人生の転機のタイミングって?前兆を理解して幸運を手に入れよう!

人生の転機のタイミングがどんなものなのかをご存知でしょうか?タイミングを逃してしまえば、せっかくの転機を台無しにしてしまうこともありますよね。タイミングをしっかりと把握した上で、幸運を手に入れる努力をしてみませんか?人生の転機を上手に活用してみましょう!

そもそも人生の転機の意味ってなに!?

年を重ねることで「あの時が人生の転機だったな」と思うようになることもあるかと思います。人生の中で、それまでの流れが方向転換するくらいに大きな変化が訪れることを、人生の転機と呼んでいますが、転機が訪れたからといって必ずしも幸運になるとは限らないようです。

例えば、「仕事の帰りにラーメンを食べたら自分もラーメンを作りたくなった」という人もいるかも知れません。それまでの仕事を辞めてラーメン屋を開業し、ラーメン店を営むようになったことで、自分の人生が変わったということができます。

方向性を変えたからと言って、必ずしもその道で成功するとは限りませんが、このように人生の転機は、ふとした時に訪れることが多いと言われています。そのタイミングをしっかりと把握した上で、幸運を掴むようにしてみてください。

人生の転機が訪れる8つの前兆

人生が大きく転換する時には、何かきっかけとなる出来事があります。ここでは人生の転機のきっかけとなるような前兆について考えてみましょう。色々な前兆があるところなのですが、ここでは8つの前兆を紹介します。

夢を実現したくなったとき

「アーティストになりたい!」「ケーキ屋さんを開きたい!」など、子供の頃に何となく抱いていた夢があると思います。大人になった時、理想と現実は違うと、いつの間にか諦めていた夢があります。

そんな夢にチャレンジしたくなる時があります。きっかけは些細な事かもしれません。例えば自分の責任じゃないことで、酷く非難されたり、つまらない嫌がらせなどにうんざりした時、そんな時ふっと昔の夢がよみがえり、人生を変える事を決めることがあります。

沢山の我慢を吹っ切る時、もう我慢しないと決めた時、もう後悔したくないという思いから夢に向かって頑張る勇気がでてくるものなのかもしれません。

環境が激変したとき

結婚や出産、転職や転居などによって、自分の生活がこれまでとは全然違うものになっても、実際にその環境で生活してみると、案外自分自身はそれほど大きくは変わらないことに気づくことがあります。人間は環境が変化する事よりも、環境が変化するかもしれないという未来に苦痛を感じます。しかし、いざ環境がかわれば、案外問題なく新しい環境に適応していくものです。

このように、生活環境が変わっても対応できる自分の器の大きさを実感した時、自分の中に新たな可能性を見出すことができ、人生の転機を迎えることがあります。

やる気が起きない時

やらなきゃ、がんばらなきゃ、とどんなに思っても、身体がついてきてくれない時があります。さぼりたいと思っている訳でもないし、意欲はあるはずなのです。何だか眠くてたまらなく、いくら寝ても寝たりないと感じてしまう、こんな時にこそ実は人生の転機が隠れていたりします。

心と身体が上手く折り合わない時には、身体は充電を求めていたりします。そして、この充電の後には人生の転機が待ち受けている場合があります。身体がたっぷりの充電を欲しがるようなら、その要求をたっぷえりと満たしてあげるのも次のステップに必要なのかも知れませんね。

本当の幸せがどんなものなのかがわかった

どんな人も幸せになりたいと願っている事でしょう。そうして結婚や出世、お金などの幸せになると考えられる要素を求めていきます。

しかし、このような環境的な要因が幸せに占める割合は、僅かに10%に過ぎないというデータがカルフォルニア大学のソニア・リュボミルスキ教授によって立証されています。(データの見えざる手 矢野 和男著 第2章 ハピネスを測る 68Pより)
 
これは驚くべきことですが、たとえ家を購入したり、出世をしたりして幸せを感じても、人間は直ぐにその環境に慣れてしまうので、幸せを感じ続けることができないのです。このようなことから、本当の幸せとは何か?の命題に答えを見出した時、人間は大きな人生の岐路を迎えます。そして新たな人生を歩み始めようとします。

