【声が小さいのを克服】メンタルだけでなく病気の可能性!?声が小さくなる5つの原因と6つの克服方法教えます!

声が小さくて「もうちょっと声大きく出来ない?」とよく言われるけど、どうすれば改善できるか悩んでいませんか?声が小さくて周りの人から「自信がない」とか「信用できない」などネガティブな印象を持たれてしまいがちなので治したい人はたくさんいるようです。今回は、声が小さくなってしまう原因と、その克服方法をご紹介していきます!

声が小さいと損ばかり??

  • 「声が小さい」と毎回注意される
  • 電話で一生懸命話しているのに「電波が悪いみたいです」と言われる
  • 声が小さいか聞いてみたら「正直イラつく」と言われた

・・・声が小さい人は悪気があってそうなっているワケではないのに、周りの人からネガティブな印象を持たれてしまいがちに。不本意な事を言われてしまってショックを受けている人も少なくないようです。

プライベートであれば、友達は自分の声の小ささを受け入れてくれるかもしれませんが、職場や恋愛になると、声の小さい人は損な事が多いようです。

仕事で評価されにくい

仕事は誰よりも一生懸命頑張っている。なのに、声が小さいという理由でイライラされてしまい評価されない。そんな悩みを抱えている人は結構いるようです。

声が小さいと、上司に報告する時や打ち合わせをする時「もう1回言ってもらえますか?」と何回も聞き返さないといけない事が多いので、職場の人からすると声の小さい人は「消極的すぎる」「自分に自信がない人」というマイナスな印象の方が強くなってしまうようです。

声が小さい男性はモテない・・・?

恋愛においても、男性の声の大きさは大事です!声が小さい男性よりは、大きい声で力強い声でハッキリものを言える男性の方が女性には好印象を持ってもらいやすいのです。女性は男性の声に性的な魅力を感じる所もあるそうなので、声の小さい男性はあまり異性として見れないのかもしれませんね。

デートの時には、2人でカフェに行ったり人込みの中に行く事だってあります。そんな時に「え、何?」と何回も聞かないといけないと、女性の方が疲れてしまいますよね。男性の方も「どうして伝わらないのかな」とストレスを感じてしまうでしょう。

声が大きい方がメリットがたくさん!

意思が伝わりやすい&好印象!

例えば、テレビに出ている芸能人の人たちの話を聞く時、声が小さい人がいると聞きとりにくいですよね。「この人何言ってるか全然分かんない!」とイライラしてチャンネルを変えられてしまうかもしれません。どんなに外見がよかったとしても、声があまりに小さいと好印象は持ってもらいにくいでしょう。

それだけ声の大きさが相手に与えるインパクトは大きいのです。

声が大きいと、仕事でも恋愛でも得をします。同じ言葉を言ったとしても、声が小さい人だ言うと「本当にそう思っているの?」「自分の意見に自信がなさそう」と信じてもらいにくくなるのに比べて、声が大きい人が言うと「なんだか説得力がある。この人について行こう」と全く違った解釈をされてしまうものです。

なんだか納得いかない点もあるかもしれませんが、人は他の人を判断する時には、声の大きさや顔の表情など外的な印象で判断してしまう所があるのです。

ストレスが発散されやすい

特に女性は、ストレスが溜まると友達で集まっておしゃべりをしますよね。話をするという事は、ストレスを外に吐き出して気持ちに整理をつける事も出来るのでと、ストレス発散にはとても効果的なんです。

声をしっかり出せる人は、イライラした時は友達に話したりして上手にストレス発散が出来ている人が多いように思います。声が小さくて人前で話すのが苦手な人がいきなりそれをするのは難しいかもしれませんね。なので、部屋で一人になった時に枕に向かって叫んでみるなど方法は色々あるので試してみましょう。一気に気分が晴れるかもしれませんよ♪

声が小さくなる5つの原因

自信がない

  • 人前で話すのが苦手
  • 自分が何か言って相手を不快な思いにさせないか心配
  • 自分がする事全てに自信がない

そんな風に思っていませんか??人は自分に自信がない時は声が小さくなってしまいがちです。どんな人でも、人生が順調な時はイキイキしていますよね。声も大きくハッキリと自分の気持を伝える事が出来ます。でも、何かの歯車がくるって人生うまくいかなくなると、まるで別人のように自信もなくなり声も小さくなってしまいがちになります。

自信があるかないかは、その人の人柄までを変えてしまいます。もしあなたが声が小さい事を周囲に言われすぎ手、それがコンプレックスになってしまったのであれば、声が小さい=悪い事だとは思わないようにしましょう。周りはそう思うかもしれませんが、あなたが今出せる最大の声量がそれなら、仕方がないと割り切る事も大切です。

場合によっては声が大きい人だってうとましく思われてしまう事だってあります。声が大きいから良い、声が小さいから悪いとは一概には言えないので、あまり気にしすぎなくても大丈夫ですよ!

