男性の皆さんは、体位のバリエーションをいくつ持っていますか?毎回正常位だけでは男性も女性も飽きてしまいますよね。そこで今回は、先人たちの知恵「四十八手」を参考にシーンや女性の好み、お好きなシチュエーションに合わせた体位の数々をご紹介いたします!体位を知ればセックスがもっと楽しくなるはず!そんなシーン別体位一覧マニュアルを大公開しちゃいます。

体位の知識不足はセックスレスの原因?

「恋人とのセックスがマンネリ化している」というあなたは、体位の知識不足かもしれません。毎日同じセックスばかりでは飽きてしまいますし、セックスレスの原因になりかねません。

そこで今回は四十八手を参考にシーンや女性の好みに合わせた体位を一気にご紹介していきます。オーソドックスな体位から、女性が喜ぶ体位まで大公開!セックスの引き出しを増やせばセックスレスも解消されるかもしれません。

また普段はやらないようなアグレッシブな体位に挑戦してみることで、二人の関係も一層深まりますよ。セックスを考え尽くした先人たちの「四十八手」を知って、さまざまな体位にトライしてみましょう!

人気のセックス体位は?

正常位

女性も男性も気持ちよい、最もオーソドックスな体位。セックスといえばこの体位!と考えている男性も多いのではないでしょうか。四十八手では、この形から派生したさまざまな体位が存在します。女性を包み込むように挿入していること、見つめ合ったりキスをしたりしながらできることなどが人気の理由でしょう。

女性はセックスの気持ち良さが精神的な部分に帰結することもありますので、正常位のように向き合ってセックスすることで精神的に満足し気持ちよくなるものです。対して男性は視覚的に興奮する生き物なので、女性を上から見下ろしながらのセックスに高揚感も高まるはずです。

しかし正常位だけに甘んじて、他の体位に切り替えることなくフィニッシュを迎えるのはご法度です。ただ気持ちよければ良いという男性とは違い、女性は精神的な満足感を重視するもの。いくつか体位を試してみたり、たまには新しい体位に挑戦することで、相手の「気持ち良いポイント」を探してみると良いでしょう。

もちろん正常位と一口に言っても角度を変えたり女性の足の位置を変えたりしてバリエーションを増やすことは十分可能です。そうしたセックスにおける女性への気遣いが、相手との関係を深めるコツにもなるのです。

バック

バックは「鵯越え(ヒヨドリゴエ)」と呼ばれる四十八手のひとつです。鵯越えという名前は、義経が平家に奇襲をかけた「鵯越えの逆落とし」から由来しています。勇ましく馬を乗りこなすように、女性を激しく突く姿を想像していただければ分りやすいかと思います。

女性が後ろ向きに四つん這いになったところへ、男性が腰を持ちながら挿入するスタイルです。女性は足を拡げることでより深く挿入することができます。また足を閉じることでさらに締め付けて男性の気持ち良さが増すのです。好みや気分に合わせて体勢を少しずつ変えていくと面白いかもしれません。

バックは女性も男性も共に満足できる体位のひとつです。そのため女性も「バックがいちばん好き」という方が少なくありません。女性の性器のつき方にもよりますが、四つん這いになるよりも腰だけをあげて上半身が低い体勢のまま突く方が気持ち良いという女性も多いようです。男性も膣内で自分の性器をこするように動くことができるので、普通のバックとは違った気持ちよさを味わうことができるでしょう。

騎乗位

女性が主体になって動ける体位の代表が騎乗位です。女性が仰向けになった男性の上にまたがって挿入します。男性が疲れてきたら、交代して騎乗位の体勢になることでセックスを長く楽しむことができます。

騎乗位にはいくつかパターンがありますが、女性が腰を前後に動かしたり上下に動かしたりするのが一般的です。男性が下から腰を突き上げてあげることも可能です。女性が自分で気持ちの良い場所に当てることができるので、男女ともに満足度の高い体位といえるでしょう。

Sの女性ならば男性を上から征服しているような満足感を味わうことができます。男性がSの場合も、自分を気持ち良くさせるために女性が一生懸命腰を振っている様に満足感を覚えるはず。騎乗位は正常位とは違った精神的満足感を味わうのにはもってこいな体位です。

より密着できる体位って?

