恋をして付き合い始め、その関係が終わるとそれは過去になります。付き合っていた彼女のことを忘れられない・・。そしてまた新しい恋を始めても元カノへの思いが募るばかり。傷つくのは男性だけではなく、付き合った彼女もまた傷つきます。原因はどこにあるのでしょうか?

元カノを断ち切りたいけど断ち切れない…。

以前まで付き合っていた彼女のことが忘れられない・・こんな経験をしたことがある、または現在もしていませんか?別れた理由がなんであれ、元カノのことをふとした瞬間に思い出してしまうことは、男性にはよくあるそうです。というのも、恋に対して女性より男性のほうが、引きずる傾向にあるからと言われているからです。

その結果、元カノのことが忘れられない男に振られた、という女性もまた多くいらっしゃいます。何年も付き合って結婚の約束までしたのに・・。いくら男が引きずる傾向にあると言っても、なぜ男は元カノのことをずっと思いつづけてしまうのでしょうか。

今回は、男が元カノのことを忘れられない理由と元カノのことが忘れられない男とうまくいく方法を主にご紹介していきます。”未練”という言葉だけではなく、男が元カノのことをどのように思っているか原因が分かれば、悩みの解決に少し近づけるかもしれません。

元カノのことを忘れられない5つの理由

1.思い出が美化されている

「思い出は美化される」このような言葉を聞いたことがあるかと思います。人間の脳は、嫌な思い出にはフタがかかるように構成されているので、自動的にいいことばかりを思い出そうとします。しかも記憶とは曖昧なものなので、楽しかった思い出を自分のいいように作り替えそのまま脳に残る。この脳のメカニズムが、思い出が美化される要因と言われています。

しかし嫌な思い出が全て消えるわけではありません。辛かったことや悲しかったこともあったかと思います。それでも「あんなこともあったな」と辛かった経験でさえも美化されるわけです。もしかしたら思い出が美化されているのは自分だけで、相手には辛い思い出として残っているというパターンもあります。

2.辛い思いをさせた

あとから振り返ってみると「仕事を優先してあまり構ってあげれなかった」「浮気が原因で別れてしまった」など辛い思いをさせた理由は人それぞれ千差万別です。その時に辛い思いをさせたのは自分なのに、今自分自身が辛いというのもおかしな話ですが、この後悔の理由は「できるのにしなかった」ということです。

人生の中で人は誰でも「あの時こうしていれば・・」と思ったことが1度はあるはずです。恋愛でも例外ではありません。しかもそれが何十年も前の話で、相手の居場所も知る術もなく謝ることさえできない状態であれば、余計に自分の中で後悔の思いが膨み、元カノのことを忘れられなくなってしまいます。

3.今の彼女と比較してしまう

「前の彼女のほうが○○だった」「前の彼女はもっとこうだった」と、なにか嫌なことや不満なことがあると今の彼女と前の彼女を比較してしまうことはありませんか?比較するということは、もちろん前の彼女のことを思い出します。それを口にすると、言葉が耳に入り余計に脳に記憶されます。それが繰り返されると、美化された前の彼女が忘れられなくなるという風に陥ってしまうそうです。

しかし女性は、比較されることを極端に嫌う傾向があります。それが恋愛関係の話しであれば尚更です。男性のほうは元カノのようになってほしくて言った言葉ではなくても、女性には関係ありません。比較をした、またはしていること自体が不快と感じるそうです。

4.他の男性に取られたくない

男性は女性に比べて独占欲が強いので、他の男性に取られるという嫉妬心から頻繁に元カノのことを思い出すため忘れることができません。独占欲は男性に元々強く備わっているため、例え元カノに恋愛感情がなかったとしてもそばに置いておきたいという傾向からくるそうです。

5.単純にまだ好きだから

「初めての彼女」「初めて手をつないだ女性」というふうに、初めて付き合った女性だと尚更忘れることは難しくなります。初めての経験は、男女ともに強く残るものです。純粋にまだ好きな気持ちを捨てきれなくて「思い出」にもできず、元カノのことを忘れられません。

