「仕事辛い…」と思った時に読んでほしい!人間関係など4つの要因別対処法と、つらさを和らげる2つのコツ

「仕事が辛くてどうしようもない」という経験は誰にでもあります。「泣きたい」「助けて」と思うこともあるでしょう。今回は、仕事が辛い時の主な4つの要因と、それぞれに対する対処法から、仕事の辛さを和らげるコツまでご紹介しています。ぜひ活用してみてください。

仕事が辛い時の4つの要因と対処法

「仕事が辛くてたまらない。」社会人であれば、誰でも仕事が辛い時期というものがあります。こんなに辛いならもう辞めてしまいたいと思うことも多いのではないでしょうか。

自分では頑張っているつもりなのに、一向に状況が良くならない。仕事が忙しすぎて打開策を考える余裕すらない…。そんな時は、その辛さが成長の糧になるのか、それとも自分を犠牲にしてしまう結果になるのかをよく考えてみてください。

ハードな仕事や状況に慣れることができれば、社会人としてタフになり、それを機に成長も望めます。ですが、仕事の辛さというものは、精神的、肉体的に自分を追い込んでいくものでもあります。

ここでは、主に4つの要因別に、それぞれの対処法をご紹介していきます。

仕事が辛くなったら、まずはキャリア診断テストを受ける

キャリア診断テストがおすすめな理由

仕事が辛い・転職したいなどと思っても実際に「どういった仕事が自分に合うのか」、「自分を活かせる仕事は何か」を知っておくことはとても重要です。

実際に転職まで考えていなくても、自分を適性を知ることで仕事の幅が広がったり、進め方を良い方向に変えることが出来ます。

オススメのキャリア診断はリクナビNEXT

おすすめのキャリア診断はリクルートキャリアが持つ独自のノウハウを活かして開発したグッドポイント診断がオススメです。

診断テストを受けて、自分の適性や強み・仕事に活かせるポイントなどが結果で分かります。
リクナビNEXTの診断テストはとにかく精度が高いことがポイントです。転職活動中の面接時にテスト結果を持参する人も多い程、的確に自分のアピールポイントを提示してくれます。

無料の会員登録完了画面から診断テストへ移動できます。

STEP1.無料の会員登録完了画面から診断を受ける


まずはキャリア診断画面から、ログイン・又は無料会員登録を行います。
会員登録自体は簡単なのですぐに出来ますが、診断のための重要な項目になるので正確な情報を記入しましょう。

その後、完了画面の「グッドポイント診断」から診断スタートになります。

STEP2.質問に回答する


画像のような質問が幾つか出されるので、制限時間内を目安に回答をします。
さくさくと答えられる内容なので、直感で回答するのがオススメです。

診断結果は自分の「5つの強み」を教えてくれます。
今までマイナスに捉えていた自分の悩みが、実はすごい強みだったという発見にも繋がりますので、仕事を辞めたいと思っているのなら、一度診断してみることをオススメします。

無料の会員登録完了画面から診断テストへ移動できます。

「仕事辛い泣きたい…」新人期

入社後3年は離職率が断トツで高い

仕事が辛いひとつの要因として、仕事を始めたばかりという場合が比較的多いのではないでしょうか。

まず、慣れない環境で過ごすこと自体が、強いストレスの原因になります。加えて、仕事を理解するのに時間がかかってしまったり、職場での人間関係をゼロから構築していくのに疲れ果ててしまったりと、辛いことが続きやすいという特徴があります。

厚労省の統計によると、大学卒業後に就職した場合、1年以内に12.2%、3年以内で32.3%の新入社員が早々と離職しているというデータがあります。高卒、短大の場合は、1年以内に約18%、3年以内には約40%という驚異的な離職率が算出されています。

仕事とは、自分にとってとても大切なキャリアです。学生の場合、そのような緊迫感よりも、仕事につけるかどうかということの方が優先されてしまいがちです。

結果として、自分に合っていない仕事を選んでしまったり、就職先の職場環境が自分とはまったく合わないなど、理想とは違う状況を招いてしまうのです。

「新人期は仕事が辛いもの」という心構えが、まずは必要なのかもしれません。

社会人としての基礎体力があるかどうかが大切

新人期に仕事が辛いと感じる時には、冷静な自己判断が必要になってきます。

単に社会人経験が浅く、働く上での基礎体力が欠けていることが問題なら、「石の上にも三年」とよく言われるように、忍耐力を培うことが何よりも大切なことかもしれません。この基礎体力なくしては、いざ転職できたとしても、必ずと言っていいほど同じような問題に悩まされることになるでしょう。