会話をしている対象に畏怖の念がある

・話している相手の事が怖い

そういう気持ちがあると、どうしても声は小さくなってしまいます。職場の上司だったり、厳しい先輩、バイト先にやって来る苦手なお客さん・・・そういう人たちの前では「自分が何か言って気分を悪くされたら大変」と常に気を使ってしまうと思います。

あなたは、怖いと思う相手を目の前にすると声が小さくなってしまう自分を「気が弱い」と思うかもしれませんが、ただ気が弱いだけではないと思いましょう。考え方を変えてみれば、あなたは人をよく観察する力があって空気を敏感に察知出来る良い面を持っているのです。

逆に、相手が人に威圧感を与えてしまいがちな人とも考えられるので、怖い人の前で声が小さくなってしまう自分に対してあまり悲観的にならないようにしましょう。

異常なまでのあがり症である

  • 飲み会で大勢の前で話すのが苦手
  • 会社のプレゼンテーションの時は喉が詰まって上手く話が出来ない

など、人と話す時に極度の緊張症ではないですか??普段気を許せる友達の間ではそうではなくても、自分が心を開ききれていない人が相手だと、緊張して上手く話せない人はたくさんいます。

緊張が理由で声が小さくなってしまうのであれば「少しずつ相手に心を開いていければ良い」と焦らずに行きましょう。自分が緊張症な事を先に伝えておくと、相手の方から歩み寄って来てくれる人もいるかもしれませんね。

考えすぎ

  • こんな事を言ったら相手が気を悪くするかな??
  • 今、ここで自分が何か言ってムード台無しにならないかな??

そんな事が、誰かと話している時に頭でいっぱいになっていませんか??何かを話す時、しっかり考えてから話し出す人と、口が先に出てきてしまう人の2タイプがあります。

考えすぎて、ついつい発言する時も声が小さくなるのを気にしているのかもしれませんが、口から先に出てしまうのも問題です。「こんな事を言ったらどうなるか?」と考えずに言ってしまうと、相手を不快な気分にさせてしまう事もあります。

考えすぎてしまう人は、相手の立場を考えれる優しい所が長所だと思いましょう!

育った環境

  • 小さい頃、のびのびとした環境で育った
  • 小さい頃、家族に気を使いながら育ってきた

やっぱり、のびのびと育った人の方が声は大きくなります。子供は元々は無邪気で自分の気持に正直なものですが、厳しい両親のもとで育てられたり、末っ子で兄弟にイジメられていたりすると次第に周りの空気を読むようになってきます。

一番落ち着くはずの自分の家族に対しても常に気を使って小さい声で話す癖が身についてしまうと、他の人に対して急に自信をもって話し出すのはなかなか難しい事です。

その他に考えられることとしては、落ち着いた静かな環境や、大きな声を出して起こることのない家庭で育ったことなども挙げられると思います。子供がヒステリーを起こしている時に大人がそれに負けじと声を出して起こっている家庭の子供は声が大きいものです。

このように、育った環境は、その人の人柄や性格を形成するのに大きく影響しているのです。

発声器官に異常がある

緊張症でもないし、人と話すのが怖いわけでもないのに声が小さいのであれば、精神的な問題よりは発声器官などに異常がある可能性があります。というのは、器質的に問題があることも疑われるからです。そのため、発生が上手く出来ないというケースも見受けられます。そういった先天的な問題、もしくはそういう病気にかかってしまったのであれば、専門医の所で診てもらって治療していきましょう。

自分が元々声が出にくい体質だと言う事を周りの人へきちんと伝えておけば、それは仕方ない事だ理解してもらえるはずです。

声の小ささを改善する6つの方法

音読の練習をする

人前で話すのが苦手なのであれば、一人の時に音読の練習をするのをおススメします。選ぶ本はあなたが好きな、読みやすいものなら何でも大丈夫です!絵本でも詩でも何でも良いのであなたのお気に入りを見つけておきましょう。

本を音読する時は、ぼそぼそと声を出すのではなく出来るだけ声を遠くに飛ばす事を意識して、はっきり言葉を言うようにしましょう。あとは、誰かに読み聞かせるような気持ちでも読んでみましょう。それを毎日1日5分続けただけでもだいぶ声が通るようになってくるはずです。

大きく息を吸う

声が小さい原因として、呼吸が浅い事も関係しています。普段の呼吸が口呼吸になったりしていませんか??

