近年増えてきている専業主夫ですが、実際のとこまだまだ世間での認知は少なく、風当たりが強いのが現状です。しかし実際に専業主夫をされている人はいろいろな悩みや、プライドが邪魔してできないこともあるようです。専業主夫がいったいどんなことをやっているのかをまとめてみました。

専業主夫のメリット、デメリット

働かなくても家事をして暮らせるメリット

男性でありながら、働きたくないと労働を嫌がる男性も存在します。男性は通常働いて出世してこそ一人前、そういったイメージがあると思いますが、男性の草食化か昨今続き進んでいる現代では、出世や人に認めてもらう事を求めずに、のんびりと過ごしていきたいと考ている意欲を持たない男性が増えてきています。 なまけたいから働きたくないといった理由だけではないようで、身体的な病気で働き辛い男性も中にはいらっしゃいます。社会人になると通勤時間も含めると、1日の約半分以上の時間は仕事に費やしていることになります。そんな中、仕事にやりがいが見いだせず仕事を嫌う男性にとって、専業主夫という恵まれた環境はないと思います。 男性ながらも、女性で働かずに毎日家事をして過ごせる専業主婦を羨む人は多いのですが、専業主夫になれば、男性であっても専業主夫として毎日悠々自適に過ごして暮らせていけます。料理、掃除、洗濯、買い出し子育てなどの家事ができるといった条件が必要ですが、場合によっては自分の親や義両親の介護をしないといけない場合もあります。他人の世話や、家事が好きな人にとっては最高の就職先です。

男性でも子供のそばに居られるメリット

結婚しても仕事を辞めたくないという女性は増えてきています。その女性にとっては、仕事が生きがいとして結婚するまでやってきているので、なかなか仕事で産休を取ったり、退社して専業主婦になるという事には抵抗があり、旦那さんが家で家事や子供の面倒を見てくれるという、専業主夫の存在はとてもありがたいと言えます。 男性よりもキャリアがあり、今まで仕事の実績がありたくさん稼いでいる女性ならば、家の仕事をこなしてくれる男性を養っていくことというのはたいして負担はならないでしょう。しかも子供が好きな男性であれば、専業主夫としてたくさんの子供のそばに居られるため、他の男性と比べると多くの子供との思い出が作れます。 実際に子供好きの人が専業主夫になったことで1番良かった点ということで上げるのは、子供の成長とその過程を間近で感じることができ、子供と過ごせる時間が幸せといった方もいるほどです。妻が出産のためにイヤイヤ仕事をあきらめたり、子育てでストレスがたまり、夫婦喧嘩するよりは、良いと思います。

世間体が悪いデメリット

いまだに日本では、男性が働き、女性は家庭に入るものとして考えられている風潮があり、働いていない男性は、他人と比べて劣っていると社会はみなしてきます。実家が裕福であり、働く必要がないのならばまだましですが、なんせ結婚している女性にご飯や生活面を稼いでもらっているので、情けないということになってしまいます。自分の親や、相手の親にも1人前の男性として見てもらえないことが多いようです。 普通の親であれば結婚しているのだから働いてこそ男だ、と言ってきたりするでしょう。元同級生や、友人、近所の人、子供の友達、その親御さんからも働いていないというだけで白い目で見られたり、蔑視されたりします。それは、働いている奥さんも同じ対象です。 男性を養わなければいけないなんて、かわいそうな女性なんだろう、よほど自分に自信のないお金目当ての旦那さん、旦那さんがペットみたいと偏見の目で見られたりしたりもします。誰にも会わずに暮らしていても、必ず近所には人目があります。山奥でひっそりと暮らさない限りはどんな生活していようと近所からは噂されてしまうのが専業主夫です。 でも、やりたいからやっているんだ!という男性が多いことや、女性の管理職も増えてきているので偏見も少なくなっていてはいますが、やはり以前までの日本の考え方をしている方からは受け入れられないことが多いでしょう。

