涙もろい人はいい人なの?涙もろい人には3つの特徴があった!涙もろいのを治すにはこれを試してみて!

みなさんの周りには涙もろい人はいますか?涙もろいとは具体的にどのような人を指すのでしょうか?涙もろい人の心理はそうでない人とどのような違いがあるのでしょうか?涙もろいという言葉の意味に迫ってみたいと思います。

涙もろいとはどんな意味でしょう

涙もろい人は感動しやすい?

涙もろいと言う言葉にはすぐに感動して涙を流しやすいとい意味や心を動かされやすいという意味があるようです。感動するような出来事も人より大きく心が動かされ涙が出てしますようです。

涙もろい人は情に弱い?

涙もろいと言う意味にはもうひとつ情に弱い、情ににもろいという意味もあるようです。情に流されやすいといった捉え方もあるようです。親しい間柄でなくても苦労した話や感動的なな橋を聞いたでけでも感情が揺さぶられ涙を流すような人だそうです。

涙もろいは英語で何て言う?

涙もろいを英語で表現するのは難しいようですが、ニュアンスが伝わる表現があります。

涙もろい→be easily moved to tearsとなります。 be moved to tearsでな「涙ぐむ」や感激した涙」といった意味があります。また、もっと短く表現するには感傷的なという意味を持つsentimentalを使います。

私は涙もろいです→I am easily moved to tearsとなります。sentimentalだけも情に動かされやすく涙もろいという感じになるようです。

涙もろい人の特徴

情に弱い

涙もろい原因の多くは、感情が豊かで情に弱いといったことが挙げられます。世の中には、他人に起こった出来事を聞いただけでも、自分の経験を思い出し感情移入しやすく涙が出てしまう人がいます。

辛い経験をして強くなる人は多くいますが、辛い経験を乗り越えたからこそ、忘れた頃に似たような境遇の人の話を聞くと、考えるよりも先に感情があふれてしまうといったことがあるようです。

ただ、情に弱く人の気持ちにすぐ動かされてしまうのは、言い換えれば「騙される可能性も高い」ということです。その人が情に弱いことに付け込んで、何か悪い事を考える人もいるかもしれないので注意も必要です。

ストレス発散ができていない人

人はストレスをうまく発散できなく溜め込んでしまうと通常よりも敏感に過剰に反応してしまうようです。普段なら受け流せるようなことでもイライラしたりすることってありますよね。つまり心に余裕がない状態です。

涙に繋がるような出来事も同じです。涙にはストレス物質が含まれているとも言われています。それを逆に利用したのが「涙活」です。「涙活」は定期的に意図的に涙を流す機会を持ってストレスを発散しようとする活動のことです。

家で一人でもできるのですが大勢ですることでより感情を高めようということで、イベント会社などが「涙活」のイベント参加やを募集したところ大盛況だったそうです。みんなで感動できる映画などを見て思いっきり涙を流すとスッキリとするそうです。

涙を流さなくてもストレスをうまく発散できていれば涙もろくなることも少なくなるかも知れません、ストレスに気付いていなくても知らずしらずにストレスは蓄積されているようなので定期的な気分転換でストレスを発散するようにすると良いようです。

人と比べやすい

自分と他人をすぐに比較してしまう人がいます。今の自分の境遇に満足していない時に、誰かの幸せそうな顔を見ると「どうして自分は幸せになれないんだろう」と悲観的になって涙が出てきてしまうのです。

競争心を持つことは決して悪いことではありません。しかし相手よりも自分が幸せになるなど、「勝ち組になること」ばかりに気を取られてしまうと、いつも心が落ち着かず気分の浮き沈みも激しくなると思います。「自分は自分のペースで頑張ればいい」という事を常に自分に言い聞かせる事が大切です。

涙もろいのは病気なの?

