仕事が辛い!そんな時に見るべき失敗しない転職方法まとめ

こんなタイプの方は仕事でストレスが溜まっている方です。

  • 会社や仕事が楽しくない。
  • 仕事でストレスが溜まる。
  • 仕事がうまくいかない。
  • 上司やメンバーとうまくいかない。
  • 今の仕事は自分に合っていないのではないか。

これに当てはまる方は、仕事でのストレスが溜まっている方だと思います。
そんな状況に置かれると、とても辛いと思います。そんな辛い感情を抱えたまま仕事をしていると、本来あなたが持っているパフォーマンスを発揮できないだけでなく。仕事を続けるのが困難になり、心の病気になるリスクが高まってしまうことでしょう。

今の仕事を見つめなおしてみましょう

どこがいけないのか考えてみる

まず今の仕事が辛い理由を考えてみましょう。
大きく分けて2つあると思います。まずは仕事そのものについての問題。そして、会社に関する問題です。

例えば、
・仕事が楽しくない → 仕事内容がミスマッチ、飽きた、意義を感じないなど
・会社に行きたくない → 人間関係が辛い、結果に対するプレッシャーなど

どこに自分の問題があるかを分析してみましょう。これで辛いと思う原因がわかるはずです。

状況を変えられるならもう少し頑張ってみる

転職ではなく、今の仕事で環境が変えられるか、状況を変えられるか頑張ってみましょう。
つらい状況は自ら進んで変えていきましょう。

まずは、自分の可能性を知る

今の仕事は自分に合っていないのではないかと思う瞬間があるかと思います。
ただ、具体的に何が合っていなくて、どのような内容なら自分に向いているのか明確にならずにそのまま日々が過ぎていく事がほとんどです。

エージェントなど転職のプロから見るとそのような行動が一番勿体無いとよく言われます。
実際に転職に成功した人も口をそろえて「もっと早く行動していればよかった」と後悔するケースが目立つそうです。
なので、まずは今の自分にはどんな仕事の幅の可能性があるか知る所から始めましょう。
今すぐの転職を考えていなくても、自分の適性を知っておくことはとても大事なことです。
自分では自覚していない可能性や、仕事の幅を見つけられるチャンスにもなります。 リクナビNEXTのキャリア診断(グッドポイント診断)は、仕事の取り組み方やパーソナルな質問に答えて、自分の適性を分析してくれます。

複数の質問に答え、自分では自覚していない可能性や、性格分析の精度がかなり高いので、自分のことをよく知れます。その中でも リクナビNEXTのキャリア診断(グッドポイント診断)は、実際に転職活動の面接に持込みされるほど精度が高く、おすすめです。

無料の会員登録完了画面から診断テストへ移動できます。

仕事が辛いと感じる人がやりがちな失敗パターン

安易に資格を取ろうとする

たしかに、資格は一度取ってしまえばあとは仕事が舞い込んでくる資格もあります。しかしそういった資格は難関で、取得するのに長期間の勉強期間と、資格取得コストがかかります。
逆に取りやすい資格は、その資格保有者が多く、まず仕事にありつけるのは難しいでしょう。それに、長い時間とお金をかけて資格を取得したとしましょう。それでもし、自分と合わなかったらどうでしょう。お金と時間の無駄遣いとなります。さらに、資格を取っても営業が絶対に必要になります。すべて自分でやらないといけないですから、個人での営業は企業時代と比べて、とても大変です。

上司のイエスマンになれば良いと思い込む

会社組織においてはある程度のトップダウンの意思決定は大切になります。しかし、それでハイハイと言うことだけを聞いていれば、成功すると思ってはいけません。
上司はあなたを使って仕事をしているだけなのです。上の立場になればなるほど、その意識は強くなるでしょう。表向きはモチベーションを高めるために、部下のためだと言ってくるでしょうが、それは本音ではないかもしれません。なので、自分にあったフィールドで、仕事の本質を見極められるところに身をおくべきなのです。