自分は進むべき道がわかった

「自分は将来何をしたらいいのだろう」「どんな道を進めばいいのだろう」と悩んでしまう事もあるかと思いますが、このように悩む事で自分自身がいっぱいいっぱいになってしまうのです。

確かに、自分が進むべき道を考えることはとても大切なことですよね。考えた上で本当に進むべき道がわかるようになることで、人生の転機を迎える可能性も考えられます。道が見つかれば、それに向かって一生懸命に進んでいくだけです。そのために何をすればいいのか、という事を明確にすることも出来るようになります。

いつまでも「何をしたらいいのか」「どんな道を歩んでいくのか」が分からない状態では、本当の人生の転機が訪れることもないかもしれません。今現在悩んでいる人は、周りの意見も参考にしながら自分としっかりと向き合ってみましょう。

挫折を乗り越えた

何らかのことが原因となって挫折を味わうこともありますよね。挫折をすることで「どうしたらいいんだろう」というような悩みを抱えるようになります。挫折を味わった時にどのように対処をするのかという事はとても大切なことなのです。

人間は、「どうしたらいいのか分からず、そのまま挫折した状態でいる」タイプと、「時間がかかってもどうにかして乗り越えようとする」タイプの2つのタイプに分けることが出来るようです。どんなに時間がかかっても挫折を乗り越えることが出来れば、それは自分への大きな自信に繋がるでしょう。

また、自信を持つことで自分をより強く大きくすることが出来ます。そのように考えると、挫折から乗り越えることは、人生を大きく変える転機になるかもしれません。挫折をした時には、諦めずに立ち向かう勇気を持つように出来るといいかと思います。

自分は価値ある人間だと思えた

生活をしていく中で、一人一人社会における責任というものがある事を知っていますか?ただ毎日何気なく過ごしていても、しっかりと責任を果たしている場合もあります。例えば地域の子供たちが安全に遊べるように見守ってあげる、人が生活しやすいようにボランティアに参加するなどです。

このように、社会における責任をしっかりと自覚して行動するようになることで、今まで気が付かなかった「自分の価値」を知ることが出来るようになるのです。価値を知るという事がとても大切なことです。自分は価値がある人間だと思うようになれば、それが自信に繋がっていくでしょう。更に自信を持つようになれば、自分をより大きくして成長させることが出来るようになるのです。

人に優しくすることが出来るようになった

人に優しくしてあげるということは簡単そうに見えて、とても難しいことですよね。人に優しくするということは、人の痛みをわかってあげることが出来ることと同じだと考えられています。そのため、優しくできないのは、人の痛みを理解してあげることが出来ないということになってしまうのです。

このような状態で人と関わりを持つようになってしまえば、気が付かないうちに人を傷つけてしまったりする可能性もありますよね。そうなってしまえば人間関係を上手く築くことが出来なくなってしまいます。

反対に、人に優しくしてあげるようになることで、自分の周りに人が寄ってくるようになると言われています。また感謝をされるようになることで、自分も嬉しい気持ちになることが出来るのです。このように本当に人に優しくすることが出来るようになることで、人間関係を大きく変えて人生の転機になる可能性も考えられます。

人生の転機で幸福になる為にやるべき5つの事とは!?

人生の転機が訪れた時、その転機を幸運の方向へ導いて行きたいものです。せっかくのチャンスを後悔しない為に、人生の転機をチャンスととらえて幸福を掴む5つの方法を紹介します。

幸せは伝染することを知っておく

おかしくないのに、廻りの人が笑うと自分も笑ってしまうという事はありませんか?人間の行動は伝染しやすいのです。それは活動量も同じで、皆が活発にお喋りしている場所で、一人だけどんよりと落ち込むことは難しいのです。

このように、人間のベクトルは磁石の地場のように、同じ方向をむく性質があり、これにより幸せも伝染することがわかっています。ハピネス=幸せな感情は伝染するのです。幸せになりたければ、幸せな人のそばにいることです。幸せな人のそばにいることで、自分も幸せになる事が出来ます。