男性としての威厳がなくなるデメリット

旦那の稼ぎが妻より少ないと、旦那が不能になりやすい傾向があります。専業主夫となるならば、男性らしい自分をあきらめないといけません。他人からの尊敬、自尊心は捨て、養ってもらい、家を守ることに徹していかないといけません。また妻にも立派な男性としては見てもらえなくなります。妻が稼いでいるのですから専業主夫は妻の言いなりになっていくことが多いです。より頼りになる男性を求めてそこから浮気に発展してしまう事もあります。 男性は女性より性欲が盛んであって、妻に不満があり、ほかの女性に癒しを求め専業主夫であるがゆえに時間を持て余しているので、ナンパをしたり、出会い系に登録をして浮気を始める人もいます。専業主夫であることがコンプレックスに感じる事もあり、1度仕事を辞めて専業主夫になってしまうと再就職は困難であり、もしも妻が働けなくなったり、捨てられたりするとお金に困ってきます。 女性ならば母子家庭手当が出やすいとこもあったり、ほかの男性と再婚で着やすいので良いのですが、男性というだけで世間は冷たく、専業主夫をしていた自立心と職歴のない男性は再就職が困難になっていきます。自分が働いておらず、家でのんびりと過ごしているという罪悪感を感じ、将来への不安が募ってきます。 ですが、仕事をする妻を支えることができるのも専業主夫のメリットです。奥さんのよき相談相手として精神面をサポートすることができる唯一の存在になることも可能です。

専業主夫とヒモの捉え方

専業主夫を必要とする女性の特徴

男性と同様に活躍していて、経済的に独立し、安定している女性は、家で十分な家事をしている時間の余裕は全くと言っていいほどありません。それでも1人暮らしであれば、1人分の食事や家事ぐらいはなんとかきちんとして生活できていると思いますが、結婚してしまうと、独身の時のように仕事をこなしながらの家事や子育てというのはうまくいかなないようです。 独身時代と同じ職場で同じ仕事を続ける限り、家事や子育てにどうしても負担が出てきます。そんなとき、共働きでも自宅で仕事できる男性と結婚し、妻の方が高収入で安定しているならば、夫の方が専業主夫となって、仕事と家事を両立させていった方が合理的と考える女性もいます。 「男だから」「男なのに」といった変なプライドを捨てて、自宅でやっている仕事をパートとし、プライドをもって専業主夫としてやってくれる男性と結婚できれば、女性はこれまでやってきた仕事を思う存分にこなすことができるのです。仕事を辞めたくない、結婚もしたいし、子供もほしいといったすべてを手に入れたい、変な言い方をすると欲張りな女性に、専業主夫をやってくれる男性は必要なのです。

専業主夫としての条件

専業主夫としてやれる条件として、「専業主夫」としてプライドを持っていけるかどうかです。町内会や、隣禁書の奥様達とコミュニケーションを取ったり、子供の学校のPTAのお付き合いもできる人です。そして妻が働き、「我が家の大黒柱は妻です」と堂々と自信を持って言えることが必要です。 世間体というのはめんどくさいものが世の中にはたくさんあります。しかしその世間体もあまりにも堂々としていて、良い人であり、しかも力仕事など女性では大変だったことも簡単にやってのければ、ご近所の方や、PTAの人たちにも好意的に思ってくれるでしょう。少しハンサムだったら余計に人気者になってくるでしょう。 男性としてのプライドをチラホラ見せてきたり、お近所の人に会った時に恥ずかしそうにしていたり、ご近所とのお付き合いもめんどくさがって全くしないといった中途半端な専業主夫は地域にも溶け込めず快適な専業主夫生活を送ることは困難になってくるでしょう。地域の方たちとのコミュニケーションも普通の人間関係です。会社でも人間関係の付き合いをしてきたと思います。女性が多い中、男性がたった一人入ったところで、その人の取り組み方であって関係がないのです。