しかし、忘れられないからしょうがないと線を引いてしまうと思い出にしかならず、思い出はやがて執着へと変わってしまいます。忘れないことも大事ですが、もっと大事なことはその経験を次の恋愛で活かすことにあります。次に付き合う女性は、あなたが初めてかもしれません。初めてを大事に思うあなただからこそ、その女性を大切にできるのではないでしょうか。

元カノを忘れるための5つの方法

自分の悪かった点を考えてみる

別れるだけの何かがあったということをまずは自覚しましょう。自分の何が悪かったのか、相手の何が悪かったのか、交際中のことを別れ話なども踏まえてしっかり思い返してみましょう。悪かった部分に気付くことが出来たら、そのお付き合いは無意味なものではなく、自分を成長させてくれたものとして感謝できるのではないでしょうか。

これが自分なんだと思うのであれば、そもそもご縁がなかったと思いましょう。相手を自分の思うように変えるというのは、自分が変わること以上に難しいのですから。

元カノを連想させるものを処分

女性の場合、元彼からもらったプレゼントなどを「好みのデザインだから」、「まだ使えるから」などの理由で別れてからも使っているという人は割と多いかもしれません。しかし、男性の場合はそう割り切れる人は少ないのではないでしょうか。というのも、やはり元カノに関する思い出がある物というのは「ただのモノ」ではないからです。

まして、未練がある相手に関するモノであれば、気持ちの切り替えにはあまり良くありません。そのため、元カノ関連のものは目に入らないように処分してしまいましょう。あまりにも辛い場合は引っ越しなど、生活環境そのものを変えてしまうことも良いかもしれません。それも別れた事実を認めることにつながるのです。

別れた事実を公表する

破局した事実を周囲に言うことは、自分としても別れた事実を受け入れなくてはならなくなります。もちろん原因などの詳細まで語る必要はありません。ですが、大抵の場合、周囲の人間は「またいい人が出来るよ」や「しばらくは自分の好きなように過ごしなよ」など、次へのアドバイスをしてくれます。

しばらくは前向きな言葉も受け入れられないかもしれませんが、やはり気持ちを変えるきっかけになりますよ。

未練がある自分を受け入れる

未練があるというのは特別なことではなく、ある程度は仕方の無いことだと思ってみてはどうでしょうか。交際中に別れるきっかけになるような失敗や出来事があったかもしれませんが、未練が残るほどの相手だったのであれば、少しくらいそのまま立ち止まってもいいんです。いつしか「未練を持っている自分はどうなんだろう?」と自分自身を見つめられる時がきます。

「未練なんてナイナイ!」と自分の気持ちとは違うことを言ってしまうこともあるでしょう。しかし、認めてしまった方が気持ちが楽になることもあるのです。

新しい恋をする

よく言われる「元カノを忘れる方法」は、「次の恋愛に生きる」「元カノよりいい女性を探す」ことなのではないでしょうか。「恋の悩みは恋で解決するしかない」という考え方です。

次の恋にステップアップする前向きな言葉に聞こえがちですが、何も考えずに次の恋に進むと、大きな落とし穴にはまってしまうこともあります。その理由と原因を次で詳しくご紹介していきます。

元カノを忘れるために新しい恋をすると、失敗するって本当?

元カノを忘れるはずが、逆に増す思い

元カノのことを忘れたいという理由で次の恋愛に踏み出そうとすると、ほぼ確実と言っていいほど元カノへの思いが強くなります。それは元カノのことを忘れられないと言われ、振られたという女性が圧倒的に多いからです。彼女からすると、これほど悔しいことはないのではないでしょうか。

“元カノのことを忘れられない”ということを、女性側が付き合う前に知っていたか知らなかったかは人それぞれです。しかし「元カノのことが忘れられない」の一点張りで一方的に振られたという女性がとても多いそうです。元カノのことを忘れるために次の恋に踏み出したのに、なぜ元カノへの思いが増すのでしょうか。

誰かを好きになって初めて気づく「あいつじゃなきゃダメなんだ」

新しくお付き合いを始めた女性とデートをするとします。その時間はすごく楽しく、偽りのない気持ちで彼女と接します。でもなぜか満たされない気持ちが拭えなくなり、そのもどかしい気持ちが積み重なり疑問はやがて確信へと変わります。そうです、元カノを思う気持ちです。

