【人見知りの克服は簡単?】大切な人と本音で向き合うための”8つの準備”

人見知りは克服することができます。友達は欲しいけど初対面の人に何を話して良いのかわからない。自分の意見を伝えて変に思われたり、嫌われたりすることが怖い!ついつい、人見知りの人は他人にどう思われているのかを気にしてしまいますよね。そこで今回は「大切な人と本音で向き合うための”8つの準備”」をご紹介させていただきます。 

人見知りを克服するためのポイント

ポジティブな理由で人見知りを改善させよう!

優しくてまじめな人ほど、人見知りである自分を否定してしまう傾向にあります。

しかし、欠乏感から始まった行動はモチベーションが続かない場合も多いのです。

たとえば、ダイエットなども「太ったからやせる」よりも「キレイになりたいからやせる!」のほうがやる気が継続して目標を達成することができるといわれています。

もし、あなたが人見知りで悩んでいたとしても「将来が不安だから」「友達ができないから」という不安や焦りを理由に克服するのでは少し問題があるかもしれません。

なぜなら、やる気を管理している私たちの脳は、前向きな目標を応援してくれやすい特徴をもっているからです。

「憧れの人とお付き合いしたい!」や「すてきな友達をたくさんつくりたい!」という前向きな気持ちで人見知りを克服してみませんか?楽しくポジティブな気持ちで挑戦したほうが結果は必然と良くなりますよ。

MEMO
ネガティブな理由で人見知りを克服するのはやめよう

どんな自分でもそのまま受け入れる

私たちが新しい目標に挑戦するときに必要になるのは心の土台です。

簡単にいうと、安心感です。

なぜ赤ちゃんは、転んでも諦めず歩く挑戦ができるのでしょうか?それは、いつでもお母さんが助けてくれるという心の安心感があるからです。自分自身を受け入れてくれる存在がなければ、人は不安が多くなってしまい行動することが難しくなっていくのです。

人見知りである自分を否定するのではなく、まず心から受け入れてあげること。どんな自分でも、世界でたった一人の大切な存在です。良いところも悪いと思ってしまう部分も合わせて自分自身なので、丸ごと受け入れてあげましょう。

また「嫌だから、心配だから」というネガティブな理由で行動しても継続することは難しく、自分自身を否定しているため焦ってしまい、良い結果を出す可能性が低くなるのです。

人見知りである自分を受け入れることが克服のファーストステップになりますよ。

MEMO
人見知りである自分自身を受け入れてあげよう

大好きなことをするときは落ちこめない!?

弱点を克服する行動は、努力や気力が必要でやはり大変なことですよね。

自分の好きなことに努力は必要なくても、苦手なことは体力も精神力もたくさん必要になってくるはずです。特に対人関係は、突発的な問題がおおいため、ストレスが大きくかかります。

ストレスなしで人見知りを克服したい人は今よりも大好きなことをしたり、大好物を食べることを意識的に増やすことをおすすめいたします。歌うことが大好きな人はカラオケに行ってみたり、イタリアンが好きな人はおしゃれなレストランで食事をしたりすると良いでしょう。

なぜなら、大好きな行動を積み重ねる生活は、あなたの心に自信をもたらすためです。

逆に大嫌いなことばかり、苦手なことばかりしていては、やる気も元気も無くなってしまうと思いませんか?滝にうたれる修業も悪くはないと思いますが、やっぱり楽しい努力にはかないません。

人見知りを克服するということは、苦手なことを努力してこえるというになります。その状況はストレスだらけになってしまい、途中で嫌になってしまうことも十分考えられます。そんなことにならないように、ぜひ意識的に大好きなことをたくさんしてみてください。

好きなことは、自分自身を肯定してくれる力があるので、人見知りを克服する挑戦に役立つこと間違いなしですよ。

MEMO
大好物で人見知り克服のエネルギーをたくわえよう

愛想笑いをSTOP!自信が回復する「笑わない自分」

かわいらしい笑顔をする人はすてきだけれど、もし、無理して笑っているなら少しご用心です。

本当は楽しいわけじゃないけど、なんとなく笑っている。
笑わないとKYに思われることが、怖いからいつも笑顔で周りに合わせている。
とりあえず笑っていれば嫌われないから、、、。

こんな理由で無理して笑っている人がいるかもしれませんよね。たしかに笑顔はコミュニケーションを円滑にする素晴らしい表現方法の一つです。

でも、愛想笑いって、とても疲れませんか?