これは実は難しいことです。不幸な人が幸せな人のそばにいるのは苦しいからです。マイナスの感情も伝染します。例えば、自分に彼氏がいない時に、幸せそうなカップルのそばにいるとイライラしたりします。そんな時は、同じように彼氏のいない人と一緒にいるほうがずっと楽しく感じるものですが、それでも幸せな人の近くにいることで、幸せな方向に向かうことが出来ます。

今の自分のままでいいのかを考える

今の自分は「自分が選択して、そのように見せている自分」です。人間には色々な性格や特徴がありますし、一人の人間の中にも臆病な部分や勇敢な部分があります。あるいは繊細な部分やおおざっぱな部分もあります。

このような多様性があるのが人間なのですから、あなたが選択している「少し気が弱いけれど、優しい自分」は自分の中にあるそのような要素を全面に押し出すことにしている訳です。

ですから人生の転機には、どのような自分を選ぶのか良く考える必要があります。「陽気で朗らかな自分」を選択する事も出来ます。もしも難しいと感じたら、なりたい人を選んでその人を真似すると良いでしょう。

このような方法をモデリングといいますが、自分のあり方を自分で選んでいるのだと自覚すれば、なりたい自分を自分自身で決めることが出来ます。

チャンスの神様は前髪しか持たない

チャンスの神様は前髪しか持っていない。ということわざをご存知でしょうか?これはチャンスは一瞬しかないことを表しています。後ろを振り返ってもチャンスの神様を摑まえることは出来ません。

ですからチャンスの神様を捕まえたければ、いつチャンスがきてもいいように、準備している必要があります。そのためにはチャンスを摑まえるための行動をおこす必要があります。例えば音楽で大成したいなら、ライブに参加したり、街頭で音楽活動をしたりするなど、行動に変換することが重要です。

デモテープを作る、あるいはCDを作るなど、とにかくチャンスが訪れるのは行動している時です。じっとして、いつか誰かがチャンスをくれるのを待っていても、チャンスは訪れません。ミュージシャンになりたいと思ってじっと待っていても、ミュージシャンにはなれませんよね。それでも現実的には、行動を起こさないで、チャンスの訪れを待ち続ける人の方が多いのです。

そして、チャンスの前髪を掴んだ人を幸運な人だと羨ましく思うのです。人生の転機に幸運をつかみたいと願うなら、まずはそのために行動を起こしましょう。

絶対に無理をしない

理想に向かって努力を行うことはとても大切なことです。行動をしなければ現状を変えることは出来ませんよね。ただ中には「幸せになろう」と無理をしてしまう人もいるようです。急いで幸せを掴もうとしてもいい結果にならなければ、意味がありません。最悪の場合には、無理をしたことが原因となり、途中で頑張る気持ちがなくなってしまうかもしれません。

そうなってしまわないように、自分のペースで行動をするようにしましょう。幸せを掴みたいからと言って無理をしては意味がありませんよ。たくさん考えて、自分をしっかりと理解してから少しずつ行動するように出来るといいですね。

妥協する部分を譲れない部分を明確にする

人生の転機が訪れたときにやっておきたい事に、妥協点を探ることがあります。譲れる部分と譲れない部分を明確にしておくと、より自分の望みが叶う選択が出来ます。

例えば、仕事にどれだけ時間がさけるのか?今は徹底的に仕事に打ち込んでも良いのか?それとも、私的な時間が必要なのか?好きな事をするなら経済的には一時的にせよ厳しい状況に耐えられるのか?それとも今は経済力を優先したいのか?などです。

何を大切にして、何をどこまで犠牲に出来るのか?そういう部分をきちっと明確化しておかないと、人生の選択に後悔や愚痴が残ることになりかねません。しっかりと自分の望みを明確化しておきましょう。

人生の転機には適切な行動を…

生きていれば必ず人生の転機が訪れると言われています。人生の転機の前触れがどんなものなのかをしっかりと把握した上で、タイミングを逃さないようにしてみてください。また人生の転機かもしれないと思った時には、より幸福感や満足感を得られるよう、冷静に自分と向き合うようにすることが大切ですよ!人生の転機で適切な行動をして幸福を掴みましょう。