ストレスの発散法は何ですか?あなたに合った”タイプ別”ストレス発散法をご紹介!

ストレスをため込んでいませんか?ストレスの感じ方や原因は人それぞれ。上手に発散して生き生きとした生活を送ってほしいものです。仕事のストレス、人間関係のストレス、育児や介護のストレス。ため込んではいけないストレスとは?放っておくと怖いストレスによる症状とその解消法をライフスタイル別にご紹介します。

ストレスを発散して心も体も健康に

仕事に追われる毎日。家事や育児に多忙な主婦。家庭と介護の両立で時間が作れない。感じるストレスは人それぞれですが、人生にストレスはつきもの、上手に発散して身の心も軽やかに過ごしたいと誰しも考えるはずです。でもどうやってストレスを発散すれば良いの?と悩む方、ストレス発散に毎日お酒を飲んでしまう方など本当に自分に合ったう方法でストレス発散が出来ていますか?

今回は、皆さんが無理なく取り組めるストレス発散法をタイプ別にしてご紹介したいと思います。是非参考にしてストレスをためない日常を送りましょう。

発散せずにため込むと怖いストレスとは?

ストレスをため込みやすい人とため込まない人

同じ仕事をしているのに、どうしてあの人はストレスをため込まないの?いつも明るく元気な人がうらやましく感じることありませんか?ストレスの感じ方は人それぞれ、ストレスと上手に付き合うにはストレスをため込まない事が大事です。

ため込んだまま放っておくと様々な症状の素になります。ストレスをため込まない人は要所要所でストレスを発散するための方法を上手に行っています。上手なストレス発散法を身に着ければ、知らず知らずのうちにストレスを感じなくなっていくはずです。まずはご自分の生活スタイルの中から出来る事から始めてみませんか?思いもよらない楽しい発見があるかもしれません。

ストレスをため込まない人の特徴はと言うと、常に物事をプラスに考える事が出来る方の傾向が強いように思えます。仕事や家事、介護にいたっても楽しみながら行える発想の転換が大事になります。そういう発想にいたるには、常に心の余裕を持てるようにコントロールする必要があると言えます。

まじめな事は良い事。まじめ過ぎる事は悪い事?

真面目な事は決して悪い事でないのですが、真面目すぎる事は、結果的に自分を追い詰める材料になる可能性も十分あります。

「生真面目」は褒め言葉で使われる言葉ではなく多少小馬鹿ににした方言として使います周りの人から「あの人は仕事にいつも真面目で感心する」と言われる人は、真面目でなければいけないと言うプレッシャーからか、ついつい真面目にやりすぎてしまう方もいらっしゃいます。

不真面目とは言わないまでも、たまには遊び心を入れてみる事も大切です。決して周りの人から「ふざけている」とか「真面目にやってない」などと言われる事はありません。むしろ柔軟性がついて評価が上がる事の方が多いと思います。しっかりとオンとオフを使い分けたり多趣味な方は逆に仕事も柔軟にこなす方が多いのはそう言ったストレスと上手に付き合いが出来る人です。

柔軟な人付き合いをする人はストレスをため込まない

男女問わず上司を上手に使う人がどの職場にもいると思います。私と何が違うの?と考えたこともあるかもしれません。柔軟な人付き合いが出来る人は良く結えば”甘え上手”だったり、角が立たない程度に自己主張をされているように思います。

提案の仕方も「これが良いと思います」と言うよりも「こう言うのはどうでしょう?こういう選択肢も面白いと思います」など買い物を楽しむような雰囲気で提案してみると現場も自然と和む事があります。

もちろん時と場合によりますが、何事も楽しみながら行う事が大事のように思います。人付き合いが苦手な方もこれを機に柔軟な人に変身してみてはいかがでしょうか。

良いストレスと悪いストレス

家事や仕事、または勉強にストレスを感じる、中には苦痛でしかないと言う方もいます。子供の頃の勉強と同じで勉強が出来る子供は勉強の楽しみ方を知っています。仕事を生きがいにしている人は仕事をする事が楽しくやりがいを感じながら行います。

