40歳独身の人が何故結婚をしていないのかという疑問を持ったことがある人も多いかと思います。「イケメンなのに」「美人なのに」独身だという人もいますよね。40歳独身の人がどんな特徴を持っているのか、平均貯蓄額や結婚をする方法などを紹介します。自分や周りの人と比較しながら参考にしてみてください。

40歳独身男性や女性は少なくない

近年ではさまざまな理由で晩婚化が進んでいると言われています。晩婚化が進むことで40代の独身の男性や女性も年々増加しているのです。中には「結婚をしたいけど相手がいない」と結婚にたいする焦りや不安を抱えてしまっている人もいます。

しかし、多くの場合には「自分は結婚しない」と敢えて独身で生きる事を決めているのです。何故、結婚を考えずに独身でいたいと思うようになるのでしょうか?また、40歳の独身男性や女性にはどのような特徴があるのでしょうか?

特徴をしっかりと把握することが出来れば、結婚しない理由などが見えてくるようになるかもしれませんね。また、40歳独身の人はある程度老後の事を考えるようになると言われています。老後に金銭面で苦労しないように、40歳独身の人の平均貯蓄額をしっかりと把握しておくようにしましょう。

パートナーがいないとなれば金銭面も自分でどうにかしなければいけませんよね。今度も結婚する予定を考えていないという人は、自分の為にもしっかりと貯蓄を行うようにすることが大切なのです。

40歳の独身の人の平均貯蓄額って?自分の貯蓄額と比較してみよう!

40歳独身の男性の平均貯蓄額ってどのくらい!?

40歳独身男性の平均貯蓄額がいくらかということを知っていますか?40歳独身男性の平均貯蓄額は約1000万円だと言われています。この数字と自分の貯蓄額を比較してみてください。この金額よりもはるかに少ないという人もいるかもしれませんね。

しかし、これはあくまでも平均的な貯蓄額だと言われています。そのため、多い人では2000万円以上少ない人では数百万円となっています。人によってどのような形態で仕事をしているのかということは異なりますよね。会社員として毎月安定した給料をもらっているという人もいるかと思います。

また、日雇いで働いているため天気やその月によって収入がそれほど安定していないという人もいます。
このような条件によっても、毎月貯蓄できる金額が異なるようになってしまうのです。しかし、今後ずっと独身でいると考えている場合には、これを機にある程度老後のことを考えてしっかりと貯蓄を行うようにすることが大切なのです。

今現在貯蓄額が0だという人は、自分の生活や出費を見直してしっかりと貯蓄ができるようになるといいかもしれませんね。ただ、あくまでも平均貯蓄額となっているので、参考程度に考えるようにしてみてください。

40歳独身女性の平均貯蓄額ってどのくらい?

40歳独身女性の平均貯蓄額はどの程度だと思いますか?中には毎月しっかりと将来の為に貯蓄を行っているという人もいます。しかし、一部の40歳独身女性は貯蓄がないという状況になってしまっているのです。これは自分の人生をより楽しいものにしようと趣味や美容などにお金をかけるようになってしまう事が原因なのかもしれませんね。

40歳独身女性の平均貯蓄額は900万円程度だと言われています。これは30歳前半の独身女性の平均貯蓄額は150万円、30歳後半の独身女性の平均貯蓄額が450万円程度ということから考えてみると40代になることで貯金を今まで以上に行う女性が増えていると考えることが出来るかと思います。

また、40代になることである程度安定した収入を得ることが出来るようになったり、将来的な不安を感じて一生懸命に貯蓄を行うようになる女性が多くなってくるとも言われています。男性に比べて収入の少ない女性が独身男性と変わらない貯蓄をしているのは、男性よりも将来に対する不安が大きいからだと言われています。

40代になることで今まで貯金出来ていなかったという人は金額を毎月増やしているそうです。また、今までもしっかりと貯金が出来ていたという人も気を引き締めて無駄な浪費を行うことがなくなると言われています。

40歳貯金なしは危機感を持った方が良い!?

