あなたは“セックスフレンド”という言葉を聞いたことはありますか?“セフレ”とも略されるセックスフレンドはいったい恋人や友達とはどう違うのか。またセックスフレンドから生まれたソフレの意味とは?今回は男女それぞれの価値観をひも解いていきたいと思います。

【男女別】セフレとはどういう意味なの?

セフレ=セックスフレンドという言葉の略

f:id:ffgai:20170208003333j:plain

突然ですがあなたは“セフレ”という言葉を聞いたことはありますか?“セフレ”は“セックスフレンド”という言葉の略で、その名の通りあくまで恋人同士などではなく、セックスをするお友達ということです。そんなの都市伝説だよ、という方もいるかもしれませんが現代ではセックスフレンドがいる人は少なくありません。今回はその“セフレ”というものについて掘り下げていきます。

女性が考えるセフレとは

それではいったい“セフレ”とはいったい男女それぞれにどういうものとして捉えられているのかを考えてみたいと思います。

まず女性にとっての“セフレ”とはどういうものなのか。女性にとって“セフレ”の存在は寂しさを埋めてくれるものとして考えられていることが多いです。寂しい時に勿論いろいろな友達に会うのは楽しいですし、お酒が好きな人は飲み会に行ったら気がまぎれるかもしれません。ですがふと思い立った時にいきなり友人を誘うのは気が引けてしまう時もあります。

また、ワイワイしたいわけではなくなんとなく寂しくて人に会いたい時や誰かに必要とされたい時に、誰かに必要とされていると感じるためにセックスフレンドとセックスをしてしまいます。もちろん女性にも性欲はあるので寂しさを埋めるためだけではなく欲求不満を充たすために“セフレ”がいる女性もいます。

また別れた後も未練があり、相手の男性側としては付き合う気はないけれど誘われたからついついついて行ってしまうという女性もいます。

男性が考えるセフレとは

逆に男性の考える“セフレ”とはどういう存在なのか。もちろん女性のように寂しさを紛らわすために“セフレ”のいる男性もいますが、男性の多くにとってセフレは「性欲を充たす対象」であることが多いです。彼女にはあまりしたくないけれどセックスはしたいと思う女性や、彼女はいるけど自分のことを好きでいてくれているからたまにはそっちで遊ぼうとキープをしていたり、彼女にはできないようなアブノーマルなプレイを楽しむためにセフレがいたりします。

根本的に男女間では“セフレ”というものに対する考え方が違うと考えていいでしょう。ただ、やはり身体の相性が合うからセフレになる、という人もいるので一概には言えません。

セフレがいる人の割合はどのくらい?

男性のパーセンテージ

首都圏に住むR25世代の男性1000人にアンケートを実施。結果、「セフレがいる・過去にいた」と答えた人は256人(25.6%)で、なんと4人に1人がセックスだけの交遊経験がある

それでは次にセフレのいる男性、女性の割合を調べることにします。まず男性で過去にセフレがいた人といま現在セフレのいる人の割合を調べてみると25.6%の人、実に4人に1人の男性にはセフレがいたorいる、ということがわかりました。これは結構多い数字ですよね。近年は男性が草食化している、という風にも言われていますが4人に1人はやることをやっているということがこの結果からわかりますね。

女性のパーセンテージ

「今セフレがいる」と答えたのは38%。3人に1人よりも多い割合という結果となった。

現代はセフレが作りやすい環境になっている

SNSの発達で気軽に出会える

現代はSNSの発達によりセフレが作りやすい環境になっている、といえます。インターネットの発達する以前ですと誰かと連絡を取る際は電話や手紙でした。ですのであまりリアルタイムでやり取りができず、また密なやり取りができませんでした。

ですが現代はTwitterやFacebook、そしてLINE等のSNSが最盛期となっています。Twitterでは共通の趣味を持った人を探すことが容易にできますし、プリクラ等の画像をアップロードをしている人も大勢いるので可愛いから、かっこいいからフォローをする、ということもできます。そして何回かやり取りをして、DM(ダイレクトメール)に移行して、会うという流れに結び付けることも可能です。

またFacebookは小学校や中学校、高校の同級生と繋げてくれます。Twitterが新しい出会いを生むツールなのに対し、Facebookは過去に知り合った人の近況を教えてくれ、同窓会などを開きやすくしてくれるツールなのです。むかしは憧れていて上手く話せなかった人とも話やすいためそこから発展することもあります。

