「人生に疲れた…もう消えたい」と思ったら!今すぐできる、心が安らぐ対処法とは?

仕事もプライベートも、もうイヤ。「疲れた消えたい・・」「人生に疲れた」そう感じている人は、いまどれくらいいるのでしょう。心もからだも完全に疲れ切ってしまったら、今すぐにでも、心が安らぐ対処法をしてあげましょう。もう無理しなくても大丈夫ですよ。

人生に疲れた消えたい…。つらい

「人生に疲れた消えたい・・」そうつぶやき、ひとりで部屋に横たわっているひとが、いま世界中にどれくらいいるのでしょうか。年々増加していると言われている、心の病。これは決して他人事ではなく、ひょっとしたらある日突然、そんな気持ちに悩まされるなんてこともありえます。

いま現在、そんな悩みを抱えている人は、本当に何も考えたくないくらい疲れ切っているのでしょうね。どれだけつらくて、どれだけ悲しくて、どれだけやり切れない思いをしてきたのか、周りにはとうてい想像もできないほどの思い。

何があったのか、それすら相談する気力も残っていない。これは本当に、痛ましいくらいの「心の叫び」と言えるでしょう。「疲れた消えたい」そんな気持ちが、いまも疲れきった体を侵略しているのなら、できるだけ早く安らぎの時間を見つけなければ、ますますつらくて仕方がないですよね。

人生に疲れた消えたい、何がそうさせるのか

人知れず、心に闇を抱えてしまっている人の多くは、「人生に疲れた消えたい」と、本当に小さく消えそうな声でつぶやくそうです。その姿を想像しただけでも、どんなに痛ましいほどつらかったのか、うかがい知ることができますよね。

今まで、誰に相談することもできず、ひとりで悩んで抱えこんでしまう。それが、どんなにつらいことなのか、これは本人でなければわからない、深い深い闇なのでしょう。

「人生に疲れた消えたい」という言葉に隠された心の闇を抱えてしまうまでに、いったい何がそうさせたのか。これは、明らかに原因がわかっている場合と、まったく原因がわからなくてもそうなる場合と、2パターンに分かれるようです。原因がわかるならまだしも、原因がわからない場合は、もっと深刻な闇を抱えてしまっているのがうかがえます。

誰とも会いたくない。もう疲れた…消えたい…

数年前からよく耳にする「ひきこもり」に近い状態で、誰とも会いたくない、本当に消えてしまいたい、そんな状況に陥っていると、家族や親しい人さえも避けたくなります。部屋にこもったまま出てくることができない状況から、ひどくなってくると、布団をかぶったまま一日中すごしてしまう人も多いようです。

これは、単純に疲れているからだけの問題ではなく、起き上がる気力もなければ何も考えたくないという心境になっているようです。こうなると、昼も夜もまったく関係なく、ずっと何日も布団の中で過ごすような、完全に外の世界をシャットダウンしてしまった生活を送りがちになります。

「人生に疲れた消えたい」からの脱出は、本人にとっては、とてもハードルが高くなっていることがうかがいしれます。どんなにつらいのか、本当に心が痛みます。

周りは必死。「なんとかしよう」が余計つらい

家族や親しい友人は、そんな状況を見るに見かねて、必死の思いで「なんとかしよう」と手を差し伸べようとしますよね。しかし、つらい本人にしてみれば、心配してもらえば心配してもらうほど、余計に追い詰められる気持ちになるようです。いわゆるプレッシャーですね。

周りにはそんなつもりはなく、心配で良かれと思ってサポートするのですが、これは逆効果。じつは、「なんとかしたい」のは本人であって、それができないから余計につらくて仕方がないのです。

「なんとかしよう」が、「なんとかしなければ」というプレッシャーになり、心身ともに疲れ切っているひとにしてみれば、苦痛以外の何ものでもなかったりします。できれば、「そっとしておいて欲しい」これが正直な気持ちかもしれませんよね。

何もしたくない。もうどうでもいい…

何もしたくないと感じ始めると、さらに思考回路の動きも悪くなり、「もうどうでもいい」といった投げやりな気持ちがでてきます。心の病はとても複雑で、薬を飲めばスッキリするものでもないし、点滴をすれば元気になるものでもありません。だから、治療もとてもむずかしく、時間がかかってくるわけです。

かと言って、そのまま放置にしていて言いわけではありません。少しでも早く、改善方法を見つけなければ、「つらい」「疲れた消えたい」といった気持ちが安らぐことは難しくなってきます。

症状が比較的軽い場合なら、自分でなんとかコントロールはできるかもしれませんが、徐々に深刻になってくると、専門医のアドバイスや治療も必要になる可能性もでてきます。なかなか「心の病」で簡単に病院に向かう人はいないかもしれませんが、辛くて仕方がない場合は我慢はしないでください。専門医に相談するだけでも楽になる人もいます。

専門医と言っても、何科に行けば良いの?