うつ病などによる原因

うつ病の場合は専門の医療機関でうつ病と判断されていればそれは病気です。涙もろいということがうつ病の症状にあるかというと、それはすぐに泣きだすといったことはあるようですが涙もろいという表現とは違うようです。

涙を抑えることを無理にする必要はないはずですので専門の医師の診察を受けて早めの治療を心がけることと家族や周りへの理解を求めことが良いようです。

苦しい時には専門医に相談を

涙もろいことを真剣に悩んでいる人もいるようです。家で一人でテレビを見て涙を流すのなら問題ないのですが、外出先で大勢の人がいるようなところですぐに涙があふれてしまうのは周りの人に驚かれてしまいますよね。

涙もろい人の特徴を見てみますと、うつ病以外は病気とは言えないようです。人の感じ方は様々で、同じ話を聞いてもさほど感情を揺さぶられない人もいれば、すぐさま涙があふれて止まらなくなる人もいます。涙もろさは、その人の人生経験や性格などによって大きく違いがあるようです。

重要なのは、自分の頭で物事を理解してから感情が動いて涙が出るのか、突然前触れもなく悲しみなどの感情が襲ってきて泣き出してしまうのか、どちらのタイプなのかです。前者は涙もろいといえますが後者は自分で感情をコントロールできていない状態ですので、涙もろいのとは違います。自分がそれを苦しいと感じるのであれば早めに専門の医師に相談するのも大切です。

涙もろいのは女の特徴?

女性の場合は生理周期も関係している

生理前になると、何かとイライラしてしまったり、ちょっとした事で泣いてしまったりすることもあると思います。女性は生理周期によってホルモンの働きが変わるので、それに左右されやすいと言われています。涙が出てしまう原因に、「女性的なホルモンによる原因」が考えられるのであれば、婦人科外来に相談するのも良いかもしれません。

あまり知られていませんが、「月経前症候群」と呼ばれる、月経の2週間前ぐらいから気持ちの落ち込みや、イライラ、泣きたくなる衝動などの症状を緩和するための治療もきちんとあります。月経前症候群は通称PMSと呼ばれ、治療することで生理周期が安定し、生理前のイライラや気持ちの落ち込みなどが軽減できるそうです。

女性特有の生理周期に伴った精神不安が安定すれば、気持ちが楽になることもあるのではないでしょうか。

涙もろいのを治す方法とは?

人前では頭を切り替える

人前で涙が出てしまいそうな出来事にあってしまったら、無理にでも頭を切り替えて違うことを考えるようにすることで泣きそうになる感情をうまくごまかせるそうです。そのまま感情に任せてしまうと人前で涙が止まらず周りの人に驚かれてしまいます。

そっと下を向いてなんとか泣くことを回避できることと、そのまま泣き出してしまうことでは自分自身にとっても大きな違いになります。その方法で回避できれば自信がつき、また人前で泣き出してしまったらどうしようという不安も軽減できるそうです。

何かに依存しやすい部分を捨てる

涙もろいという人は感情移入がしやすく他人が経験したことでもすぐに感情が移入して涙を流してしまいます。他人を思いやる気持ちは大切なことですが誰にでも、感情が移入してしまい自分のことのように悲しく、辛く感動して泣いてしまうのは少し違います。

良い意味でも悪い意味でも他人に感情移入しやすかったり、依存してしまうと自分自身を失いがちになってしまうそうです。自分のことより他人のことばかりに目がいき、気になってしまうのだそうです。そういった人は時には自分のことしか考えないような時間や周期を作り、自分の思うがままに行動するのが良いようです。

涙もろい人=いい人?

涙もろい人は優しい性格という考え方に納得のいかない人が意外と多くいるようです。確かに感情が揺さぶられすぐに感動し涙を流してしますことと、優しいというのは少し違う気がします。

中にはすぐに泣きだす人を見ると引いてしまうという意見や、同じように気持ちが揺さぶられていたのに一気に覚めてしまうなどという意見もあり、「涙もろい人はいい人、優しい人」というのは、必ずしもみんなが受ける印象ではないようです。

涙もろい人の性格は比較的、喜怒哀楽の全てがハッキリしている傾向にあるようです。つまり感受性が豊かだということでしょう。日本人は外国人と比べると感情表現をあまりしないと思われています。

確かに外国人は国にもよりますが、表現が豊かでリアクションも大きいです。感受性が豊かな分、プロポーズをされた時などそのまま失神してしまうこともあるようです。

同じ日本人でも、感受性が豊かでそれを涙を流すという行動でしか表せないのならば、それもひとつの個性のように思います。何かに共感できることということは決して悪いことではありません、だからと言って、それだけでその人の性格を決めつけてしまうも少し無理があるように思えます。

涙もろい男ってどう?