仕事に対するタフな精神力や体力さえ身についてしまえば、ある程度はどの職場でも通用するようになります。このような場合は、いまの辛さは自分の成長の糧と思って仕事に取り組んでみてください。

また、明らかに自分に向いていない仕事を選んでしまっている場合は、転職を考えてみることも大切です。なぜかというと、自分に向いていない仕事では、どんなに頑張っても人より早い成長は見込めませんし、仕事に対する意欲も沸かなくなってしまいます。

「仕事は簡単に辞めてはいけない」という考え方も素晴らしいことですが、向いていない仕事を延々とやり続けることは、キャリアに悪影響なことをずっとやり続けていることと同じです。

仕事は辛いけど、10年後もこの仕事をやっていたい。そう思える場合は、忍耐力を培うことで自然と今の問題は解決されるでしょう。

仕事が辛い上に、向いていない仕事をやっている場合は、そもそも自分はどんな仕事がしたいのか?その答えを明確にしてみてはいかがでしょうか。

仕事のマンネリ化で辛い

「仕事を辞めたい」という波は必ず来る

働いても働いても終わりが見えない。毎日同じ仕事の繰り返しが、この先いったい何になるんだろう。

そんな風に感じる時には、いまの仕事がマンネリ化してしまっている可能性があります。仕事にはすでに慣れていて毎日順調にこなせているけど、それがいったいいつまで続くのかと、漠然とした不安を抱えながら、とりあえず働いているという感じかもしれません。

そして、このマンネリ期というものは、波のように周期的に起こることが多いのが特長です。その周期に個人差はありますが、基本的に人間の脳は、慣れからくる飽きというものがあります。

最初は難しく思えた仕事でも、慣れれば簡単でつまらない仕事に思えますし、どんなに憧れていた仕事でも、毎日やっていればそれは当たり前のものになっていきます。

決して辞めたいわけではなく、転職に多大なエネルギーを注ぐような感じでもない場合は、その環境の中でどれだけ工夫できるかが大きなポイントになってきます。

また、マンネリと同時に起こりやすいこととして、仕事がこなせるだけに、いろんな仕事を任されすぎてしまう点も挙げられます。自分の仕事はきちんとやっているのに忙しいという状態は、精神的にも肉体的にもストレスがかかることになります。

マンネリ期は新しいチャレンジや習慣をつくる

恋愛でもよく言われることですが、マンネリ期には、なにか新しいことを始めることで、その流れを断ち切ることができます。この場合は、仕事に限らず、生活全体で考えてみることがオススメです。

仕事に変化をつけたい時は、いまの仕事の一歩上を目指してみてください。新しいキャリアに繋がる資格の勉強を始めたり、いまやっている仕事での改善案を練ってみるのも面白さに繋がるかもしれません。

特に、新しく勉強を始める場合には、そのための習慣を付け加えることが大切です。普段よりも30分早く出社するようにして、まだ誰もいないオフィスで勉強をすれば、とても新鮮な気持ちになれるでしょう。

または、休憩時間の過ごし方を少し変えてみるだけでも、とても良いリフレッシュに繋がります。休憩中はスマホを見ているだけの方は、軽いストレッチなどを入れると、血液の巡りも良くなり、脳の働きが良くなります。

仕事上で新しいことを始める余裕がない場合は、休日の過ごし方に一工夫を入れてみてはどうでしょうか。

普段インドア派なら、午前中に散歩がてら、カフェでゆっくりと過ごすだけでも、いつもと違う考え方や発見が得られます。普段がアウトドア派であれば、読書や映画鑑賞にチャレンジしてみるのも面白いかもしれません。

マンネリとは慣れからきますが、慣れそのものは、仕事に慣れたから、つまり成長したから訪れるものです。マンネリ期は波のように周期があるとお伝えしましたが、それは少しずつ自分が成長しているからこそなのです。