残業して、認められようとする

日本企業でよくあるのが、残業をすれば一生懸命仕事していると思われることです。
意味のある残業だったら良いのですが、上司や周りの顔色を伺うだけの残業は、自分にとって意味はありません。あくまでも仕事は成果主義であるべきです。 

副業で稼ごうとする

副業は本当に大変です。よく情報商材などで月100万円稼げるなどといった広告を見ますが、それを実現しようとすると本当に苦労します。普段の仕事をこなしながら、副業をするのは大変です。仮に売上がたったとしましょう。それでも大した金額にならずに、コストの方が多くなってしまいます。

あなたのスキルや経験を必ず求めている企業は絶対にあります

今は辛くても、その辛さはずっと続かない

例えばこんな風に思っていないでしょうか。

◎今の仕事が辛いから、これからも辛いままだ(仕事内容と職場を変えたとしても)
◎もしかして、自分は仕事そのものに向いていないのかもしれない。

多くの人がこのように考えてしまいます。
しかし、仕事がうまく行っている、楽しい、成功している人をよく見ると、自分にあった仕事や職場と出会えた人だけです。
それも、仕事内容だけでなく、職場の人間関係すべてに当てはまります。
仕事が辛いと感じている人や、自分のやっている仕事に自信がない人ほど、
「どこの会社でも同じ、どんな仕事をしても同じだ」と考えてしまいます。これでは全く状況は好転しません。

仕事が辛い悪循環を断ち切ろう

・仕事のミス→仕事が辛くなる→迷惑がかかる→他人と比べて自己嫌悪
・職場で浮いているような気がする→仕事に行きたくない。

この悪循環を好転させる必要があります。
つまり自分のスキルを求めている環境を選ぶ必要があるのです。

まずは自分の市場価値を確かめてみよう

これまでたくさんの転職者を見てきましたが、本当にあなたのスキルを必要している企業はあるのです。
今は、ただ単にその場所に出会ってないだけなのです。

運命の会社はどうやって見つければ良いのか

転職エージェントで探してみる

では、どうやって自分にあった仕事を探しているのでしょうか。
まず転職エージェントに相談してみるのもいいでしょう。彼らは、時に今の仕事の話を聞いてくれ、さらに自分にあった仕事を紹介してくれます。
エージェントによっては、何千人もの転職者とあっているので、適切なアドバイスをくれるはずです。
また、転職エージェントは複数登録するのがおすすめです。
プロの転職エージェントも最低でも3つ以上の転職サイトに登録しておくことを推奨しています。

今のトレンドは「匿名の求人検索+紹介サービス」との併用

もっとも今使われているのが、匿名スカウトサービスです。
これは、登録すると、自分で求人を検索できるのはもちろん、匿名のポートフォリオを登録しておけば、あなたにあった求人があれば紹介をしてくれます。現在の転職トレンドでは、転職エージェントと併用して登録するのが一般的です。

これは匿名で利用でき、さらに利用者はすべて無料で使うことができます。
もちろん、実際に転職しなくても情報収集だけでも使うことができるので、今どきの転職では当たり前のサービスとなっています。

どんな求人があるのかを検索したり、スカウトを待ったり。使い方はいろいろ

そんな使い方もできます。スカウトも受けられ、もちろんスカウトがあったからといって、必ず応募しなくてはいけないわけではありません。もちろん、求人を検索するだけでもOKです。利用者は無料で使えます。またリクナビネクストは8,000件の求人膨大な求人から自分にあった仕事を探すことができます。

まずははじめの一歩を踏み出そう

行動しないといつまでも今の環境は変わりません!
あなたはこれまでとても辛い状況だったかもしれません。しかし、自分にあった職場を見つける一歩を踏み出せれば、
今日の状況から大きく前進することができます。最初の一歩を踏み出してみましょう。