ヒモと専業主夫との違い

ヒモと呼ばれている男性は、女性の稼ぎを当てにして、生活している男性の事です。女性に寄生しているかのような感じですが、一方専業主夫も「一家の大黒柱は妻」と言っているのですから、妻の稼ぎで生活しています。一体どこが違うのでしょうか? ヒモと呼ばれている男性は働かず、家事もせず、家でゴロゴロ遊んでいます。子供の面倒は見るかもしれませんが、それも遊んであげる程度です。働いてもいないのに、働いている男性が不通にする程度しか子育てもしません。妻の働きに寄生しているのに「男がこんなことできるか」と言った男のプライドを全面的に出し振りかざしてきます。一方専業主婦は、家を守る女性が一般的にやっていること、専業主婦がやっている家事を立派にこなし、女性がやる子供の世話も完璧にこなしていきます。自宅で母親代わりができるのが専業主夫なのです。ごみ当番や、町内会やPTAの集まりもプライドを持ってやっていきます。 このプライドの持ち方が、ヒモと専業主婦の違いです。男女平等の現在の社会で夫が一家の大黒柱でなければいけないといった決まりはありません。昔から女性の仕事、男性の仕事と区別されていた職種はもう男女の区別はなくなっています。書生の消防士もいる世の中ですから、専業主婦だけではなく、専業主夫がいてもおかしくはありません。男性が女性に負けないくらい家事を完璧にこなせるような人が増えてくることで、世間でも柔軟な考え方ができる人が増え、「専業主夫」も受け入れてくれると思ます。

「専業主夫」の悩み

周囲の目が気になり、友達ができない

家族の理解を得られたとしても、ご近所や親戚の方など世間的にはまだまだ専業主夫に関して理解されにくいというのが実情です。男は稼いでくるのが仕事、父親に育てられている子供が可哀想など批判をする人も多いでしょう。ふとした瞬間に感じる周囲からの冷たい目に負けないよにするためには、評価を他人にゆだねるのではなく、自分自身で認識する必要があります。 自分が選択したことに何事にも揺るがない信念を持っていれば、周囲の目もさほど気にならなくなってきます。しかし、近所で友達がいないとなると、相談できる相手も奥さんだけになってしまいます。友達を作るためには、外にでて、交流を広げていかないといけないです。専業主夫の職場は基本自宅であり、出かけると言っても、食材や生活用品を買いに行くぐらいになってしまいます。 また書生であれば、ご近所の専業主婦とも当然のように打ち解けあえ、子供についても相談したりできるのでしょうが、専業主夫の場合だと気軽にご近所の奥さんたちに相談と言うのも難しくなるでしょう。こういった環境からも友達を作りにくいと言えるでしょう。

自分の時間が持てず、自信がなくなってくる

一般のお仕事とは違い、専業主夫は仕事は何時から何時までと言った明確な区切りはありません。やるべきことは山積みであり、今やるべきこと、後でコツコツやるのも自分次第です。こういった状況から、なかなか自分の時間を作ることができず、ストレスを抱えている専業主夫も多くいます。 また、「影響力のあることをしたい」「勝負をしたい」「達成感がほしい」と言ったことは、男性であるなら少なからず持つ願望です。当然ですが、専業主夫はこういった願望は満たされにくいと言えます。自分自身の存在意義は自分で見出すものでしょうが、簡単にできれば苦労はしません。こういったことから、自分に自信が持てなくなってしまいがちになります。

将来に対する不安

専業主夫が共通して悩んでいることは将来に対する不安です。保険の加入も専業主夫の場合は基本的に断られます。万が一奥さんに先立たれた場合、遺族年金や遺族補償年金ももらえません。また何かのきっかけで外に働きになりはしないかと不安になってきます。 専業主夫の期間は職歴は空白になり、その年月が長ければ長いほど再就職は困難になってきます。そう考えると、専業主夫には世間の扱いは厳しいものです。しかも専業主夫は、一線を退いた過去の人といったイメージがあり、再雇用の場合でも印象はあまり良いとは言えません。 専業主夫である以上、不安はつきものなのです。おススメするのは自分自身いつでもまた仕事ができる準備をするといった意味でも、今までほしかったけど時間がなかったために取れなかった資格を取得するなど行ってみてはいかかでしょうか?自分の価値になりますよ。

まとめ

家を守ることや家事は女性がやるものと思っている人も多いと思いますが、今は男性が専業主夫としてやっていることも多い世の中になってきています。自分の周りに昭和世代の人がたくさんいた場合には、非難が多いと思いますが、今は男女平等であり、そんな時代ではなくなっています。 女性が活躍できる世の中になってきている中、専業主夫が増えてくるのは当たり前の事です。これからどんどん増えていくであろう専業主夫、今実際にやられている方々が堂々と専業主夫をできる世の中になっていけば、また世間の見る目も変わっていくでしょう。