そして代表的なSNSといえばLINEです。IDやQRコードを教えるとすぐに友達になれ、そこから連絡が取れます。そしてLINE通話という機能は音声通話機能のみならずテレビ通話もできるのでメール等の文字だけのやり取りよりも、より親密になりやすいと言えます。ですので現代はSNSによって非常に出会いやすい時代になったと言えるのです。

離婚率の増加も原因

現在日本では3組に1組が離婚していると言われています。ではこの結果とセフレの作りやすさはいったいどうのような関係性があるのでしょうか?まず、一度離婚を経験してしまうと結婚をするのがめんどくさい、と思う方や結婚への憧れが無いためもう結婚はいいかな、と思ってしまう方が多いです。それにより、彼氏だったり彼女を作る人もいますし、一人に固執するからめんどくさいという考えにいたり、性に対して奔放になる方もいます。そういった様々な事象によりセフレ関係になる人が近年は増えています。

セフレと浮気の違いとは?

相手に対して愛情があるかないか

では次にセフレと浮気の違いについて考えてみましょう。まず“相手に対して愛情があるかないか”という点ですが、セフレの場合は相手に愛情が無いことが基本的に多いです。セフレはもちろんセックスをするので嫌いな人では成り立ちません。

ですが基本的にセフレは愛情よりも友情なんかの占める割合が大きいです。仲が良かった同士が気づいたらセフレになっていることもあります。逆に浮気は気持ちの関係が大きいので浮気の場合は相手に対する愛情がお互いに基本的にあります。

ただ、セフレでも愛情がある場合もあります。ただこれは浮気と違って双方に愛情がある、というわけではなく片一方だけが愛情を持っているパターンです。お互いに愛情があるのならば浮気であったり、本気で付き合えばいいわけです。ですが片一方しかないときはどうしようもありません。

別れた相手とずるずるそういった関係になってしまっている人もいますし、片思いをしていて付き合えると思っていたらいつの間にかセフレになっていた、という人もいます。ですのでどちらか一方には愛情があるかもしれませんが基本的に“セフレ”はお互いに愛情があることはありません。

セックス以外に行為をするかしないか

では浮気とセフレでは具体的にどういう違いがあるでしょうか?浮気の場合は身体だけの関係を楽しむものではなく相手そのものを楽しむ行為であるので、勿論デートをします。映画を観たり、動物園に行ったり。はたから見ていると浮気の場合はただのデートを楽しむカップルに見えることでしょう。ですがセフレの場合はそういうことをしません。純粋にセックスを楽しむ関係なのでデートは基本的にしません。ただ、あくまで友達なのでホテルに行く前に飲みに行くことはありますし、どちらかの家の場合お酒を飲んでテレビを見ることもあります。

以上のことがセフレと浮気の大きな違いで、セフレは基本的に友達とセックスをする感覚でしかないのに対し、浮気は少なからず愛情があるのでデートをしますし、セックス以外を楽しもうとするものです。

良いセフレ関係ってどんな関係?

お互い束縛しすぎない

では次にいいセフレ関係について考えてみましょう。まずいいセフレ関係の条件一つ目は“束縛しすぎない”です。セフレは恋人同士ではないですし、浮気相手とも違ってドライな関係です。ですがそのドライな関係こそが上手く続けるための大事なポイントです。お互いに束縛してしまったり、どちらか片一方が束縛してしまうとセフレという関係はうまく続けられません。ですのでうまく続けていくためには束縛をしないことが大事です。

相手に気を遣わせない

いいセフレ関係でいるための二つめの条件は“相手に気を遣わせない”です。恋人関係だったり浮気している間柄だと相手に気を遣わせてしまうことも非常に多いと思います。ですがセフレという割り切った関係でいるには相手に気を遣わせないのも大事なポイントです。

セックス以外の関係を持たない

いいセフレ関係でいるための三つ目の条件は“セックス以外の関係を持たない”です。恋人や浮気相手と同じようにデートなどをしてしまうとだんだん相手に情がわいてきてしまいます。ですのでいいセフレ関係でいるためにはあくまでドライに、セックスだけの関係でいることが大事です。