中には男性女性問わずに40歳独身だけど貯蓄が1円もないという人もいるかと思います。今までは何も考えずにその日の生活が送れればいいと考えていた人もいるかもしれませんね。しかし、今後はある程度老後の事を考えるようにする必要もあるのです。貯金はいきなり増えるものではありません。

長い間コツコツと溜めていくようにすることが大切なのです。だからと言って必要以上に焦ったりする必要はありませんよ。例えば今40歳だという人がこれを機に毎月5万円の貯金を行ったとします。60歳までの20年間これを持続することが出来れば1200万円の貯蓄を行うことが出来るようになるのです。

これはほとんど40歳独身の人の平均貯蓄額と変わらない金額になりますが、将来働くことが出来なくなった時にあるのとないのでは全然違いますよね。今現在貯蓄が全くないという人も少し危機感を持ってしっかりと貯金を行うようにしましょう。

40歳独身の人は今後結婚は難しい!?

あるアンケートの結果によれば、平成12年に35歳から39歳の女性の未婚率が13.9%だったのに対して、平成22年に45歳から49歳になった女性の未婚率が12.6%であったという事から出ているデータとなってます。つまり、30代後半から40代後半の10年の間に結婚をした人の割合は1.3%ということになり、40代になると結婚をする確率がかなり低くなることが分かります。

また平成12年の40代の女性の未婚率は8.6%に対して平成22年の50代の未婚率は8.7%となっています。この数字を見るとどんどん結婚をする可能性が低くなってしまっていると判断することが出来るかと思います。ただ、結婚ができないことと結婚をする意思がないこととは違うので、一概に全員が結婚「できない」という訳ではないことは注意が必要です。

ちなみに、結婚を希望している40代の女性がなかなか結婚できない理由の一つとしては、子供ができる可能性がかなり低くなってしまうということが挙げられます。昔は「 嫁して三年 子なきは去る」なんて言われることがあり、子供のできない女性はそれだけで離縁の対象となったりしました。

現代ではこのような女性蔑視とも言える風潮こそありませんが、結婚をすると「子供はまだ?」1人目を育てていると「2人目はどうするの?」と聞かれることが多いことからも分かるように、やはり世間一般からすると、女性は子供を産んで当たり前といった風潮があることは事実のようです。

そのため、結婚をしてからずいぶん年月がたってから、子供ができないという理由で離婚をするような例もあるということです。女性にとってみたらこのような理由は男性のわがままだと思うようになってしまうかもしれませんよね。

40歳独身男性の3つの特徴。結婚が出来ないのは特徴のせい!?

自分の趣味が生きがいになっている

自分の趣味を生きがいにしていることで結婚をする必要性を感じなくなっている男性は少なくありません。40代独身男性には、このような特徴を持っている人がとても多いのです。多くの男性は女性に比べて趣味に凝る傾向があります。またマニアックになりやすいという性質を持っているのです。

独身であれば、自分のお金を好きなように使うことが出来るようになりますよね。そのため気兼ねなく趣味に没頭することが出来るようになるのです。時にたくさんのお金が必要になるコレクターとギャンブルが多いと言われています。このような趣味を持つようになることで「趣味を犠牲にしてまで家庭を持って家族を養っていきたくない」と思うようになってしまいます。

またギャンブルにはまるようになることで、それに注ぐお金に制限を付けなくなってしまいます。何よりも自分のが稼いだお金に制限を付けられるような状況に耐えられないという気持ちになってしまうのです。これが40歳独身男性が敢えて結婚をしない理由なのかもしれませんね。

仕事が何よりも大好き

多くの人はいきるために仕事を行うという状況になっているかと思います。しかし中には「仕事が生きがい」と楽しみながら仕事が行えている人もいるのです。このような考えを持つことで結果的に結婚できない状況を作り出すようになってしまうのです。毎日仕事ばかりを行うようになれば女性とデートをする時間を取ることも出来なくなってしまいますよね。

また、仕事を第一に考えるようになることで「結婚は二の次」「結婚は出来たらいいな」という気持ちになってしまうのです。そのため、どうにかして結婚をしようという強い意思がなくなってしまう事が原因だと考えられています。

