疲れたと感じる瞬間っていつだろう?ストレスチェック方法と解消法

疲れたと感じる瞬間はさまざまな場面で訪れます。疲れを自分の中に溜めこむことで「体調が優れない」「気分が上がらない」などの原因です。そうならないように自分のストレスチェックをして、気分転換やストレス解消をしっかりと行いましょう。おすすめの解消法を紹介します。

「疲れた」と感じることありませんか?

疲れを感じない人はいない…

「疲れた」と感じたことはありますか?生活をする中で疲れを感じる瞬間はたくさんあります。疲れを感じない人はいないといっても過言ではないのです。疲れと言っても人によって感じ方は異なります。一層懸命に仕事を行うことで「身体の疲れ」を感じます。また、自分に嫌なことがあると「心の疲れ」を感じるのです。どちらの疲れでもそのままにしていていいわけではないです。

自分の身体や心に過剰な負担が掛かることで「肉体面」や「精神面」に支障をきたす恐れがあります。多くの人がどんな場面で疲れを感じているのかを知った上で、自分が感じている「疲れた」を少しでも軽減出来るように努力をしましょう。疲れを軽減させたりストレスを解消させるためには方法を知っておく必要があります。

「何かがおかしい」と感じる前に、適切な方法で疲れを取り除きましょう。疲れたと感じる瞬間が多い人はこれを参考にしてみてください。疲れを感じることはおかしいことではありません。感じた疲れをいかに軽減させるのかが大切なのです。自分が抱えているストレスがどの程度のものなのかをチェックしてみましょう。

疲れたと感じる時は?

仕事に

大人になれば毎日のように仕事をします。この時に、多くの人は仕事に対して「疲れた」と感じます。仕事は自分の娯楽ではありません。多くの人は「生活をするために」仕事をしています。毎日自分が楽しいと思えない作業をすることで、頻繁に疲れを感じるのです。人によっては、仕事で疲れたと感じることで「休みたい」「辞めたい」などのマイナスな感情が芽生えます。

また、肉体を使う仕事をしている人もいます。毎朝早くに起きて全身を使った作業をすることで肉体的な疲れを感じます。どんな仕事であっても、毎日のように一生懸命に仕事をすれば疲れを感じるのです。仕事で疲れを感じることはおかしいことではないです。多くの人は感じる「疲れた」の瞬間だといっても過言ではありません。

仕事で頻繁に疲れたと感じることで「退職」や「転職」を考える人も少なくないです。仕事で過剰な疲れを感じている時には、自分がどうするべきなのかをしっかりと考える必要があります。

人間関係に

疲れたと感じる時として「人間関係」が挙げられます。他人と関わりを持つことで「相手に嫌な思いをさせていないかな」「自分は嫌われていないかな」などさまざまな不安を抱えます。しかし、生きていく中では「人と全く関わりを持たない」ことは難しいです。人間関係に何らかの不安や不満を抱えることで、過剰なストレスを感じます。

人間は皆違った特徴があります。そのため全ての人といい人間関係が築けるわけではないのです。自分が苦手だと感じる人と頻繁に関わりを持つことで結果的に「疲れた」と感じます。「周りの人と馴染めない」「自分だけ仲間はずれにされている」などの状況でも人間関係に疲れを感じます。社会の中で他人と関わりを持っている以上、人間関係の疲れたは避けられない問題です。

就活や転職活動に

就職活動や転職活動を行うことで「疲れた」を感じることもあります。全ての人が自分の希望通りの会社にスムーズに入社出来るわけではありません。人によっては「希望通りの会社が見つからない」「書類選考の段階で何度も落とされる」「面接で何度も落とされる」「そもそも自分に合った職業が分らない」などの状況に陥ることがあります。

多くの人は、この状況になることで「就職活動に疲れた」と感じます。就職活動や転職活動をすることで、多くの人が焦りを感じます。また、周りの人と自分の状況を比較することもあります。就職活動や転職活動で疲れたと感じた時には「一旦冷静になる」ことも大切です。気持ちだけが焦っている状態に、精神的な疲れを感じます。この状態では自分の力が発揮できません。