逆に苦痛を感じて仕事をしている人は過度にストレスを感じてしまうようです。過度にストレスを感じる習慣を続けると体調を崩し様々な症状として表れます。自律神経のバランスが崩れて慢性的な疲労をため込んでいきます。

こういったストレスをそのままにしていると思いもよらない症状を招いて今います。始めは血行障害からくる疲れ、眼精疲労、肩こりや腰痛など。ストレスが関係している腰痛は実に85%以上というから他人ごとではありません。これも放っておくとうつ病にもなってしまう可能性が高まります。上手に付き合えばストレスも良い刺激になり実生活を送る上でもプラスに働いてくれる要素が多い事も事実です。

まずは過度にストレスをため込まないように定期的なガス抜きが必要と覚えて下さい。

あなたのストレスの原因は何ですか?

仕事のストレスはその日のうちに発散しましょう!

仕事のストレスは、毎日のストレスです。ため込み続けていざ発散しようと言う時に違う予定が入って追い詰められる事は日常的にあり得ます。そう言ったストレスは日常の合間合間で発散したり帰宅途中や帰宅後でも十分発散するチャンスはたくさんあります。

仕事帰りに本屋による事も、ボーリングに行ったり、気の合う友達と外食をしたり、家に帰ってゆっくりする時間を作るのも大事な事です。お部屋でアロマを焚いてリラックスするのも良いですし、お風呂の時間だけでもゆっくりと汗をかいでリラックスしてあげると心身ともに落ち着いて過ごしやすくなります。一日のリズムを作る上でも大切な心掛けになります。

人間関係のストレスは現実逃避をうまく活用

現実逃避は人間が持つ本能の一つだそうです。目の前の現実をまじかで見ようとし過ぎると見えるものも見えなくなります。人間、個々に違う違う性格を持っているので人間関係に頑張りすぎてしまうと逆に良いところを見落としがちになってしまいます。

ペットを飼っている人はわかる人もいると思いますが、犬や猫の気持ちはわかろうとしてもわかりませんが、それを諦めた時に、ふっと気持ちがわかるようになったりすることはないですか?

「諦めが肝心」と言うことわざがありますが、これは気持ちの切り替えが大事と言うポジティブな発想から出たことわざだそうです。人間関係にストレスを感じ始めたら、人間関係とかけ離れた趣味に没頭してみてはいかがでしょうか。

介護疲れは深刻な社会問題

核家族化が進み、ただでさえ狭い日本の環境での高齢化は、ストレスの多い社会と言えます。当然一人一人にかかる負担も大きくのしかかってきます。ですので、介護でストレスを感じておられる方はより上手にストレスを発散して社会に向き合っていく必要があります。

たまには大声で叫びたければカラオケに行って発散しても良いですし。静かな時間を過ごしたいのであれば、カフェで息抜きをする事も大事です。身近なところから変えていかなければ行き詰まってしまいます。介護疲れでパンクする前にまずは行動できるところから始めていく事が大事になってきます。

あなたはどれを選ぶ?ストレス発散法の選び方

ライフスタイルに合わせたストレス発散法

忙しい中でも、気の合う人と会ってお茶をするだけでもストレス解消になったりしますが、生活のリズムは仕事の関係などもありますし、お住まいが違えば困難になったりします。みんなが同じ趣味を共有する必要は決してありません。まとまった休みが取れる人は連休を利用してアウトドアや旅行を楽しめば良いですし、時間に余裕がない人は近場でも十分ストレスの発散法はあります。

映画、ショッピング、グルメなど。「この曜日は時間が確保できる」と言う日があるのであれば習い事を始めてみるのも良いストレス発散になると思います。リラックスとるフレッシュの違いを考えてみて下さい。リラックスは落ち着いた時間と空間を楽しむものですが、リフレッシュは気持ちの切り替えです。

リラックスが思うようにできないのであれば何か新しい事にトライしたり、気持ちを切り替える事が出来れば十分なリフレッシュになります。

性格に合った趣味を探す?新たな自分に出会える趣味にトライする?

