【仕事に疲れた時ココロに効く処方箋6つ】仕事を辞めたいあなたへ!

仕事に疲れて辞めたくなった時、まず自分でできる対処法を知りたい…!そんなあなたのために、疲れたココロに効く処方箋を6つご用意しました。仕事を辞めてしまう前に、まずはココロを癒しましょう。シンプルでも効き目のある、とっておきの処方箋です♪

1. 仕事に疲れたとき、読む本

仕事で疲れたら1分間だけ読む本 / 松本幸男 著

仕事に疲れたとき、そっとページを開いて読むだけで、ココロが軽くなる…そんな本がすぐそばにあると、どんなに心強いでしょう。疲れたときに読む本は、あなたのココロのそばで、いつも寄り添ってくれるのです。

この本のタイトルどおり、疲れたらたった1分だけ読んでください。長時間の必要はなく、この1分であなたの疲れを取り除く方法を教えてくれます。仕事の疲れにはいくつかの感情があり、怒りや不安、拒否、自己嫌悪などさまざまでしょう。そんな感情を大きく8項目に分け、最適なアドバイスをくれます。

仕事が辛い!そんな時に見るべき失敗しない転職方法まとめ

「月曜日がゆううつ」になったら読む本 / 西多昌規 著

仕事を辞めたい…と思う時は、ダントツ月曜日が多いのではないでしょうか。週末ゆったりリラックスした矢先、月曜日の憂鬱がやってきます。そんなあなたは本のサブタイトルでもある『仕事で疲れたこころを元気にするリセットプラン39』を試してみるのはいかがでしょうか。

著者は医学博士でもあり現役の精神科医なので安心です。仕事に疲れて何もしたくない、仕事を辞めることしか考えられない時期もあるでしょう。そんな時ほんの少し気力や体力が残っていれば、この本でココロを救ってあげられるかもしれません。

仕事は楽しいかね? / デイル・ドーテン 著

仕事に疲れて未来への希望を見失った主人公「私」は35歳。大雪で足止めを食らった空港で、ある1人の老人に出会います。老人との会話から少しずつ仕事観を見いだしていく、ストーリー仕立ての自己啓発本です。

最近はたくさんの自己啓発本が出版されていますが、アメリカの人気コラムニストによるこの本は、とてもシンプルで短め。気軽に小説を読む感覚でココロに元気を与えてくれます。

2. 仕事に疲れたとき、聴く曲

♪Don’t Know Why / ノラ・ジョーンズ

仕事を辞めたい時、疲れたココロを音楽がなぐさめてくれます。疲れてどうしようもない時、あえて洋楽を選び、ただシンプルに音とリズムに身を任せる方法はいかがでしょうか。ゆったりと流れるスローなメロディーに、すべてが救われるでしょう。

アメリカの有名ジャズシンガー、ノラ・ジョーンズの1曲は、仕事に疲れたあなたのココロをやさしくほぐしてくれます。いろいろあった出来事をまったり回想しながら、溜まった疲れを取り除きます。

♪Thinking Out Loud / エド・シーラン

仕事で疲れている時「キミはそのままでいい」と励ましてくれる曲は、効きます。あなたが間違っていると指摘したり、否定もしません。1人で抱え込まなくていい…そんなメッセージがいつものあなたの元気を取り戻してくれるでしょう。

イギリスのシンガーソングライター、エド・シーランのアコースティックな1曲です。「年を取っても変わらずキミを愛するよ。キミも僕を受け止めて」という典型的なラブメッセージですが、恋愛に限らず、疲れたココロのサプリになります。

♪No Woman No Cry / ボブ・マーリー

仕事を辞めたい!と時には本気で泣いているかもしれません。そんな時にはぜひこの曲を。レゲエの神様ボブ・マーリーは、あなたが聞きたい言葉をやさしく投げかけます。「もう大丈夫」とココロのそばで見守ってくれるから、この曲を聴き終えた時、新しい友だちが1人出来たような気分になるでしょう。

レゲエの他に、ボサノバもおすすめです。仕事で溜まった疲れや憂鬱は、何も考えず、ただゆったり流していく…そんなシンプルな方法がベストだと言えそうです。

3. 仕事に疲れたとき、観る映画

セックス・アンド・ザ・シティー

仕事を辞めたい時。いっそ別世界に飛び込む…そんなストレス発散法なら、間違いなく映画が1番です。泣いて笑って感動できると、いつしか悩みも消えスッキリ前向きになれます。

アメリカの大ヒットシリーズ『セックス・アンド・ザ・シティ』がおすすめです。主人公のパワフルな4人に感情移入しながら、ファッションや恋愛、仕事、友情と共感できるテーマに、しばし仕事を忘れましょう。最高の気分転換になりますし、また明日からがんばろう!と元気をもらえます。

ブリジット・ジョーンズの日記

仕事に疲れすぎて、喜怒哀楽がなくなったという話をよく聞きます。ココロが固まってしまう前に、映画の力を借りましょう。作品の中に飛び込んで、疑似体験するだけでリフレッシュできるのです。