大きく息を吸い込むと、しっかりと声を出す事ができるうえ、緊張も軽減されるそうですよ!腹式呼吸を身に着けると、今までよりも大きな声を出せるようになると言われています。やり方は簡単です!

  • 鼻からゆっくり息を吸い込む
  • お腹に空気を溜めていくのをイメージしながら吸っていく
  • 口からゆっくり息を吐き出す
  • お腹を凹ませながら、吸う時よりも長い時間をかけて吐いていく

これを1日5回、慣れてきたら10回~20回くらいに増やしてみましょう。

姿勢をよくする

普段、ねこ背になっていませんか??姿勢が悪いと呼吸も浅くなってしまうので声が小さくなります。

よく、ねこ背を治すには「背筋を伸ばして!」と言われてしばらくは意識するのですが、気が付けばまた同じ姿勢になっている事はよくあると思います。背筋だけを伸ばしているのは無理な姿勢を取っているからです。

人がねこ背になりがちなのは、座っている時と立っている時だそうです。なので、この時に”どこに重心を置くか”に意識を向けてみるとねこ背は改善されるようです☆

一番良い姿勢は、大腿骨(だいたいこつ)で骨盤や上半身を支える立ち方が良いそうです。足の裏のかかとより少し前、土踏まずの後ろ側に重心を置くと自然と大腿骨を支えられるようになるのでやってみましょう。

背筋だけを伸ばす時よりも自然な良い姿勢をキープできるようになるでしょう!姿勢が良くなると呼吸が深くなる、運動機能が向上する、リラックスできて気持ちが明るくなるなどさまざまなメリットもあるので、声の小ささ以外の事も改善できそうですね!

「相手に伝えよう」と意識する

・どうせ、自分の言う事は相手に伝わらない

そう諦めていませんか??話をする時には、相手に気持ちを伝える意思を持って話してみましょう。話す言葉全てを大きくするのは、なかなか難しいかもしれませんが、自分が「これだけは伝えておきたい」という事は強調して話してみましょう。それだけでも、だいぶ効果が出るはずです。

相手に意思を伝えたい時は、出来るだけ下を向かずに相手を見るように意識しましょう!

一人カラオケをしてみる

一人カラオケもおススメです。入るまでは、ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、一度入ってしまえばそこはあなただけの世界です。

普段、友達とカラオケに行くときには順番を待ったり、「自分の歌声を聞かれるのが恥ずかしい」と遠慮してしまいますよね。でも、一人ならその心配はありません。好きな曲を思う存分歌ってください!歌う時は出来るだけ曲の音量に負けないくらいの声を出す事を意識しましょう。

他には、自分の歌声を機械に採点してもらうのも良いかもしれませんね!だんだん得点があがっていくと、自分の歌声にも自信が持てるようになってくるはずです!

自分が高得点を出せる曲が出来れば、今度は友達と一緒にカラオケに行った時に披露すれば「今までより声もでるようになったね!」と褒めてもらえるかもしれませんね♫

病院で検査してもらう

声が小さい原因には、病気がひそんでいる可能性もあります。

  • 周りの人に「声が小さい!」とあまりに言われ続けて、気持ちが病んでしまった
  • 声帯ポリープが出来てしまった
  • 咽頭ガンになってしまった

など、精神的なものから、病気まで理由はさまざまです。

人に言われすぎて声が小さくなってしまったのであれば、心理的な問題でもあるので心療内科やカウンセリングで相談してみましょう。緊張していない状態で、家族や友達など気を許せる相手と話す時も声が小さくなってしまう場合には、喉に何か出来ている可能性があるので、喉の調子に違和感がある場合は耳鼻咽喉科に行って診てもらいましょう。

まとめ

以上、声が小さくなってしまう原因と改善方法のご紹介でした。

声が小さい事は決して悪い事ではありませんが、仕事で評価されにくかったり、周りの人がイライラしてしまったりと「自分が悪いのかな?」と思ってしまう瞬間はありますよね。

声を少しでも大きくしたいという気持ちがあれば、いくらでも良くなるチャンスはあります!最初は頑張ってもなかなか上手くいかない事もあるかもしれませんが、諦めずに続けてみましょう。だんだん体が順応していって今よりも大きな声が出せるようになるはずです☆