サッカーのWカップやハロウィンなどイベント事になると多くの方が集まってイベントが行われますが、そう言った集いが楽しいと思える人と、そうでない人に分かれますよね?アウトドア派?インドア派?と趣味を聞かれたりすることもありますが、好みや志向は人によって違います。

社交的な人は新しい交流を多く待つことが刺激になり楽しいと思えますが、そうでない人は自分の世界に没頭できる趣味にチャレンジしてみると良いと思います。

最近では、囲碁や将棋がひそかなブームになったり、ラグビーのワールドカップ以降多くの方がラグビーの試合会場に足を運ぶようになりました。ミーハーな趣味と敬遠せずに、色々情報に敏感になる事は仕事や人間関係でも生かせますし、自分に合った趣味を広く探してみると気づかなかった新しい自分に出会い、本当の自分の性格に気づくことも出来るのではないかと思います。

何でストレス発散すれば良いのかわからない人は?”一人○○”のすすめ

一人カラオケ、一人酒、一人旅。一人で行えば自分のペースで行える事はたくさんあります。普段は大勢で行う行動も、一人で行えばこだわりのあるプランに変わっていきます。カラオケも無理なリクエストの答える必要もなければ、歌の練習として同じ曲を5回連続して歌っても誰も文句を言いません。

旅のプランも一人で行えばいつもよりゆっくりした旅にしたり、逆にたくさん回りたい人は予定をたくさん入れてもいいわけです。団体行動が苦手な方はもちろん、一人で始めるのであれば気楽に始める事が出来ます。

それ以外にも一人で行えることはたくさんあります。ちょっとした散歩や岩盤浴に行ったり整体やマッサージに行ったり楽しみはどんどん増やしてもかまいません。無理に続ける必要がないからです。手軽に始められる一人○○は、是非、皆さんにおすすめしたいストレス発散法です。

時間を作れる場合は連休をうまく活用してアクティブに!

連休を利用して旅行をする

連休が取れるのであれば旅行を企画するのも良い発散法の人だと思います。最近では、海外でも韓国、香港など手軽な値段でいく事が出来ますし、買い物も十分楽しめると思います。

また、旅行を趣味にする人のメリットは、色々と旅行のプランを立てる事が楽しみでもあります。子供の頃、遠足の日が待ちどうしく夜もなかなか寝れなかった思いではないですか?旅行前から楽しみは始まっていますのでストレスを感じにくくもなります。時間の取れる人は旅行がおすすめです。

ドライブをする

車やバイクに乗ってドライブはいかがですか?買い物があまり好きではない、疲れると感じる人もいますので、その方に合った旅を考えてみると良いと思います。

運転が好きな方は特におすすめですし、新たな趣味としてバイクの免許を取ったと言う人もいらっしゃいます。ドライブがきっかけで趣味が増えるかもしれません。新しいチャレンジとしてもおすすめです。

あまりアクティブな趣味のない人は、ちょっとした時間を有効利用!

映画鑑賞は映画館だけとは限らない

映画がお好きな方は、新作映画は必ずチェックしてまで映画館に行く時間を作ります。そういう方は十分ストレス解消を行っている人が多いと思います。

これからストレス解消として映画鑑賞をされる方は、映画館でなくても、最近では新作のDVDが発売されるのが昔より早くなりましたし、ネットでも視聴できるようになりましたので、自宅でのDVD鑑賞をされてはいかがでしょうか?

