徹底分析!タヌキ顔の特徴や性格とは?7つの愛されメイク技も伝授!

タヌキ顔は、親しみのあるかわいい顔で、とにかく男性にモテます。また男女問わず、人気のアイドルはタヌキ顔が多いことで有名です。そこでタヌキ顔の特徴と性格を徹底分析!失敗しない愛されメイクの7ステップも伝授します。

タヌキ顔を徹底分析!6つの特徴とその性格

タヌキ顔とは?

タヌキ顔とは、異性によくモテる、親しみのある顔立ちをしています。そのかわいらしい印象は「愛され顔」や「癒し系」の代名詞で、昔からアイドルに多いと言われています。

またタヌキ顔は、実際の年齢よりも若く見られがちな童顔です。どこか幼い、まるで少女のようなあどけない雰囲気も漂っています。そんなタヌキ顔は人に安心感を与えるので、誰もが声をかけやすい存在です。

明るい印象のタヌキ顔ですが、大人しい清楚感も持ち合わせています。その顔はいわゆる「和風美人」とも言われます。

タヌキ顔の6つの特徴

タヌキ顔はの顔立ちは、実際どんな特徴があるのでしょうか。ここで6つの特徴を紹介します。

1.顔の輪郭は「丸顔」

タヌキ顔の輪郭は、丸顔が多いと言われています。タヌキのような愛くるしい形で、小顔というよりも若干顔は大きめです。日本人に一番多い輪郭で、やさしく女の子らしい「かわいい顔」は、人に親近感を与えます。笑顔がとても印象的なのです。

2.目は「二重」

タヌキ顔の目は、丸くてぱっちり大きく黒目がちです。愛くるしいアイドル顔や童顔に欠かせない「二重」は、同様にタヌキ顔のチャームポイントです。また若干たれ目で、表情豊か。思わず見入ってしまう、とてもかわいい目をしています。

3.眉はゆるい「アーチ型」

タヌキ顔の眉は、穏やかな印象のゆるい緩いアーチ型です。流行にさほど左右されない、やさしいタヌキ顔の雰囲気の決め手です。

4.鼻は丸めの「団子鼻」

タヌキ顔の鼻は、ふっくら大きめの団子鼻です。タヌキ顔は小鼻もふくよかで、鼻自体がそれほど高くありません。角の立たない丸いイメージを持っています。

5.口は大きめで「半開き」

タヌキ顔の口は、大きめで口角が上向き。そして「半開きの口」が多いと言われています。キツい印象はなく、いつもやさしく笑っているような、相手に心地良いリラックス感を与える形です。

6.耳は「ぷっくり厚め」

タヌキ顔の耳は、ぷっくり厚めで丸い形をしています。福耳によく例えられるますが、耳たぶも厚めです。髪の毛を耳にかける仕草も、タヌキ顔の丸くかわいい耳の形がやさしい印象をさらに強めます。

タヌキ顔の性格 4つの特色

タヌキ顔の人は、どんな性格なのでしょうか。顔立ちと実際の性格に、共通点はあるのでしょうか。ここで4つの性格の特色を紹介します。

1.タヌキ顔は「やさしい」

とにかく人当たりが良くて温厚、誰に対しても親切です。またとても愛情深く、いわゆる博愛主義者です。それは他人に対してだけではなく、自分に向けても同じように大切にできます。困った人を放っておけない性格で、何よりも争い事を嫌います。見た目通りおだやかで、何でも聞いてくれますし、あなたのいい所をきちんとほめて、そしていつも励ましてくれる…そう、まるで天使のような性格です!

2.タヌキ顔は「コミュニケーション上手」

コミュニケーションを取るのがとても得意なタヌキ顔さん。明るく話し上手で、自然に相手の心を読み取って気分良くさせるので、老若男女問わず誰からも好かれます。その上裏表もなく、態度をコロコロと豹変させません。協調性に長けて、きっちり自分の役割を果たす強い責任感もあるので、信頼感は絶大! 相手の心をすんなりと開ける、スムース・コミュニケーターのようです。 

3.タヌキ顔は「表情豊か」

すべてを笑顔で受け入れて、いつも楽観的なタヌキ顔さんは、とても一生懸命で表情豊か。みんなの話をうんうんと感受性豊かに聞き入れる姿も、とてもおおらかで魅力的です。自分に気負いなく自信を持っている様子が、自然な明るい表情と態度にあらわれているようです。

4.タヌキ顔の「恋愛傾向」

タヌキ顔は、マイペースさんで、周囲に流されず自分をしっかり持っています。相手に尽くすのが大好きな情熱家で、自分を惜しみなくさらけ出す野生的かつ開放的な一面も。一方で「来るもの拒まず」な性格のせいか、誘惑には若干弱めのよう。多くの人から好かれますが、異性の扱いにはあまり慣れていない弱点もあるようです。

タヌキ顔 VS キツネ顔 あなたはどっち?

