タバコで咳が止まらないのは病気?咳の原因と症状や身体への悪影響!喫煙者のメリット・デメリットと注意点を徹底解説!

タバコを吸っていると「変な咳が出る」「痰が出やすい」というのは誰にでもあることです。ところがこのちょっとした症状が、悪化することでCOPDを引き起こします。放っておくと酸素ボンベが手離せなくなったり、寝たきりになることもある恐ろしい病気です。タバコを吸っていて咳が気になる人は十文注意してください。

タバコを吸っている人で咳が止まらないのはこの病気かも

タバコを吸っている、あるいはタバコを吸っている人が身近にいるとき「嫌な咳」をしていると気づいたことはありませんか?風邪でもないのに急に咳き込んだり、痰がからんだような粘っこい咳だったり。

タバコと肺ガンの因果関係ははっきりしています。それでも「タバコを吸っていてもまだ若いから大丈夫」とか「自分はヘビースモーカーじゃないから平気」とか「旦那は吸っているけれど、私は吸っていないから大丈夫」と思っている人は多いのではないでしょうか。

タバコは吸っている人はもちろんのこと、吸わない人でも近くに喫煙者がいると、さまざまな健康被害が起こることがわかっています。その中でも最も多い病気がCOPD(慢性閉塞性肺疾患)と呼ばれるもので、気づきにくく、放置しておくと酸素ボンベでの生活になってしまうこともあります。

COPD(通称タバコ病)

COPDとは・・・発病する人の9割が喫煙者の病気

COPDとは「慢性閉塞性疾患」のことで、「慢性気管支炎」と「肺気腫」という2つの病気の総称です。この病気はタバコと非常に関係が深く、発症する人の90%は喫煙者であることから別名「タバコ病」とも呼ばれています。

この病気は、タバコを吸う量の多い、いわゆるヘビースモーカーの人ほど早く発病するといわれています。さらに厄介なことに、この病気はタバコを吸わない人でも、家族や職場で近くに喫煙者がいる場合、日常的に副流煙を浴びていると発病する可能性がある病気です。

COPDの初期症状は咳や痰がでるから始まる

COPDの初期症状は、「あれ?風邪でも引いたかな」というくらいの軽い咳や痰から始まります。のどの調子が悪かったり、のどの奥が張り付くような感じがしたり、普段の生活の中で起きる不調の延長くらいにしか考えません。

ところが知らず知らずのうちに症状が悪化して、「階段の登りで息切れする」「呼吸が続かず運動できない」「動くのもつらい」ということになってしまいます。

COPDチェック項目

病院でのCOPDの早期診断チェックの内容です。点数をつけてみてください。

<年齢は? >
40~49歳 0点
50~59歳 4点
60~69歳 8点
70歳以上 10点

<(1日のタバコの本数)÷20×(喫煙年数)は?>
0~14 0点
15~24 2点
25~49 3点
50以上 7点

<BMI「体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))」は?>
25.4未満 5点
25.4~29.7 1点
29.7超 0点

<天候で咳がひどくなることは? >
ある 3点
ない 0点

<風邪ではないのに痰がからむことは? >
ある 3点
ない 0点

<朝起きてすぐに痰がからむことは? >
よくある 0点
ない 3点

<ゼイゼイ、ヒューヒューすることは? >
時々・よくある 4点
ない 0点

<今までにアレルギー症状は? >
ある 0点
ない 3点

これらを合計して17点以上になる場合はCOPDの可能性が高いといえます。

治療は禁煙から

タバコが原因で咳が出ると思ったら、病院を受診して詳しい検査をしてもらいましょう。病院での検査は「問診」「レントゲン」「CT」「呼吸器検査」などを行います。

これらの検査によって、他の病気が隠れていないか、現在の肺へのダメージはどの程度なのかがわかります。もしタバコが原因で、肺気腫などになっていた場合、残念ながら肺のダメージを治すことはできません。しかし、禁煙することで進行を確実に止めることはできます。

薬によって咳を無理に止めることはできても、禁煙できなければそれは意味のないことです。治療はまず禁煙することから始まります。

重度になると自宅での酸素吸入が必要になる

COPDの初期症状は「咳」「痰」「息切れ」といったものです。これは誰にでもある症状ですが、病気が進行することで症状が悪化してきます。肺の機能が低下して、必要な酸素を体内に取り込むことも、また体内の二酸化炭素を吐き出すことが難しくなってきます。そうなると酸素吸入が必要になり、外出する時にも酸素ボンベを携帯しなくてはならなくなります。