いまの場所からさらに成長するためには、新しいものの見方や価値観が重要なポイントになってきます。新しいことを始めることは、総じて新しい発見などに繋がりやすいので、ぜひ取り入れてみてください。

思い切って異動願いを出してみる

仕事のマンネリ期には、新しいチャレンジなどでその問題が解決できる場合もありますが、そもそもいまの仕事にうんざりしていて、どうしようもない時もあると思います。

自分のやっている仕事にまったく興味を持てない、好きなことでもなくただただ苦痛で仕方ない、というような場合には、辞める前に異動願いを出してみるのもひとつのアイディアです。

その場合には、どんな仕事に興味があるのか、どんな仕事なら楽しみながらやれるのかなど、一度「仕事」というものに真剣に向き合ってみましょう。とにかくいまの仕事が苦痛だから、という理由ではなく、情熱を持って取り組めることを選ぶのが大切です。

それと同時に、自分は何が得意なのか?という側面から仕事を考えてみることもオススメです。苦手なことよりも、得意なことの方が会社へ貢献することができます。得意なことで、より情熱をもって取り組める仕事なら、異動願いもスムーズに出すことができるのではないでしょうか。

また、一番避けたいことは、自分の意見や希望を押し殺すことです。それらを主張せずに、自分の心の中に閉じ込めておくと、フラストレーションが溜まり、常にイライラした状態に陥ってしまいます。

イライラしていると、周りの人にもそれが伝わって職場の空気が悪くなってしまったり、いつもなら有りえないミスが起こったりと、負のスパイラルにはまってしまいます。

ストレスが大きくなる前に、じっくりと仕事に向き合ってみて、今後どう動いていくかプランを立ててみましょう。

人間関係の問題で精神的に苦しい

仕事辛い時、彼氏彼女や家族など信頼できる人に相談しよう

怒鳴る上司、意地悪な同僚、生意気な部下など…。これほどデリケートで難しい問題はあるのだろうか?と思うほど、頭を悩まされるのが人間関係の問題です。

ある調査では、社会人の実に40%の人々が、仕事上の悩みの原因は人間関係にあると回答しているデータもあります。人間関係の多くは、コミュニケーションを正しく取ることによって、ほとんど改善することが可能ですが、中には行き過ぎたパワハラやいじめなど、どう解決すれば良いのか分からないというケースも珍しくありません。

仕事上で人間関係の問題がある場合、まずは職場に関わりのない彼氏彼女や家族など、信頼できる人に相談してみるのが一番です。職場内で下手に相談してしまうと、それが陰口として相手の耳に入ったりなど、余計なトラブルの原因になる可能性があります。

そして、彼氏彼女や家族から良いアドバイスをもらいたい時は、できるだけ第三者的な視点で、いまの現状を正確に伝えましょう。自分の視点からは気づけなかったことや、相手が悪いと思っていたけど実は違ったなど、ゆとりのある気持ちで現状を見直すことができます。

当然のことですが、現状に対する見方が変われば、どう対処すべきかも変わってきます。きちんと話せば伝わる相手なのか、厳しい態度を取る必要があるのかなど、自分の気持ちが冷静でなければ考えることができません。

まずは、溜め込んでいるものを吐き出して、冷静でゆとりのある精神状態を取り戻すことが大切です。

コミュニケーションが取れる場合はきちんと話す

人間関係の問題は、すれ違いや思い込み、相手に対する理解の欠落が原因であることがほとんどです。人間関係に問題を感じている相手と、前向きに意見を交換するということ自体が難しいことも、ストレスを大きくしていく原因になります。

ですが、話して解決できる可能性がある場合は、きちんと話し合いの場を設けましょう。まずは、お互いの考え方の違いや、気づいていない部分を共有することが大切です。

相手に対して怒りを感じていても、なぜそうなったのか?という理由を知ることで、「それなら仕方ないな」と許せるようになります。また、理由が分かれば、具体的な対処法も見つけることができるのです。

また、わざわざ話し合いの場を作るのではなく、普段の挨拶や自らの態度を見直すだけで関係が改善されることもよくあります。「この人嫌だな」と思っていると、自然と態度や表情にもその気持ちが表れてしまいます。そこを意図的に変えていくことで、お互いに誤解していることなどが、自然に解決に繋がっていく場合もあります。