「心の病」と聞いて、どこの科へ診察に行けばいいのか悩むひとも多いようですね。精神科・心療内科・神経科・カウンセリングなど、どこも同じような気もするし、違いがわからない・・。意外にもこういった疑問は多いようです。

精神科・神経科

心の病など精神的な病気を診察・治療

心療内科

ストレスなどからくる体の病気の診察・治療

神経科

からだが麻痺するなど神経の病気の診察・治療

カウンセリング

心の病などの相談をするところ

ちょっと間違えやすいかもしれませんが、どうしてもつらくて「疲れた消えたい」と思ってしまうなら、カウンセリングか精神科に行ってみると良いかもしれません。いずれにせよ、ひとりで悩んで抱えこまずに、専門医に「つらい」とだけ打ちあけてみると、それだけでもホッとして楽になる人もいます。

「疲れた消えたい」を改善できるのか

「疲れた消えたい」を繰り返し心のなかで感じてると、自分で思っているよりも、実はもっとつらい状況になっていることがあります。あまりにもつら過ぎて、藁にもすがる思いで専門医に相談に向かっても、自分に合うアドバイスや治療を受けることができず、「行かなければよかった・・」そんなふうに感じるひとも実際にいるようです。

確かに、必ずしも病院に行けば気持ちが落ち着くわけでもなく、「疲れた消えたい」というつらさは、なくなることもありませんね。「疲れた消えたい」と思うのは、自分を責めてしまったり、他人よりも劣っていると考えてしまったり、何か大きな心のショックを受けて傷ついてしまったり。

そんな心の痛みやストレスをつねに感じ続けているので、頭も心もゆっくりとリラックスして休むことができないのです。病院に行っても、薬を飲んでもダメなのは、ストレスで疲れ切っている心を頭をじゅうぶんリラックスさせ、安らぐことができないと、なかなか改善されなかったりします。

病院に行っても薬を飲んでもダメだった

そもそも、「疲れた消えたい」という深い心の闇を改善させる方法はあるのでしょうか。毎日つらくて仕方がないと感じている人にしてみたら、もはや藁にもすがる気持ちでしょう。理由もなく突然悲しくなって、涙があふれて止まらなくなったり、抱えきれないほど不安な気持ちに襲われたり。

そんな気持ちが心を支配しているだけで、どれだけつらいと思っているのか、周りからは本当に計り知れません。

ほんの少しでもいい、今の気持ちより少しだけ楽になれたら、そう思っているのなら、今からでもすぐできる簡単な改善法を試してみましょう。

疲れたからだは休めよう。無理しなくていい

疲れたなら休んでいいのです。消えたいと感じるなら、もっと楽になることをすればいいのです。誰かに「サボってる」と思われたって、「怠けている」と思われてもいいのです。あなたの心がリラックスできて、少しでも楽になれるように安らぐことが一番大切です。

周りの言葉にも、もう傷つかなくてもいいのです。誰がどんなひどい言葉を投げかけても、そんなことは今のあなたには必要ありません。ゆっくりと休んで、つまらないことは何も考えないのがどんなに楽か、もう一度思い出してみましょう。

自分を守れるのは自分しかいません。ですから、自分で自分を傷つけてしまっては可哀相です。つらい思いに悩まされて我慢して生きていくよりも、自分をもっと可愛がって誉めてあげることに気を向けてあげましょう。大事な大事な、自分のからだです。

実際にどうすればいいの?自分でできる?