本当にうれしいことがあると、人は自然と笑顔になるはず。幸せなことや楽しいことは心で感じる「本当」のことなので、無理に笑顔を意識する必要はありませんよね。

誰かに嫌われたくないという理由で「愛想笑い」をずっと続けていると、少しずつ自分に対しての自信が減っていくこともあります。

なぜなら、それは自分自身の「本当の気持ち」と向き合っていない時間が増えるから。

人見知りを克服したい!と思っている人は、繊細な心の持ち主です。そんなデリケートな人は、ついつい、本当はうれしくもないのに、本当は嫌なのに、無理して愛想笑いをしてしまうものです。

愛想笑いばかりの日々では、いつしか人とのコミュニケーションが疎ましく感じてしまい、疲れてしまう危険性があります。

もちろん、突然、笑わないようにするのではなく、なにも心に感じることがないときは、「そのままの表情」を人に見せることも大切です。

心を解放して「素」を出せると、自分を肯定できて少しずつ自信が湧いてきますよ。

MEMO
今日から少し愛想笑いを減らしてみよう

好かれたいはNG!?絆は信頼から生まれる

信頼関係を結ぶ気持ちをもてば、人見知りはゆっくりと改善します。

あなたは好かれたいですか?それとも信頼されたいですか?同じ意味でしょ!?と言われてしまいそうですが、「好き」と「信頼」はちょっと違います。

人見知りの人は「信頼関係」よりも「好かれたい!」または「嫌われたくない!」と思い、人と接していることが多いのです。

その点が人見知りの克服において、少々問題となるポイントです。

たとえば、いつも他人の意見に合わせてばかりの人と、他人の意見を尊重しつつも自分の意見をしっかり相手に伝えられる人がいるとします。

あなたなら、どちらの人を信じることができますか?おそらく、自分の意見をしっかり伝えられる人だと思います。

逆に、日頃から自分の意見を伝えず、他人の話に合わせてばかりだと、「いい人」になれることはあるかもしれませんが、「信頼される人」になることは難しいのです。

大切な人と素晴らしい信頼関係をきずいて、なんでも本音で語り合えるようなパートナーを欲しがっているから、あなたは人見知りを克服したいのだと思います。

それならば、今日から「好かれたい・嫌われたくない」という考え方ではなく、「どうすれば信頼されるようになるのか?」という前向きな発想で大切な人と接してみてください。

「好かれたい」は自分だけの気持ちですが、「信頼されたい」は相手の気持ちを尊重しています。

MEMO
ここに文章

心が元気になる健康食材に注目しよう

睡眠不足なども問題ですが、必要な栄養がないとイライラしたり、落ち込みやすくなったりします。インスタント食品ばかりの人やファーストフードによく行かれる人も注意が必要ですよ。

また、ご存じの人も多いと思いますが、心を安定させる作用があるセロトニンが欠乏すると鬱病などになってしまうと言われています。もちろん、過度な緊張や神経のバランスなどにも深く関係しています。

人見知りを克服したい人は特に、感情を伝達させる脳の栄養を心がけましょう。しっかりとした栄養を摂取していれば、簡単に落ち込んだり心が傷ついたりすることが少なくなるのでおすすめです。

やる気や心を整えるおすすめ食材

牛乳やチーズ、大豆

セロトニンが多く含まれており、心を落ち着かせる栄養と呼ばれています。

青魚(イワシ・サバ)

オメガ3脂肪酸が含まれている食材です。脳を活性化してくれる栄養素として注目を浴びています。

青汁(ホウレンソウ・小松菜)

整腸作用が第2の脳いわれている大腸を整えストレスを軽減させます。

大豆食品(納豆・豆腐など)
自律神経を整える作用があり、ストレスに強い体づくりには最適です。
ハーブティ(目的にあった種類を選びましょう)

カモミールティは心を穏やかにするハーブティとして有名です。

焦って仲良くする必要なんてない!