コミュニケーションで解決する時は、相手が上司なのか、または同僚や部下なのかも大きなポイントです。相手が同僚や部下の場合は、自分から率先して話し合いやコミュニケーションの場を作り、関係改善に努めることも仕事のうちと考えた方が良いでしょう。

相手が上司の場合、怒鳴り散らすタイプか、フェアな考え方を持っている人か、という部分をよく考えてからコミュニケーションを取ってみてください。怒鳴るタイプ、自分が一番正しいという考えの上司なら、残念ながらコミュニケーションでの解決は難しいかもしれません。

仕事辛いときに助けてくれる仲間を職場内に作っておく

コミュニケーションではどうしても解決ができないという場合は、とにかく精神的な負担を減らしていくことが大切です。人間関係の問題は、非常に強いストレスになります。

ですが、自分のことをよく理解してくれる人が一緒にいるだけで、精神的負担はかなり軽減することができます。職場の中で一番仲のいい人や、信頼のおける先輩や上司などに相談して、事情を理解しておいてもらいましょう。仲介やフォローなど、助けてもらえる環境作りを心がけてみてください。

そして、嫌な気持ちになる相手とは距離を置くことが、精神衛生上最も有効な方法です。助けてくれる仲間がいれば、できるだけ関わらないで済むような工夫がしやすくなります。

また、問題の内容がパワハラやセクハラ、いじめのように悪質な場合は、無料で相談できる窓口が厚労省やNPO法人などにより設けてあります。問題が深刻になりそうだと感じたら、早い段階でそのような機関を利用してみてはいかがでしょうか。

そのような場合は、その上司の上司に相談してみることをおすすめします。具体的で効果的な対処法を教えてもらうか、フォローをきちんと入れてもらうなど、何もしないよりも状況は良くなるはずです。

ハードなワークスタイルで肉体的に辛い

無駄に忙しくなっていないか確認してみる

肉体的にも精神的にもタフな人ほど、余計な仕事を頼まれたり、ついつい残業したりなど、なにかとハードワークになってしまいがちです。人よりも頑張って、より多くの仕事をこなすのはとても素晴らしいことなのですが、疲れ果ててしまっては、努力しても仕事の効率は落ちてしまい、体を壊してしまっては元も子もありません。

このような場合にやるべきことは、仕事を減らすことと、仕事の効率を上げることの二つに尽きます。まずは、無駄に忙しくなっていないか?ということをチェックしてみてください。

後輩や部下を教育すれば済む仕事なのに、自分でやってしまっていないか?もっと簡単な作業で終わらせる工夫はできないか?など、捨てられる仕事は捨てていかなければ、すぐにキャパオーバーになってしまいます。

また、「仕事を少なくする」ということについて考えてみてください。イタリア人エコノミスト、パレートによる20対80の法則では、求める成果の80%は20%の仕事から生まれる、という普遍的な法則論を説いています。

すべての仕事を平等に重要だと考えていたら、すべての仕事を一生懸命に完璧に仕上げなければならなくなります。ですが、すべての仕事の中で、結果を生むのは20%に過ぎないということが分かると、自分がどこに力を注げばいいのか?という視点で考えることができます。

捨ててもいい仕事、人に任せるべき仕事がないか、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

ピークパフォーマンスを取り入れる

最近のビジネス書では、コンディションをいかに整えるかが重要だ、という類の書籍がよく売り出されていますが、ピークパフォーマンスも仕事の効率をいかに上げるかということに焦点を絞った働き方です。

そもそも、仕事の効率をなぜ上げるのかというと、より少ない労力で一定の成果を上げることが目的のひとつではないでしょうか。そして、仕事で成果を上げるためには、成果が出る20%の重要な仕事を中心に、1日を進めていく必要があります。

基本的に、ピークパフォーマンスは、20%の重要な仕事に取り組むときに行います。

午前中、一番頭が冴えている時間帯に、「50分フォーカスと10分のリラックス」を2セット、「30分フォーカスと15分のリラックス」を1セットで、重要なことにフォーカスして仕事を進めていきます。

また、ランチをとると、基本的に脳の働きは悪くなってしまうので、そのような時間帯に所謂「どうでもいい仕事」を片付けるようにすれば、必ず仕事の効率、質ともに良くなっていくはずです。