対面座位

対面座位は、座った男性の膝に女性が対面で腰をかけ挿入する代表的なセックスの体位です。女性が男性に抱きつくようにして挿入するので、カップルならではのラブラブな密着感を味わうことができます。

女性の場合前後に動かすことで気持ちよくなります。男性は女性が上下に動かすか、男性自身が下から突き上げる運動を繰り返すことで気持ちよくなります。それぞれ気持ちよくなるポイントが異なりますので、いろいろ試しながら対面座位を楽しんでください。

対面座位は騎乗位の後で正常位に移行する段階で取り入れてみるとスムーズです。騎乗位の状態から男性が起き上がり、お互いが抱きつくようにして対面座位の体勢に持っていきましょう。女性がスクワットのように腰を上下に動かしても良いですし、男性が下から突き上げるように動いてあげても良いです。もちろん「休憩」と称して繋がったまま動かずキスやスキンシップでイチャイチャタイムを設けるのもおすすめです。対面座位は相手の顔を見ながら密着できるので、ラブラブなカップルには是非トライしていただきたい体位のひとつです。

密着度NO.1!しがらみ

「しがらみ」は正常位を派生させた四十八手のひとつです。正常位の体勢で、男性も女性も足を伸ばして挿入します。女性は男性器を挟み込むようにしてあげると、締め付け感がアップしてより気持ち良さも増しますよ。

ただし深く挿入することはできないため、あまりに速く動かしたり激しく動かしたりするとすぐに抜けてしまいます。ゆっくり挿入感を楽しみながらのスローセックスに最適といえるでしょう。

ふたりで一緒に・・・「窓の月」

「窓の月」は側位のひとつです。ふたりで一緒に窓の月を眺めるように、寝転びながら挿入する体位です。寝転びながらの挿入は少し大変ですが、女性が少し足を開いてその間に男性の片足を入れるようにしながら挿入するとスムーズです。

激しい動きはできませんが、ゆっくり深く挿入する感覚をふたりで楽しめると良いですね。また男性が後ろから抱きこむ体勢になるので、女性との密着度は十分です。

女性が嬉しい体位は?

立ちバック

立ちバックは四十八手では「うしろやぐら」という名前になっています。女性を立たせて後ろから挿入するスタイル。女性が少し腰を突き出すようにすると挿入しやすいです。男性も腰を動かしやすいので、激しいセックスをしたい時に向いています。また女性を後ろから突くということで、征服感を味わえるでしょう。

立ちバックの利点は「場所を選ばない」というところにあります。ベッド関係なく、お風呂やリビング、その気になれば野外などでもセックスすることができるというのは、いつもと雰囲気が変わって良いかもしれません。

また、そこから派生して「仏壇返し」という体位があります。これは立ちバックの状態から女性が床に手をついた形を表します。壁に手をついている時よりも恥部をさらけ出すような格好になるため、Mな女性には喜ばれるかもしれません。立ちバックからの流れで仏壇返しを行う男性も多いのではないでしょうか。

さらに派生して「碁盤攻め」という体位もあります。これは立ちバックの状態から女性が碁盤に手をついて前屈のような体勢になるものです。普通の立ちバックよりも深い挿入感を味わうことができるので、女性にとっては嬉しい体位です。現代では碁盤はなかなかありませんので、椅子やベッドなどに手をついてもらった状態で行うと良いでしょう。

正常位のアレンジ版?吊り橋

「吊り橋」は、正常位からより女性の膣内に深く挿入できるアレンジ版の体位です。正常位の状態から男性が女性の腰を持ち上げ、女性は自分の体を支えるように肘を床につけるのです。女性器の位置にもよりますが、腰を浮かせることによってより女性の満足感を高めることができます。

男性はそのまま前後に動かしても良いですし、円を描くようにクルクルと動かしてみるのも良いでしょう。体重を支えながらのピストンは疲れますので、女性の腰を上下に動かすなどしてバラエティに富んだ動かし方を模索してみると良いかもしれません。

抱き地蔵

「抱き地蔵」はイスやソファを使った座位のひとつです。イスに座った男性の上に対面でまたがった女性が腰を動かすスタイル。女性の座高が高くなるため、抱きついたりキスをしたりしながらセックスのできる女性に人気の体位です。恋人とラブラブな時間を共有したい!という方には是非試していただきたい体位です。女性はスクワットをしているような筋力を使いますので、男性は女性の腰を持って動きをサポートしてあげるなどすると良いでしょう。

ベッドを使ったセックスに飽きたというカップルは、たまにこうして椅子やソファを使った体位に挑戦すると違った雰囲気を味わうことができますよ。また恋人のイチャイチャタイムからセックスに流れ込んだ場合、抱き地蔵のようにベッドに移動する時間を惜しんで挿入を開始するという手もあります。

より深い挿入感を味わうなら・・・松葉崩し

「松葉崩し」は女性に人気が高いと言われる四十八手のひとつです。女性がうつぶせの状態から片足を持ち上げて、自分の足と交差させるように挿入するスタイルです。深い挿入感とともに、女性の性感帯であるGスポットを刺激することができるのが特長です。

女性の足を抱えながらのセックスは、足フェチにはもってこいの体位と言えるでしょう。また女性はこの深い挿入感で絶頂を迎える可能性が高いと言われています。女性を開発するという意味でも、この体位はさまざまな可能性を秘めています。ただ男性器の長さと女性器の大きさによっては、彼女が痛がってしまうこともあるので注意しましょう。