簡単に「楽になれ」と言うけど、実際にどうすればいの?そう思ったら、まずは一生懸命に頑張ることをやめてしまいましょう。疲れているのに頑張るのは、本当につらいはず。消えたいと思っているのに、無理して一生懸命になるのは、もっとつらいはずです。

もう無理して頑張ることはやめましょう。つらくて仕方がない気持ちを解放するには、無理をしないことが効果的です。ゆっくりとできることから楽しめばいいのです。

例えば、日のあたる部屋でのんびりしながら、好きな音楽をずーっと聴くのも良いかもしれません。リラックスできるヒーリングミュージックを、飽きるほど聴いてそのまま寝ちゃっても気持ちがいいと思いませんか?自分が好きなことをやってみればいいのです。

静かに過ごす場所を探そう。自分だけの空間

ひとりになりたかったら、静かになれる場所で、ゆっくりとリラックスするものいいですよね。外に出るのが嫌ならば、家の中でリラックスできる場所を選べばいいですよ。例えば、お風呂でお気に入りの入浴剤やアロマオイルをつかって、じっくりと半身浴も気持ちがいいですね。

もし、お湯に長く浸かっていられなければ、バスルームの床にバスタオルを敷いて、そこで寝転んでみるのも気持ちがいいですね。ちょっと体が冷えてきたら、またお湯に浸かると、とっても心地いい温かさに包まれて本当にリラックスできますよ。

もし、バスルームで音楽が聴けるなら、そんなバスタイムも楽しいですね。何も考えず、物思いにふけるのもいいでしょうし、ついでにお肌のお手入れもできたら、ますます気持ちがいいかもしれませんよ。

自己暗示から心を解放しよう

「疲れた消えたい」と思う気持ちで、自分では気が付かないうちに、自己暗示にかかっていることがほとんど。自己暗示は、自らが心を解放することで、とても解き放たれた清々しい気持ちになれます。ひとりで静かになれる場所で、ゆっくりと心地いい時間を過ごすことで、「疲れた」という疲労感を改善させてあげましょう。

「消えたい」というつらい心の暗示を、心地いい時間を過ごすことで、何にも縛られない解き放たれた心の開放感を体験しましょう。いつまでもつらいままで過ごすことは、自分をもっと苦しめてしまうことに繋がります。

そんな苦しくてつらい思いには、もうそろそろ卒業してしまって、本当に心から安堵できる、頭がリラックスできる環境を取り戻してあげましょう。誰のためでもなく、自分だけのためにです。自分を、もっともっと大切にしてあげて、もっともっと愛してあげましょう。頑張らなくてもいいのですよ。

ゆっくり眠ろう。時間はたっぷりある

心もからだも疲れているときは、たっぷりと眠ることがとても効果的です。不安だったり心配だったりして、なかなか寝付けなくても、無理に薬を飲んでまで「眠ろう!」としなくても大丈夫。ホットミルクやホットココアでひと息ついて、疲れ切った心と体をゆっくりと温めてあげることで、ただ横になっただけでも落ち着く場合もあります。

お気に入りの毛布に、お気に入りのアロマなどをつけると、とっても気分がいいものです。何もまとわずに横になるのではなくて、ちゃんと毛布をかけて体を温めてあげることが大切です。

暗い部屋が苦手なら、ほんのりと灯りをつけたまま横になってもいいでしょう。水滴の音や、水がチョロヨロ流れるせせらぎの音などは、とてもリラックス効果があるとされています。もし手に入るようなら、耳元で水の音が聴けるCDなどを使うのもいいでしょう。インターネットでも無料視聴できるものもありますので、試してみると良いですよ。

つらかったね、大丈夫。自分を労わろう

「疲れた消えたい」と、ずっと思いながらつらかった自分に、今度は「つらかったよね、もう大丈夫だよ」と囁いてあげましょう。つらかった思いで自己暗示をかけてしまっていた心を、ゆっくりと解放させてリラックスさせるために、「つらかったよね、もう大丈夫」という言葉はとても安心します。

もうつらい自分とはサヨナラして、もっと楽な気持ちを取り戻せるよう、ゆっくりと時間をかけて労わってあげましょう。自分のからだ、本当はとっても大切ですよね。世界にひとつだけの、世界にたったひとりの自分です。

ゆっくりでいいのです。本当にゆっくり、ちょっと時間がかかってもいいのです。気持ちが楽になれる、安心する言葉で、もっともっと自分を大切にしてあげましょう。

「本当に今までつらかったよね、もう大丈夫」

まとめ

ストレスを抱えずに生きている人など、この世にはいないでしょう。でも、たいていの人はストレスをじょうずに解消させるコツを知っていても、一部の人は、なかなかそれができずに、ひとりでつらい気持ちを我慢してたりします。

でも、「もう我慢しなくても大丈夫なんだ」「心配いらないんだ」と考えられるような場所が、きっとあるはずです。

疲れたら休めばいいのです。決して無理することなく、疲れたからだを休めながら、ちょっとづつ気持ちが楽な方向にむかうよう心から願います。