【レッドブル】持続時間はどのくらいかから成分などまとめました!

レッドブルは翼を授ける!

と言う独特な世界観のCMが印象的ですね。実際に飲んだ人もすでにおられると思いますが死亡説などの都市伝説もつきもの。今回はそんな謎やレッドブルの作用などをまとめてみました!

レッドブルとは?

最近よく聞くレッドブル。おしゃれなエネジードリンクとしは販売されていますが、エクストリーム系イベントのスポンサーやF1チームなど多様な活動をしていることでも有名ですね! ではエナジードリンクとしてどのような作用があるのでしょうか?

レッドブルはタイで生まれた

レッドブルはタイで生まれ世界160か国以上で販売されている大ヒット商品です。世界で一番売れているエナジードリンクで52億本以上売れているなど社会現象にもなっています。成分はその国にの規制に合わせて違うようです。例えば他国ではタウリンと言う成分が入っていますが、日本では医薬品扱いになるのでそれを含まず清涼飲料水として扱われています。

レッドブルの作用は栄養ドリンクとは違う? 

 
まずは成分を見てみましょう。これで机上でどんな作用があるのかが予想できるはずです。

レッドブルの成分は「カフェイン」「アルギニン」「ビタミンB群」これ以外の成分も入っていますが注目すべきはこの3種類と言えるでしょう。

これらの成分の働きはのちほど紹介するとして、ほかの栄養ドリンクとどう違うのか、と言う話ですがレッドブルの起源となったのは日本の栄養ドリンクのようです。しかもそれはリポビタンD!

リポビタンDは「カフェイン」「タウリン」に注目したいのですが、レッドブルとはカフェイン以外は成分が違うことがお分かりいただけるはずです。味は似たような系統ですし栄養ドリンクと違うとはいえ、カテゴリー的には同じと言えます。

実際に感じる大きな違いあるとすればリポビタンDは頭だけ覚ますような感覚で、レッドブルは全身から力がみなぎるような感覚です。これはレッドブルに入っているアルギニンがその性格の違いを作っていると思います。

リポビタンDに含まれるタウリンは肝臓の働きを促進すると言われ代謝をよくしたりエネルギー活動を活発にしたりするといった成分です。リポビタンDが二日酔いに効くと言われるのはこれが関与していると思います。

ドリンクだけじゃない!

レッドブルはさまざまな活動を行っています。

レッドブル、アルプス山脈で雪上F1デモ走行
アルプス山脈の雪の上をF1で走ってみたり…
 

レッドブル・エアレース千葉2015=空のF1、高速プロペラ機でタイムを競う
日本でも行われましたが飛行機のレースをしてみたり…
 

『成功』 成層圏からのフリーフォール レッドブル ストラトス redbull stratos
成層圏から落ちてみたり
 
とにかくさまざまな遊びを提供してくれる企業でもあります。

レッドブルの作用と持続時間は?

それではレッドブルの作用や継続時間について解説しましょう!

眠気に効くのか?

ここで先程の成分を思い出してみると「カフェイン」が入っていますね。コーヒーや紅茶、緑茶やコーラ、ジュースなどにも入っていますが栄養ドリンクはこの比率が高いことが売りと言えるでしょう。カフェインは脳に覚醒作用をもたらします。具体的には倦怠感や眠気の解消作用があり、頭を使う作業などの効率をアップさせるたりするなどの作用です。
そのため疲れを感じていても体が軽く感じたり、勉強などにも集中できることもあるようです。

持続時間は?

継続時間には個人差があり摂取後約30分後ほどから作用し始め4時間ほど作用を体感できる方もいるそうです。完全に作用がなくなるには5~7時間と言われています。ただしカフェインに過敏に反応する体質の場合は体感時間はもっと長くなる場合があるので睡眠の妨げになることも予想されるので気をつけてください。

テンションアップ作用!

