【好きな人とメールやLINEで失敗したくない】気をつけることや話題に困った時の対処法

好きな人の連絡先を手に入れたけど、どんなLINEをしていいかわからない…と悩んでいる人も多いのではないしょうか?LINEは顔が見えないため、男性が喜んでいるのかどうかが分かりにくいものです。

相手にメールやLINEを送る頻度や、脈ありだと伝えるコツ、何を話したらいいのかわからなくなった時の話題など、好きな人LINEをする時に役立つヒントを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

好きな人にLINEをする頻度で気をつける3つのこと

LINEの頻度は週に1日〜3日程度がベスト

LINEをする時の頻度は、週に1日〜3日程度にしておくといいでしょう。

好きな人には毎日でも連絡したいと思うものですが、相手のことがあまりわかっていないうちに、連絡をしすぎるのはあまり良くありません。LINEは文字だけのコミュニケーションですから、どんなにたくさん連絡をしたとしても、全てがわかるものではありません。

相手が積極的にLINEをしてきている時にはいいですが、もしかしたら相手も気を使ってこちらのペースに合わせて、いつもより多く連絡を取っていることもあります。そうすると、連絡を取るのがだんだん面倒になってきたり、疲れてしまうこともあるので、気をつけましょう。ゆっくりと関係を深めていくためにも、あまり焦らないようにするといいですね。

片想いの場合は、送りすぎに注意!

片想いの場合、相手が自分のことをどう思っているのかわからないため、LINEを送りすぎるのは気をつけなければいけません。もし相手に気持ちがなかった時には、しつこく連絡を取られることで嫌われてしまうことがあるからです。相手の気を引こうと連絡をしているのに、嫌われてしまったらいやですよね?

また、相手に少しでも気持ちがあるのがわかっている場合でも、あまりLINEを送りすぎないようにしましょう。男性の中には、好きな人を追いかけたいタイプの人もいるので、LINEを送りすぎると気持ちが冷めてしまうこともあります。恋愛は駆け引きが大事ですから、少し引くくらいがちょうどいい時もありますよ。

男性の生活スタイルを考える

相手が社会人の場合には、LINEを送る頻度やタイミングに気を遣うようにしましょう。仕事で忙しい時や、疲れている時に何度も連絡が来たりすると迷惑になることがあります。また、寝ている時間に連絡が来たりすると、起きてしまうこともあるので、タイミングを図って連絡をすることが大事です。

相手の生活リズムや仕事を考えて、適度にLINEをすることで、理解ある女性だと感じてもらえることもあります。仕事に夢中になっている時には、連絡が遅くなったり、頻度が減ることもあるかもしれませんが、お互いのペースを知っていくことが大事ですね。

好きな人にLINEで脈ありを伝える3つのコツ

うれしいアピールをする

好きな人と初めてLINEができた時には、うれしい気持ちでいっぱいになるでしょう。そんな時には、隠さずに素直にうれしさを伝えることが大切です。例えば、「連絡先を教えてくれてありがとうございます。とてもうれしいです!」と書くだけでも、相手に対して印象を与えることができるでしょう。

連絡先を教えてくれたこと、連絡をくれたことなどうれしいと思ったことを素直に書きましょう。しかし、あまり過剰なアピールをしすぎると、ぶりっこをしているように思われたり、八方美人に思われることもあります。相手に引かれてしまうこともあるので適度にアピールするように注意しましょう。

相手を思いやる

好きな人に脈ありだと伝えるためには、相手を思いやる内容のメールやLINEを送るといいですね。仕事が忙しいことを心配したり、体調を崩していないか気を遣うような内容を送ることで、相手のことを気にしていることをアピールすることができます。男性にとって、心配されたり気遣いをしてもらうことは嬉しいですから、好印象を与えることができますよ。

男性は女性と違って、自分のことを話さなかったり、悩みを相談しないことがあります。そんな時には、相手を思いやることで、心を開いていろんな話をしてくれたり、自分が辛い時に気がついてくれる女性だと思ってくれるかもしれません。相手の話を一生懸命聞くことで、自分に興味があるんだなと感じ取ってくれるでしょう。

素直に会いたい気持ちを伝える

メールやLINEは、お互いを知って仲良くなるには便利ですが、そればかりに頼ってしまうのはよくありません。メールやLINEだけでは、どんなに連絡を取り合ったとしても、情報量が少ないからです。会って話をすることで、顔の表情や声などから、相手の感情や性格を読み取ることができます。相手のことを深く知りたいと思うなら、なによりも会うことが大事です。

なかなか自分から会いたいと伝えることができない人もいますが、会いたいという気持ちはなるべく素直に伝えるようにしましょう。そのまま素直に言うことが難しい時には、どこかに出かける約束をするといいですね。たとえば映画好きの男性なら、映画の話題で盛り上がることで、今度一緒に行こうという話をしやすくなりますよ。

メール・LINEの内容に困った時の4つの話題

相手に質問をして話題を作る

相手と連絡を取り始めた時には、何を話したらいいのかわからなくなることがありますよね。そんな時には、まず相手にいろいろと質問をしてみましょう。質問をすることで、相手も返信がしやすくなりますし、会話も続けやすくなります。どんな趣味があるのが、好きなものは何か、相手を知らないからこそ、たくさん話題を作ることができます。

特に話すことがなくても、「今、何してる?」と連絡してみるのもいいですね。何も用事がなくても、相手を気にしていることを伝えることができますし、何気ない質問から会話が広がることもあります。しかし、相手の反応が悪かった時は、メールやLINEを送りすぎているか、馴れ馴れしくしすぎているかもしれないので、少し控えるようにしましょう。

