やりたくない仕事を断る4つのメリット!心得ておくべき事5つを教えます!

毎日仕事を行う中で「やりたくない仕事」を頼まれるようになってしまう事もありますよね。そんな時に皆さんは後のような対応をしていますか?やりたくない仕事に遭遇した時の適切な対応を紹介します。また、人によっては断ることが出来ない人もいますよね。やりたくない仕事を断った時のメリットを把握してくといいかもしれません。

どんな仕事にも「やりたくない仕事」はある?

就職をするときには「この仕事をやりたい」という思いでその会社を選ぶようになるかと思います。はじめからやりたくない仕事に就こうと思う人は少ないですよね。しかし、毎日仕事を行うようになることで「この作業はやりたくない仕事」というように、業務の中でやりたくない仕事が出てくるようになってしまうかもしれません。

どんな仕事だったとしても、1つや2つ自分がやりたくないと思う仕事はありますよね。このような仕事を頼まれるようになることで、それが自分の負担になって仕事に対してストレスを感じるようになってしまう可能性も考えられます。

また、これが原因で他の仕事に転職をしようと考えるようになってしまう事もあるようです。やりたくない仕事を頼まれたときに、どんな対応をすれば自分の負担にならないのか、頼まれたときに断ったらどんなメリットがあるのかという事をしっかりと把握しておくようにしましょう。

今後、やりたくない仕事に遭遇した時には、出来るだけ楽な気持ちで作業が出来るようになるといいですよね。やりたくない仕事をどうにかして終わらせる有効な方法を紹介します。

どうしてもやりたくない仕事はどうする!?心得ておくべきこと

新人のうちは仕事を断ってはいけない

やりたくない仕事に遭遇した時でも、新人のうちは「とにかく何でもやる」という意識をもつようにすることが大切なのです。実績や経験がないうちに「この仕事はやりたくないからやらない」「これは楽しいからやる」というように自分で選ぶようになってしまう人もいるかと思います。

しかし、このような状況になることで結果的に上司から嫌われて会社から見放されてしまう可能性もあるので注意をしましょう。自分が今後その会社で仕事がやりづらくなってしまうだけですよ。社会に出れば「やりたくないこと」「やりたいこと」「正しいと思うこと」「間違えていると思うこと」というものがあって同然なのです。

新人のうちに「やりたくない仕事」でもしっかりとやるというスタンスを持っていれば、視野を広げて自分の人生の幅を広げていくことが出来ます。ある程度経験や実績を積むまではどんな仕事でも文句を言わずに行うようにするという事も大切だという事を忘れないようにしましょう。

やりたくない仕事は断るようにする

上司やまわりの人からやりたくない仕事をお願いされるようになってしまう事もありますよね。しかし、この時に多くの人は「嫌だな」という気持ちを持ちながらその作業を進めようとしてしまうのです。このような状況で作業を行っても、自分のおおきなストレスになるだけだという事を忘れないようにしましょう。

また最悪の場合には、やりたくない仕事に集中できずに失敗をするようになってしまう可能性も考えられます。もともとやりたくないと思っている仕事で失敗をしてしまえば、更にその作業が嫌いになってしまいますよね。

上司や周りの人にやりたくない仕事を頼まれた時には「断る」という事も大切なのです。もちろんどんな仕事でも断るようになってしまえば「やる気のない人」という悪印象を持たれるようになってしまいます。どうしてもやりたくない仕事に対してだけに、勇気を持って断るようにしてみてください。

何でも引き受けるようにして自分の負担になるくらいなら、断って楽な気持ちで仕事ができるようになった方がいいですよね。常にやりたくない仕事を引き受けて、会社や全ての仕事に対して「やりたくない」と感じてしまわないように注意をしましょう。

モチベーションをあげてやりたくない仕事をやる

やりたくない仕事行う際に「やりたくない」「嫌だ」という思いを抱えるようになってしまうようになることもありますよね。しかし、このような思いを抱えながら作業を行うようになれば余計に「やりたくない」という気持ちが大きくなってしまうのです。気持ちが大きくなればなるほど自分に大きな負担をかけるようになってしまう可能性も考えられます。

