ツボカビって何?カエル・イモリなどの両生類飼育の敵!致死率は90%!?恐ろしい病気の症状は?対処法や治療法について

ツボカビと聞いて、私は「カビの一種かな?」と思いました。実際カビの一種なのですが、このツボカビというものは両生類にとってとても危ないものなんです。そんなツボカビについてまとめてみました。

ツボカビって何?

2006年、日本でペット用のカエルから恐ろしい病気が発見されました。それがツボカビ症です。ツボカビ症は人間などに発症することはないようです。

そんなツボカビ症の原因となるツボカビ菌は水中に多く生息し、腐ったものの中にいるのですが、両生類の皮膚に寄生することがあります。その寄生したのがツボカビ症と呼ばれるようになり、寄生された両生類は皮膚呼吸が出来なくなります。

両生類の皮膚は柔らかく、たくさんの粘液腺があるのでいつも湿っている状態です。そんな皮膚は浸透性が高く、皮膚から水分を吸収したり、酸素や二酸化炭素のガス交換をします。そのため、皮膚呼吸が出来なければ命にかかわることになります。

ツボカビの宿主は?

カエル

主にツボカビ症に罹るのはヨーロッパ、中南米、オーストラリアのカエルといわれています。ツボカビ症が発見されてカエルが絶滅するかもしれないと懸念されていましたが、日本のカエルはツボカビ症に耐性があるのか、私の近所の田んぼでは雨が降った夜カエルがケロケロ鳴いています。

逆に海外のカエルなどは耐性がないのか、その数を減らした品種もいれば絶滅した品種もいます。

カエルのツボカビ症は日本が起源ではないのか?と言う声もあります。その昔日本は食用のウシガエルを輸出していたそうです。ツボカビ症に罹ったウシガエルが輸出され、そのせいで世界中に拡散したのではないか?と言われています。

イモリ

ツボカビには種類があるようで、カエルツボカビ症とイモリツボカビ症と言うのがあります。イモリがかかるのはイモリツボカビ症で、これはカエルには発症しないようです。このイモリツボカビ症はアジアが起源ではないか?とされています。

オオサンショウウオ

オオサンショウウオの皮膚からもツボカビが発見されています。オオサンショウウオも、イモリと同じくイモリツボカビ症にかかることがありますが、日本の両生類はある程度の耐性を持っているようです。オオサンショウウオは特別天然記念物ではありますが、現在でも絶滅することなく生息しています。

ウーパールーパー

ペットとして飼う人が多いのはウーパールーパーでしょうか?別名をメキシコサラマンダー、またはメキシコオオサンショウウオ、と言います。その昔食用にされていたようです。

ウーパールーパーもツボカビ症に罹るようです。

ザリガニ

でも、皆さんは知っていますか?ツボカビはカエルなどの両生類以外に寄生することを。それがザリガニだと言う事を、知っていましたか?

とある池で両生類が一掃され、しばらくカエルなどは住んでいなかったのですが、しばらくするとカエルなどが住み着き始めました。ですが、その池に住み着いたカエルなどの両生類はツボカビ症で死んでしまいました。

ツボカビは両生類の皮膚に寄生しますが、ザリガニの皮膚に寄生し生きながらえることができると最近わかったようです。ザリガニに寄生していたツボカビはカエルが戻るとカエルに寄生し、その命を奪ったようです。

ツボカビに易感染する日本個体がいる

先に述べましたが、日本のカエルにはツボカビは発症されにくいですが、種類によっては簡単にツボカビを発症する種類もいます。

それが、ヌマガエルとヒメアマガエル、というどちらも水中より地上で生活している個体です。どのような個体なのか、簡単にまとめてみました。

ヌマガエルについて

体長3㎝から5㎝ぐらいで、オスよりメスの方が大きいようです。ヌマガエルは四国・九州・沖縄諸島などに元々いたものですが、関東地方でも発見されて国内外来種となっています。

水中より水辺の近くの地上で生活しているようです。見た目の特徴から方言で「センヒキガエル」と呼ぶ所もあるようです。

ヒメアマガエルについて

体長2㎝から3㎝ほどの小さなカエルです。日本固有種ですが、トカラ列島などは外来種として存在しているようです。生息域は森林など陸地ですが、産卵するときは少量の水があればいいようでその辺の水たまりで産卵するときもあるようです。

ツボカビに感染した時の症状とは?

