【チャンピックス(バレニクリン)の効果】禁煙薬は市販で購入できる!飲み方や副作用を知って禁煙を成功させよう!

何回も禁煙を試みては失敗して、もう諦めている方はいませんか?吸ってしまったからには一生抜けられないと思っているかもしれません。禁煙を考えている方、何度も挑戦したけれど失敗を繰り返して諦めてしまっている方へ、禁煙成功率が高いと言われているチャンピックスについてご紹介します。

禁煙治療で処方されるチャンピックスの効果

チャンピックスとは、禁煙のための飲み薬です。いまは禁煙外来で処方されることが多いようです。

かなりの確率で禁煙が成功すると耳にしましたが本当なのでしょうか?チャンピックスを服用して禁煙を試みることでどのような効果があるのでしょう?またチャンピックスを服用することで副作用はあるのかも気になりますよね。

この記事では禁煙をしようと思っている方、今までの禁煙の方法でうまくいかず諦めかけている方へチャンピックスのメリットとデメリットをご紹介します。

正しい使用方法を守って禁煙を成功させてみませんか?

チャンピックスとは?

特徴

チャンピックスとは、日本国内初の飲む禁煙補助薬のことです。今までニコチンパッチやニコチンガムといったものはありましたがそれらとは違い、ニコチンを含まないという特徴があります。

作用の仕組みもニコチンパッチやニコチンガムとは違います。作用機序から、「α4βニコチン受容体部分作動薬と呼ばれているそうです。

働き

煙草を吸ってニコチンを摂取すると、体内に取り込まれたニコチンは「ニコチンレセプター」という受容体と結合してドーパミンが分泌されます。ドーパミンが発生すると、喫煙者は煙草を美味しく感じます。さらに煙草を吸っていないときのイライラや不安感から解放されるのです。

このせいで煙草をやめたくてもやめられないという状況に陥ってしまうのです。

しかしチャンピックスのバレニクリン酒石酸塩という成分がニコチンレセプターにニコチンより先回りして結合してくれるのです。これにより、喫煙欲求を抑えてくれます。

チャンピックスはニコチン不足によって起こる、いわゆる禁断症状を抑える働きを応用して、禁煙を促してくれるのです。

禁煙成功率の高いチャンピックス

効果

ニコチンは1時間でニコチンレセプター(結合部)から半数が外れてしまいます。2時間も経つと、さらにその半分になるので、1/4しか結合しません。

しかしチャンピックスの場合、ニコチンとは違って外れるまでに1日以上はかかります。その間、ニコチンレセプターを長時間に渡り占拠し続けることになるので、効果時間が長いといえます。

チャンピックスを服用したおかげで、煙草を吸ってニコチンが入ってきても喫煙者は煙草をおいしいと感じにくくなるそうです。これによりチャンピックス服用による効果はかなりのもので、禁煙成功率はかなり高いようです。

禁煙をする際に心配なのが離脱症状、禁断症状ですよね。「煙草を吸いたくてたまらない」「我慢できない」「イライラする」「些細なことで怒る」など、禁煙をする上で必ずと言っていい程ぶちあたる壁かと思います。

しかし先ほど説明した通り、チャンピックスはニコチンより先にニコチンレセプター(結合部)と結合するので、ニコチンを欲しないように作用してくれます。もちろん個人差は出てしまいますが、その働きのおかげで離脱症状や禁断症状はかなり軽いとされています。

飲み方

チャンピックスの服用方法は守らないと副作用が強くなってしまう場合がありますので、必ず確認して守るようにしましょう。

1.チャンピックスの飲み始めの3日は、0.5㎎錠を1日1回食後に服用しましょう。服用する時間は朝・昼・夕どの時間帯でも良いようです。

2.飲み始めて4日~7日目までは、0.5㎎錠を朝・夕食後に1錠ずつ服用。
 ※ここまでは煙草を吸っていて構わないそうです。

3.服用してから8日目から禁煙を開始しましょう。さらにチャンピックス1㎎錠を朝・夕に1錠ずつ服用しましょう。これを12週間継続します。

注意点として、服用量の変更をする際にいきなり量を増やすのはやめておきましょう。

使用にあたり注意すること

注意しなければいけない人

チャンピックスを服用した禁煙方法を実践する上で服用してはいけない人がいます。以下の内容に当てはまる人は病院で医師へ相談するようにしましょう。

・以前に他の薬を飲んで痒みや発疹などのアレルギー症状が出てしまった
・精神疾患がある
・腎臓病を患っている
・他に服用している薬がある
・妊娠中、授乳中である
・未成年者(非喫煙者も同様)である