「レッドブルは翼を授ける」なんて言いますが、体が軽く感じたりするのでスポーツをする場合に飲む方もいるようです。基本的にカフェインには血管を収縮させる作用がありスポーツなどの運動をする上でマイナスに感じますが、気分が上がったりやる気が出たりすることもあるのでパフォーマンスが向上されるとも言います。瞬発力を求められるサッカーやバスケットボール、短距離走や筋トレなどの前にレッドブルを飲むことで成績が上がる場合もあるようです。
そのほかクラブなどで音楽に乗ってアゲアゲで踊りたいけど車の運転などが控えていてお酒が飲めない…なんてときもレッドブルを飲むことでテンションを上げる方もいるようです。クラブにレッドブルが置いてある理由はその狙いがあるようです。そのほかアルコールで割ることでその作用をより体感できるなど、使い方はいろいろあるようです。

アルコールの目覚ましにも

目が覚めると言われるカフェインの作用を上手く利用すればアルコールによる眠気や酔い覚まし作用も体感する方もいるようです。とは言っても体内のアルコールの分解が促進されるわけではありません。アルコールは約12時間体内に残りますから、酔い覚ましにレッドブルを飲んで目が冴えたから車の運転などは飲酒運転になりますので気をつけましょう。

利尿作用

カフェインが入っているので利尿作用も体感する方もいるようです。特に大型連休などでドライバーさんが「目覚ましにカフェイン飲料を飲んで目は冷めた! けどおしっこが我慢できないい~…あー、渋滞だー…パーキングも混んでるぅ~…漏れる、漏れちゃうよ~」みたいな経験もある方もいると思いますが、ある意味ネックとも言えるでしょう。個人差などもありますので飲むタイミングなどは気をつけましょう。

滋養強壮

レッドブルに含まれるアルギニンは男性の精力をアップさせる作用があるようです。それに加えカフェインの作用もあるので体感する方もいるようです。しかし本気でそれを考えるなら滋養強壮剤の方が成分が多く含まれている事があるのでそちらのほうが良いでしょう。ただ、レッドブルの方が手に入れやすく飲んでいても人目を気にしなくていいのでおすすめとも言えます。

レッドブルの成分は?

レッドブルの成分について詳しく見てみましょう。

レッドブルの成分

レッドブルのレギュラー缶の内容量は250mlです。ここでは100mlあたりの成分を見てみましょう。

  • 栄養成分(100mlあたり)
  • カフェイン 30mg
  • エネルギー 46kcal
  • たんぱく質 0g
  • 脂質 0g
  • 炭水化物 10.7g
  • ナトリウム 80mg
  • アルギニン 120mg
  • ナイアシン 3mg
  • パントテン酸 2mg
  • ビタミンB6 2mg
  • ビタミンB2 0.09mg
  • ビタミンB12 2μg

レッドブルは太るのか?

レッドブルを一度でも飲んだことのある人ならお分かりかと思いますがとても甘くなんだか不安な味がします。と言うのも甘ったるくて太ってしまいそうな味と言いましょうか。これはレッドブルに限らずほかのメーカーのエナジードリンクもそうだと思いますが。ではレッドブルの砂糖の量を見てみましょう。
先ほどの成分量のカロリーと炭水化物を見てください。100mlあたり46kcalと10.7gとなっています。それでは別の飲みの物と較べてみましょう。(カロリー/炭水化物)

  • コカ・コーラ 45kcal/11.3g
  • ペプシ・コーラ 48kcal/11.9g
  • モンスターエナジー 50kca/13g
  • リポビタンD 74kcal/18g

とこのように特別レッドブルが太るということはなさそうです。

シュガーレスのレッドブルもありますよ! 

ダイエット中などでカロリーや炭水化物が気になる人にはこのシュガーフリーがおすすめです。味はスタンダードより薄めな印象ですが、とても飲みやすいのでグビグビいけちゃいます。炭酸が強く感じるので喉越しもいい感じです。
スタンダードの濃い味が苦手な人にもおすすめできます。特に薄すぎて…とも感じないので万人向けとも言えるでしょう。

レッドブルはカフェインだけではない 

レッドブルやそのほかのエナジードリンクには当たり前のように入っているビタミンB群ですがこれも体に与える影響があります。まず体内のエネルギーの循環を促進する作用がありやる気を起こすなど感じる事があり、レッドブルのキャッチコピーである「翼を授ける」の語源でもある体が軽くなる現象もこれが要因と言えるでしょう。
例えばデスクワークや勉強をするときもなんだかやる気が出ないなぁというときに作業がはかどったりします。スポーツをするときも同じです。エナジードリンクはこのビタミンB群とカフェインの相乗作用が期待できると言えます。

アルギニンの作用は?