共通した趣味の話題を話す

共通の趣味がある時には、相手との会話もしやすいので話題にするようにしましょう。お互いが好きなもので盛り上がれば、気が合う相手として仲良くなることができます。好きな人と話す時には、なにより自分も楽しんでいないと盛り上がることができません。無理やり相手に合わせても、いつかボロが出てしまったり、会話が噛み合なくなってしまうものです。共通の趣味の話題なら、自然と自分も楽しむことができますよね。

もし、その趣味について自分があまり知識がないとしても、相手に質問をしたり、教えてもらうことでコミュニケーションを取ることができます。一緒に出かけるきっかけになるかもしれないので、どんどん会話をしていきましょう。

興味を引くような画像を送る

話題が見つからない時には、自分が興味を持った画像や動画などを送ってみるのもいいですね。動物好きな男性には、猫や犬などの画像や動画を送るのもいいでしょう。今では画像や動画などのおもしろい投稿がSNSなどで簡単に見ることができます。「こんなおもしろいのがあったよー。」とメールやLINEで送れば、相手の興味を引くことができるかもしれませんよ。

面白いと思ったことや、楽しいことを共有することで、相手との会話も増えていくことがあります。なんでもないようなことを笑い合うことで、お互いリラックスできますし、気軽に話しができる仲になれますよ。

その日にあった出来事を話題にする

相手との話題に悩んでしまった時には、その日にあった出来事を話すのもいいでしょう。今日食べたものが美味しかったことや、行った場所で起きたことなどを話すことで、会話が広がることがあります。メールやLINEをする時には、ただ一日の報告するだけではなく、相手にも何をしていたか聞いてみましょう。相手も同じように日常的なことを話してくれるかもしれません。

自分のことを話すだけでは、ただおしゃべりな女性と思われてしまうこともあるので、相手のことも質問してみたり、「今日行った場所が面白かった!今度一緒に行けたらいいな!」というように一緒に出かけたいということを伝えるといいですね。

メール・LINEを嫌がっているサイン?

メール・LINEがそっけない

メールやLINEをしても、返事がそっけないと感じる時は、連絡を嫌がられているのかと心配になってしまうことがありますよね。男性の中には、もともとメールやLINEが苦手な人もいるので、返事がそっけないとしても、嫌がられているとは限りません。また、だんだんそっけなくなってきた時には、今まで気を使っていたのが慣れてきて、素の自分を出せるようになってきたということもあります。

明らかに会話をしたがらない時は、会話を止めるようにそっけない時には、相手に嫌がられている可能性もあります。そんな時には、自分の送っている内容や頻度に気をつけてみましょう。

メール・LINEが来ない

連絡をしても返事が来ない…そんな時には、嫌がられているんじゃないかと不安になりますが、仕事に忙しい男性の場合、メールやLINEができないことがあります。男性は、女性とは違って、一度にいくつものことができないため、仕事に集中してしまうと、連絡を取るのを忘れてしまうことがあります。また、落ち着いてから返事をしようと思っていることもあるので、返事が来ないとしても一週間程度は待ってみるようにしましょう。

どんなに連絡を待っても来なかったり、電話をしても出ない時には、脈なしかもしれません。また、好きな人の誕生日などにメールやLINEが来ない時には、他の女性と一緒に過ごしている可能性もあるので、彼女がいたり、相手に好きな人がいることもあります。場合によっては、諦めることも必要ですね。

メール・LINEを無視される

メールやLINEをしても無視される時には、脈なしの可能性が大きいです。忙しくて連絡を取れないこともありますが、会う約束をした時に無視をされた時には、相手が嫌がっていることがあります。メールやLINEでは盛り上がっていたのにどうして?と思うこともありますが、メールやLINEだけでは、感情が掴めないこともあります。

連絡を無視されている時には、時間が経ってからまた連絡をしてみてもいいでしょう。それでも相手の反応が変わっていなかったら、連絡は控えたほうがいいですね。

束縛するような言葉はNG!

メールやLINEをする時には、束縛するようなことはしないようにしましょう。好きな人には毎日メールやLINEをしたくなるものですし、何でも知っておきたいと思うものですが、毎日メールやLINEをしたり、「今日なにしてた?」「誰といたの?」など、なんでもかんでも質問ばかりしていると、相手が引いてしまうでしょう。付き合ってからも、自分の時間を大事にしたかったり、束縛されたくないと思っている男性は、最初からしつこくされると嫌がってしまいます。

男性によっては、いつでも連絡を取り合っていたいという人もいますが、初めのうちは相手が束縛だと感じるかもしれない言葉は送らないようにしましょう。

考えすぎないことも大事!

好きな人にメールやLINEをしたいけどできないと悩んでいる人は、考えすぎているだけかもしれません。好きな人と何を話したらいいのか、嫌われたらいやだと悩んでいるうちに、だんだん連絡をするのがこわくなってしまうものです。

しかし、あまり無理をしすぎてしまうと、緊張しすぎて余計なことを言ってしまったり、会話がぎこちなくなってしまいます。なるべく自然体でいられるように、まずはリラックスするようにしましょう。相手に自分のことを知ってもらうことも大事なので、相手に合わせすぎずに、無理をしないことが大切です。

好きな人とはうまくいきたいものですが、自分と合う相手かどうかを冷静に自分自身で判断するといいですね。男性の中には、追いかけられるよりも追いかけたいタイプの人もいるので、あまりアピールしすぎないほうがいいこともあります。メールやLINEだけではわからないことがあるので、アピールをするならなるべく会っている時に相手の様子を見てするといいですね。