このような場合には、自分から結婚を拒んでいる訳ではありません。仕事を第一に考えるようになったことで、女性と関わる機会が少なくなって結果的に40歳独身という状態になっているのです。また、中には今後も仕事に専念するためには独身でいたほうが楽かもしれないとという気持ちを持つようになってしまう可能性も考えらられます。

家事が大好きでなんでもこなせる

40歳独身男性は長い間独り暮らしをしてなんでも自分で行うことが出来るという状態になっている事もあります。結婚をすることでほとんどの家事を女性が行ってくれるようになりますよね。しかし、今自分でなんでも家事をこなすことが出来る為、「独身である事に不自由を感じない」という思いになっている事もあります。

また、長い間自分で家事を来なうようになることで、1つ1つの作業に対して自分なりにこだわりを感じるようになっている可能性もありますよね。このような状況になってしまえば「結婚をしても奥さんの家事に満足することが出来ない」と判断するようになってしまいます。また、女性も細かいこだわりがある男性と結婚をすることで大きな負担を感じるようになってしまうのです。

このようなことが原因となって、結婚という選択を行わなくなったり、敬遠するようになってしまう男性も少なくありません。反対に実家暮らしなどで家事は自分の親がやっているという状態であれば今後の事を考えて結婚に焦りを感じるようになるのです。

40歳独身女性の3つの特徴。プライドが邪魔している!?

年齢を重ねたことを受け入れることが出来ない

40歳独身女性の中には「若いことは男性にモテていた」という人もいるかもしれませんね。このような経験をしていることで、40代になった今でも男性にモテるという自信を持つようになってしまうのです。「自分はモテている」というように思い込むようになることで、「今結婚しなくてもいつでも結婚できる」というような考えを持つようになってしまいます。

また、今はこのような考えを持っていなくても、常にこの想いを抱えていたことで結果的に気が付いた時には男性にモテなくなってしまっていたという事もあるのです。自分はいつまでも若い頃のように持てるという自信を持っていることが原因だと判断することができるかもしれませんね。このようなプライドによって、結婚はしたいけど出来ないという状況になってしまうのです。

マイナス思考になっている

最近は「勝ち組」とか「負け組」などという感じの悪い言葉がよく使われるようになり、なにごとによらず、優劣をつける風潮が見られるようになっています。結婚をして子供がいるのは勝ち組、独身で彼氏もいない女性は負け組なんて、幼稚なくくりをすることで優越感を得ようとする一部の人がいる訳です。

そんなこと気にしなければいいのですが、結婚をしたくてもできないでいると、どうしても自分を貶めてしまうことがあります。自分は結婚するに値しない人間なんだ、なんて暗い気持ちでいると、ますます男性が寄り付かなくなってしまいますよね。

今が楽しい

現代では女性の活躍の場が広がってきており、必ずしも家庭に入って家事や育児をすることが女性の幸せではなくなってきています。入社して20年前後になってくると、女性であっても会社の幹部になっていたり、また、独立して仕事をバリバリとこなしているようなこともあるでしょう。

あまりに仕事が充実していると、逆に家庭に入ってオシャレにも気を使わなくなった女性を嫌悪してしまうようなこともあります。昔は男性に対して使われた独身貴族という言葉ですが、最近では女性も一人身を謳歌している方が増えてきているようです。別に結婚しなくても金銭的に問題はないし、友達とはいつでも遊べるし、ということで今が楽しくて仕方がない訳です。

40歳の独身の人は将来的な事をしっかりと考えよう

このように40歳独身お人は年々増加していると言われています。自分が40歳独身であるという場合には、今後どうしていきたいのかという事をしっかりと考えたうえで、自分と向き合うようできるといいかもしれませんね。今は独身だけど結婚願望はあると言う人は自分なりに努力を行う必要があります。

また今後も結婚願望がないという人は将来に向けてより良い行動が出来るようになるといいかと思います。自分には老後どの程度のお金が必要になるのかをしっかりと考えておくようにしましょう。