恋愛に

疲れたと思う時の中には「恋愛」が挙げられます。恋愛に疲れたと感じる人は少なくないです。恋愛は一人では出来ません。相手がいて初めて恋愛が成立するのです。また、恋人になる為にはお互いが想いを寄せあう必要があります。これは簡単そうに見えて意外と難しいことです。長期間片思いの状態で「自分の恋愛は叶わない」と思うことで疲れを感じることもあります。

また、「恋人と良い関係が築けない」「自分の思い通りにならない」など恋人がいたとして恋愛に対して「疲れた」と感じる瞬間はたくさんあります。「恋愛=楽しい・幸せなもの」と考える人もいます。しかし、実際になプラスな面だけではなくマイナスな面もたくさんあります。恋愛で自分がマイナスな状況に直面することで、多くの人が疲れを感じるのです。

結婚生活に

「この人と一緒に居たら不幸になる」と思うような相手とは結婚をしません。結婚を決断する時には「幸せ」を想像しています。しかし、恋人関係の時には関係が上手くいっていたのに結婚をして夫婦になった相手の嫌な部分にしか目がいかない人もいます。また、結婚に対しての理想が大きくなることで「理想」と「現実」の差に嫌気を感じます。

これが原因で、「ずっと一緒にいる」と決めた相手に対して疲れたと感じることもあります。また、パートナーに嫌気がさすことで結婚生活自体に疲れたと感じるようになることも考えられます。結婚生活で感じる疲れを解消できないと、最悪の場合「離婚」を決意します。そのため、何故結婚生活に疲れを感じているのかを知って、二人で状況を改善する必要があります。

人生に

何をやってもうまくいかないと感じることもあります。また、自分を他人と比べて「自分はちっぽけな人間だ」を思うことは少なくないです。自分を完全に否定したり、何をしても前向きな考えになれないことが原因で「人生に疲れた」と感じるのです。何かしらの負担を抱えることで、自分が置かれている状況から抜け出したいと考えます。

人生で疲れたと感じる原因としては「パートナーとの関係性」「仕事」「人間関係」などさまざまなものが挙げられます。人生で疲れたと感じることが多い時には注意が必要です。これが原因で「消えたい」「生きる意味が分からない」と考えます。その結果、最悪の場合には自分で命を絶つ選択をする人もいるのです。そうならないように適切な対処をする必要があります。

ストレスチェック

自己診断

ストレスを過剰に抱え込むことで、精神的や肉体的にさまざまな悪影響を及ぼす可能性が考えられます。また、自分では「ストレスを感じていない」と思っていても必要以上にストレスを感じていることもあります。自分の中にどのくらいのストレスが蓄積しているのかを簡単にチェックしてみましょう。自分に当てはまる項目を探してみてください。

・忙しい毎日が続いている
・しっかり寝ているのに満足な睡眠が出来ない
・いきなり食欲が変化した
・1日中憂鬱になることがある
・ 外出することにめんどくささを感じる
・ 趣味を楽しめない
・ 常にだるさや肩こりを感じる
・緊張感じるような出来事が多い
・最近大きな生活のイベントがあった
・自分の心の中に秘めている想いを話す機会が少ない
・物事に対しての強いこだわりがある
・周りの人に気を遣って過剰に自分の評価を気にする
・物事をマイナスに考えやすい
・自分に対する不満が多い
・人や物事に苛立つことが多い
・気持ちが焦って落ち着けない

ストレスチェックの方法として、このさまざまな項目にたくさん当てはまっていれば「過剰なストレスを抱えている」と判断できます。状況は時間が経つと変わるので定期的にストレスチェックを自己診断しましょう。

ご家族から見た診断

家族が過剰なストレスを抱えていないか不安を感じることもあります。また、小さな子供は自分でストレスを感じているのか判断することが出来ません。簡単にできる家族から見たストレスチェックをしてみましょう。大切な家族がどんな様子なのかを把握する必要があります。