ベストセラー小説が映画化したイギリスの恋愛コメディー『ブリジット・ジョーンズの日記』も、世界中の女性に共感を与え続けました。シングルウーマンのコミカル・ストーリーは、観るだけでパワーが出ます。

天使にラブ・ソングを

知る人ぞ知る大ヒットミュージカルコメディ『天使にラブ・ソングを』は、とにかく気分が晴れます。この映画のすごい所は、ゴスペルを一緒に歌って踊って、一気にポジティブになれることです。

仕事に疲れたあなたは、女優ウーピー・ゴールドバーグに泣き笑いしてください。彼女の演技と思わせない天性の才能は、ストーリーよりも感動を与えます。なぜ仕事を辞めたいのか、なぜこんなに疲れているのか、そんな悩みがあったという事実すら一瞬で吹き飛びます。

4. 仕事に疲れたとき、心に響く名言

”踏まれても叩かれても、努力さえし続けていれば、必ずいつかは実を結ぶ。(松下幸之助)

パナソニックの経営者・松下幸之助の揺るぎない言葉です。人生の成功者の実体験から生まれた真実です。仕事を辞める前に、一度はこの言葉を思い出してください。

仕事に疲れて、もうこれ以上先に進めなくても、まだ大丈夫な自分がココロのどこかにいます。簡単には放棄しない自分を誇りに思えます。

”とにかく、取りかかれば心が燃え上がるし、 続けていれば仕事は完成する。(スティーブ・ジョブズ)

アップル社の設立者スティーブ・ジョブズの情熱的かつ冷静な言葉です。前出の松下幸之助の言葉とも通じます。世界の成功者たちがふと人生を振り返る時、たどり着いた場所はみんな同じ答えなのかもしれません。仕事に疲れた時、自分を信じるココロを持つ、あなた自身がパワーの源だと教えてくれます。

”下を向いていたら、虹を見つけることは出来ないよ。(チャーリー・チャップリン)

イギリスの映画監督で名俳優チャーリー・チャップリンのココロ温まる言葉です。今も世界中から愛されて止まない彼は、幼少期から大変な苦労で育ち、成功後も波瀾万丈な人生を送りました。

仕事に疲れて、毎日辞めることしか考えられない。今は後ろ向きな気持ちかもしれないけれど、空を見上げて🌈🌈虹を探してください。あなたの少しの勇気で、そこにステキな虹が現れます。

5. 仕事に疲れたとき、癒される言葉

おつかれさま。無理しないでね。
仕事に疲れた人にかける言葉は、ココロの大きな癒しになります。シンプルな一言でも、かなり効き目があるようです。気遣ってくれる思いやりそのものなのでしょう。大切な人にもかけてあげたい、笑顔とセットの言葉です。
ありがとう。助かっているよ。
いつもそばにいる当たり前な間柄だからこそ、響く言葉なのでしょう。仕事に疲れた自分をちゃんと認めてくれる、控えめでも大きなねぎらいの気持ちです。短い一言ですが「ありがとう」は万能薬。どんなにたくさん言われても、うれしいステキな5文字です。
すごく頑張っているね。応援しているよ。
「頑張ってね」と「頑張っているね」はちがいます。「頑張ってね」はプレッシャーを与えますが、「頑張っているね」は現状をそのまま、見守り認める言葉です。どんな時も自分の味方でいてくれるから、安心してココロの深呼吸ができそうです。

6. 仕事を辞めたいとき、転職前にすること

今日できるところまでやる
仕事に疲れた時、仕事を辞めて転職したい思いが頭をよぎるでしょう。ただ現状逃避しても、転職先ですべてが解決するとは限りません。仕事を辞めて後悔する前に、今できることを始めましょう。今できるところまで行きましょう。今日はここまでで大丈夫なのですから。

目の前の試練から逃げない
人生のチャンスは、あなたの前に試練として現れます。当然あなたは逃げようとしますが、乗り越えなければならない困難は、どこに行こうが隠れようが、乗り越えるまで現れます。

乗り越えられるから、乗り越えてほしいから、あなたの所にやって来ました。自分に与えられたチャンスですから、辛いだけの試練ではありません。必ず夜は明け、朝は来ます。困難は幸せへのチャンスです。

「もう無理」でも 「まだできる」とつぶやく。言葉の魔法を信じる
もう無理。でも、まだできます。つぶやいてみてください。まだ大丈夫。まだできる。言葉はパワーを持っています。言葉の魔法が、本当にまだ大丈夫なあなたを作ります。仕事を辞める前に、1度だけつぶやいてみてください。私は大丈夫。まだできます!

まとめ

いかがでしたか?仕事に疲れた時の読書や映画・音楽鑑賞は、あなたと作品が1対1で向き合う作業。もしかするとその作業とは、あなたがあなた自身と向き合うチャンスを促すことなのかもしれません。

あなたのココロはスポンジのように、いろんな処方箋を吸収しました。まずゆっくり休んでください。そしてゆっくり癒してください。あなたのココロに、いつものステキな笑顔が戻りますように…!