さらに呼吸をするだけでもたくさんの体力を使うことになるので、体力の低下、筋委縮による筋力の低下を招くことになり、寝たきりの状態になってしまうこともあります。

咳喘息

風邪が治っても咳が数週間続く場合は咳喘息かも

「喘息」というと子供に多い病気といったイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。しかし最近では大人になってから咳喘息を発症する人が増えており、風邪が引き金になることが多いのです。

「風邪薬を飲んでいるのに、咳がなかなか止まらない」といった症状が数週間続くようなら、咳喘息かもしれません。大人になってからの喘息は、子供の喘息よりも治りにくいという特徴があるため、早めの治療が大切です。

咳喘息とは慢性的に咳が続く気管支の病気

咳喘息は、慢性的に咳が続く気管支の病気です。一般的な喘息と同じように気道が狭くなり、刺激に敏感になって、炎症や咳の発作が起こります。その原因の多くは、住環境の変化だといわれています。

密閉性の高くなった住環境により、ハウスダストやダニ・カビの発生によるものや住宅建材に使われる化学物質などのアレルゲンの増加、そしてPM2.5に代表されるような大気汚染が指摘されています。

風邪をきっかけに発症することが多く、風邪を引いた後に2~3週間以上咳が続くことがあれば、咳喘息を疑ってみましょう。

タバコによる刺激は咳喘息悪化の原因

咳喘息にかかると1か月以上、空咳が続きますが喘息特有の「ゼイゼイ、ヒューヒュー」といった喘鳴(ぜんめい)や呼吸困難になるという症状は起こりません。

夜中から明け方に激しい咳が出たり、のどにイガイガ感が伴います。咳喘息は気道が敏感になっているため、タバコの有害物質が刺激となって症状を悪化させてしまいます。この咳喘息を放置しておいたり、タバコの刺激を与え続けていると本格的な喘息に移行してしまうことがあるので、早期治療と禁煙が必要になってきます。

タバコを吸うことで出てくる悪影響

ガン

タバコは、さまざまなガンの原因の中でも大きな影響を及ぼすものです。ガンで死亡した人の内、男性で40%、女性で5%が喫煙が原因だと考えられており、特に肺ガンは喫煙との関係が強く指摘され、肺がんでの死亡では男性の70%、女性の20%が喫煙者だといわれています。

タバコの煙には、タバコに含まれる物質に加えて、それらが不完全燃焼することによって生じる化合物が含まれます。その中には発がん物質と呼ばれるものも数多く含まれ、体内の酵素で活性化された後、細胞がガン化するといわれています。

血液の状態の悪化など

長年に渡ってタバコを吸っていると、血液の状態の悪化など循環器系疾患のリスクも高くなります。喫煙により脳の血流が低下して脳卒中を引き起こしたり、タバコの煙に含まれるニコチンや一酸化炭素が心臓の冠状動脈の動脈硬化を促進して、虚血性心疾患を引き起こすともいわれています。

副流煙で自分やまわりの人にも影響がでます

副流煙とは

「自分はタバコを吸わないから大丈夫」あるいは「自己責任でタバコを吸っているのだから、他の人に文句を言われる筋合いはない」と思っていませんか?そういう人は「副流煙」の本当の怖さを知らない人です。

喫煙者が吸い込む煙のことを「主流煙」といい、タバコの先から立ち上る煙のことを「副流煙」といいます。主流煙は吸う時に800℃もの高温になるため、有害物質も燃焼されて無毒化されやすいのですが、それに対してタバコの先から立ち上る副流煙は低温のため、煙の中に多くの有害物質が残り、それだけ危険性が高いのです。

たとえばタバコの3大有害物質である「ニコチン」「タール」「一酸化炭素」の量を見ると主流煙を1とすると副流煙ではニコチンが2.8倍、タールが3.4倍、そして一酸化炭素が4.7倍も多く含まれるのです。

このように副流煙は有害物質を多く含むので、タバコを吸っている人よりもタバコを吸わない近くの人にどれだけの健康リスクを与えているのか、考えただけでもゾッとします。

禁煙してもまわりの喫煙でCOPDや咳喘息などが悪化する

副流煙の怖さというのは、禁煙しても周りの喫煙によってCOPDや咳喘息などが悪化するということです。自分は禁煙できたから、もうCOPDや咳喘息、ガンの心配はないと安心はしていられません。とにかくタバコの煙に近づかないことが最善策です。