セックスだけの関係だからこそ、思う存分セックスを楽しみたいですよね。そこで活躍するアイテムがこの「リビドーロゼ香水」です。今密かに、マンネリ化を防ぎたいカップルや、セフレカップルの間で話題になっているアイテムです。

実はこの香水、一度嗅いだ人間を自然とメロメロ・ムラムラに興奮させてしまう成分「オスモフェリン」が配合されているので、これを付けてセックスすれば、自然と本能的に盛り上がるというマル秘アイテムなんです。まるで媚薬の様なイランイラン花油と、フルーティな香りがとってもムーディ♪1プッシュでほんのり香るので、まるでシャワーを浴びた後の様な清潔感が溢れ、身だしなみケアとしてもお使い頂けます。ピンクのロゴが付いた可愛いらしいパッケージでもあるので、パートナーの女性にプレゼントしてもOK!ぜひお試しください。

ほかの人に迷惑をかけずに済む

いいセフレ関係とはどういう関係なのか。それはやはり“ほかの人に迷惑をかけずに済む”関係であると言えます。恋人同士ですとなにかあった際には周りの友人関係に迷惑をかけてしまうものです。どちらかの味方になったり、相談をされたり。ですがとにかく割り切った関係であるセフレの場合は誰か他人に迷惑をかけるということもないのでとても楽です。迷惑をかけない関係こそが“セフレ”なのです。

セフレだからこそ存分にセックスを楽しめる

セックスフレンドと言うだけあって、思う存分お互いセックスを楽しみたいですよね。けれど女性のデリケートゾーンのニオイや黒ずみに頭を抱えた経験はありませんか?そんな悩みを助ける、この「ジャウム・ハーバルソープ」は、そんな女性のニオイや黒ずみを徹底ケアする石鹸です。

しかし、「いくらセフレと言ってもそんな露骨な指摘は出来ない!」という人が大多数でしょう。その場合、こんな方法を試してみませんか?この石鹸は、安定剤・保存料を一切使用しておらず、インドネシアのハーブで作った、天然自然派石鹸です。なので肌ケアにも◎。そこをいかして「美容のために、この石鹸使ってみない?」と一言添えてプレゼントすれば、化粧石鹸と同じように、女性も手軽に使ってくれるでしょう!露骨に注意するより紳士的だと思いませんか?ぜひ1つプレゼントしてみましょう。

恋人がいてセフレを作るのはアリかナシか?

アリ派の意見

彼氏とエッチの相性がよくないので、アリかもしれないと思ってきました。(アパレル・繊維/クリエイティブ職/8年目)

では彼氏、彼女等の恋人がいるのにセフレを作るのはアリでしょうか?ナシでしょうか?まずアリ側の意見を見てみると、やはり恋人とのエッチの相性がよくないからアリだ、という方がいます。

今の恋人は人間としてはとても魅力的で結婚も考えているけれどどうしても身体の相性だけはよくない、と感じてしまう人はいます。男性だったらもう少し積極的な女性だったら…と感じたり、もう少し胸が大きい子がタイプなんだよな、と考える人もいるでしょうし逆に女性も、筋肉質な腕に抱かれたい…と思う人や、あそこのサイズが物足りない…と感じてしまう人もいるかと思います。アリ側の意見としてセフレは、エッチだったり身体の相性的なものを充たすためのものであるようです。

ナシ派の意見

経験あるけれど、やっぱり好意を持ってしまうので辛くなる。お互い彼氏彼女ができるまで……と言っていたから彼に彼女ができて終わったけど、私的には失恋した感じだった。

つき合っている人としか絶対しないというのがポリシーなので断固断ります。

では恋人がいるのにセフレを作るのはナシ、という側の意見を見てみると、最初は割り切った関係でセックスだけを楽しんでいたけれどだんだん情がわいてきてしまっていつの間にか相手を好きになってしまっていたためにナシだ、という昔はセフレという関係がありだと思っていたけれどナシに変わったという意見や、そもそもに恋人関係でもないのにセックスをするわけがない、というポリシーを持った方もいます。

またやはり女性側としては望んでいない相手との間にまさかのことがあって妊娠してしまったら困る、ということもありますし、男女ともに性病というリスクを考えて恋人意外としない人もやはりいます。

セフレとは違うソフレも理解しておこう!