ipadなどをお持ちであればジップロックに入れて水没しないようにすればお風呂でも簡単に見る事が出来ますし意外と手軽に行えるます。また昔と比べ家庭用テレビは大画面になりましたのでそれに見合ったオーディオを接続して音にも迫力をつけてあげるだけでも大きく違いが出ると思います。新しい趣味が増えるきっかけになるかもしれません。

仕事中のストレス発散!手軽なリフレッシュ法

仕事中のストレスは、こまめにガス抜きしてあげる事が大事です。ずっと座りっぱなしの場合はそのの空気を吸うだけでも違いますし、用がなくてもトイレに定期的に行くと違います。

また、手を洗うと脳の疲れが取れるらしいです。手は指先から首で交差して脳まで神経が通っていますので手を洗う事によってリフレッシュの作用があるそうです。

他にも、自律神経の働きが悪くなる方の特徴として姿勢があります。座ってばかりいると猫背になりがちですので、たまには立ち上がって伸びをするをストレッチ効果で凝り固まった神経を幾分整えてくれますのでこまめに取り入れてみて下さい。

介護疲れを解消したい人のストレス発散法

忙しいからこそ時間を有効に

介護は特に心身ともに疲れる作業です。大事な家族とはわかっていても、思いのほか重労働です。特に相手に合わせて行動する必要がありますので、リズムを作りにくいのも事実ですし時間を作ることが難しい場合もあります。

でも考えてみて下さい。職場などで忙しい仕事の出来る人ほど、時間を作ることがうまく多趣味だったりすることありませんか?時間を作ろうと思えばいくらでもとは言わなくでもちょっとしたガス抜きくらいは時間を作る事が出来るはずです。時間が作れるようになってくると気持ちのリフレッシュが出来、すべてがうまくこなせるようになって、心に余裕が出来ます。

時間の余裕は心の余裕です。家の中でも出来る趣味はたくさんあります。ショッピングが好きな方はネットでもショッピングは出来ますしインテリアに凝ってみても良いと思います。

行動できる範囲でリフレッシュする賢い発散法

介護で気持ちが行き詰まらないようにするには時間を作る事も大事ですが、その時間に見合った行動範囲を把握する事だと思います。

例えばデイサービスをお願いしているのであればその時間を利用してカラオケに行ってみるなり、買い物に出かける事はあると思いますので、時間を作って喫茶店に行って気の合う人とおしゃべりしても良いのではないでしょうか?

ちょっと一息つくことは大事になりますので楽しみに多少どん欲に行動しても良いように思います。行動範囲が限られれば思いつく行動は手を伸ばせば届くところにあると言う事なので意外と良い発散法があるかもしれませんよ。

番外編 お金のかからないストレス発散法

お子様にお金がかかるご家庭や、節約しながら生活をしている学生の方は、なるべくお金をかけずにストレスを発散したいと考えている方も多いと思います。身近なところでは、散歩がおすすめです。

ペースは自分のペースで行えばよいと思いますが、運動を兼ねてするのであれば運動着に着替えて軽く汗が出る程度のウォーキングにしても良いと思いますし、歩数計も最近では消費カロリーの表示であったり、メモリー機能がついているものもありますので、歩数計をつけて行えば、達成感を味わえ運動としても良いので一石二鳥です。

身近なところではチラシなどいらない紙をビリビリに破いのも良いと思います。ペットを飼っている方はふれあいの時間を増やしても良いかと思います。人間はふわふわしたものを触ると心の安定をはかるような本能があるそうです。

まとめ

ストレスは生きていく以上必ずと言って良いほど付きまといます。逆にストレスの全くない社会は刺激もなく面白くない世界です。ストレスをうまく発散して上手に付き合っていけば、嫌な事をため込まず心身ともに健康的に生活が出来ます。

楽しい事ばかりではないからこそ、発散するときはより楽しく感じるように社会は出来ているのだと思います。ストレス発散の時間をイベントとしてと耐えられるようになれば、より人生を明るく前向きに捉える事が出来るのではないでしょうか。