あなたは”声フェチ”ですか? 人には、いろんなフェチ(フェティシズム)の人がいますが、今回はその中でも”声”に強い魅力を感じる、”声フェチ”さんについて、まとめてみました! あなたの声は、声フェチ男性が好む声? 男性は、どんな声を魅力的だと感じるのか。また、声フェチあるある等も紹介します♪

「声フェチ」ですが、何か?

「どんな人がタイプですか?」と尋ねられると、筆者は「声の良い人」と応えるタイプです。まさに、声の素敵な人に対して、「たまらん!」と思う「声フェチ」なのですが、皆さんはいかがでしょうか。

こちらの記事を読んでいただいている……ということは、あなた自身が声フェチ、または声が素敵になりたい、と考えている人ではないでしょうか。

「声フェチ」とは、一体なんのか。声フェチ男性、声フェチ女性がそれぞれ好む「声」は、どんなものなのか。どうすれば、魅力的な声が出せるのかなどを探っていきましょう♪

「声フェチ」とは

「声フェチ(フェティシズム)」とは何たるかを調べてみると、「声に魅力を感じたり、特定の声に対して萌えたりすること」のようです。まさに「萌え〜」ですね。

一般的に、声が良い人に対して素敵だなと感じることは、大いにあり得ると思いますが、例えば、その人の容姿や顔を除いても、その人に対して好きだなと感じることがあれば、あなたは正真正銘の声フェチ、と言えるようです。

ちなみに、声フェチの人には、音に敏感な「絶対音感」を持つ人や、歌が上手い人などが多く見られるそうです。あなたは、あてはまりますか?

声だけで好きになることなんて、ありえるのか

声フェチでは、経験ありかもしれない、「声で、その人を好きになってしまう」パターン。でも、本当にそんなことは、ありえるのでしょうか?

実は、人が持つ「声」には、とても大きな魅力要素があって、男性であれば「見た目」、女性であれば「声」で恋をする傾向にあるようなのです。低くて良い声を持つ男性に対して、女性は本能的に「この人と一緒にいたい!」と思うような仕組みになっているとか。

男性は、外見に惹かれて恋に落ちるパターンが多いようですが、それでも、声に魅了され、ついにはすっかり好きになってしまう、「声フェチ」男性もいるわけです。

[芸能人編]女性が好むのは、「低くて、通る声」

福山雅治さん

彼の結婚で、「福山ロス」という言葉も聞かれましたね。声フェチが好む芸能人、まずはモテる男の代表とも言える、福山雅治さんです。福山さんの声は、低くてとても響く声ですよね。歌手でもあり、歌も抜群にうまい、おまけに顔もイケメン……福山さんの短所を探す方が難しいかもしれません。

竹中直人さん

文句なしの「美声」の持ち主、竹中直人さん。面白い人柄で、コメディもシリアスもいけちゃう芸達者な俳優さんです。いろんな面を持ち合わせていて、本当の竹中さんがどんな方なのか、謎めいています。

竹中さんの特徴も、「低くて通る声」。あれだけ響く声が出れば、演技にも幅が広がりそうだし、なんだか説得力も生まれそうです。

麒麟: 川島明さん

次は、お笑いコンビ「麒麟」の、川島明さん。彼らのネタの中でも美声を披露したり、ある番組内でも「ええ声芸人」として出演しているため、川島さんの美声は皆さんもご存知ですね。

彼の特徴も、ずっしりと低くて通る声。男性の「低くて通る声」は、女性がが持っていない部分のため、より魅力を感じるのかもしれません。低い落ち着いた声で話しかけられたら、声フェチ女性はたまらないわけです。

男性が好むのは、「高くて、可愛らしい声」

桐谷美玲さん

次に、声フェチの男性が好む芸能人の女性をあげてみましょう♪

まずは、桐谷美玲さん。外国にあるサイトで、「世界で最も美しい顔100人」で8位に入賞したことは、大きな話題となりました。それくらい、彼女は見た目もキュートで、素敵な人ですよね。

女性が、「低くて通る男性の声」を好むのに対して、男性は「可愛らしい高めの声」に魅力を感じるようです。低い声が男性なら、高めで可愛い声が「女性らしい」、ということなのでしょうね。

石原さとみさん

次にあげるのは、女優の石原さとみさん。化粧品のCMを始め、たくさんの雑誌やコマーシャル、ドラマや映画に出演している、人気の女優さんですよ。

石原さんの声の特徴も、高めの可愛らしい声。「はっきりと、滑舌よく話す」というよりは、馴染みやすいしゃべり口調で、親近感が沸くのかもしれませんね♪石原さんの可愛らしい声でお願いごとをされたら、男性は断れないんじゃないでしょうかね。

