結婚までの期間に悩んだことはありますか?長く付き合うことで結婚生活が上手くいくと考えている人もいます。しかし、実際には長く付き合うと結婚の可能性が低くなることもあります。多くの人に結婚までの期間を参考にして、どのくらいの期間で結婚するべきなのかを考えましょう。

結婚までの期間は長いほうがいいの?短いほうがいいの?

結婚までの期間が長いと結婚できない!?

f:id:ffgai:20170131053207j:plain

20代を過ぎると結婚適齢期に近づくことで、恋人との結婚を意識する人も多いです。この時に多くの人が「結婚までの期間はどのくらい?」という悩みを抱えます。結婚までの期間が短いことで「お互いの事を良く理解できていない」「付き合いが短いと結婚生活も上手くいかない」と考えます。そのため、結婚を意識していてもダラダラと恋人関係で過ごすのです。

結婚までの期間が長くなると「お互いの事を理解し合える」「一緒に居ることが当たり前になる」などのメリットがあります。しかし、これが原因で「相手の嫌な部分が目に付くようになる」「結婚のタイミングを逃してしまう」などのデメリットもあります。そのため、結婚までの期間が長ければいいという訳ではないのです。

では、結婚までの期間はどのくらいがベストなのでしょうか?大好きな相手との結婚のチャンスを逃さないように、しっかりと結婚までの期間を頭の中に入れておきましょう。20代や30代、40代の結婚までの期間を紹介します。多くの人たちの結婚までの期間を参考にして、自分たちに合った結婚までの期間を考えてください。

知りたい!みんなの結婚までの期間

結婚までの期間は世代によって大きく違う

恋人がいてその人と結婚を意識していたら私たちはどうなるんだろう、って気になりますよね。世代によって結婚にいたるまでの期間は大きく違うようなのです。そしてあるアンケートによると各世代を総合すると1年半~2年というデータもあります。だからといって平均にのることが幸せを約束するものではありません。パートナーとの関係、二人を取り巻く環境を大切にして結ばれるタイミングを見つけるのが一番です。

20代はまだまだ男性女性とも仕事を自分のものとしていくために時間が必要ですね。当然結婚を意識するにも時間がかかります。30代になると互いにキャリアも作れスムーズに結婚が考えられるようになります。経済的にも安定してくると思います。一方で女性は出産へのリミットを意識するでしょう。しかし男女とも仕事では責任のある立場になっても来ます。これが難しさを生む場合もあります。

40代になると子供を持つ、持たないなどのライフスタイルによっても変わってきます。経済的にも仕事の面でも十分に条件はそろっていると思います。あとはパートナーとしてのみ生きるのか、父親母親としての人生も望むのかで結婚のタイミングは大きく変わってくるからです。

世代ごとではこのように結婚への環境の違いがありますが、すべての世代に通じて情熱とタイミングのバランスが大切です。恋や情熱は長続きしないなどといいます。けれど結婚してからの長い長い生活のあいだには様々な出来事があります。価値観の違いなどからぶつかることもあるでしょう。そうしたことを二人で乗り越えるためにも、「私たちにはあの時間があった。愛情と情熱があった」と思えるような交際期間をすごしてください。

20代に多い結婚までの期間って!?

20代の結婚までの期間で最も多いのは「3年以内」

20代の結婚までの期間で最も多いのは「3年以内」です。20代の男女への付き合い始めてからどのくらいの期間で婚約をしたのかというアンケートでは、3年以内と回答した人は全体の約36.6%です。結婚までの期間として、3年目を一つの区切りにするカップルは少なくないです。これは、20代であればまだ結婚するチャンスがあるという余裕も1つの理由です。

恋人との関係を長期間にわたってじっくりと考える人が多いのです。また20代は比較的自分の仕事に慣れていないなどの事情もあります。そのため結婚を意識して交際を続けていても、なかなか結婚の踏み切れないカップルも少なくないです。その結果どこかでけじめをつけようとしないとダラダラ恋人関係が続く可能性もあるので注意をしてください。

