるようなことはしないほうがいいですね。

いきなり連絡を取らないようにしてしまうと、事情がわからない彼女は、あなたに何かあったのではないかと心配するかもしれませんし、意地になって余計に連絡が増えてしまうこともあります。彼女と距離を置きたい時でも、いきなり無視をするのではなく、徐々に連絡を少なくしていったり、話し合いをすることが大切です。

態度を冷たくする

彼女と別れたいと思った時に、気持ちが冷めてしまっていると、相手への態度を冷たくしてしまうこともあります。彼女が話をしていても、目も見ずに適当に相づちを打ったり、言葉遣いも荒くなってしまうこともあるでしょう。どんな理由で別れる時にしても、相手に冷たくしてしまうのは、傷つけることになるのでやめた方がいいですね。 別れる時に、相手に優しくしすぎるのは、未練を残してしまうことにもなるため、態度を冷たくしたほうがいい場合もあります。しかし、話し合いもせずに、ただ態度を冷たくするのは、傷つける行動になるので注意しましょう。

他の女性と比べるようなことを言う

彼女と別れたいと思った時には、他の女性のことがつい良く見えてしまい、比べるようなことを言ってしまいがちです。

他の女性の可愛さを褒めたり、「あの子が彼女だったらいいのにな。」などと彼女の前で言うのは、傷つけることになるのでやめておきましょう。

今の彼女に満足していない時には、元カノのことをつい思い出して、比べるようなことを言ってしまう人もいます。

何気ない会話で話していたり、思い出話のように話してしまうこともあるでしょうが、女性にとって、元カノと比べられること程いやなことはありません。相手を傷つけないで円満に別れるためにも、彼女を下げるような言い方はしないようにしましょう。

最初から好きじゃないと言う

別れる時になって、相手から「最初から好きじゃなかった。」

と言われたら、誰でも傷つきますよね?その場のノリで付き合ってしまったり、女性の方に押されてなんとなく付き合ってしまうこともあるでしょう。

しかし、気持ちがなかったことを正直に言うのは、相手を傷つけることにしかなりません。

ただ本音を言っただけだと思うかもしれませんが、なんでも正直に言うことが良いことではありませんよね。

別れてしまうとしても、いやな思い出はなるべく少ないほうがいいものです。もう会わない相手だからこそ、余計なことは言わずに終わらせる方がお互いのためになりますよ。

自分に都合の良いことを言う

別れても友達でいようと言ったり、時々会って遊ぼうなどと、自分に都合の良いことを言うと、女性は軽く思われているように感じて、傷ついてしまうことがあります。

あなたにとっては優しさで言っている場合もあるでしょうが、振られた相手からすれば、ただ都合が良いことを言われているとしか感じません。

まるでキープをしているような態度をとるのも良くありませんね。優柔不断だと思われたり、虫がよすぎる男だと思われてしまうこともあるでしょう。相手の女性が友達でいることに同意している時にはいいですが、あまり自分勝手な発言はしないように気をつけましょう。

約束をドタキャンする

彼女と別れたいからといって、会う約束をドタキャンすることは良くありません。別れる相手だとしても、最後まで礼儀を守るのがイイ男というものです。

その日に行く気がなくなってしまったなら、きちんと話をするのがマナーですし、初めから会う約束はしないようにしましょう。

わざと会う約束をドタキャンして、相手に嫌われようとする人もいますが、友達関係が一緒の時には、彼女がドタキャンされた話を周りの友達に話した場合、あなたの評判が悪くなる可能性もあります。悪者になってもいいと考えているならいいですが、相手を傷つけて別れるのは、あまり良い方法ではありませんね。

彼女と別れたい時に上手に別れる6つの方法

連絡回数・内容を淡白にする

<h3>連絡回数・内容を淡白にする</h3>
別れを切り出す前に、彼女には別れたいと思っていることに気付いていてほしいですよね。「最近様子がおかしい」「ひょっとして別れたい?」と勘づいてくれていた方が別れ話をしやすいでしょう。

そのためには、連絡する頻度を減らす、メールやLINEがきてもすぐに返信しないなど、少しずつ距離を感じさせるようにしていきましょう。いきなり音信不通になると彼女が心配しますので、それは避けなくてはいけません。これまで週に2~3回連絡していたなら、週に1回、2週間に1回というようにだんだん連絡頻度を減らしていきましょう。