なぜ彼女では元カノのことを超すことができないのでしょうか。なぜなら元カノを超すには、「元カノのことが忘れられない・・」でご紹介させて頂いた条件を超える必要があるからです。元カノはキレイな思い出となってるわけですから、相当なことがないと超えれることはなかなかできません。

原因は付き合いだした理由

1番のネックは、男性は元カノを忘れるために女性と付き合った、ということです。この理由が、新しい恋に踏み出してもうまくいかない原因となっています。男性と女性お互いが好きという気持ちをバランスよくもっていないと、恋愛は成就しないということに繋がる話しでもあると思います。

そして極め付けが、新しい彼女が1番苦しい思いをするということです。男性は「元カノを忘れられなかった、駄目だった」ですが、女性はそうではありません。好きになった気持ちも付き合った時間も男性に捧げたわけですから、駄目だったでは納得がいきません。ではどうしたら元カノのことを忘れられない男性とうまくいくのでしょうか。

元カノのことを忘れられない男とうまくいく方法

付き合う前にしっかりその男性を観察する

「前の彼女のことを忘れたいから私と付き合うの?」と聞いて「うん」と言う男性は、いたとしてもごく少数です。たとえその理由があったとしても、ほとんどの男性が隠すと思います。しかし好意をよせている男性からアプローチをかけられることは、嬉しいですし気持ちを抑えることができないかもしれません。

しかし、その男性と今後も長く付き合っていきたいと思うならば、まずは男性をしっかり観察することが大切です。女性に関する話しや恋愛観の話しをすると、こちらが聞いていなくても必ず「前の彼女」というワードがでてくるはずです。前の彼女の話しをすることは決して悪いことではありませんが、問題は他にあります。

観察するポイント

問題は語り方や表情、仕草など1つ1つをしっかり観察するとその女性のことをどう思っているかが分かると言われています。まばたきが多いと緊張の表れ、唇をよく舐めるしぐさは不安などが例に挙げられます。しかしあくまで心理的な話しであって、確信ではないのでご注意ください。まばたきの多さや唇を舐める仕草は、その人のクセという可能性は十分にありえます。

ポイントは連絡をマメにとるということです。そんなこと?と思われるかもしれませんが、とても大切なことです。実際に会ったり話しをしないとその人の真意なんて誰にも分かりません。何回も会って何回も話して、それでも好きな気持ちがお互いあるのであれば、すぐに付き合うときと比べてかくだんにうまく行くと言えます。なぜなら本当に好きな気持ちがあれば、すぐに付き合わなくても冷める気持ちがないからです。

元カノを忘れられない彼と結婚するのはアリ?

前の恋人を”いい思い出”にできるかは、2人次第!

いまだに元カノのことを忘れられない彼、結婚して子供にも恵まれれば気持ちが変わるだろう思っていてもやっぱり不安。そういった女性は意外と多いのではないでしょうか。結婚といえば女性の晴れ姿でもあり、大きな舞台でもあります。できれば不安な気持ちは無く、晴れやかな気持ちで結婚式を迎えたいですよね。

もちろん、結婚してからうまくいくことだってあります。時間が解決してくれたり、結婚することで周りや自分の心境が変わり段々とうまくいくという方も多くいらっしゃいます。しかし何を言っても何をしても前の恋人のことを忘れられないという方は男女関係なくいるのもまた事実です。

前の恋人のことがいい思い出にできるか、できないかは結婚して何年も経たないと誰にも答えは分かりません。ちょっとしたきっかけで考えが変わることだってあります。結婚したのに変わらなかったと嘆くより、この人と結婚してよかったと思えるぐらい幸せになればその時答えが一緒についてくるかもしれません。

まとめ

1人の人を思い続けることは、一途であるとも言えれば執着とも捉えることができます。言葉の意味は大きく違いますが、相手を想うという意味では一緒だと思います。前の恋人のことを思い出すことも時にはいいと思います。しかし1番大事なことは、今自分のそばにいてくれる人を大切にしたいという気持ちではないでしょうか。