体位はバックが一番?彼女がイキやすくて興奮するエッチの仕方は?

彼女とセックスをする時の体位は一度のセックスで一・二回変える人が多いのではないでしょうか。

それ以上体位を何度も返られると落ち着きがなくて、女性としてはセックスに集中できなくなることが多いようです。

男性が好きな体位の上位に入る体位の一つがバックではないでしょうか。なぜ男性がバックが好きなのか、また女性はそれについてどう感じているのかということをこれからみていきましょう。意外な結果がでるかもしれません

バックってみんな好きだよね…?


男性なら後背位(バック)は大好物という人はかなり多いのではないでしょうか。

一番「男」であることを感じさせてくれる体位であることが一番大きな理由になるでしょう。

一番基本的なバックの体位は、女性を四つん這いにさせてそこに立ち膝をした男性が女性の中に男性器を挿入して突くというものになります。これに色々バリエーションをつけることもできるという特徴があります。

女性はバックの体位で男性が本能的に持っている「征服欲」を満たしてくれる体位と感じているようです。

次から詳しくバックの体位とそのバリエーションについて特徴を詳しく見ていきましょう。合わせて、バックという体位について女性はどのように感じているのかというのかということもあわせてチェックしましょう。

女性もバックが好き?


実は、女性もバック好きです。

なぜならこちらも女性の本能のどこかに刷り込まれている、男性に組みしだかれたいであるとか、男性の強いオスっぽさをすごく感じることができるので興奮しやすいため好きな体位と言う人は多いでしょう。

僕らはなぜバックで感じてしまうのか?

征服感があるから


女性をバックで責めるというのは、男性が持つ「征服欲」を何よりも満たしてくれる体位であると言えるからでしょう。

女性の動きを少し奪うような体位になるので、よりそれを顕著に満たしてくれます。

特にS男の傾向があるタイプにはたまらない体位でしょう。そんなタイプは女性を征服した証として、女性のお尻をスパンキングすることもあるでしょう。

またバックのポーズは女性にとてはすごく無防備でお尻も丸見えになってしまいます。

そんな姿を自分だけが見ることができるという「独占欲」を満たされるというのも人気の体位になる理由でしょう。

さらに、後ろから見る女性の体のラインというのはすごく女を感じされるものではないでしょうか。

背中のラインや手をついた間から見える揺れる胸、首筋やうなじなど、普段見えない部分がバックから責めることによってじっくり見ることができるのも、興奮材料になるのではないでしょうか。

お尻フェチだから


おっぱいフェチと同じぐらいの割合で、お尻フェチというのは男性の中にいるでしょう。

そんな男性にはバックは、たまらない体位になります。女性のならではのウエストからお尻にかけてのラインをみながら、お尻を鷲掴みにして後ろから突くというのは、もっとも興奮できるシチュエーションでしょう。

感じる箇所への刺激が強い


バックは彼女がお尻を突き出してくれればくれるほど、子宮の奥まで男性が突くことができます。

そのため女性器の中へ男性器を挿入し、反復する動きをすることで男性器全体により刺激が与えられるので、強く興奮と快感を得ることができるのです。

動きやすい


セックスにおいて動きやすいというのは、行為に集中することができるという点で大きなポイントでしょう。

バックの場合基本的には男性が膝立ちになり、女性の腰またはお尻を掴んで支えにしながら腰を動かすことができるので、正常位のように自分で手で体を支えてなくてはならない体位などに比べると、男性自身が動きやすいというメリットがあります。

女性もバックが好き?

奥まで突かれるのが好きな女性はバック好き


バック好きな女性は、どちらかといえば男性によって女性としての体が開発されているタイプが多いようで、膣の入り口付近をごそごそされるだけよりは、思いっきり子宮の奥まで突いてほしいようです。

全体としても、バックが好きな女性は男性が思うより圧倒的に多いでしょう。

一方的に責められてる感じがイイ


バックの場合女性は一部を除いてあまり自由に動くことができず、男性のされるがままに責められている体位になります。

女性のどこかに潜んでいる「犯されたい」願望を彼が満たしてくれるので、より興奮するということが多いです。バックが特に好きなのはS男に多いとするならが、バックが好きな女性はM女としての素質を十分もっているといえるでしょう。

動物的で興奮する


バックは人の本能を直接刺激する、動物的な体位であると言えるでしょう。

ほとんどの哺乳類の動物が同じようなバックの体制で交尾をするように、人のセックスも女性を後ろから抑え込み動きにくくしながら、女性犯すように挿入するというのが、男性が一人の「オス」であることを改めて感じさせるのではないでしょうか。

女性は寝バックが一番イキやすい?