LINEのメッセージも、これまでよりそっけないものにすると、彼女もきっと異変に気づくでしょう。たとえばスタンプを使わないとか、用件だけの手短な内容にする、既読スルーするなど、これまでよりも徐々に冷めた印象のものに移行していきます。

また、連絡を減らすだけだと嘘になってしまいますので、そうならないように本当に他の予定をいれるといいでしょう。嘘をついているのはバレてしまうことがあるので、仕事や友達との予定などを入れて、時間が作れないことをアピールしていきましょう。勘のいい彼女なら、あなたが別れたがっているかもしれないと感じ取ってくれるはずです。

約束をしない

彼女と別れる決心がついたら、いろいろな約束をするのはやめましょう。デートの約束だけでなく、将来の約束や何かを買ってあげるなどの約束もしないことが大事です。彼女におねだりされた時には、その場をやり過ごすために適当に約束をしてしまうこともあるでしょうが、いざ別れる時に余計に相手を傷つけることにもなります。

「約束したのに!」と責められることがないように気をつけましょう。ハッキリと約束をしないことで、気持ちが離れていることを相手に示すこともできるでしょう。

相手を責めない

彼女のせいで別れることになった時などは、相手を責めてしまいたくなることもありますよね。しかし、別れる時にわざわざ相手を責めるようなことは言わないほうがいいでしょう。いやな思いをしたことを伝えないと、自分の気持ちが切り替えられない時には、しっかりと話し合って伝えることも大事ですが、罵倒したり、詰め寄るようなことはしないようにしましょう。

別れる理由が彼女の性格の問題だったり、態度が問題だった時にも、相手を責めないほうがいいでしょう。ただ自分との相性が悪いだけで、彼女には悪気がなかったということもあります。理由を言わなければならない時には、相手だけを責めずに、自分にも悪いところがあったと気を使うといいですね。

相手が納得するまでしっかり話し合う

「別れてほしい」と伝えるときは、当然理由を話さなくては彼女も納得しないでしょう。どうしても別れたくないと思っている女性なら、すんなり引き下がってくれない可能性もあります。「自分に悪いところがあるなら直すから考え直して」と懇願されるかもしれません。

男性は相手に不満があっても自分が悪いことにしてきれいに別れようと考える人も多いでしょう。しかし、それだと彼女が別れを受け入れてくれないかもしれません。何があっても別れたいと決めたのなら、相手が納得するように別れたい理由を伝えましょう。

彼女に別れを告げるのが申し訳ないと思ってしまい、できれば自然消滅したいと考えてしまう人もいるでしょう。しかし、自分は別れたつもりでいても、ちゃんと話し合いをしなかったことで、相手がまだ付き合っていると勘違いしてしまうこともあります。

そういった場合、後からいろいろと問題が起きたり、責められるようなことにもなるので、お互いのためにも話し合いをするようにしましょう。

別れやすい環境を作る

彼女と上手に別れるには、別れやすい環境を作り出すのもひとつの方法です。出張など仕事の予定を多くしたり、勉強や趣味などの時間を増やしていくと、彼女と会う時間が少なくなるので、別れやすい環境を作ることができます。共通の友達がいる時には、なるべく遊ばないようにしたり、近くに住んでいる時には、引越しをすることも別れる環境を作りやすくなりますね。

突然別れを切り出すよりも、別れやすい環境を作っておくことで、お互いに心の準備をする時間を作ることもできます。あなたと会う時間が少なくなることで、相手も冷静に考える時間もできるでしょう。

彼女と別れたいのに別れられない時は?

同棲をしている人は、環境によって別れにくいこともありますね。一緒に住んでいると、引越しをすることや、金銭的な問題などもあり、別れることが面倒に感じることもあるでしょう。一緒に住んでいた人がいなくなると寂しくなるかもと躊躇してしまうこともあります。

同棲に限らず、彼女と別れる時には、自分の気持ちや環境などをよく考えて、相手にとってもどうしたらいいのか考えましょう。彼女と別れたいのに別れられない時は、まだあなたに未練が残っているのかもしれません。問題があるなら、2人で話し合うことで解決することもあります。倦怠期を感じている人は、今までと違う付き合い方をすることで新鮮さが戻ることもあるでしょう。

別れを告げてしまうと後戻りすることはできないので、本当に別れていいのかもう一度考えてから決断するようにしましょう。