ただ一緒に寝るだけの関係

簡単に言うとそういうことです。セックスフレンドは性行為をメインとしているのに対して、ソフレはただ一緒に寝るだけをメインとしているのです。彼氏彼女がいるのにも関わらず一緒に寝るというのは意味が分からないという人も多いでしょうけど、身体は満たされていて心が満たされていない者同士が行う行為です。

仮にどちらかが手を付けてしまったらそれはセフレとは変わらないので、ソフレを求めている人にしたらそれは裏切り行為にあたります。

例えば未成年の女性と成人している男性が性行為をしたら、罰則を受ける可能性もありますよね?しかしソフレであれば性行為をしているわけではないので、未成年の女性と成人男性のカップルがよくする行為でもあります。

エッチな気持ちになったらソフレ終了

プラトニック・セックスという言葉があるくらいに、セックスとは心がエッチをしたいと思った時点でセフレなのです。ソフレは友達同士が寂しい気持ちを埋めたり、癒されるために近くにいるだけであって身体の関係を持ちません。ただどちらか一人がエッチしたいと思った時点でそこでソフレの関係は終了したことになります。 女性は雰囲気を重視するのに対して、男性は直接触れていきたいと感じてしまうのでソフレの関係でいる状況に耐え切れなくなってしまうのが現状です。この関係を維持」していくためには相当な草食系男子でないと成立は難しいでしょう。

添い寝リフレたるものまで存在する

ソフレという言葉が流行った際に流行したのが添い寝リフレと呼ばれる商法です。女の子が男性のお客様と添い寝をするというサービスのことで摘発された店舗も少なくはないはずです。もはや金銭のやり取りが発生している時点でソフレの「フレ」でもあるフレンドではないのですが、ソフレリフレと堂々と謳っています。 セフレリフレと書くと完全に風営法に引っかかってしまいそうですね。しかしソフレリフレと書けばグレーゾーンぎりぎりといったところなのでしょう。世の中色々な商売の仕方がありますから、皆さんも変な商法には引っかからないように気をつけて下さいね。

セフレとお別れする時のコツ

理由をはっきりと伝える

では次にセフレとのお別れするときのコツについて考えてみたいと思います。まず第一は“理由をはっきりと伝える”です。やはりセックスだけの関係だったとはいえいままで充たされないものを充たしてくれた大切な友人です。なんでお別れしたいと思ったかをちゃんと伝えるのはとても大事なことです。はっきりとした理由で伝えないと後々面倒くさいことになる可能性はとても高いです。

面と向かってお別れすることを伝える

また、セフレとお別れをする際にどういう風に別れを告げるといいか、と考えるとやはり“面と向かってお別れすることを伝える”ことが大事だと思います。メールや電話で一方的に別れを告げるのは恋人同士の付き合いでもそうですが大変失礼な行為に当たるのでもし別れを告げる際はちゃんと面と向かって別れを告げるようにしましょう。

自分に恋人がいることを伝える

セフレとお別れするコツとしては“自分に恋人がいることを伝える”というのもかなり効果的です。やはり恋人がいる人に無理にセフレでいろ、というわけにもいきませんし、恋人ができるまでの間限定でセフレを作る人も多いので恋人がいるということを伝えるのはかなり効果的なことです。

連絡がお互いとれない状況にする

セフレとうまくお別れするコツとして、最終手段ではありますが“連絡がお互いとれない状況にする”という方法もあります。きちんと面と向かって終わりにしようと告げるのは勿論素晴らしいですが、そこはお互いもともと割り切った関係なので連絡を取れなくするのも一つの手段です。また、はっきりと告げないことによりふとまたセックスがしたいな、と思った時に連絡が取れなかった理由を適当に付けて相手を誘うこともできるのです。

大人ならリスクを考えた付き合い方を

男女別に違うセフレに対する考え方や目的をお分かりいただけたでしょうか。男性は女性よりも身体を求める傾向にあります。女性も勿論性欲を充たすために身体を求めることも多いですがどちらかというと寂しさを埋めるためにセフレという存在を頼ることの方が多かったりもします。男性、女性それぞれ色々な理由からセフレを求めますが、くれぐれもお互いのその関係で周りの人に迷惑をかけないようにだけは気を付けましょう。