さて、ツボカビに感染してしまったカエルたちをどう区別するのか…。ツボカビに感染してしまった場合、起こりうる症状をまとめました。

まず、ツボカビに感染した場合、他の病気と区別しにくい症状が出ます。

食欲不振

まず最初に、食欲不振や沈うつになるようです。今まで元気にエサを食べたいたのに急にエサを食べなくなった場合、他の病気と区別がつかないこともありますが、ツボカビかもしれないと疑ってください。

縮こまった姿勢

症状が進むにつれ、縮瞳・筋協調不能・縮こまった姿勢・立ち直り反射の消失などの症状がでます。

開口

開口と言う症状も、ツボカビの症状が進むにつれ現れます。さらに、広い範囲で皮膚が落ちていきます。こうなるともう、残念ながら助かる可能性は低いです。

死亡

カエルの種類によっては見た目に異常がないように見えて死亡する場合もあります。両生類特有の病気ですので、ツボカビに罹った場合致死率90%以上らしいです。

ツボカビが発覚!罹った時の対処法は?

飼っているカエル、またはイモリがツボカビに罹ってしまった場合、自分で治すことができるとは限りません。ですが、正しく処置することは飼っている者の責任です。罹ったときの対処方をまとめてみました。

他の生物から隔離

他にもカエル、イモリなど飼っている場合隔離しましょう。空気感染はしないものの同じ水で過ごしていたら感染してしまいますので、必ず別々の水槽に入れて隔離してください。

水槽の消毒

ツボカビが蔓延した水槽でカエルなど飼っては、前と同じようにツボカビに罹ってしまいますので、必ず消毒してください。熱湯消毒でもいいようですが、心配な方はツボカビに有効な消毒をしましょう。

自分の手にツボカビがついているかも…と思った場合、まずは石鹸で手をよく洗ってください。温かい水で流した後「塩化ベンザルコニウム」「グルコン酸クロルヘキシジン」を適切に水で薄めて消毒すると有効です。決して、原液で使用せずそれぞれ適した希釈を行ってください。

水槽などの飼育道具には「塩素系消毒薬(キッチンハイターが有名ですね)」「熱湯消毒」などが有効です。熱湯消毒する場合は50℃以上の熱湯で5分です。熱湯消毒するときは火傷に注意してください。

キッチンハイターを使用する場合は、塩素濃度200ppmになるように適切に水で薄めて、15分間以上付けた後、水洗いしましょう。

他には「塩化ベンザルコニウム」「ビルコンS」と言う消毒液が有効です。塩化ベンザルコニウムは200倍から500倍液に5分ほどつけてから水洗いしましょう。ビルコンSは120倍に水で薄めて使ってください。

動物病院での治療

致死率90%なら病院に行っても無駄。と思って放置してはいけません。ちゃんと生きたまま治療してくれるところもあるので、自分で治そうと考えず病院での治療をお勧めします。

亡くなってしまった場合の対処法

もし、ツボカビでカエルまたはイモリなどが死んだ場合、あなたはきちんと処理できますか?やり方がわからない。と言う方のために対処法をまとめました。

ツボカビでカエルなど死んだ場合は火葬が一番望ましいです。でも、火葬できないと言う方もいるでしょう。そういう場合は可哀想かもしれませんが生ゴミ(燃えるゴミ)として処理してください。きちんとビニールなどで密閉しましょう。

ツボカビは一度蔓延すると根絶するのが難しいのでその辺にポイッとかしないでください。カエルがいなくなったら生態系が崩れて、私たち人間にも影響が出ます。

ツボカビ症に罹ったカエルなどを飼っていた水はそのまま捨てないでください。これもきちんと塩素系漂白剤などで消毒してから捨ててください。

これらの処理をしないと野生の両生類にツボカビ症が発症する可能性があります。

まとめ

ツボカビはカエルなどの両生類にとって怖いものです。絶対にツボカビに罹らせないと言うのは難しいでしょう。でも、最後まできちんと責任をもって飼ってあげてくださいね。