女性は涙もろい男をどう思うか

最近では男性でも自ら涙もろいと言う男性をよく見かけます。女性はこう言った涙もろい男性をどう思っているのでしょうか?答えは以外にも好感をもつという意見や特に気にならないといった意見が多いようです。

その理由は、感動的なことで泣くのは納得、好感がもてるし感動を共有できて良いといった意見や、それをかわいいとか男の涙はカッコイイといった魅力として捉える人も多いようです。

特に男性や努力しその努力が実を結ばなかった時などに流す悔し涙は、女性からすると男の涙の中で最もカッコよくまた、自分も感動させられる涙のようです。ここでひとつ違うのは涙もろい男と泣き上戸の男です。

思わずポロっと涙がでてしまう涙もろいと泣き続けている泣き上戸では女性の見る目が違うようです。いつまでも泣いているような泣き上戸はやはり男らしくないといった印象を持つようです。また、お酒を飲むと必ず泣き出すタイプの泣き上戸も女性にはドン引きされてしまうようです。

逆に男性は涙もろい女をどう思う?

男性は女性の涙に弱いとよく聞きますが本当のところどうなのか調べてみました。驚くべき結果がでました、涙もろい女性に好感を持つと答えた男性は49%、涙もろい女性に好感を持たないと答えたの男性は51%とわずかながら涙もろい女性は男性からするとよく思われないという結果が出ました。

女性が思っているほどまた、世間が思っているほど女性の涙に弱い男性はいないようです。とはいえほぼ半々の答えですから涙もろい女性を良いと思っている男性もいるわけです。理由は感情を素直に表現できるところが良いというものや泣いていると可愛く見え守ってあげたくなるなどでした。

涙もろい女性良くないと答えた男性の理由は泣かれると困ってしまうというのが一番多いようです。泣けばいいと思っている気がするや面倒くさいないどかなり冷ややかな理由が挙がっています。男女共に泣きすぎはやはり引かれてしまうようなので程々に突発的になら好感を持ってもらえそうです。

涙もろいと思う有名人!!

テレビなど見かける有名人の中にも涙もろい人っていますよね。それが素なのかパフォーマンスなのかは別としてみんなが思う涙もろい有名人を調べてみました。

・織田信成
・照英
・柴田理恵
・徳光和夫
・加藤晴彦
・羽鳥慎一

こうして見てみますと男性が多いのが分かりますね、女性は男性よりも涙もろくなりやすいのかと思っている人も多かったのではないでしょうか?以外にも男性しかも年齢も若干、上の気がしますね経験やなどを重ねてより共感する心が大きいのでしょうか、この名前が挙がった人を見て性格を判断するのはやはり難しいようです。

【涙もろい】まとめ

涙もろい人というと冷たい人よりは優しい人を想像しますが、実は涙もろいことと気持ちが優しいというこは全てがイコールではなさそうです。ストレスを無意識に発散する方法のひとつに涙を流すということがあるのならば性格とは切り離して考えて良さそうです。

歳を取ると波もろくなるというのはよく聞きますし、実際10代の頃には心を動かされなかったようなことに簡単に涙がでてしまうことがあります。それをよく弱くなったとか丸くなったとか人間として穏やかになったようなニュアンスで表現することがありますね。

年を重ねた涙は確かに経験や出会いなどからくる涙で、若いころの涙もろさとは違うのかも知れませんね。シワシワの祖母が流す涙は子供ながらに背筋を正した記憶があります。