午後からも大切な仕事がある場合は、ランチをサラダやデトックスジュース程度に抑えておくことも、仕事の効率アップに繋がります。炭水化物や肉類は、消化にかなりのエネルギーが費やされてしまうため、眠くなってしまったり、やけに疲れて怠くなってしまいます。

仕事の効率アップには様々な方法がありますが、まずは「本当に大切な仕事は何なのか?」ということをぜひ一度考えてみることが大切です。

仕事の辛さを和らげる2つのコツ

仕事辛いときは気持ちが明るくなる歌をBGMにする

どうしても仕事が辛いときには、上手に気分転換ができるような工夫をすることも大切です。気分転換の方法はたくさんありますが、中でも音楽は、精神面に非常にポジティブな影響を与えやすいものです。

落ち込んでいるときに、ポジティブな音楽を聴いたら元気が出てきた、というような経験は誰にでもあると思います。辛いときや苦しいときには、ぜひ音楽の力を取り入れてみてください。

そして、音楽を聴くベストなタイミングがいくつかあります。

朝起きてすぐに、元気ややる気が出る曲を流しながら身支度を行うと、とても素敵な1日が始まるように感じられます。そのまま通勤中に聴いているだけでも、音楽に合わせて景色が違って見えるようになります。

1日の最後、寝支度や入浴中にはリラックスできる音楽を選んでみてください。音楽でリラックスすることが目的の場合は、英語詩などの洋楽がおすすめです。歌の内容が理解できない方が、頭が空っぽになりやすく、リラックス効果が高いとされています。

勉強中に音楽を聴いている人も多く、集中力アップ効果のある音楽もあります。仕事中に音楽を聴いていても問題ない場合は、集中力が上がるBGMを流しながら働くのもひとつのアイディアです。

仕事辛いなら、いつも使っている言葉を変えてみる

仕事で辛い時期を乗り越えたい時は、言葉の力を取り入れてみてください。物事の捉え方、感じ方まで変えてしまうのが「言葉」というもので、言霊とも呼ばれます。

「こんなに辛い目にあってツイてないな」と言葉に出せば、どよんと暗い気持ちでいっぱいになります。ですが、ここで「これを乗り越えられたら、自分は成長できる。いいチャンスに恵まれていてツイてる」と言葉に出せば、気持ちが強くなったり、やる気を取り戻したりできるようになります。

また、辛い時こそ、感謝できることをたくさん思い浮かべてみてください。例えば、人間関係で辛い場合は、「キツく当たってくる人もいるけど、助けてくれる人もいる」という風に思い出してみてください。どんな状況でも必ず感謝できることはあるはずです。

辛い時に言葉を変えてみるというのは、形から入るということと似ています。「正直、ツイているとは思えないし、感謝する気にもなれない。」と思っていても、言葉だけ変えてみればそれで大丈夫です。その明るい言葉に脳が反応を起こし、その後に気持ちがついてきます。

ネガティブな言葉を発していたら、まったく逆の言葉を言ってみるだけなのでとても簡単に取り組めます。ぜひ試してみてください。

まとめ

涙が出るほど辛いときは、仕事から距離を置こう

ここまで、仕事が辛い要因別に、対処法をご紹介してきましたがいかがでしたか。

仕事が辛い時期は誰にでも訪れるものなので、まずは自分だけで抱え込まずに、信頼できる人に相談してみましょう。そして、自分のペースで解決策に取り組んでみることが大切です。

辛いという感情をそのまま放っておくことは、精神衛生上得策とは言えません。幸せに過ごすためには、努力することが必要です。幸せで楽しい仕事や環境を作るためにできることを、一つずつ実践してみてください。

それでも、涙が出るほど限界に来ている場合もあると思います。そのような時は、勇気を持って仕事を休んで、じっくりと考えられる時間を確保してみてください。涙が出るほど辛いというのは、決して悪いことではありません。

また、ストレス発散の観点からすると、泣くことは笑うことよりも効果が高いということが、様々な実験で立証されています。涙が出るほど辛い時は、たくさん泣いていいのです。

仕事と距離を取ることは、とても勇気のいることですが、必ず今までになかった視点が得られるはずです。まずは、自分の気持ちと体を大切にすることを考えてみてはいかがでしょうか。