・朝に起こしてもなかなか起きない
・部屋や身の回りにものが散乱している
・家族の事を読んでも返事が返ってこない
・自分の部屋に籠って1人になりたがる
・言葉遣いが乱暴に感じることが多くなった
・夜中に突然叫んだり飛び起きたりしている
・忘れ物が多くなった
・軽く注意をするとカッとなって口答えをしてくる
・話かけられることを避けるようになった
・自分の話をしなくなった
・休みの日に外に出かけることが少なくなった
・普段から落ち着かない様子である

この項目にたくさん当てはまると感じた時にはストレスを過剰に抱えている可能性があります。家族から見てストレスを過剰に抱えていると思った時には、なるべく落ち着ける環境を整えてあげることが大切です。

肉体的に疲れている時の解消法

ビタミンBやアミノ酸が豊富な食事

肉体的な疲れを感じていると思った時には、疲労回復効果のある食事を心掛けましょう。疲労回復効果のある栄養素として「ビタミンB」や「アミノ酸」が挙げられます。この栄養素を多く含む食材を積極的に活用して、バランスの良い食事を行うようにしてください。

豚肉などに多く含まれる「ビタミンB群」には疲労回復効果があります。また、ビタミンBにはストレスを軽減させて精神的な疲れを軽減させる効果もあるのです。ビタミンは食事から摂取することが大切です。しかし、どうしても食事から摂取できない時には「サプリメント」を活用してください。ただ、ビタミンB群が豊富だからといって過剰に豚肉を摂取するのは控えましょう。

人間の身体は基本的にタンパク質で出来ています。そのため、ただや筋肉を作る上では欠かせないアミノ酸を積極的に摂取しましょう。「アミノ酸=サプリメント」と考える人もいます。実際には肉類や魚介類、乳製品に多く含まれています。主食のご飯や小麦などにも含まれています。おすすめは毎日しっかりとご飯と味噌汁を食べることです。

マッサージで筋肉のコリをほぐす

肉体的な疲れを感じている時には、疲れている部分をしっかりとマッサージしてあげましょう。疲れを感じている部分はコリが生じています。これを改善してあげないといつまでも疲れを改善することは難しいです。マッサージを行う時には「身体を温める」ことが大切です。全身の血行を良くしてからマッサージを行うことで、疲れをよりしっかりと取り除くことが出来ます。

毎日湯船にしっかりと浸かった後にマッサージをしてみてください。マッサージを行うことで身体がリラックスします。寝る前にマッサージをするとリラックス効果によって、質の良い睡眠が取れるようになるのです。肉体的な疲れはそのままにせずにしっかりとコリをほぐすことが大切です。

良い睡眠をとる

どれだけたくさんの睡眠を取っても、肉体的な疲れが次の日にとれていないと感じる人もいます。これは、質の良い睡眠が取れていない証拠です。身体の疲れを取り除くためには「質の良い睡眠」が欠かせません。なるべく質の良い睡眠が取れるように意識をしましょう。質の良い睡眠を取る為には以下の事が大切です。

・寝る前に身体を温めてリラックスした状態になる
・寝る前にテレビを見たり携帯やパソコンを見ない
・なるべく早く布団に入る
・寝る直前まで電気をつけて明るい環境にしない

心が疲れてしまった時の解消法

一人の時間を作る

心が疲れた時には、わざわざ人と接する必要はありません。人と接することで人間関係に対しての心の疲れを感じる可能性が考えられます。心が疲れていると感じた時には「なるべく人と接しないようにする」ことも大切です。人と関わりを持つことで、自分が知らない情報を得ることが出来ます。しかし、心が疲れている時に得る情報は「良い情報」「悪い情報」の判断が出来ません。

