トイレのカビを綺麗にしたい!カビや臭いの原因や壁・便器・タンクのカビを綺麗にする方法など徹底解説!

トイレはカビが発生したり、臭いが出たりとあまり綺麗なイメージはありませんよね。でもせっかくなら綺麗なトイレを毎日使いたいですよね。カビや臭いが発生する原因を知り、綺麗にしてスッキリしませんか。

トイレのカビについて

トイレ掃除は、苦手としている人は少なくないかもしれません。カビがあると清潔感もなくなりますし、臭いも気になりますよね。人の後、自分がしている途中など臭いが気になったりと、排せつする場所ですからそもそもあまり綺麗なイメージが持てないのかもしれません。

でも、トイレを綺麗にしておくことで気持ちよく利用できるのも事実です。カビ対策も普段から少しでもしておけば随分違いますよね。そんなトイレをいつも綺麗に保てるように少しだけ行動してみませんか。

カビや臭いの原因は?

湿気によるもの

カビの胞子は、空気中どこにでも存在しています。そして温度が25度から30度で、湿度が80パーセントを超えるとカビの胞子が根付いて、カビが発生するのです。水回りであるトイレは、もちろん湿気もありますよね。

特にトイレは個室ですから、トイレに溜まった水が蒸発していくに連れてどんどん湿気が増してくるなんてことも日常では起こっています。湿気があればカビも生えて繁殖してしまうのですが、さらにトイレのように風通しが悪いとさらにカビが発生しやすくなっていきます。

水や尿の飛び跳ね

手を洗うときやおしっこをしているときやトイレを流すときなど、水や尿が飛び跳ねるような機会はトイレにはたくさんありますよね。特に男性はおしっこくらいなら立ってからやっているという人も少なくないでしょう。男性用の便器で立ってするもの専用のトイレがあるくらいですからね。

立ってすることを禁止しているわけではないのですが、立ってしている間、腰の辺りより下の壁や床、便器の手前の方にまで尿が飛び跳ねてしまっています。このようにして飛び跳ねていった尿は、しばらく放置してしまうと菌が繁殖して、トイレがおしっこ臭く、アンモニアのような臭いが出てしまう原因にもなります。

気を付けろと言われてもどうしようもない部分なので、こまめな掃除が必要になってきます。

壁のカビを綺麗にする方法は?

乳酸系のカビ取り剤を使用して綺麗に!

壁にできたカビを綺麗に掃除するには、乳酸系のカビ取り剤を使用するといいでしょう。カビ取り剤というと、お風呂のカビキラーなどもありますが、お風呂のカビ取り剤は塩素系の成分が含まれていることがあるので注意が必要です。

塩素系のカビ取り剤でトイレの壁のカビを取ろうとすると、壁まで漂白されて、壁の色まで変色する可能性があるからです。そのため塩素系ではなく、乳酸系のカビ取り剤を使用して、壁の色を変色させることなくカビだけを退治していきましょう。

掃除の仕方は、まずカビ取り剤を壁にシュッと吹き付けます。そしてそのカビ取り剤をのばして、スポンジや雑巾などを使って綺麗に拭き取っていきましょう。このとき、壁をゴシゴシと強くしっかりと拭きたくなりますが、力を入れすぎるとカビの胞子が空気中に飛んでいってしまうので、注意してください。

また、消毒用のエタノールなども壁に吹き付けると効果があるようです。

防止剤を使って綺麗に保つ

壁をカビ取り剤を使って綺麗に掃除した後は、是非次にカビが生えてこないように予防をしたいところですよね。そんなときには、防止剤を使用しましょう。防止剤といい、カビを防止することの出来る効果を持つ塗料があります。

その防止剤を壁の上から直接塗ることで、壁が防止剤にコーティングされて、カビを予防するのに高い効果が期待できます。また、防止剤は比較的簡単に塗ることができるそうなので、是非やってみたいですよね。防止剤の他にも、はがれやすいテープなどを壁に貼って飛び散りなどを予防している人もいるようです。

消毒用のエタノールを吹きかけることでもまたカビの発生を予防する効果があるようです。消毒用のエタノールはカビ取りにも使えましたし、ひとつあるだけでしっかり活用することができますね。

換気と拭き掃除で対策

前にもあったように、湿気があるとカビが発生しやすくなります。そのため、こまめに換気することはとても大切なことです。トイレの窓を開けて、ドアも一緒に開けておくと、空気が通りやすくなって、風十市もよくなりますので、汚れている空気を入れ替えすることにもなります。

窓がついていないトイレだったら、換気扇を回してドアも開けて、家中の空気を入れ替えるようにするとトイレの空気が家の中に留まることもないのでいいかと思います。どうしても忙しくてなかなか機会がないときは、換気扇だけでも常にまわしたりなどして工夫しましょう。

また、水や尿が飛び散ったりするのはなかなか目には見えませんが、見えていない、気づいていないだけで毎回飛び散っているので、こまめに拭き掃除をしましょう。拭き掃除をよくしているだけでも、汚れを拭き取っているので、随分と汚れの付き方が違ってきます。軽くでもやっておきたいですね。

便器のカビを綺麗にする方法は?

重曹で掃除するのがおすすめ!