素晴らしい人間関係をきずくためには、まず自分から心を開く必要があります。自分の胸をオープンにしていない状態では、相手もその態度と同じように心を開いてはくれません。

しかし、人見知りの人は傷つくことを恐れて心を開くという、その一歩がふみだせないのです。

「本当はもっと話したいのに、、、」「自分の気持ちを知って欲しい」「もっと本音で話せるようになりたい」そう心の奥では思っているのに、なかなか行動にうつせない人はとても多いはずです。

大切なことは、無理な行動はつつしみ焦りを落ち着かせることです。

本当は緊張して嫌なのに、あえて目立つことをする。コミュニケーションをする人との相性をよく考えないで、積極的にアプローチをしたものの人間関係がギクシャクしてしまう。こんなことは、避けたい失敗と判断しても良いかもしれません。

人見知りはコミュ障などと呼ばれることも少なくないので、早く治したいと心配になる気持ちはよく理解できます。しかし、ここは冷静に行動することをおすすめいたします。

まず自分がどんな人とコミュニケーションをしたいのか?誰と本音で話し合いたいのか?ということを明確にすることが重要です。友達・恋人というカテゴリーではなく、「この人と仲良くしたい!」という気持ちをもって、前向きにコミュニケーションを目標とすることが良いでしょう。

自分の感性と合わない人と無理に仲良くする必要性はありません。

MEMO
誰と心をシェアしたいのか、考えよう

0.1歩でもふみだした私は偉い!自分褒めが大事

人見知りは優しくて繊細な人がなりやすい心の障がい。自分にとても厳しい人が多く、落ち込みやすい性格な特徴があります。まじめは誠実で素晴らしい心ですが、その性格により息苦しい生活になってしまっては少し悲しいですよね。

もっと自分自信に優しく生きてみませんか?

人見知りを治したい!と積極的に思っただけでも100点満点。他人を変えることではなく、自分自身を変えようと努力しているあなたは、健気でとっても魅力的です。

もっともっと自分自身を褒めてみませんか?

日本人は謙遜が大好きな国民性をしているので、ついつい「私なんて」という言葉を好みます。しかし、自分を卑下するとやる気や元気はドンドン低下してしまうのです。

ですので、緊張しながらでも人見知りを治す行動ができた自分をたくさん褒めてあげてください。失敗したとき、うまくいかないときこそ、たくさん励ましてあげてください。

小さな行動を褒められる人は少しずつ自信が芽生えます。

逆にあれもダメ、これもダメと言っていると、どんどん自信がなくなってしまい、ますます人見知りに拍車が掛ってしまいます。罪悪感やネガティブな気持ちは成長を阻害する作用がありるのです。

一言でも自分の意見を言えたら「私って勇気がある!」、自分の気持ちを素直に話せたら「私ってすてきだな~」と実際に言葉にしていい子、いい子、してあげてください。

褒める作用は自分の存在を肯定するパワーがあり、ゆっくりと人見知りが改善していきますよ。

MEMO
自分の挑戦はいつだって100点満点

まとめ

「大切な人と本音で向き合うための”8つ準備”」はいかがだったでしょうか?

人見知りを克服するには、心の準備がとても大切です。そして、自分自身を優しくいたわりながら、愛しながら行動していくことで、ゆっくりと改善していきます。

繊細で優しい人だからこそ、人見知りになってしまうのであれば、もう少し本音を伝えたり自信をもって生きても嫌味になることなんてありません。

そんなあなたが少し勇気をだして一歩をふみだせば、それだけもう十分魅力的な人なんですよ。ぜひ、この方法ですてきな人たちと本音で語り合える関係をつくっていただければ幸いです。

これだけは忘れて欲しくないキーワード
  1. ネガティブな理由で人見知りを克服するのはやめよう
  2. 人見知りである自分自身を受け入れてあげよう
  3. 大好物で人見知り克服のエネルギーをたくわえよう
  4. 今日から少し愛想笑いを減らしてみよう
  5. 好かれることよりも、信じられる人を目指そう
  6. 食べ物で心の安定を計画しよう
  7. 誰と心をシェアしたいのか、一度考えよう
  8. 自分の挑戦はいつだって100点満点