シングルマザーが再婚したいと思うこともあります。この時に再婚方法や再婚で幸せになる方法を知らないと、再婚に失敗する可能性も考えられます。そうならないように大切なことをしっかりと把握して、自分や子供の幸せを手に入れましょう!シングルマザーの再婚についてさまざまなことを紹介します。

シングルマザーの再婚率ってどのくらい!?

シングルマザーの再婚率は高い

皆さんはシングルマザーの再婚率はどのくらいだと思いますか?「子供がいる」「離婚歴がある」ことから再婚は難しいと考えている人もいます。しかし、実際には多くのシングルマザーの再婚をしています。離婚経験のある30代から40代の女性へのアンケートでは93%もの人が「離婚をしたことに後悔していない」と答えています。 また75%の人は「離婚が新しい出会いや再婚を妨げる原因になるとは思わない」という意見を持っています。離婚した経験が、再婚相手との関係や恋人との付き合いに生かされると考えている人が多いのです。そのため、シングルマザーの再婚率も非常に高いといわれています。 離婚をしてすぐは、子供を一人で育てる環境に慣れていないため「再婚したい」気持ちも少ないです。しかし、離婚してシングルマザーになってから1年を過ぎると約70%もの人が再婚に前向きな考えを持つというデータもあります。このことから、シングルマザーでも方法や大切なことを把握していれば再婚で再び幸せな家庭が築けると判断できます。 「シングルマザーだから」という理由で再婚を諦めるのはもったいないことです。いくつかのことをしっかりと把握して、自分や子供を大切にしてくれる人と再婚できればいいかと思います。シングルマザーが再婚する3つの方法や、シングルマザーの再婚で失敗する特徴・幸せな再婚をする方法を紹介します。

シングルマザーでも再婚しない人もいる

シングルマザーが再婚しない理由は何だろう…

シングルマザーが必ず1年後に再婚したいと思うわけではありません。シングルマザーの中には再婚しないと決めている人もいるのです。この考えを持つ理由は人によってさまざまです。一度離婚をしたことが原因で結婚に対していいイメージが持てないこともあります。また、子供のことを第一に考えて自分の恋愛に振りまわしたくないと考える女性も少なくないです。 また、シングルマザーの中には再婚したいと考えていても様々なことを悩むため結果的に再婚に踏み切れないという人もいます。「子供に悪影響があったら」「また失敗したら」などの考えはおかしくありません。しかし。シングルマザーの再婚が必ずしも失敗するわけではありません。失敗する特徴や成功するポイントを掴んで、シングルマザーの再婚について考えましょう。

シングルマザーが再婚に失敗する4つの特徴

自分の母親と友達のように仲がいい

離婚をすると、一人で子供を育てる大変さから自分の親に頼る人も少なくありません。そのため、シングルマザーが自分の母親と友達のように仲がいいのは珍しくないのです。これは親子関係としてはとてもいいことです。またシングルマザーが自分の親に頼るのは悪いことではありません。 しかし、この時にシングルマザーには「再婚して失敗したらまた親に頼ればいい」という考えが芽生える可能性もあります。そうなればシングルマザーが再婚して失敗するのです。また、常に自分の親に頼る生活が再婚しても抜けないとされが原因で再婚相手との喧嘩の原因になります。再婚相手よりも自分の親を頼るため「自分は必要ない」を思われるのです。

過去に捕らわれる

シングルマザーということは、過去に何かしらの原因で離婚をしたことになります。この時に、多くの人は「トラウマ」として過去の結婚生活に囚われます。自分の再婚相手にふさわしい人を見つけても「また浮気されるかもしれない」「自分や子供に暴力を振るうかもしれない」と再婚相手が信用できません。結婚生活の中では「お互い信用しあう」ことが大切です。 これが原因でシングルマザーが再婚しても失敗するケースが多いのです。また、常に信用されていないと感じれば再婚相手も不快になります。これが原因で自分の負担になったり、再婚相手との不仲の原因になる可能性もあるので注意をしましょう。全ての男性は過去の結婚相手と同じような特徴を持っているとは限りません。

