主婦も浮気をする時代!人妻達は不倫を求めて出会い系サイトを使っている


もう一度トキメキたい!燃えるようなセックスがしたい!退屈な日々を忘れさせてくれる刺激がほしい。

そんな行けない妄想でパンパンに膨れ上がった人妻が出会い系にはたくさんいます。ネットでも現実世界でも!
これはこの記事を読んでいる人の気持ちを盛り上げようと言っているのではなく、本当に浮気願望の人妻はいるんです。

昔から不倫願望をもつ人妻はたくさんいたはずです。しかし彼女たちの多くが一線を超えなかったのは、女の浮気を悪とする風習が社会にあったからでしょう。浮気心があっても出合い系サイトに流れていた人妻たちはごく一部の特殊な人達で、ごく普通の主にとって出会い系サイトで浮気相手を探すということは敷居の高いことだったでしょう。

そう以前までは。

「婚外恋愛」という単語の流行とともにそれまではケタ違いの数の人妻達が不倫に走る時代になっています。

不倫経験のある人妻は多い

人妻の不倫について面白い統計があります。

「読者アンケートでは65.5%の妻が『浮気したことがある』と答えました。このうち『罪悪感がない』と答えた妻は70%を超えました。浮気した夫の80%が罪悪感を感じたとの回答と比べると正反対の結果です。妻側はほとんど後ろめたさを感じていない。妻からすると、夫の浮気は汚らわしいけど、自分のはやむにやまれぬ純愛であり、悲劇のヒロインのような感覚でいるようです」

あくまで質問に正直に答えられた人だけでこの数値は多い。実際にはこれより多いでしょうね。

それ以外にも人妻の浮気は多い

千秋の住んでいる周辺の話だそうです!

それによると5割の奥様が旦那以外の彼氏がして、更にその3割~4割が正式につきあっているそうです。

人妻の不倫が増えた理由

人妻の不倫がネットを介して増えた理由についてはmixiやグリーといった非出合い系じゃないかと思っています。

出合い系じゃないのに非出合い系。使い勝手の良いコミュニケーションサイトが前項の麗しい奥様の意識をガラリと簡単に変えてしまったのでしょう。
それに加えスマートフォンの爆発的な普及で簡単に誰にもバレずに浮気相手を探すことができる。

世の奥様はこのことにきづいてしまったんでしょうね。

モラル崩壊の波は全国に及び、大婚外恋愛時代の幕が切って落とされたのです。

出会い系サイトやコミュニティーサイトで人妻を落とす方法

こちらも既婚者であることを強調する

婚外恋愛にあこがれる人妻は特に初心者は、自分が年上、既婚者であることをマイナス要因に考えがちである。

サイトを利用して近づく場合は、最初の段階で自分も既婚者だと告げ(たとえ独身だとしても)、コンプレックスを取り払おう。

その際、こちらのセックスレスは必ず伝えておきたいキーワード。コツは

ご無沙汰すぎてセックスのやり方忘れちゃったよ

など、冗談っぽく言うこと。深刻な感じはよくない。

誠実な男をアピールする

微妙な違いだが、純粋なセフレを求めがちな男に対して、人妻が欲しいのは「信頼を寄せられるステキな彼氏」だ。彼女たちは遊ばれて終わることを極端に恐れている。

したがってプロフィール作成やファーストメールなどでは、じぶんがちゃらんぽらんな正確ではないとわからせる必要がある。
「前の女性とは5年くらい続いたけど、仕事が忙しくて別れてしまった」とか

過去の恋愛話をさりげなくからめてアピールすると良い!

人妻という立場に理解を示す

人妻は自分の家庭を壊そうとまではおもっていない。生活を崩さない程度にセックスライフを充実させたいけど離婚やその他のトラブルを招くような事態は絶対に避けたい。それが彼女たちの本音なのです。

そこでこちらをしては迷惑をかけるつもりはないけどという姿勢を見せ、優しさを強調したい。具体的にはこんな台詞がいいと思う。

メールを送っても大丈夫な時間帯教えて

こんな夜遅くにメールしてたら旦那さんに怪しまれちゃうよ

ちょっとした気遣いは両者の距離をグッと縮める。肝に銘じておきましょう♪

ちょっとエッチなトーク

繰り返しになるが、人妻が不倫に求めているものは、充実したセックスライフだ。その意味で下ネタは、大いに会話を盛り上げる役目を果たす。

とはいえ、あまり露骨なものはNG。

どういうシチュエーションに興奮するの?

エッチが上手そうだよね?

実は結構好きでしょ?

など、ソフトなものに留めよう。

相手に性的な興味を持っていることが伝われば十分。ちゃんと女として見られていることに、人妻は幸せを感じる生き物なのである。