そうなってしまわないように、どうしてもやりたくない仕事を行わなければいけない時には、自分なりにモチベーションをあげて作業を行うようにしましょう。ただやりたくない仕事に対してモチベーションをあげることは簡単なことではありません。

自分で、この仕事がおわったら〇〇をしようというように終わった後の楽しい事を考えるように出来るといいですね。また、やりたくない仕事を一生懸命にやっている自分に対してご褒美を用意してあげるようにしてもいいかもしれません。

この作業ができたら美味しものを食べに行こう、欲しかった○○を買おうなど簡単なご褒美で構いませんよ。大切なことはそれで自分のモチベーションをあげるようにすることなのです。楽しいことや嬉しい事を考えて作業を行うようにすれば、ある程度気持ちを軽くすることが出来るかもしれませんね。

面接の際にやりたくない仕事を伝えるようにしておく

自分の中で「こんな仕事はしたい」「あんな仕事はやりたくない」というようなものを持っている人が多いですよね。まずはやりたい作業とやりたくない作業を自分なりにしっかりと把握するように出来るといいかと思います。そして「何故自分がやりたくないと思うのか」ということをしっかりと考えるようにしましょう。

このような事を明確にした上で面接を行うようにすることも大切です。面接に受かりたいという気持ちが大きくなることで「なんでもやります」という姿勢を見せてしまってはいませんか?なんでもやると言っていたのにいざ仕事を行うようになってから「これはやりたくありません」というようになれば上司から言っていることが違うと思われるようになってしまいます。

面接の際に「このような仕事はやりたくない」という事を伝えるようにすることも大切なのです。また、面接を受ける会社にはどんな仕事があるのかをしっかりと把握しておくように出来るといいかもしれませんね。

面接で相手に伝える場合には、ただ単にやりたくないというのではなく「○○だからやりたくない」というように理由をsっかりと伝えるようにすることを忘れないようにしましょう。もし、これを伝えたことで面接で落とされてしまったらその会社は自分には合っていなかったと判断することが出来るかもしれませんね。

これを行うようになることで、実際に仕事を行うようになってから「やりたくない仕事」が原因で転職を考えるという事を予防することが出来るようになるかと思います。

やりたくない仕事が多い時には転職を考える

自分に与えられている仕事内容のほとんどに対して「やりたくない」と感じてしまうという人もいるかと思います。このような場合には、その仕事自体が自分には向いていないと判断することが出来るかもしれませんね。常に「やりたくない」と思うようになれば、毎日「会社に行きたくない」と思うようになってしまうかもしれません。

仕事内容の中にいくつも「やりたくない仕事」がある人は、しっかりと自分と向き合って「何故やりたくないと思っているのか」「今の仕事は自分に合っているのか」という事をしっかりと考えるようにしましょう。常にやりたくない仕事を無理に行っていても、自分を成長させることは難しくなってしまいます。

仕事を行う上で、やりたくない仕事に時間を取られてしまっていては、無駄な時間だという事も出来るかもしれませんね。一度「やりたい仕事」と「やりたくない仕事」を明確にした上で、今の仕事と冷静に向き合うようにしましょう。

転職を行う際にはある程度覚悟が必要になります。そのため、自分では判断できないという場合には信頼できる人に相談を行うようにしましょう。この時に相手の意見に従うようにするのではなく意見を参考にして自分で結論を出すようにすることが大切ですよ。

やりたくない仕事を断る4つのメリット

やりたい仕事に対するスキルをあげることが出来る

やりたくない仕事を断るようになることで、自然に「やりたい仕事」に取り組む時間を増やすことが出来るようになりますよね。短期的なメリットを優先してやりたくない仕事を行うようになってしまう人も少なくありません。しかし、このような状態になってしまえば自分に大きな負担を掛けて本当にやりたい仕事に対するスキルをあげることが出来なくなってしまうのです。

自分がやりたくない仕事を無理に行っている時に、周りの人はやりたいことのスキルをあげていると藻うようにしましやう。また毎回の時間が積み重なることで結果的に他の人とのスキルの差が出来るようになってしまう可能性も考えられます。そうなってしまえば、どんどん自分にとってマイナスな状況になってしまいますよね。

