シャイボーイの特徴や恋愛心理とは?脈ありサインを徹底研究!その行動は実はアプローチかも?

気になる彼はとっても恥ずかしがりやのシャイボーイ。あまり本心を見せてくれなくて、時々不安になる…けれどほんの些細な「大好きサイン」を見逃しているだけかもしれません!今回はそんなシャイボーイな彼とどうやって付き合っていけばよいのかをご紹介します!

シャイボーイを理解しよう

シャイな彼をオトコにするには


シャイボーイといわれる男性は恋愛経験が少なく、とても臆病なので、気になる人がいてもどう接していいかわからないものです。そのような男性の行動が女性から見ると嫌われているのかな?と受け取られがちですが、実はそうではないかもしれません。

シャイボーイの特徴とは?

1.目を合わせてくれない

これは【好き避けの心理】のひとつです。女性に嫌われるのがイヤで自分の気持ちに素直になれず、照れ隠しをしている状態ですね。本当は大好きな気持ちを伝えたいのに、自分に自信がもてないのとプライドが邪魔をしてしまっています。そして、必死で好きな気持ちを隠そうとしています。

目が合いそうになると急に恥ずかしくなって、目をそらして「全然興味がないフリ」をするんです。でもこれって、それまでは気になる女性のことを見ていたということになりますよね♪明らかに興味があるのに…。

女性からするとちょっと子供みたいな行動に見えてしまいますが、シャイボーイな人は「あー…またやってしまった…」と思ってしまうわけなんです。そしてまた同じことを繰り返すうちに、「何やってるんだ俺?」というジレンマに陥るのです。

【好き避け】をしてしまう人というのは恥ずかしがりやで人見知りの傾向があります。ただ、友人は少ないけれど仲良くなった人とは深いお付き合いができるという長所もあります。つまり、男性にとって心を許せる存在になることが大前提なのかもしれませんね。

「この人なら大丈夫」と信用してもらうために、まずは見守ってあげることです。

2.メールやlineが苦手

せっかくメールやlineを交換できたのに、あまりにも返事が来なかったり文章が短いとちょっと寂しいですよね。そもそも、男性はもともとメールは苦手な人が多いのですが、特にシャイボーイな人なら尚更!何を伝えていいかわからず、あまりにも考えすぎて面倒になってそのまま放置…なんていうパターンです。

【自分からメールはなかなかしないくせに、貰えないのは寂しい】といったちょっとわがままな傾向があるのもシャイボーイならではの特徴といえます。そんな彼には、自分からメールを適度に送りつつ、「返事は急がなくても大丈夫だよ」と気遣ってあげるといいかもしれません。

そして、こちらからあまりメールをしないと、【もしかしたら俺のこと嫌いなのかも?】と誤解してしまう人も多いです。そういう人はちょっとめんどくさいなって思う女性もいると思いますが、どんな男性でも女性からのメールは嬉しいものなので、些細なことでも何でもいいので書いて送ってみることです。

そうすると、いつのまにか男性の方からも色々話してくれるようになったり、ひょっとしたらメールで告白してくれるようになるかもしれませんよ♪

3.自己嫌悪に陥る

シャイボーイな人はとにかく自分に自身がありません。それゆえに、色々と考えすぎて何にも行動できないのです。このままでは気になる女性に気持ちが伝わらず、そして何もできない自分に苛立ちはじめます。どうしたらいいかわからなくなってくると、「俺はどうせダメなんだ」と諦めモードに入ってしまいます。

せっかく気に入った女性がいても、この気持ちが邪魔をすると何もアプローチできずに、自分から何度も繰り返してフェードアウトしてしまうのです。けれど、もし女性のほうからそんな男性の気持ちを汲み取ってあげられるとしたらどうでしょう?

「そのままのあなたで大丈夫、無理しなくてもいいよ」とさりげなく伝えてみましょう。今までは無理して気持ちを伝えようとしていたけれど、そうじゃないんだと気付くはずです。そして、シャイボーイな人も、「この女性にはきちんと気持ちをぶつけても大丈夫だ!」という自信につながっていくのです。

女性のほうからアピールというよりはサポート的な感じで、シャイボーイの人の自信を取り戻してあげましょう!

シャイボーイの攻略法とは?