綾瀬はるかさん

最後にあげるのは、女優の綾瀬はるかさん。彼女も、ドラマや映画、コマーシャルなど、いろんな媒体に出ている女優さんです。声フェチ男性には、そのスタイルの良さに加えて、彼女の可愛らしい声に萌え〜っとなるのかもしれませんね。

女性目線でいうと、声よりも、その透き通ったお肌に興味津々です。透明感のある肌に加えて、魅力的な彼女の声も、女優としての株を上げている、と言えるのではないでしょうか。

彼女も含め、こちらにあげた3人は、いずれも美人で可愛らしい人。これは、男性が異性を見る時に「視覚から先に好きになる」ことが影響している?のかもしれません。

声フェチ女性の「心理」

声は、その人の容姿とは全く関係のないものです。むしろ「外見度外視」の声フェチさんの心理は、いったいどういうものなのでしょうか。ここでは、声フェチ女性の心理に焦点をあててみましょう。

1. 自分が包まれている気になる

実際に抱きしめられているわけではないのに、その美声を聞くと「自分がその声に包まれている」ような、温かい気持ちになれる心理が働くようです。その人に優しくハグされているような、そんな気持ちになるので、必然的に声に好意を持つのですね。

また、顔が好みではないのに、声でその人が好きになってしまうのも、そのように「包まれているような心理」が働くから、と言えそうです。

2. 潜在意識

最初に少し触れたように、声は「この人との子孫を残さないと!」と思うような潜在意識が働くことが、あるのだとか。これは、男性よりも女性にこの傾向が多いそうで、声を聞いただけで、「この人の子どもが生みたい」と直感的に感じるのだそう。

本能とも言える感覚でその人の声を欲し、次第に好きになってしまうのは必然なのかもしれません。

3. 過去に関わりのあった人の声とリンクさせる

「聞いたことのある声」と思わないまでも、ひとたび声を聞くと、過去に関わってきた人の声とリンクさせてしまい、その人との思い出が蘇る心理が働くそう。

声に注目してしまう声フェチ人間だけに、残っている印象は顔よりも、「声」。人の声が深く頭に残っているので、それらの人たちの声と思い出をリンクさせてしまうのでしょう。

過去にお付き合いをした彼、また、過去に一緒に仕事をしてきた同僚など、声がリンクされると、その人との出来事が思い出され、懐かしくなります。

これは、過去によく聴いていた音楽が再び聴こえた時に、当時の思い出が蘇るのと似ていますね。

あなたは納得する? 「声フェチあるある」!

1. 声で、どんな人かを想像してしまう

ここからは、「いや、分かる!」と共感したくなる「声フェチあるある」をご紹介していきます。

一つ目のあるあるは、「声だけで、どんな人かを細かく想像してしまう」というところ。コールセンターや問い合わせ、用件の伝達など、仕事上で電話を使うことがあると思います。

顔を既に知っている場合は、すぐに電話口の人の顔が浮かんできますが、一度も会ったことのない人と電話で話す時、声フェチであるあなたは、ついつい、「その人がどんな顔をしているのか」と想像を膨らませてしまいませんか?

あなたの好みの声色で話す相手には、無意識に良い印象を抱いているはずです。同時に、勝手に美男美女をイメージしてしまっているために、実際に会った時のギャップに悩むことも。

2. 好みの声というだけで、好きになってしまう

声フェチあるある、続いては「好みの声というだけで、好きになってしまう」こと。これは、当てはまるのではないでしょうか?

「見た目は自分の好みのタイプじゃない。だけど、声が最高にどストライク!」と感じ、声だけでその人への思いがどんどん盛り上がってしまうことも、あるかもしれませんね。

これは、声フェチさんが、「声が自分の好みかどうか」をとても重要視するため。むしろ、顔は二の次……ということでしょう。

今お付き合いしている、または結婚しているパートナーの顔が「そんなに自分の好みではない」という人は、その人の声を気に入って、お付き合いや結婚をしているのかもしれません。

3. 声優、ナレーション、アナウンサーの声に敏感

声の素敵な人には、とても敏感な声フェチ。自分の好きなタイプの声には、全力でファンになり、嫌いな声であれば、例え顔が良くても好きになれないのです。

そんなタイプですから、声を使った仕事をしている人にはとても敏感。いろんな声色を持つ声優や、面白いナレーター、声のプロとも言えるアナウンサーで、好きなタイプの声は聞き逃しません。