子供に対する要求が多い

シングルマザーが再婚をすると、血の繋がりがない人が子供の父親になります。また、いきなり「お父さん」という存在が現れることで子供が混乱する可能性も考えられます。この時に、多くのシングルマザーは再婚相手に「子供のことをもっとかわいがってほしい」という要求をします。しかし、多くの男性はこの要求をされると余計に子供がかわいくないと思うのです。 これが原因で、再婚をしても親子関係がうまくいかないと悩みます。また子供のことを第一に考えて「子供が幸せでないなら離婚をするべきか」と思うのです。再婚相手に、必要以上に父親的な存在を要求しないことも大切です。いきなり子供ができて男性も戸惑っています。徐々に関係が深まるようにと見守ることも必要です。

再婚相手の収入にこだわる

初婚であっても、シングルマザーの再婚であっても多くの女性は結婚相手を年収で決める傾向があります。これは年収の高い人と結婚知ればセレブな生活が送れると思うことが原因です。しかし、年収が高いからセレブな生活ができるとは限りません。年収が一千万円以上であっても「自分の趣味に高額なお金を使っている人」「ケチで自分のお金を出したがらない人」もいます。 また、年収が高いということは毎日仕事は忙しい可能性もあります。この時に、「再婚相手はなかなか家に帰ってこない」「子供や家族との時間が取れない」となるとシングルマザーの再婚が失敗することも考えられます。また、これは子供を育てていくうえでも収入を重視することが原因です。年収だけで再婚相手を選ぶと様々な問題に陥る可能性もあるので注意をしてください。

シングルマザーが再婚したいときの3つの再婚方法

積極的に出会いを求める

シングルマザーが再婚したいと考えても、方法がわからなければ再婚できません。シングルマザーが再婚したいと思った時には「積極的に出会いを求める」ことが大切です。出会いがないと再婚相手もなかなか現れないのです。しかしシングルマザーは、毎日仕事や育児・家事に追われて忙しいです。そのため、多くのシングルマザーは「再婚したい」と思うだけで終わります。 そうならないように、「休日には子供を連れて外出する」「友達にいい人を紹介してもらう」など自分から積極的に出会いを求めましょう。シングルマザーは「再婚したい」という気持ちだけでは再婚できません。強い気持ちをもって、出会いの場に足を運ぶことも必要です。再婚相手を見つけるのではなく「恋人を見つける」という軽い気持ちを持ってください。

シングルマザーの婚活パーティーを活用する

近年では、初婚や再婚に関係なく多くの人が婚活パーティーを活用しています。しかし、シングルマザーの中には「子供がいるから婚活パーティーに参加しても相手は見つからない」と考える人もいます。実際に、同じくらいの魅力的な人がいれば、初婚の女性を選ぶ男性もいます。だからといって何も行動を起こさないのはよくないです。 大手の婚活パーティーであれば「シングルマザー専用」の婚活パーティーや再婚メインの婚活パーティーもあります。ここでも婚活は、基本的に「子供がいる」「離婚歴がある」人が多いので自分の気軽に参加できます。またシングルマザーへの理解がある人は集まっているので、男性と仲良くなれるチャンスもたくさんあります。

結婚相談所を活用する

結婚相談所には経済力がある男性も多いです。またシングルマザーへの理解が高い人も少なくありません。シングルマザーが再婚したいと考えた時には「結婚相談所を活用する」方法もあります。婚活のプロであるアドバイザーに相談をしながら、自分の理想の相手を見つけられます。この時に、恥ずかしがらずに自分の条件や自分の事情などをしっかりと話すことも必要です。 シングルマザーが再婚するときには「子供」のことも考える必要があります。自分の条件だけではなく、どんな再婚相手なら子供が幸せになれるのかを考えてください。自分の理想ばかりでは子供は幸せになれません。

シングルマザーが再婚で幸せになる3つの方法

シングルマザーの自分が幸せになれるのかを考える

シングルマザーということで、再婚相手を選ぶときに多くの女性が子供目線になります。この人は父親としてどうか、いいお父さんになってくれるのかを考えることはおかしなことではありません。これはシングルマザーが再婚相手を選ぶうえでも大切なことです。しかし、これを重視しすぎると「自分が求めていること」が見えなくなります。 シングルマザーが再婚をしても、自分の理想の相手でなければ結婚生活が嫌になります。これが原因で夫婦中がうまくいかなくなる可能性もあります。父親選ぶとして最低条件を考えることは大切です。しかし、シングルマザーが再婚相手を見つけるときには「自分はその人に魅力を感じるのか」を第一に考える必要があります。