恋愛心理を読んで脈ありサインを見つけよう
自分の気持ちに素直になれないシャイボーイの人は、気になる人に対しては淡白になりがちです。そして、女性からすると冷たく感じてしまって本心がわかりにくいのです。でも、些細な行動や仕草で脈ありなのかを見抜くことができるかもしれません♪

1.会話中ソワソワしている

シャイボーイな人が意中の人とお話しするときは、緊張のせいなのかどこか落ち着きが無かったりします。そんな気持ちを決して相手に悟られないように、必死でごまかそうとしているのです。一般的にこんな仕草や行動が見られます。

・頻繁に鼻を触る
・たまにしか目を合わせない
・話の内容に脈略が無い
・無駄に笑ってごまかそうとする
・頭をかく

こんな行動が会話中に見られたら、あなたと話していることだけで頭がパニックになっている状態!どうしていいのかわからないままなので、頭が真っ白になっているはず。そんなときは決してからかったりしないで、やさしく笑顔で見守ってあげましょう。

そして、共感してあげられることは共感してあげると、シャイボーイな彼はもっと嬉しくなり安心して話すことが出来るでしょう。なんでもいいので、一緒に何かを共有できること(考え方や趣味趣向など)があると、次に話すときにはもっと楽に話せるようになるかもしれませんね!

2.長い文章のメール

いつもは短くて素っ気無いメールなのに、ある日気付いたら長めの文章になっていたり、lineのやり取りが長く続いたりして「あれ??」って思ったことはありますか?これも実は脈ありサインです!

メールを返すというのは、少なくとも「もっとあなたと話がしたい」とか「もっと自分のことを知って欲しい」という気持ちがあるからこその行動です。そして、もっと知って欲しいと思っているということは、あなたに心を開いている証拠!

恥ずかしがり屋でもあり人見知りするタイプなので仲良くなるまでは長いですが、ここまでくると二人の距離はどんどん縮まります。あなたからもいつもより長めの文章で(重くならないようにほどほどに…)どんどんアピールしてみましょう。

そうやってメールをしているうちにお互いを理解していけば、本当の彼の性格も見えてくるかもしれません。メールを貰って嬉しくない男性はいませんので、まずはメールから仲良くなってみるというのもいいですね♪

3.頻繁に目が合う

目をそらされた…と思ったらまた見ている…?そしてバッチリ目が合ってしまった…!なんていう経験はありませんか?それも「好き」のサインです。目をそらされただけでは【脈なし】かなと思ってしまいそうですが、何度も目が合うようなことがあれば脈アリ濃厚です!

意識して見ているというのではなくて、あなたのことが気になって仕方なくて、見ずにはいられないのです。気になるものはついつい見てしまうというのは、誰でも同じこと。無意識のうちに気になる人を目で追っていて、目が合って初めてハッとするのです。

もう一つ目のチェックポイントは、瞳孔の状態です。瞳孔というのは、瞳の真ん中の小さい黒い円の部分です。興味があるものは光を入れてしっかり見ようとするので、実際は周囲の虹彩の伸縮の影響ですが瞳孔が大きくなったように見えます。

興味があったり好きなものを見ると、目を見開いてキラキラしますよね。目が合った一瞬では判断がつかないかもしれませんが、何度か目が合ううちに、他とは見る目が違うような気がしてくると思います。

シャイボーイな彼がこちらを見つめてきた時、あなたも目を逸らさずにちょっとだけニコッと微笑んでみましょう。そうすると彼は「嫌われていない」という安心感でいっぱいになるはず♪アイコンタクトしあうというのは、男性にとって女性の気持ちを確かめる方法ともいえますね。

4.二人きりになると静かになる

いつも仲のいい友人たちとはワイワイ話すのに、自分と二人きりになるととたんに喋らなくなるシャイボーイな彼。これは、あなたのことを嫌っているのではなくて、緊張して意識しているからです。

そもそも、気にならない人とは二人きりになろうとはしませんよね。話すきっかけやタイミングがつかめないだけなので、女性のほうからなにか話題を振ってあげるといいでしょう。

趣味の話や好みの話をして、「俺もそうなんだ!」と共感してくれたり、何かと共通点を見つけようとしてくれるようであれば、かなりの確率で脈ありです!

シャイボーイな人の恋愛心理は、何かと遠回りに物事を進めようとするもの。だから女性にしてみればとてももどかしく感じることもあるのだ、ということも理解してあげましょう。

些細なことだったり世間話でもなんでもいいので、まずはお友達と話す感覚で気軽にお話してみましょう♪もしかしたら彼の意外な一面も知ることが出来てしまうかもしれませんね!

シャイな彼に自信を持たせるのはあなた次第!

自分の感情を素直に出さなかったり、必死に隠そうとしたりでシャイな彼はちょっとめんどくさいなって感じていた方もいるかもしれませんが、女性の接し方次第でグーンと距離を縮めることが出来るということがおわかりいただけたでしょうか?

もし気になるシャイな彼がいてどう接したらいいかわからなかったという方も、彼をゆっくりと「育てていいく」ことで何か新しい発見があるかもしれませんね!