誰にも負けない程「やりたい仕事」をいかにやり続けることが出来るのか、という事が大切になるという事を忘れないようにしましょう。これをしっかりと意識することが出来れば、圧倒的なクオリティやパフォーマンスに繋げることが出来るようになるかもしれませんね。

自分のやりたいことに対してのスキルをあげたいという思いを持っている人は、やりたくない仕事を断るようにするという事も大切だという事を忘れないようにしましょう。

無駄な苦悩をする必要がなくなる

やりたくない仕事でも全力で行うようにすることが大切だと考えている人も少なくありませんよね。人それぞれ価値観というものがあるので、このような考え方の違いが出てくることは仕方のなのかもしれませんね。やりたくない仕事を頻繁に行うようになることで、苦悩を感じるようになってしまう可能性も考えられます。

苦悩を乗り越えるからこそ、自分を成長させることが出来るという人もいます。しかし、人間は苦悩を感じるようになることで自分の神経をすり減らして結果的にマイナスな状況になってしまう可能性もあるので注意をしましょう。

苦悩は誰しもがなるべく感じたくないと思いますよね。苦悩がない状態になれば自分の気持ちをある程度楽にすることが出来るようになるかもしれませんよ。やりたくない仕事を無理にやろうとしなくても十分に自分の実力を伸ばすことはできるという事を頭の中に入れておくように出来るといいかもしれませんね。

クリエイティブになれる

クリエイティブになる為には、じぶんなりに物事を楽しむようにすることが大切だと言われています。これは多くの人から指摘されていることです。今後自分がよりクリエイティブになりたいという時には「遊ぶように働く」という事が理想になってくるとも言われていますよ。実際に遊ぶように仕事を行えている人は少ないですよね

中には「やりたくな仕事をしっかりとこなすようになるからこそプロになれる」と考えている人もいるかもしれません。やりたくないことを完璧にこなすことが出来るようになれば、どんな仕事に対しても対応出来るようになるのかもしれません。

しかし、個人ではなくチームで仕事を行うようになった時に1人でも「やりたくない仕事」だと思いながら作業を行うようになれば、みんなで楽しみながら仕事を行うという事が難しくなってしまいます。最悪の場合には、これが原因で円滑に作業を行うことが出来なくなってしまうかもしれませんね。

楽しめない仕事に対しては誰しもがクリエイティブになることが出来ません。無理に作業を行うようになることで結果的に最低限の知識が身につくようになるだけなのです。仕事の質をあげる為にも時には「断る」ようにすることが大切だという事を忘れないようにしましょう。
やりたい仕事が自分に回ってくるようになる

やりたくない仕事を一度引き受けるようになることで、毎回自分にその仕事を依頼するようになってしまうかもしれません。また本当にやりたい仕事が自分に回ってこなくなってしまう可能性も考えられます。反対に「やりたい仕事」を行って価値を提供することが出来るようになれば「やりたいこと」が自然に自分に回ってくるようになるのです。

毎回のようにやりたくない仕事を引く受けるようになることで「文句を言わない便利な人」だと思われるようになってしまうかもしれませんね。仕事を行う上では「自己主張したもの勝ち」という場合も多いお言うことを忘れないようにしましょう。

いきなり価値を出し続けるようにすることは簡単なことではありません。しかしやりたい仕事を一生懸命にやって期待を上回る成果を出すようにすれば与えられる「やりたい仕事」の量を増やすことが出来るようになるかと思います。

やりたくない仕事はやらなくてもいい!?

このようにやりたくない仕事を依頼されたときには、自分なりにどうするべきなのかを考えたうえで、対処を行うようにすることが大切なのです。時には、どうしてもやりたくない仕事は断るようにしてもいいという気持ちを持つようにしてみてください。

このような気持ちを持つようにすることで、自分の負担を減らして楽しく仕事ができるようになるかもしれませんね。どんな仕事にもやりたくない仕事はあるという事を忘れないようにしましょう。