20代の結婚までの期間で次の多いのが「1年以内」

20代の結婚までの期間で3年以内に続いて多いのは「1年以内」です。結婚までの期間が1年以内であったカップルは全体の約24.2%です。日本には春夏秋冬があります。この全てを一緒に過ごすことで、これから先も一緒に過ごしていけると考える人が多いのも理由です。また、20代の多くの人は1年程度付き合えば相手の事をある程度理解できると考えています。

20代の結婚願望がある女性は「今の彼に結婚願望があるのか」という悩みを抱えます。また出産までの年齢などを考慮することで「なるべく早く結婚したい」と考えるのです。このような理由によって女性から彼に結婚を切り出すケースも少なくないです。20代の多くの人が1年以内での結婚を理想としていることで、この期間を1つの目安として考えます。

20代の結婚までの期間で3番目に多いのが「半年以内」

20代の結婚までの期間で3番目に多いのが「半年以内」です。付き合ってから半年以内に結婚をしたカップルは約14.8%です。半年以内での結婚はスピード結婚と言われていますが、意外とスピード結婚をしているカップルが多いと判断できます。近年ではスピード結婚をするカップルが増えています。これは「結婚はタイミング」だと考えることが理由です。

また、中には半年程度一緒に居ればなんとなくその人との結婚生活が予測できると考えている人もいます。結婚までの期間が1年未満だったカップルと合わせると約4割程度の人が1年以内に結婚をしていると考えられます。「付き合った期間が長い=結婚」と考えている20代は比較的少ないのです。半年以内での結婚の場合には、付き合う前から結婚を意識していた人が多いです。

結婚までの期間は30代は1年以内!1年以内に結婚する人が増えている理由

ある程度自分に合う人がわかっている

30代になると、過去の恋愛で失恋をしたり自分に合わない人と付き合って傷ついた経験がある人が多いです。そのため、ある程度自分に合う人がどんな人なのかを知っています。付き合っていても「この人となら結婚しても大丈夫」という意識をもっているのです。また、好きになったからといって周りが見えなくなることがないのも30代の特徴です。

そのため、自分に合う相手に出逢えば付き合ってから結婚までの期間が短かかったとして結婚に踏み切ります。そのため比較的落ちつきのある交際が出来ている30代のカップルには長い交際期間は必要ないのです。付き合い始めから結婚を意識しているので、30代の結婚までの期間は1年以内が多いのです。

長い期間付き合うことのリスクを知ってる

人間の恋愛感情は3年しか続かないという説もあります。交際期間が長くなることで付き合ったばかりの頃のような情熱的な感情が薄れます。また、これが原因で徐々に相手のことを求めなくなる可能性も十分に考えられます。相手の対しての気持ちが薄れることで破局をする危険性も高まります。30代はこれをしっかりと理解しているのです。

そのため、20代の結婚までの期間とは違い「長い時間一緒に居てお互いの事を最大限に理解する」という考えが少ないです。その結果、30代の結婚までの期間は比較的短くなります。付き合い始めた頃のような情熱的な感情が薄れないうちに結婚に踏み切るのです。また、付き合っている時にも10代や20代のように「ドキドキ感」をそれほど重視しません。

一緒に居て心地の良い相手を選ぶことで、よりこの人を人生のパートナーにしたいという気持ちが高まります。これが30代の結婚までの期間が短くなる理由です。わざわざ長い期間付き合っていることにメリットを感じないのです。

相手に求めるものが大きく変わってくる

異性に求めるものは年齢によって変わります。今まで刺激を求めていた人も年齢を重ねることで「落ち着き」や「心地の良さ」を求めるようになるのです。30代になると比較的この傾向が強くなります。そのため、恋をしていつもソワソワした状態になることを嫌います。自分の好きな人と家族になって安定や安心を手に入れたいと考えるのです。

この考えを持つことで、楽しくてドキドキするような不安定な恋愛を嫌います。そのため始めから落ち着いた関係の為、結婚までの期間も比較的短いのです。恋を求める男女の関係を卒業して、安定性のある愛を求める精神性の高い恋愛が好まれます。

すぐに結婚出来る体制になっている

30代になると社会に出てからもある程度時間が経っているため、比較的安定した収入を得ている可能性が高いのです。また、多くの人が「結婚をする」「結婚をしない」に関係なく貯蓄をしています。そのため、好きな人といつでも結婚できるような環境でると判断できます。結婚するためには、ある程度の費用が必要なのです。結婚式や新婚旅行、新居などに費用が掛かります。

また、女性は30代を過ぎると年齢と共に結婚できる可能性も少なくなります。そのためこれを理解した上で30代後半になると結婚に対する焦りを感じるのです。また30代後半では周りの人が結婚している状態になります。そのため男女問わず多くの人が焦りによって、結婚までの期間が短い状態での結婚に踏み切るのです。

40代の結婚までの期間は更に短くなる!?