足やお尻に力を入れやすい


バックの態勢にも色々ありますが、寝バックは男性が女性の背面に体を密着させる体位のため、通常の四つん這いバックより男性の汗をかいた肌などを感じられるため安心感があるようです。

女性は体をまっすぐに伸ばしているため、足やお尻に力が入れやすく膣内を締め付けやすくなるためイキやすくなります。

一人エッチの時に、女性は足を伸ばしてオーガズムに達することが多いので寝バックの態勢はイキやすい体勢といえるでしょう。

骨盤の動きが常に一定


女性にとって他の体位と違って下半身が男性によって締め付けられるため、女性にとって骨盤に傾きがなくなります。

通常の男性が膝立ちになるバックの体勢とは異なり、骨盤が平行なため男性器を挿入した際に腰を前後のピストンだけでなく回転させやすくなるため、女性の膣内を満遍なく刺激することができるようになります。

そのために、女性にとってはイキやすい体位ということになるるのでしょう。

腰を動かしやすい


寝バックの体位が女性ににとって腰を動かしやすいのか、刺激が強くて興奮してしまうのでついいつもより腰の動きが激しくなってしまうのかはわかりませんが、女性の腰は刺激を求めて動いてしまいやすいようです。

そのため男性も女性に腰を動かされることで興奮が高まっていきます。

ちょっとした難点は女性があまりに腰を動かしてしまう体位のため、男性器が抜けやすいということがあります。

でも、これも女性が腰を動かすと同時に太腿の締め付けを強くすることで女性もイキやすくなるし、男性の気持ちよさもアップするのという点でメリットに変わるでしょう。

興奮するバックのしかた4つ

鏡の前で立ちバック


男性は視覚的な情報で興奮が高まると言われています。

そのため、鏡の前での立ちバックというのは、絶好のシチュエーションでしょう。

立ちバックの難点は男性器が抜けやすいということがあるので、体位を少し工夫する必要があります。

洗面台の前などで女性が自分の体を支えることができる場所があると、立ちバックがやりやすくなります。

視覚面でも通常のバックであれば、女性の胸などは見えにくいという難点があるのえすが、鏡の前ということで自分の行為によって女性が感じているところを目の当たりにすることができるので最高に興奮するでしょう。

ベッド以外で


ベッド以外というと、机の上に彼女を前かがみさせお尻を突き出させてだったり、自宅の玄関の靴箱の上に手を突いて立ちバックだったり、彼女が嫌がらないようならベランダというのもつかまるところがあるのでバックの体勢を取りやすいかもしれません。

お風呂の浴槽のふちに彼女の手をつかせてだったり、キッチンのシンクだったりと、彼女の協力が得られるようであればベッド以外の場所でのセックスで色々な興奮するシチュエーションが考えられます。

服のまま

これは、バックに限らず服をきたままセックスをするというのは、どこか背徳感が感じられるので興奮するのでしょう。

バックの体位であれば、スカートだけをまくりあげて下着を取って、または足にひっかけたま挿入するというのが一番よくあるパターンの一つではないでしょうか。

振り向かせてキスをする


女性からの意見でよくあるのは、バックだと彼とキスができないのがさみしいという声が多いようです。

そのためバックから挿入をしながら、女性はやや振り向きにくい体勢にですが、あなたの方を振り向かせてキスをするというのは、女性の興奮もさることながら彼とキスをすることで精神的な満足感も得られるようです。