自分の喫煙がまわりのCOPDや咳喘息を生んでいるかもしれない

副流煙の怖さを知ったら「自己責任でタバコを吸っている」などと胸を張って言えなくなります。自分の体ですから、タバコを吸って健康を害するのは勝手ですが、身近にいる人々を巻き込んでいるという自覚を持ちましょう。

特に副流煙は、呼吸と一緒に吸い込むため肺の奥深くまで入りやすく、タバコを吸わない女性の肺腺がんの37%は夫からの受動喫煙を避ければ防ぐことができるともいわれています。

また幼い子供は、呼吸器系の力も弱く、タバコの副流煙によって、気管支炎や咳喘息を引き起こす可能性が高くなります。もしかすると自分の喫煙がまわりの人々にCOPDや咳喘息を生んでいるかもしれないという想像力も大切なことです。

タバコを吸っている人に知ってほしいメリットとデメリット

メリット

タバコは「百害あって一利なし」とよく言われますが、それではどうしてタバコを吸う人がいまでもたくさんいるのでしょう。健康と天秤にかけてもメリットがあるからではないでしょうか。

タバコを吸っている人にとってメリットとは、リラックスできるということです。ひと仕事終えたあとに緊張をほぐしたり、逆にやる気を起こしたりします。これはニコチンの影響でアドレナリンが分泌されるためだと考えられます。アドレナリンの分泌は食欲を抑える効果もあるので、禁煙をすると「太る」といわれる所以です。

タバコは眠気覚ましにも効果があります。目覚めにタバコを一服吸うというのは、この作用を利用して脳を覚醒させるものです。

タバコはストレス解消にも効果があると考えられています。またコミュニケーションツールとしてもメリットがあります。分煙が進んだために、職場でも喫煙スペースに喫煙組が集まってきます。いつも同じメンバーが集まってくるので自然と顔見知りになったり、会話が進んだりしたり、一種の仲間意識が生まれます。

デメリット

タバコのデメリットは数え上げたらきりがありません。中でも深刻なのが健康被害です。肺がんの原因の9割はタバコが関係していますし、COPDや咳喘息などもタバコが症状を深刻化させます。ニコチンは血管を委縮させ血圧を上げる働きがあるので、動脈硬化などの生活習慣病を引き起こすリスクもあります。

お肌のためにもよくありません。タバコに含まれるニコチンには血流を妨げる作用があります、血行が悪くなることで、体全体に酸素や栄養素が十分に行き渡らなくなってしまいます。そのため新陳代謝が悪化し、皮膚が劣化しやすく肌が荒れたり、シミやたるみができやすくなります。さらにお肌を健康に保つビタミンCが大量に消費されてしまうため、コラーゲンの生成力も失われてしまいます。

その他にも、タバコの臭いが洋服についたり、体の中から染みだして体臭が臭くなりますし、歯にヤニが付いていくらこまめに歯のケアをしても茶色くなってしまいます。せっかくおしゃれをしても、これでは台無しです。

経済的にも負担になるでしょう。1箱420円だとして年間吸った場合、13万4千円の出費になります。これが10年間なら何と134万円。軽自動車ならラクラク買えてしまう金額です。今後はタバコにかかる税金が増税されますから経済的負担はますます増えるはずです。

禁煙・分煙も進み、ほとんどの公共施設や公共の交通機関では完全な禁煙になっています。喫煙者にとっては肩身が狭くなってきています。男性からも「タバコを吸う女性はちょっと」と敬遠される傾向が強くなってきています。またタバコを吸う男性を「かっこいい」と思うのは、もうひと昔前の話です。

まとめ

タバコを吸っている人で最近「咳が気になる」という人は、とりあえずタバコを止めてみましょう。すると1週間もすると呼吸が楽になるのを感じると思います。さらに禁煙すると、今まで感じていたのどの不調や息苦しさなどが嘘のようになくなります。それだけタバコの害は深刻ということです。

タバコを吸っている人に「タバコを止めたら?」とアドバイスをすると「自分の体だから放っておいてくれ」という人がいますが、ちょっと待ってください。タバコは吸っている本人以上に副流煙によってまわりの人に健康被害を与えているのです。こうなると、もう嗜好品ではすまされません。

タバコにはこれほどのさまざまなデメリットがあることを、頭ではわかっていてもどうしても止められないという人はたくさんいます。自分で止められないという人は禁煙外来を利用してみてはいかがでしょう。一日も早くタバコの呪縛から解放されましょう。