キツネ顔とは?

キツネ顔とは、クールでステキな雰囲気と、そのキリリとした顔立ちで、何でも1人でできてしまいそうな完璧主義者に見えます。自己主張がハッキリしていて強いイメージなので、なんとなく近づきがたい感じがします。

みんながなぜ話しかけてくれないのかと寂しく思っているキツネ顔の人も多いようで、もっとたくさんの人と仲良くなりたいと実際は思っています。あなたの周りに「キツネ顔かな?」と感じる人がいたら、気軽に声をかけてみてくださいね。想像以上に喜んでくれるはずです。

キツネ顔の特徴

キツネ顔の顔立ちは、実際どんな特徴があるのでしょうか。ここでも6つの特徴を紹介します。

1.顔の輪郭は「逆三角形」

キツネ顔の輪郭は、逆三角形が多いと言われています。キツネのようにあごに向けてほっそりとがった形で小顔です。整った美形の印象を与えます。

2.目は「つり目」

キツネ顔の目は、切れ長の目尻がキリッと上がったつり目です。涼しげな目元は、男女共にクールでカッコいい典型的な顔立ちですが、若干冷たい雰囲気が漂っています。

3.眉は「上がり眉」

キツネ顔の眉は、タヌキ顔の眉とは対照的に、キュッと上がり眉です。意志の強さが眉に出ているとも言われています。

4.鼻は「高く長い」

キツネ顔の鼻は高くて長く、とんがった形をしています。タヌキ顔は丸い鼻ですが、キツネ顔は鼻先までスッキリ整っていて、少し近寄りがたい印象です。

5.口は「への字で薄い」

キツネ顔の口は、唇が薄く口角が下向きなので、いわゆる「への字型」と言われます。自己主張の強い性格にも見えます。

6.耳は「ピンと立ち上がっている」
キツネ顔の耳は、キツネのようにピンと持ち上がっています。つり目と同じように、上向きのシャープな形です。他人に頼らず目標を達成する頑張り屋さんに多い耳とも言われています。

タヌキ顔とキツネ顔との相性は?

何から何まで対照的な、タヌキ顔とキツネ顔。カップルもどちらかがタヌキ顔で、相手はまったく正反対のキツネ顔…というケースも多いのではないでしょうか。実際自分と真逆の相手を選ぶ傾向はかなり見られます。そこでタヌキ顔とキツネ顔の相性をチェックしてみましょう。

まずキツネ顔の性質として、自己主張の強い生き方をする人が多く、めったに相手に媚びません。白黒ハッキリつけないと気が済まないタイプで、理想の高い完璧主義者です。他人のヘルプなく目標を達成する行動派でも有名で、とても頑張り屋。責任感も人一倍強いです。

そうなるとキツネ顔の人は、自分と似たようなキツい印象の相手を選んでも、必ずいつかどこかでぶつかってしまいます。自分のプライドを傷つけられずに、何でも理解してくれる包容力を持ったパートナーが必要です。タヌキ顔の持つ「やさしさ」や「コミュニケーション能力」がここで発揮できますね。

またナイーブかつロマンチストな一面も持つと言われるキツネ顔の恋愛傾向は、誰にも相談せずに、持ち前の実行力で猪突猛進させます。強がる姿の裏に潜んだ弱さを理解できる、やさしい恋人が必要です。キツネ顔の強いキャラクターをがまん強く支えながら、理想の高い要望にも明るく笑顔で応えられるタヌキ顔は、まさに理想のお相手と言えるかもしれません。

タヌキ顔になれる!7つの愛されメイク技

1.タヌキ顔になれるベーススキンメイク

ふんわり甘くやさしいベビーフェイスは、タヌキ顔の代名詞。タヌキ顔になるには、ベースとなるスキンメイクがとても大事です。ツルツルのたまご肌に仕上げるために、まずはたっぷり水分補給を。化粧水から乳液、水分クリームなどで潤いのあるベースを整えます。

隠したいクマやうすいシミ、ニキビなどがあったら、ここでコンシーラーの出番!いろんな色を出せるように、1種類ではなく数種類のコンシーラーを使いこなします。厚塗りにならないように、肌の欠点を目立たなくしていきます。

次に肌色と肌質に合った薄めのリキッドファンデーションを、スポンジで叩き込んで毛穴を目立たなくします。Tゾーンと目の下に軽くハイライト入れたら、最後はシェーディング。おでこの生え際からこめかみ、あご先へと顔をぐるっと囲むように、一段暗めのフェイスパウダーで影をつけます。タヌキ顔の丸くかわいい印象も、このシェーディング効果でバッチリです。