そんなのアリ⁈アクロバティックな四十八手技

立ち松葉

「立ち松葉」は四十八手の中でもかなりアクロバティックな体位のひとつです。立ったままの男性が仰向けにした女性の両足をつかみ、そのまま引っ張り上げて挿入します。この時女性の足と男性の足をクロスするようにすると、より深い挿入感を味わうことができます。

男性器の位置などによってうまく角度を調節しながら上下に動かしましょう。男性側も女性側もバランスをとるために体力を消費しますので、絶頂を迎える時には不向きな体位です。

女性の顔を見ながらフィニッシュ!深山(ミヤマ)

フィニッシュの時にぴったりだと言われているのが、深山(ミヤマ)という体位。正常位の体勢から女性の両足を男性の肩に乗せて、女性の腰とお尻が浮くようにして挿入します。深い挿入感を味わえる上に男性も動かしやすいので、男性も女性も絶頂に達しやすい体位だといえるでしょう。また顔を見ながらすることができるので、ラブラブなカップルにはピッタリです。

まるで運動会?「押し車」

アクロバティックな四十八手の代表ともいえるのがこの「押し車」という体位です。組体操の手押し車のように女性の足を持ち上げてそのまま挿入します。女性は手を動かして前進しながら、男性は腰を前へ突き出して抜けないように動いていくのです。とにかく男性も女性も体力と筋力を使う体位なので、無理をしないようにチャレンジするようにしましょう。

意外な道具を使った四十八手も

こたつがかり

その名の通りこたつを使った珍しい体位です。男性がこたつにあたった状態で、その上に背面座位の体勢で女性が上に乗ります。上に乗った女性が腰を上下に動かすのも良いですし、男性が女性の腰を支えて好きに動かしても良いです。こたつという冬ならではのシチュエーションで、非日常感を味わいながらのセックスはいかがですか?

縄で首と首を引き合う・・・首引き恋慕

「首引き恋慕(レンボ)」は、縄を使ったソフトSMに近い四十八手です。対面座位の形でお互いの首に縄をかけます。その縄を首の後ろで引き合うようにしてピストンすれば、首引き恋慕の完成です。縄を使うとので、SMに少しでも興味があるというカップルはトライしてみることで高揚感も増すのではないでしょうか。

鏡を使ってエロさ100点!乱れ牡丹(ボタン)

「乱れ牡丹(ボタン)」は、座位のひとつで座った男性の膝に女性が後ろ向きに座って挿入するスタイルです。女性は足をしっかり広げて挿入するので、対面に大きな鏡を用意しておくことでその興奮度が高まります。女性に結合部と恥部を見せつけながら、言葉責めなどをして盛り上げるのがこの体位の醍醐味です。

女性にそのまま上下してもらうと女性の羞恥心をさらにかきたてることになるでしょう。また男性が下から突いてあげるのも喜ばれるはずです

挿入する以外にも四十八手の技があるって本当?

男性の顔にまたがって⁈岩清水(イワシミズ)

「岩清水(イワシミズ)」は女性が男性の顔にまたがり、女性の性器を舐める体位です。セックスにマンネリ化したカップルでも、この刺激的な体位でマンネリ解消間違いなしです。

岩清水とは岩を滴る清水を舐めとるようにクンニをすることから名付けられました。女性は男性の顔にまたがることで自らの羞恥心を駆り立てます。また男性も女性の性器を間近で見ることができるので視覚的興奮が高まります。男性はわざと大きな音を立てたり状況を実況したりして女性の興奮を高めると良いでしょう。

69(シックスティーナイン)

いわゆる69(シックスティーナイン)と呼ばれる四十八手は、二つ巴(フタツドモエ)という体位です。二つ巴は、女性が上位で男女上下逆さまになってお互いの性器をまさぐり合うものです。女性は男性の性器を舐めながら、自分の性器をパートナーの顔に近づけます。

その行為自体が極めて女性の羞恥心を煽るものなので、初めのうちは嫌がる方も多いかもしれません。電気を暗くしたり、その前に相手の興奮を高めたりして相手の了承を得られるように工夫してみましょう。

また男性が上で女性が下になる体位を「椋鳥(ムクドリ)」といいます。角度が逆で舐めにくいという方もいらっしゃるかと思います。パートナーと2パターン試して、やりやすかった方を採用すると良いでしょう。セックス直前の前戯としてもおすすめです。

意外に大切?「寄り添い」

寄り添い、は体位というよりもセックスの前後のスキンシップだと考えてください。男性が女性の後ろから寄り添うようにしてねころがります。男性は後ろから女性の体を隅々まで触ったり舐めたりしながら興奮を高めていくというスタイルです。

スキンシップをすることでセックスへの気分を盛り上げることができます。

体位を知ってセックスをもっと楽しもう!

四十八手という言葉は知っていても、実際に使ったことのある体位は少ないという男性は意外と多いのではないでしょうか。セックスのワンパターン化は女性の満足度を低めることになります。体位を知って、パートナーとのセックスをもっと楽しみましょう。