レッドブルに入っている成分のアルギニン。これも体に影響を与えます。その作用は疲労回復、成長ホルモンの促進、免疫力のアップなど。疲れたときにレッドブルを飲むと力がみなぎったような感覚になるのはこの疲労回復作用などが作用しているのだと思われます。とは言え無理は禁物です。
どちらかと言うと誤魔化しているような感覚なのでしっかりと休息を取らないと疲労が蓄積して体調の悪化に繋がるでしょう。あくまでも一時的な使用に利用しましょう。

飲み過ぎると落ち着きがなくなることも

体を動かすスポーツなら問題ないと思いますが、デスクワーク系なら飲み過ぎに注意しなければいけません。と言うのもレッドブルの作用を感じすぎてじっとしていられなくなったりしてしまうでしょう。ひどい場合は心臓がドキドキしたり手が震えてきたり、体を動かしたくなってソワソワしてきたりするので落ち着きがなくなったりとそれどころじゃなくなります。
飲んでからだいたい30分後に作用を感じる方もいるので一気に一缶飲まず少しずつ調子を見ながら飲んでみてはいかがでしょうか?

他のエナジードリンクとの比較

モンスターエナジーなどレッドブルブーム期に続々と登場した商品とも較べてみましょう!

モンスターエナジー

 

  • 栄養成分(100mlあたり)
  • カフェイン 36mg
  • エネルギー 50kcal
  • 炭水化物 12.6g
  • ナトリウム 78mg
  • ビタミンB1 0.1mg
  • ビタミンB2 0.7mg
  • ビタミンB6 0.8mg
  • ビタミンB12 1‐6ug

レッドブルに比べてカフェインが多いことがわかります。さらに内容量も355mlととっても多く実際にめざまし作用を感じる人も多いようです。徹夜系に向いているとも言えます。味もレッドブルと同じようなパイナップル系統です。

【モンスターエナジーの作用とは?】夜勤や今日頑張りたい人必見!!

ロックスター 

 

  • 栄養成分(100mlあたり)
  • カフェイン 48mg
  • エネルギー 58kcal
  • 炭水化物 14.1g
  • ナトリウム 24.1mg
  • アルギニン 120mg
  • ナイアシン 8mg
  • ビタミンB2 1.44mg

カフェインが濃いことで有名なロックスターエナジードリンク。内容量の多いモンスターエナジーかカフェインの濃いロックスターか、究極の選択(?)でもありますが、モンスターに比べロックスターを取り扱っているコンビニが少ないと言う傾向が全国的にあるようです。
ですので見つけたら買ってみるのも良いかもしれませんが、味はちょっと癖があり薬品チックな風味が苦手に感じる人も…。ただ全体としてこの味が病みつきにある人も多いようです。コストパフォーマンスが良いのでロックスターを愛用しているなんて人もいるので根強いファンに支持されています。

ライジン

 

  • 栄養成分(100mlあたり)
  • カフェイン 27mg
  • エネルギー 43.1kcal
  • 炭水化物 10.6g
  • ナイアシン 11mg
  • イノシトール 27mg
  • ナトリウム 21.1mg
  • ビタミンB2 2mg
  • ビタミンB6 2.2mg

ほかの商品に比べてカフェインが少ないライジンですが(と言っても十分な量です)その特徴は生姜味と言えるでしょう。ほかのエナジードリンクは栄養ドリンク感の強い独特のパイナップル系の味ですがライジンは生姜。これがジンジャーエールなどが苦手な人はやめておいた方が良さようですがこの味が好きな人にはたまらないようです。

オロナミンC

 

  • 栄養成分※120mlあたり
  • カフェイン 18mg
  • エネルギー 79kcal
  • 炭水化物 19g
  • ナイアシン 12mg 
  • ナトリウム 1mg~3mg 
  • ビタミンB2 2.4mg 
  • ビタミンB6 6mg 
  • ビタミンC 220mg 

元祖栄養ドリンクであるオロナミンC! 元気ハツラツと言えば皆さん迷わずオロナミンCと答えられるでしょう。独特の瓶に入りプルタブも昔から変わることなくあのままですね。オロナミンCにおいては120mlあたりの成分となっていますが、カフェインは18mgととても薄めです。なのでお子さんでも安心して飲めるでしょう。カフェインに過敏に反応する人ならこれくらいがちょうどいいかもしれませんね!

コーヒー

ちなみにコーヒー1杯には40~180mgのカフェインが入っています。目を覚ますにはこれでも十分と感じる人もいますが、エナジードリンクにはそれ以外に体を元気にしてくれる成分が入っているのでコーヒーでは物足りない人はぜひエナジードリンクをお試しください。