これが原因で心が疲れている時に人と関わることで、更に自分の心が乱れやすい状況になると判断できます。一喜一憂していれば更に心の疲れを感じるといっても過言ではありません。これの対処としては「一人の時間」が大切です。自分から「人と関わりを持ちたい」と思えるまでは一人でゆっくりと過ごす時間を作るようにしてみてください。

美味しいご飯を食べる

人間は美味しいものを食べると幸せな気分を味わえます。心が疲れたと感じる時には、積極的に美味しいものを食べるようにしましょう。そうすることで、人間の三大欲求の一つである「食欲」を満たすことが出来ます。自分が美味しいを感じるものであればどんなものでも構いません。ただ、この時には「偏った食事」にならないように注意をしましょう。

心が疲れている時には、頭が疲れている状態です。そのため、疲れを取り除く為に甘いものを食べることでも効果を得ることが出来ます。糖分を摂取することで脳の疲れを改善できます。ケーキやチョコレートなどを自分へのご褒美として用意してあげましょう。この時には、ゆっくりと座って美味しい食事を堪能することが大切です。

しっかり眠る

精神面に疲れを感じることで、肉体面の疲れを感じるようになる傾向があります。そのため、心が疲れている時に無理をすると体調を壊す可能性があるのです。この状態では体調不良によって更に心の疲れが増えます。悪循環にならないようにしっかりと睡眠を取りましょう。身体がスッキリとしていない状態では心をスッキリとさせることは出来ません。

心と体は繋がっています。そのため、心が疲れている時には「無理をしない」事を心掛ける必要があります。心が疲れた時には「心の疲れの改善」の前に「身体の疲れの改善」を優先してください。肉体的に回復をすると、徐々にストレスに対する抵抗力が持てます。最低でも一日7.8時間程度睡眠が取れる時間を確保してください。

運動をする

心が疲れたと感じた時には、積極的に運動をしましょう。運動は精神的な疲れに効果的です。運動といってもさまざまなものがあります。その中でおすすめなのが「一定のリズムを繰り返し行う」運動です。一定のリズムで運動することで、精神を安定させる「セロトニン」が分泌されます。一定のリズムを繰り返し行う運動として「ランニング」「ストレッチ」が挙げられます。

このような運動を日常生活の中に取り入れるようにしましょう。運動はストレス発散に効果的ですそれだけではなく、乱れている精神面を安定させることが出来ます。中には運動が苦手だという人もいます。嫌々運動をすることで、それが自分の負担です。そうならないように自分のペースで楽しみながら運動をすることが大切です。

音楽を聴く

普段何気なく音楽を聴いている人も多いです。音楽には人間の気分を奮い立たせる効果があります。また、反対に気持ちを落ち着かせてリラックス効果を得ることも出来ます。自分の心が疲れている時に無理に明るい音楽を聴く必要はありません。無理をして明るい気持ちになろうとしても、自分を余計に追い込むだけです。この時には落ちついた音楽を聴きましょう。

自分の気分にあった音楽を聞いて、気持ちを楽にします。気持ちが楽になったと感じたら徐々に明るめの音楽を聴くようにすることが大切です。この時には、自分が音楽の世界に入り込めるように周りの音をシャットダウンしましょう。そのためにはヘッドフォンなどを活用する必要があります。自分の世界に入って余計な事を考えないようにしてください。

キレイな色に触れてみる

心が疲れたと感じた時には、キレイな色に触れるようにしてください。これは自分がキレイだと感じる色やデザインの事ではありません。芸術性のある多くの人から認められている美しさがある「形」や「色」を眺めるのです。自分が好きな写真やキャラクターがあるという人もいます。しかし、心が疲れている時にそれを見ても癒されないことも考えられます。

この時には、自分が知らない世界にある美しいものを見るのです。美しいものに触れることで気分転換を行うことが出来ます。どんなものでも構いません。スタイリッシュな家具や照明を見ているだけで気持ちが楽になることもあります。また、世界の風景写真などを積極的に見るようにしてもいいです。自分の知らないキレイな色に目を向けていきましょう。