40代になると大人の考えで結婚までの期間が短い

40代になると世間的には「晩婚」です。そのため、多くの人が結婚に対する焦りを感じます。これが原因となって「次付き合う人と結婚しないと自分は一生結婚できない」と考えるのです。なので、付き合う前から自分が好きな人との結婚を意識します。また40代の女性であれば、出産に対してのリスクも年々高くなります。

これが理由となって40代の結婚までの期間は半年から1年以内である事が多いのです。反対に、3年以上付き合ってから結婚するカップルは非常に少ないです。また、ある程度大人として「この人となら結婚しての幸せになれる」という見方をします。そのため、自分が結婚をして幸せになれないような異性とは恋人関係にならないのです。

中には、付き合いを始める時に「結婚を前提に」という条件を付ける人もいます。そのため、40代になると結婚をするために短期間お互いの事を知る為に付き合う人が増えると判断できます。反対に、相手に結婚の意思がない時には、好きだという感情を抑えて付き合いに踏み切らない傾向もありのです。そのため40代の結婚までの期間は大半が半年から1年以内だと言われています。

この時には、恋愛感情が薄れる3ヶ月以内に正式にプロポーズすることも多いです。40代になって3ヶ月以内に相手と結婚する意思が芽生えない時には、その人と結婚出来る可能性は非常に少なくなります。そのため、結婚に焦る気持ちを抑えて3ヶ月を区切りにして「この人と結婚したいのか」を真剣に考える必要があります。

結婚までの期間別のメリットをしっかりと把握しておこう!

それぞれの結婚までの期間のメリットを知っておくことも大切

結婚までの期間は人によって異なります。そのため、自分たちの結婚までの期間はどのくらいがベストなのかをしっかりと考える必要もあります。結婚までの期間別にそれぞれのメリットを知ったうえで、恋人との結婚までの期間を冷静に考えてみてください。

結婚までの期間は半年以内である時には「勢い」や「直観」で結婚を決意することが多いです。そのため、この期間の結婚では「出会った時に結婚を意識した」「半年程度で相手との相性がわかった」などの声が多いです。反対に「この人だ」という直感がない時には、この期間での結婚を決意する人は少ないです。周りからの視線が冷ややかになることもあります。

結婚までの期間は1年から3年以内である時には、春夏秋冬と一緒に過ごすことでイベントを通して相手の人間性を判断できます。また、「相手を理解する」「周りから受け入れられる」「相手に対する感情が冷めない」期間として最もいいタイミングでもあります。そのためこの期間での結婚は年齢に問わず比較的多いのです。

結婚までの期間が3年以上である場合には「慎重に結婚相手にふさわしいのかを考える」「結婚のタイミングがなかなか掴めない」ことが多いです。また、結婚資金がなかなか貯まらないことが原因の場合もあります。長く付き合うことで相手の事をより理解できるメリットがあります。しかし、長く付き合うと結婚に対する焦りを感じるケースも少なくないです。

結婚までの期間は半年から3年程度が多い…

このように、年齢によって結婚までの期間は短くなります。カップルによっては5年以上の交際期間を経て結婚に踏み切ることもあります。しかし、結婚までの期間が長くなると結婚に対する意識が薄れる可能性もあるので注意をしてください。長く付き合えば結婚生活が上手くいくわけではありません。交際期間が短くても相性が良ければ幸せな結婚生活が送れます。

多くの人の結婚までの期間を参考にした上で、今の恋人との結婚を意識してください。結婚までの期間を知って、相手に自分から結婚の話を持ちかけることも大切です。相手に結婚の意思がない時には、結婚を意識させる努力も必要なのです。今の恋人との結婚までの期間を考えて、ダラダラ恋人関係が続かないようにしましょう。