2.タヌキ顔になれるアイブロウメイク

タヌキ顔メイクの意外な重要ポイントは、ズバリ眉。「ゆるいアーチ型」がお約束。ちょっと太めで濃いめの、ナチュラルなふわふわ眉に仕上げます。

まずは眉下部分を、眉色に近いカラーのペンシルでゆるくカーブをつけます。次に毛の流れを生かしながら、アイブロウパウダーを全体に。最後にブラシを使って、眉尻から眉頭へ逆方向にパウダーをぼかしながら隙間を埋めれば完成です。

3.タヌキ顔になれるアイシャドウメイク

タヌキ顔になれるアイシャドウメイクのポイントは、タヌキ顔の象徴「たれ目」のベースを作ること。細かい作業ですが、ひとつひとつ確認しながらていねいに仕上げてください。

まずアイホール全体に、オレンジブラウンシャドウをうすく塗ります。さらに目尻に濃いめのブラウンシャドウをオンし、ていねいにぼかします。最後に下まぶたの涙袋を強調するように、ピンクシャドウで仕上げます。ここでメイク上級者さんは、下まぶたの目頭から黒目中央まで、パール入りパウダーで強調して。タヌキ顔のトロンと潤んだ表情の出来上がりです。

4.タヌキ顔になれるアイラインメイク

タヌキ顔を象徴する「たれ目」を決定付けるのは、アイラインがメインと言えるでしょう。まん丸の黒目に仕上げるには、まずブラックのリキッドアイライナーで上まぶたにライン入れ、長めの下がった目尻を描きます。下まぶたも同様に、黒目中央から目尻下げ気味でアイラインを引きます。

リキッドはちょっと…というあなたは、もちろんペンシルで大丈夫。特に下まぶたは黒くなりすぎると、大きく見せたい目が逆に小さく見えることもあります。その時はブラウンのペンシルライナーを使ってください。

さらにカンペキなタヌキ顔を目指すあなたは、黒目のマストアイテムとして欠かせないカラコンにチャレンジ!コンタクトに恐怖感がなければ、これを使わない手はありません。黒目の大きさが格段にちがってきます。

5.タヌキ顔になれるアイラッシュメイク

タヌキ顔を象徴する「たれ目」を決定付けるのは、アイラインがメインと言えるでしょう。まん丸の黒目に仕上げるには、まずブラックのリキッドアイライナーで上まぶたにライン入れ、長めの下がった目尻を描きます。下まぶたも同様に、黒目中央から目尻下げ気味でアイラインを引きます。

リキッドはちょっと…というあなたは、もちろんペンシルで大丈夫。特に下まぶたは黒くなりすぎると、大きく見せたい目が逆に小さく見えることもあります。その時はブラウンのペンシルライナーを使ってください。

さらにカンペキなタヌキ顔を目指すあなたは、黒目のマストアイテムとして欠かせないカラコンにチャレンジ!コンタクトに恐怖感がなければ、これを使わない手はありません。黒目の大きさが格段にちがってきます。

5.タヌキ顔になれるアイラッシュメイク

タヌキ顔になるには、いつも笑っているようなやさしい表情の唇を演出しなければなりません。となると、ここでもカラーはベビーピンク!あどけない表情の決定版です。

まず唇全体にうすくファンデーション(またはパウダー)を載せて、唇の色を目立たなくします。次に唇の内側のみに、一段濃いローズカラーのティントで色味を加えます。

最後にベビーピンクのリップスティックで境界線をぼかしながら、少しオーバー気味に唇全体をグラデーションしてください。

つやつや感がほしい時は、さらに唇中央にリップグロスをトントンと軽く載せます。あくまでもギラギラにならないよう要注意!ぽってり愛らしいタヌキ顔の唇に仕上げてくださいね。

7.タヌキ顔になれるチークメイク

タヌキ顔になれるメイクの最後の仕上げは、ふんわりチークです。ピンク系のチークで、顔がきつく見えないように、そして血色良く見せるために、濃淡2色で仕上げます。

まず最初にうすめのベビーピンクで、頬骨の一番高い箇所をふんわり円を描くように入れます。その中心部に濃いめのピンクを重ねてください。1色だとただのお人形顔で終わりますが、2色使いでタヌキ顔のかわいい丸顔を強調し、生き生きとした表情の立体感が出ます。

ただし、あまり濃くならないように注意が必要!あくまでもふんわりとやさしい、タヌキ顔のナチュラルな明るさをアピールしてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?「わたしはタヌキ顔じゃないから…」とあきらめずに、愛されメイクを今日から実践してみてくださいね。毎日続けることで、メイクのスキルも上達しますし、何よりあなたのココロが一緒に成長します。

みんなが同じタヌキ顔でいる必要は、ゼロ。でも自分の顔をよく知って、あなたの運気まで一気に上げるタヌキ顔メイクを、ほんの少し取り入れてみてくださいね。他の誰よりも、あなた自身が最高の笑顔でいられるでしょう。その笑顔が、あなたの新しい幸せを運んで来ますように…!