自然や動物に触れてみる

普段自然や動物と触れ合っている人は少ないです。花が目の前にあっても水やりをするだけで、手に触れてみようと考えることがないのです。心の疲れを感じた時には、自然や動物に触れ合うことが大切です。ペットがいてもいつも一緒に居ることが当たり前だと感じる人もいます。心が疲れていると「当たり前」が見えなくなるのです。

「当たり前」だと感じているものは自分にとって大切な存在です。当たり前にある近所に草花や身近にいる動物にと積極的に触れ合うようにしましょう。当たり前を幸せなものだと感じるようになることで、自分の心を軽くすることが出来るのです。どんなことに対しても「当たり前」という意識を持ってはいけません。目で見たものに触れて肌で感じることが大切です。

カメラを持って散歩に出てみる

心が疲れた時には、積極的に散歩に出かけましょう。この時には周りの景色を見ながら楽しんで散歩をすることが大切です。身体を動かすことでストレスを発散させることが出来ます。激しい運動をすると肉体的な疲れを感じて逆効果になる可能性が考えられます。しかし、散歩程度であれば気軽に軽い運動を楽しむことが出来ます。

この時には、ただ歩くのではなくカメラを持参して景色や気になったものを撮影しましょう。カメラを持つことで、自然に周りのものに目が行きます。そのため、より景色を楽しみながら散歩が出来るのです。また、普段何気なく歩いている場所で新たな発見が出来ることもあります。時間を掛けて自然を身体で感じながら楽しい散歩を行ってみてください。

不安や不満、愚痴を書き出してみる

心が疲れているということは、自分にとってマイナスになるような感情を抱えていると判断することが出来ます。マイナスな気持ちを抱えている状態では、自分の気持ちを楽にすることは難しいです。気持ちが疲れている原因を知ることも必要です。この時には、自分としっかりと向き合って抱えている不満や不安、愚痴などを全て吐き出すことが大切です。

抱えているものを全て紙に書きだしましょう。文字にすることで自分が抱えているものを明確に出来ます。また、人間は抱えているものを外に吐き出すことで気持ちを楽にすることが出来ます。この方法を応用して、自分が信頼できる人に話を聞いてもらってもいいです。また、紙に抱えているものを書きだした後にはこれを消し去るようにビリビリに破いて捨ててみてください。

やってみたいことを書き出してみる

心が疲れたと感じた時には、自分が落ち着ける環境を作ることが大切です。落ち着きのある空間の中で、自分と向き合いましょう。この時に、自分が興味関心を持っているものを紙に書きだします。ただ、頭の中で考えるだけではなく、紙に書きだすことで、自分がやりたいことを明確にすることが出来ます。今やりたいと思っていることであればどんなことでもいいです。

「たくさん寝たい」「旅行に行きたい」「おしゃれがしたい」など人によってやりたいことは異なります。やりたいことを書き出したら「実際に実現できるもの」から実行していくことが大切です。一つ一つ実行していくことで、自分の欲求を満たして心を軽くすることが出来ます。また、これは自分が抱えている気持ちを整理するものでもあります。

人と比べるのをやめる

自分の心が疲れた状態になることで、多くの人は周りの人と自分を比較します。この時に「あの人は幸せそうなのに」「あの人はとても魅力的なのに」などと周りの人に対して「羨ましい」という気持ちを持つのです。その結果「自分がダメな人間だ」「自分が不幸だ」などをマイナスな考えが芽生えます。この気持ちを抱えている状態で心の疲れを取り除くことは出来ません。

人それぞれ違った悩みを抱えています。また、自分は羨ましいと感じている人にも悩みがある事を忘れないでください。自分と他人を比較してもプラスになることはないといっても過言ではありません。「自分は自分」「他人は他人」という考えを持ちましょう。人と比べても、自分の心を楽にできるわけではないのです。むしろを状況はどんどん悪化します。