飲み合わせ

ニコチンを含んだ禁煙補助剤(ニコチン製剤)との併用はしてはいけません。併用すると副作用が出やすくなってしまいます。

また、他に服用している薬がある場合も確認せずに飲み合わせするのも、どのような弊害が起こるかわからないのでやめておきましょう。必ずかかりつけの医師に相談するようにしてください。

主な副作用

チャンピックスを服用して一番多いのは、吐き気・鼓腸・便秘などの胃腸に出る症状です。頭痛も10人に1人ほどの割合で起こる人がいるそうです。

また不眠・不安感・イライラ・気分が落ち込む・異常な夢を見るなど、精神的な症状が見られる場合もあります。

これら以外にも人によって肝臓の重い症状、皮膚・粘膜障害、血管浮腫、意識障害など重い副作用が出てしまう場合もあります。これらの副作用が出てしまった場合には直ちに服用を中止し、病院へ行くようにしましょう、

チャンピックスは市販で購入できます

1.スターターパック

チャンピックスは、通販などを利用して購入することができます。初めて服用する方はまずこちらから。気になる価格は7,480円ほどとなっています。初めての方でもわかりやすいように、何日目にどの錠剤を飲めばいいのかわかるようになっているので、多く飲みすぎてしまう心配もありません!

・「20年近く1日服用していたという喫煙者。服用後しばらくはいつもと同じぐらい煙草を吸ってしまっていたものの、吸わなくていいやと思った日から5本に減った翌日には2本に。その次の日には1本の喫煙になったというのです。副作用は軽い眠気がくるので就寝前に服用」
・「予想以上に吸いたい気持ちが抑えられた」
・「ファイザー製薬の薬だから信用はしていたが、面倒な性格が災いして続かないだろうと思っていました。そんな思いとは裏腹に何日にどの錠を飲めば良いか一目瞭然なので間違えずに毎日続けられた」

などの口コミが寄せられています。

2.メンテナンスパック

スターターパックを2週間服用してみて禁煙が達成出来なかった場合に使用します。スターターパックより服用回数も増えるので、こちらを服用したら禁煙成功出来たという人がかなりいるようです。価格は8,980円~となっています。

・「煙草の依存度はかなりのものできちんと喫煙できるか不安だったけど、快眠快便で禁煙出来た」
・「なかなかやめれなかった煙草がかなり楽にやめられた。試す価値あり。」
・「他の禁煙薬も試したけどやっぱりチャンピックスがいいと思う。」

などの口コミが寄せられています!スターターパックで満足した方も多数いらっしゃるようでしたが、スターターパックだけでは禁煙できなかった方の中で、メンテナンスパックを服用したら効果があり禁煙成功できたという方が多く見られました。

3.禁煙フルセット

こちらはスターターパックとメンテナンスパックがセットになっています。価格は14,980~と少しお高いですが、まずはスターターパックだけ試してみようと購入した方も、最初からこの禁煙フルセットを購入しておけばよかったと後悔している方も多いようです。

・「喫煙年数は12年。1日1箱吸っていた。薬を飲み始めて最初は本当に辞めれるのか…と不安だったけど、薬4週目で禁煙1週間経過した!(禁煙外来では2週目から吸ってはいけないと言われていたけど吸ってしまっていた)」
・「以前禁煙外来に通っていたが仕事の都合で通院できなくなり途中で失敗してしまった。ネットで購入できると知り早速試したら、効果が病院で処方されていたものと全く同じ!」

スターターパック・メンテナンスパックがセットになっているため、スターターパックがなくなってメンテナンスパックが届くまでの時間の空きがないことからも、禁煙に成功したという方がかなりいらっしゃいました!

まとめ

「煙草を吸ってしまったらなかなかやめられない」という認識は、喫煙者にも非喫煙者にもあるものです。やはり煙草というのは身体に良くないので、できればやめたいと考えている方も多くいらっしゃるかと思います。実際に挑戦したけど何回も失敗してきたという方も。

チャンピックスもやはり薬なので副作用はどうしても出てしまうようですが、人それぞれのようです。効果の大きい薬ですので、「やめたい」という気持ちがある方はぜひ試してみてはいかがでしょうか?

そして服用する際は必ず用法用量を守りましょう!またもし異常があった場合には速やかに服用をやめて、病院へ行くようにしてください。

禁煙を成功させて健康な身体を目指しましょう!