便器はトイレのなかでも直接排せつをする場所ですから、当然汚れも溜まりやすいですよね。便器を掃除するときは、重曹を使って綺麗に掃除をすることがおすすめです。やり方は、重曹をかけてブラシで磨くだけです。

特に水が溜まっている部分の境目や、淵の部分などは汚れが溜まりやすいのでしっかり磨きましょう。重曹とクエン酸を混ぜたり、重曹を酢を混ぜて使うと、泡ができるのでより洗いやすく、汚れも落ちやすくなるようです。

裏や淵の見落としに注意!

便器の裏や淵の部分は、汚れは付いていくけど掃除の際に見落としてしまうことが多いようです。便器の裏は汚れを綺麗に拭き取ってアルコール消毒したりと、掃除しづらい場所ではありますが、綺麗に保ちましょう。

特に淵の部分は掃除が見落とされやすいにも関わらず、カビの発生や増殖しやすい場所でもあります。トイレ用洗剤や重曹を使ってしっかり磨いていきましょう。アルコールでしっかり消毒しておくことも大切です。どちらも、しっかり消毒しておきたい場所ですね。

こまめに掃除をして対策!

こまめに掃除をすることは、カビや菌がたくさん発生しないためにも、とても大切なことですよね。がっつりトイレ掃除とまではいかなくても、ちょっと拭いたり、消毒をしたりしようと心がけることもとてもいいことだと思います。

また、便器や壁や床などをどんなに綺麗に保っていても、トイレマットやスリッパやカバーなどを全く変えないのは衛生的ではありません。マットなどは特に臭いなども吸収しやすいので、同じものをずっと使っているとそこに残った菌がまた出てきてしまいますよね。

そうならないためにも、トイレマットやスリッパやカバーなどはこまめに交換して綺麗に洗いましょう。

タンクのカビを綺麗にする方法は?

漂白剤や洗浄剤を使用する

普段気にしないかもしれませんが、タンクにも汚れは溜まります。そのためタンクも綺麗に保っておきたいですよね。タンクは、漂白剤や洗浄剤を使って、たわしブラシやスポンジなどを硬いところやプラスチックの部分などでそれぞれ使い分けて磨いていきましょう。

漂白剤や洗浄剤を使うとかなり綺麗にできるのですが、塩素系もものだとパイプなどが腐食してしまったりする恐れがあるので、漂白剤、洗浄剤といっても、中性のものを使用するといいでしょう。ガラス用や家具用でも大丈夫のようです。

蓋の裏はトイレ用洗剤を使って綺麗に!

蓋の裏は、蓋を閉めていたりするときに流すと水がはねたり、溜まった水が蒸発して上ってきたりと、カビや菌が繁殖しやすい環境にあります。そのため、トイレ用洗剤を付けてブラシやスポンジを使ってしっかりと磨いていきましょう。

使い捨てのブラシなども販売されているそうなので、便器を掃除したブラシだと抵抗がある人でもしっかり掃除することができますね。また、スポンジもいくつか入って販売されているものも多いので、場所によって活用していきたいですね。

そもそもいつも使っているブラシは、菌がたくさん付いています。湿っているので、ブラシを入れる容器にも菌が繁殖しやすい状態です。しっかり容器まで綺麗に保って、ブラシも殺菌しておきたいですね。

ブルーレットの使用で対策!

ブルーレットには洗浄や汚れを防止する成分が含まれているので、それが泡立って水が流れるときに汚れも洗い流すことができます。ブルーレットを置くだけである程度綺麗に保てるというのは、忙しい人でもそうでないにとっても簡単にできてとても魅力的ですよね。

爽やかなミントやピーチなど、香りも好みで選ぶことができます。水に色も付かないので、メリットは多いかと思います。ブルーレットはおよそ1か月程もつそうなので、逆に言えば1か月に1度交換するだけの手間なので、トイレに常備しておいても簡単に素早く交換することができますね。

毎日掃除することが一番!

汚れを発見したらすぐ掃除を!

汚れは溜まってしまえばそれほど後から取ることは大変になってしまいますよね。汚れがあるとそこからカビや菌が繁殖して、臭いが発生する原因になります。そこで汚れを発見したらすぐに拭き取ったり掃除したりすることで、掃除の負担も最大限に減らすことができますし、汚れが溜まるのを防ぐことにもつながります。

毎日少しだけ汚れを拭き取ったり、アルコール消毒をしたりすることで、トイレのカビや気になる臭いを抑える効果がかなり期待できるでしょう。毎日綺麗なトイレで、気持ちよくトイレを済ませるためにも、是非少しの手間をかけてみてはいかがでしょうか。

まとめ

トイレはカビや臭いはあって掃除は面倒だと思っている人も多いですが、こまめに少しずつ拭いたり消毒するだけでも随分違います。どうしても面倒だったり、忙しかったり、そうでなくてもブルーレットなどを活用することもいいと思います。

また、トイレの手が届くところに消毒液やトイレクイックルなどを置いたりしたら、少しの時間でも軽く掃除することができますよね。トイレ掃除は面倒だけど、こまめに綺麗にしていればいつも気持ちよくトイレを利用することもできますよね。