バックが嫌いな女の子の理由

顏が見えないから


バックが嫌いな女性の理由として一番多いのは、彼の顔を見ることができないので不安に思うようです。

もし、自分の体を見て彼氏が嫌な顏をしていたり、にやにやしていたりと想像してしまうことがあるので嫌になってしまうようです。

恥ずかしいから


女性にとってバックというのは、かなり無防備なスタイルになります。

彼氏からは自分のほぼ全身を見られることになり、さらにはお尻だけでなく肛門まで見えてしまうこともあります。

そのためやはり、セックスにまだ慣れていない女性にとっては恥ずかしさが先に立ってしまう体位かもしれません。

正直あまり気持ちよくない


これはどちらかというと男性側にもしかしたら問題があるもしれませんが、バックで挿入したあと突く時の力加減が強すぎるのかもしれません。

とにかく激しく突くことで、女性の快感も高まると思ってしまうのは間違いです。

やはり、こちらも優しくソフトな感じからだんだん奥まで挿入して強く突くといったようにメリハリをつけないと、女性として激しいだけだと気持ちよくないという意見もあるようです。

奥まで疲れると痛い


これは女性器の形の問題であることが多いです。

バックの体位で痛みがあるということは、「子宮後屈」という子宮がおヘソ側ではなく、後ろに曲がっている形なのです。

そのため男性が奥まで挿入しようと突かれると痛みを感じてしまうのです。彼女からそのような訴えがあった時には違う体位に変更しましょう。

女性が好きな体位

断トツで正常位


一つのとあるアンケートによると正常位が好きという女性は、65%になり他の体位に比べて圧倒的に人気でしした。

好きな彼と抱き合う形での正常位は女性にとって安心感や包み込まれている感じがするといった、女性が女性であることを感じられるためです。

抱き合って彼と肌が密着する面積が広いのもお互いの体温を感じらるので嬉しい気分に。

もちろん女性が大好きなキスがしやすいことと、男性の表情を見るこができるというのも大きなポイントでしょう。また「イク」時のタイミングを合わせやすいので、より一体感が高まというのもあるでしょう。

バック

男性と同様にバックは女性は好きな体位です。

男性に支配されオスを感じさせてくれる激しいセックスがしたいという、M女の方は特に大好物でしょう。

女性がお尻の高さや角度をを替えることによって、自分が男性から突いてほしい位置にすることができるのもよい点でしょう。

顏が見えないのがイヤという声もあるのですが、顏が見えないことでかえって大胆になることができ、感じてることを思い切り表現することができるというのもあるでしょう。

座位

お互いが向きあってする座位というのも女性にとっては、正常位と同様に彼と抱き合って体を密着させることができることができる点が女性には好評のようです。

もちろんキスもしやすいです。後ろから抱きしめられる形の座位が好きな女性も多いようです。

こちらはやはり男性に包み込まれているという安心感が大きいでしょう。

座位は角度の調節によって、女性の子宮の奥まで突いてもらえるようになる点がよいという意見もあります。

女性の体を支える体位になるため、男性側の腕力によってホールドされている感じが弱いと女性は少し不安定に感じる場合もあるようです。

騎乗位

騎乗位はセックスの経験値があがってきた女性は好きな体位です。

一番自分が気持ちいいスポットに当たるように調整すつことができたり、女性が浅く深く男性器にまたがることで男性を焦らすことができるのも興奮するようです。

また、感じている男性の表情がよく見られるというもポイントでしょう。

またスタイルに自信がある女性の場合であれば、体のラインや揺れる胸、細いウエストのアピールをすることができ男性に見られるということで自分の興奮も高まるようです。

まとめ

バック好きな男性にとっての好きなポイントなどを見てきた中で、女性も意外とバックが好きであることがわかってきました。

女性にとっては「正常位」が断トツ好きな体位ですが、その次が「バック」というぐらいなので、バックでのセックスは女性にとっても興奮するものといえます。

女性のタイプによっても使い分けができるということも、バックのよいところかもしれません。

セックスの経験が少ないタイプの女性にとっては感じている顏を見られるのが恥ずかしいというタイプもいるのでそれが解消されるメリットがあります。

セックスの経験値が高い女性とっては、男性と一緒にバックでも色々なバリエーションを楽しむことで興奮度をアップさせることができます。

セックスは二人で一緒に体全部を使ったコミュニケーションになります。お互いが気持よくなるための方法を二人で探していきながら最高のセックスを二人で一緒に作りだしてくださいね。