自分を肯定する

心が疲れたと感じる時には「自分にとってマイナスな出来事が起こっている」と判断できます。自分が幸せを感じている時には「心が疲れた」と感じることはないのです。大切な人が落ち込んでいる時に、励ましてあげる人は多いです。これは、その人の事を無意識のうちに「肯定してあげよう」という気持ちが芽生えるからです。

自分の事を否定していては辛い状況から抜け出すことは難しいです。まずは自分の事を肯定してあげましょう。自分の心を守ることが大切です。辛い状況から逃げることはいけないことではないです。自分を苦しめているものを遠ざけて「自分は頑張った」「この選択肢が最善だった」と思うようにしてください。これを行うだけでも自分の心を軽くすることが出来ます。

専門家の力を借りることも大切

ホットライン

肉体的な疲れは、休息を取ることで自分で解消することが出来ます。心の疲れを自分だけで取り除くことは難しいです。自分一人で解決しようとすることで結果的に更に自分の負担になる可能性が考えられます。「自分ではどうにもできない」と感じた時には、人に力を借りることが大切です。自分の悩みを周りの人に話すことに抵抗を感じている人もいます。

この時には専門家の力を借りましょう。直接相談に行く必要はありません。近年では無料の電話相談などもたくさんあります。無料相談であれば自分の情報を伝える必要や顔を見られる心配もありません。疲れを改善させるためには、抱えているものを解決する必要があるのです。また、ホットラインを活用すれば「疲れた」と感じた時にいつでも話を聞いてもらえます。

ホットラインの多くは24時間365日営業しています。また内容も「疲れた」と感じることであればどんなことでもいいです。「仕事」「人間関係」「家族関係」「人生」などの疲れを感じている時には気軽に相談をしましょう。「こんな悩み」と自分が抱えているものを小さいものだと思う必要はないです。些細なことがきっかけで大きな疲れになることもあります。

そうならないように、なるべく早い段階でホットラインで相談をしてみてください。専門家の人が電話対応をしてくれるので、自分の気持ちを楽にするきっかけを一緒に探してもらうことができます。また、電話での対応なので周りの人に相談している事を知られる心配はありません。

専門医

心が疲れたと感じたままでいると、状況がどんどん悪化して精神的な病気を引き起こす可能性が考えられます。しかし、多くの人は自分に精神的な病がある事を認めたくないと感じます。その結果症状がどんどん悪化します。そうならないように「疲れた」「いつもと様子がおかしい」と異変を感じた時にはすぐに専門医の力を借りましょう。

専門医の力を借りる方法として「心療内科」「メンタルヘルス科」「精神科」で相談をする方法が挙げられます。医師の力を借りることは恥ずかしいことではありません。抱えているものをそのままにして、自分の中に過剰な負担を抱えていることの方が問題です。「自分が大丈夫」と考えるのではなく、専門医の力を借りることを視野に入れてみてください。

専門医に相談をすることで、適切な治療を行って自分の気持ちを楽にすることが出来ます。また、多くの人は専門医の力を借りることに抵抗を感じています。そのため、周りの人の様子がおかしいと感じた時には、背中を押してあげることも大切です。精神的な症状悪化することで身体にさまざまな症状が現れることもあります。

まとめ

誰にでも疲れを感じる瞬間はある!疲れをしっかりと取り除こう!

このように、多くの人がさまざまな場面で、肉体的な疲れや精神的な疲れを感じています。疲れは自分を辛い状況に追い込むものです。疲れたと感じた時には、原因を把握した上で適切な解消方法を行うようにしてください。気分転換をして気持ちを楽にしてあげることが大切です。ストレスや疲れをそのまま自分の中に閉じ込めていても何もいいことはありません。

また、人によっては自分がストレスや疲れを抱えていることに気が付けていない人もいます。この時には、定期的に自分のストレスチェックを行うことが大切です。また、ストレスは誰でも抱えることがあります。自分だけではなく、周りの人は疲れていないのかを気にしてあげられるといいです。疲れを感じた時には、一人で抱え込むのではなく周りの人に助けを求めましょう。