シングルマザーの再婚では子供の気持ちを考える

シングルマザーが再婚するときにやりがちなのが「子供の意見を聞く」ことです。シングルマザーが再婚するときには、自分の意見だけではなく子供の意見も大切です。しかし、この時に「前のお父さんに比べてどうか」を聞くことはオススメできません。子供は親が思っている以上に、親のことを考えています。そのためこの質問をされれば「いい人」と答えるしかないのです。 また必要以上に「この人いい人でしょ?」と問いただせば、子供は気を使って本音を言えなくなります。子供に再婚相手に対する意見を聞くときには、複雑なことを聞かずに率直な意見を聞いてください。意見を聞くことに大切なことは「いい人」だと言わせることではありません。シングルマザーの再婚では素直な子供の気持ちを知ることが大切です。

シングルマザーである姿を見せる

シングルマザーの再婚では初めのうちは2人だけでデートをすることが多いです。この時に、子供がいることを伝えても男性は明確に想像できません。そのため2人のデートでは「女」として見られます。しかし、自分は女であって母親でもあります。男性に「母親」の姿を見せておくことも大切です。これができないと母親の姿を見せた時に女として見られなくなることもあります。 シングルマザーは再婚する前に、何度か再婚相手と子供が接する機会を持つことも必要です。この時に、男性は「母親」を意識できるようにしてください。再婚相手ばかりに夢中になって常に女でいてはいけません。これでは、幸せな再婚ができなくなる可能性もあります。再婚したらこんな家族になることを子供や再婚相手に想像させましょう。

シングルマザーが再婚すると子供の籍はどうなるの!?

再婚相手と子供を養子縁組にする

シングルマザーが再婚するときに心配なことは「子供の籍がどうなるか」です。シングルマザーが再婚するときには婚姻届けを出す必要があります。これはシングルマザーだけではなく結婚に必要なことです。婚姻届けを出したら、子供の養子縁組届を提出してください。中には婚姻届けを出す前に養子縁組届を出す人もいます。 養子縁組届は、婚姻届けを出す前でも出した後でも構いません。しかし、婚姻届けの前に養子縁組届を出すと裁判所のからの許可を待つ必要があります。反対に婚姻届けの後であればわざわざ待つ必要もありません。そのため比較的スムーズに養子縁組が組めます。 再婚相手との親子関係を望まない時には養子縁組をする必要はありません。これは本人の意思によって決まります。子供が15歳未満であれば親意思決定が必要です。養子縁組をしないときにシングルマザーが再婚すると子供の戸籍は母親が戸籍から抜けた状態になるので、母親の苗字と子供の苗字か異なります。 そのため家庭裁判所から「子の氏の変更許可申立」の許可をもらってから「入籍届」を出す再婚方法もあります。必ずしも再婚相手の戸籍にいれなければいけないわけではありません。自分たちはどうするべきなのかをしっかりと考えてください。

まとめ

シングルマザーの再婚は難しい!?

シングルマザーが再婚を考える時には、さまざまなポイントを考慮する必要があります。シングルマザーが再婚でまた失敗すれば、自分だけではなく子供にも大きな負担がかかります。再婚をする際に「失敗したい」と思う人はいないはずです。シングルマザーが再婚だからと諦めるのではなく、自分や子供が幸せになるためには何が大切なのかを考えましょう。 シングルマザーの再婚は難しいという意見もありますが、実際にはシングルマザーが再婚で幸せを掴んでいるケースもたくさんあります。良い相手を見つける努力が重要なのです。 子供がいない独身女性に比べると、どうしても子供のことが気がかりになってしまうのは当然です。しかし、「自分のことはどうでもいい」と思ってしまうと、自分の幸せについて考えることができず、子供にも影響を与えてしまいます。もちろん子供には十分配慮が必要ですが、同時に自分が幸せを掴むことも前向きに考えましょう。