努力できない人でも成功体質になれる?3つの秘訣と挫折の対処方法

目標達成に向け、やろうと決めたのに行動ができない。最初の1歩は踏み出せても、その後継続できずにすぐ諦めてしまう。そんな人にこの記事では、努力ができず失敗続きだった人でも成功体質になれる秘訣をご紹介します。

努力したいのにできないのはなぜ?

仕事や勉強、スポーツなど、自分の夢や目標を叶えたいのに努力が続かず途中で止めてしまう。そんな誰しも一度くらいは「挫折」という苦い経験をしたことがあるのではないでしょうか?「もしかして自分は意志も弱く、才能がないのでは?」

そうやって自分を必要以上に責めてしまい、自己嫌悪に陥ってしまう人も少なくないでしょう。実は努力できない人は意志が弱いのではなく、努力を止めてしまう「思い込み」が原因で挫折することがほとんどのようです。人生はいつでも再スタートできます。自分を成功できる体質に変え、もう一度諦めてしまった夢や目標を叶えるために再チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

努力できない人にありがちな特徴とは?

努力ができる人とできない人とでは、思考に決定的な違いがあると言われています。努力が続かない人が陥りがちな考え癖を下記にまとめてみました。あなたもこんな思い込みをしていませんか?

高い理想が障壁となっている

最初から高い理想を掲げ、それが達成できず自己嫌悪に陥っている人は少なくありません。例えば駆け出しの起業家が、まだ一銭も売上が無いにも関わらず月収100万円など高い目標を立ててしまうと、やがて理想と現実のギャップに苦しめられるようになります。

完璧主義で失敗が許せない

成功までのプロセスは様々な試練があり、時には失敗して損をしてしまうこともあります。そんな次の成長の糧となる失敗を忌み嫌い、結果ばかりに執着する完璧主義の人は、ちょっと躓いただけですぐに挫けて努力を止めてしまいます。「たまにはこういうこともある」と失敗を受け入れる心構えがないと、願望成就は難しいでしょう。

過剰な頑張りに心を支配されている

逆に頑張り過ぎてすぐに心が折れてしまう人もいます。人の集中力は保って1時間が限界と言われ、それ以上の行動は疲労が蓄積して逆に効率が悪くなります。努力を過剰意識する人は休むことに罪悪感を持ちやすく、常に「休まず頑張らないと成功できない」と強迫観念に囚われがちです。

そのため、疲れていても体にムチ打って頑張り過ぎてしまい、精根尽き果てて結局行動を止めるパターン陥ってしまうようです。

努力を続けるにはどうすればいい?

「継続は力なり」と有名な諺がありますが、継続できる自分になるためには、まず心構えから改善していく必要があります。とは言っても、成功までのステップアップは決して複雑ではなく非常にシンプルです。まずは自分のレベルに合った簡単なことからスタートし、徐々にレベルアップしていきましょう。

短時間でできる簡単な行動を習慣化させる

結果を出すために最初から難易度の高いことを何時間もかけてやろうとすると、途中で気力が保たなくなります。努力を習慣化させるためには、まずは30分〜1時間の短時間で完結できる簡単な行動からスタートさせることです。

それが慣れ始めたら、徐々に活動の難易度を上げていきましょう。地道な活動ですが、時間の経過とともに自分のスキルがどんどん上がり、当初難しかった行動が楽にできるようになります。

完璧主義をやめ、行動できた自分を褒める

最初から高い完成度を求めてしまうと、不満足な結果しか出せない自分に嫌気がさし、行動が途中で止まってしまいます。どんなに優れた成功者も最初から完璧に結果を出せたわけではなく、失敗を経験しながら場数を踏んで大きな結果を得られたと言われています。そのことを年頭に入れ、「最初はこのくらいできれば善し」として行動できた自分を褒めてあげましょう。

活動しやすい環境を整える

努力を続けるためには、自分がある程度活動しやすい環境が必要になってきます。モノが散乱した自室や、扱い辛い道具、温度調節が難しく体の不調を起こしやすい部屋など、ストレスの掛かる作業空間ではできることもできなくなってしまいます。多少不満は残ってもある程度快適な環境を保ち、心身ともに健康管理をしていくことも願望成就には欠かせないことです。

途中で挫折しそうになった時の対処法

成功に向けて覚悟を決めたとしても、感情のある人間は弱音を吐きたくなるときもあります。そんな時はネガティブな感情を否定せず、気持ちが落ち着くまでしばし休息を挟むようにしましょう。また、結果を急ぎ過ぎていたり努力を無理強いしている時は、一度初心に戻り考え方を改めてみてください。

冷静になって1度考えてみる

結果を急ぎ過ぎると今の自分に嫌悪感を抱き、イライラして精神的不調を起こしやすくなります。時に怒りの収束がつかなくなって冷静さを忘れてしまうと、行動意欲が低下して何もかも投げ出したくなってしまうでしょう。

そんな時はまずひと呼吸置いて、一旦活動を停止してみてください。仮眠を取ったり、お茶を飲んだり気分転換させ、気持ちが落ち着いたら行動を再開すると冷静な対応ができます。

コツコツと行動を継続すること

成功者のほとんどは、たぐいまれな「才能」に愛されたのではなく、コツコツと地道な行動を繰り返してきた平凡な人と言われています。願望成就は特別な人の特権ではなく、あなた自身も成功できる可能性がある事を忘れないでください。もし落ち込んだり途中で努力を止めてしまいたくなったら、「自分にも成功の可能性がある」ことを思い出しましょう。

時々休息を挟み、自分と向き合う

成功を焦り過ぎて四六時中努力することばかりを考えていたら、人は誰でも心が折れてしまいます。前述の通り、人は長時間集中して行動することはできません。「疲れたな」と思ったら、無理をせず小休憩を挟んだり、外出したりして気分をリフレッシュさせましょう。

また、人はリラックスしている時に新しいアイディアが浮かんだり、新たな行動意欲が湧いてくると言われています。ですから、休む事に罪悪感を抱くことはありません。頑張っている自分を労いながら、成功のまでの道のりを1歩ずつ進んでいきましょう。

少しづつ前へ進もう!

いかがでしたか?努力できないのは自分に意思が弱いわけでも、才能が無いわけでもありません。ただ思考が間違った方向に向いているだけで、それを軌道修正していくと目標達成までの行動が続けやすくなります。これまで「無理」と夢を諦めてしまった人も、もう一度自分を信じてリベンジしてみてはいかがでしょうか?