これも、声に対する確固とした理想を持っているからこそ、なのでしょうね。

4. 店員さんの声が良いだけで、テンションが上がる

飲食店や書店、花屋など、どうしても気になってしまうのは、店員さんの声。あまりまじまじと店員さんの顔を見たりはしないけれど、声は、対応してもらっている以上聞こえてくるもの。その声が素敵だったら、その店の印象もうなぎ上りになってしまうのです。

その店員さんの声の良さで、とても良いサービスを貰った気になったりして、またそのお店に行きたくなるのも、声フェチあるあるの特徴かも。

5. 「声が良い人は、性格もいい」と判断してしまう

まだ付き合いも浅い人なのに、声が好みというだけで、「その人の性格も、申し分ない」と勘違いしてしまいがちに。声フェチさんにとって、「好みの声=性格も良い」という方式が出来上がっているのです。

そのため、深い付き合いになっていくと、性格も良いと思っていた相手の短所が、日を追うごとに見えてきて、嫌いになっていくパターンも。

こんなわけで、相手を好きになる最初の関門は「声が好みかどうか」で、「性格が合うかどうか」で最終的にふるいにかけられる、という流れになるようです。ふるいにかけられて、残った人が真のパートナーというわけですね!

6. 歌ウマの魅力は、2割増

声の素敵な人に歌を歌われたら、途端にその人の魅力は2割増! カラオケでは、その人の話す声だけでなく、いろんな声を聴くことができます。声のトーンや強さ、雰囲気も、普段聴くことのできないタイプの声を聞くことができる、声フェチさん絶好のチャンス。

声が素敵な人は、歌が上手な人も多いと言われているので、好みの声の人が歌も超絶に上手かったら、破壊力はハンパありませんね。

声フェチ男性の「クラっとする」声とは?

高い声」と「安心感」がキーワード

ここで、声フェチ男性が好む声や話し方について、見てみましょう。ここから挙げるキーワードで重なっている点は、ズバリ「高い声」と「安心感」。男性は、女性の高い声と安心感が得られる声に、惹かれるそうなのです。

お目当ての男性がいて、なかなか落とせない……と思っている人は、もしかしたら魅力的な声を出すことで、解決できるようになるかもしれません。

高い声

高めの声が男性に好まれる、と言っても、女性の中には低い声の人もいます。でも、「そんなこと言われても、私の声、低めだし……」と諦めることなかれ。

例えば、電話でのあなたの声を思い出してみてください。いつもより、少しだけ(かなり?)高めの声になっていませんか? そのくらい、無理のない程度の高い声で、話してみてはいかがでしょうか。

人は、緊張したり、ドキドキすると、声のトーンも上がりがち。そのドキドキを利用して、高い声色で彼に話しかけてみましょう。彼の気持ちを振り向かせられるかもしれません。

安心感

「安心感のある声」とは、どんな声を言うのでしょう? 声が高くない女性も、これなら、意識するだけで変えることができるかもしれません。

友人や同僚など、あなたの周りにいる、「安心感のある声を持つ女性」を、まずは思い浮かべて下さい。彼女たちに共通するのは、おそらく「話すスピード」ではないでしょうか。

「安心感」のある声は、「落ち着くなあ」と思わせる声のこと。ゆっくりとしたスピードで、慌てずに話すようにしてみましょう。

また、安心感を持たせる話し方には、「声の音量」も大切なポイント。常に「心地よい」と思わせるような声の大きさが重要です。大きい声は、時に威圧感を与え、魅力どころか、萎縮させかねません。

だからこそ、女性のささやくような声が好きな男性も多いのでしょうね。

安心感のある声は、異性の印象だけでなく、「この人の話は納得できる!」と、人を説得させる力もあります。仕事などの信用にもつながっていきますので、普段からゆっくりとしたスピードを意識して話してみると良いですね。

「声」も大きなチャームポイントに♪

声フェチに関してお伝えしましたが、いかがでしたか?

顔やスタイルに自信がない人は、自身の「声」を磨くことで、一気に魅力がアップするかもしれません。人の魅力を判断するのに、見た目と同じくらい「声が大きな影響を与えている」ことを知ると、その声を磨かない手はありませんね。ましてや、声フェチさんにとって、声の方が重要なのですから。

普段何気に発している声も、少し意識して「声改善」してみるのも、自分磨きに良いかもしれません。