「今の仕事向いてないかも」と思った時の6つの診断と上司に向いていないと言われたら

「今の仕事向いてないのかも」と思ってしまう事もありますよね。また、自分では思っていなくても上司や周りの人に「あなたはこの仕事向いてない」と言われてしまう事もあるかと思います。このような悩みを抱えてしまった時には、簡単な診断をして適切な対応を行うようにしましょう。

「仕事向いていない」と感じるときはどんな時!?

就職する際に「この仕事は自分に向いている」と思うこともありますよね。多くの人はこれを仕事を選ぶときに重要視する傾向があると言われています。しかし、実際に就職をして毎日仕事を行うようになることで「この仕事は自分に向いてない」と思うようになってしまう事もあります。多くの人はどんな時に、このような気持ちになってしまうのでしょうか?

原因はさまざまです。「毎日のように失敗を繰り返してしまう」「作業が周りの人よりも遅い」「仕事を覚えることが出来ない」など自分は落ち込むような出来事に遭遇するすることで、向いてないと思うようになるのかもしれませんね。

また、「仕事が楽しくない」「毎日仕事に行くのが憂鬱」というような状況になることで向いてないと思うようになってしまう事も考えられます。向いてないと思った時は、人に向いてないと言われたときにどのような対応を行っていますか?今自分が「この仕事向いてない」と感じている人は簡単な診断を行うようにしてみてください。向いていないと自分が思い込んでしまっているだけなのかもしれませんよ。

上司や周りの人に「あなたはこの仕事向いてない」と言われた時には、必要以上に落ち込むのではなく適切な対応が出来るようになるといいですね。診断や対処方法を参考にして悩みを解決させましょう!

仕事向いてないのかを判断する6つ診断

理想はショート、ロングスパンで考えてる?

仕事が自分に合っていると分かる人は「スキルアップ願望」を有することが多いと言われています。それは将来を見据えたショートスパンの1年後から数年ごとに分けてロングスパンの10年後まで仕事のステージをクリアしたいターゲット、またはクリアしたターゲットというように確実に目的を持って目指すことが出来ているのです。

「仕事が合っていないかもしれない」と気付いても、少しずつ自分自身が設定した理想や目的をクリアしていくことで心配、悩みなどを自らを誇る気持ちに変えることが出来るのです。ちょっとした目的であまり価値がないと思ってもクリアすることが出来れば「今度も一生懸命取り組もう」という気持ちになれますよね。

現在の仕事に関して「先行きがさっぱり見通せない」「手段ややり方がわからない」「目的やゴールを計画することが出来ない」と覚えることもあるかと思います。そんな時には、今後仕事でミスなどして落胆してしまう確率が考えられますが「自分に適さない」と思うようになってしまう見込みもあるので気を付けましょう。

一度ショートスパンからロングスパンまで目的を計画して自分がその方向で全力を尽くすことが出来るのかどうかを見極めるのもいいかもしれませんね。だんだんターゲットに到達することでやる気も出て「適している」「嬉しい」「面白い」と思えるようになることもあるのです。

今の仕事のやりがいを感じているのか

自分には今の職業にふさわしくないのかもしれないと抱いた時には「その仕事に手応えや意欲がそそられるのか」をはっきりと心に思い描いてみましょう。自分が担当している作業を積極的にチャレンジ出来ているのかという事が重要になります。「この仕事は自分に合っている」と感じている人は、毎日与えられた仕事に手応えと価値があることを感じることが出来ているのです。

仕事の種類は様々ですが、過酷でシビアさや苦しさを含め仕事する意義を感じるようになるからこそ、すぐに転職せず同じ仕事に長期間にわたり勤務することが出来ると言われています。入社当時は新しい仕事に慣れず誰しもが迷うことだらけで、思い通りに仕事をすることが出来ませんよね。

けれども、意欲を感じながら仕事をすることで少しずつレベルアップすることが出来るようになるのです。逆に意欲を感じることが出来なくなると、スキルも向上せず消極的な考えになってしまいます。ただ単に指示された仕事を渋々こなしているという場合には「自分に合っていない」と見極めることが出来るのかもしれませんね。

自分の仕事のこなし方の客観的意見を聞く

自分が当てにできる職場の周りの人に「自分の業務のこなし方はどうでしょう」と思い切って聞くと良いかもしれません。このようにあえて他の人に個人的な見解を聞くように出来れば、主観的ではなく、自分の感じた事以外の客観的なコメントを聞いて新たな自分のことを発見出来るようになりますよね。忘れていけないのは決してむやみやたらに聞かず、また「自分が心を許せる人」に聞くようにすることがとても重要です。自分では見えていなかった事が他の人にはよく見えているということもあるのです。

他人が自分の作業の仕方をコメントしてくれることで自分の長所が分かるようになるかもしれませんね。「事務処理が丁寧」「電話の受け答えが円滑」「お客様の扱い方が優れている」などの評価される利点を聞くことが出来ればそれが自分のアピールポイントになって仕事への意欲もでるかもしれません。

逆に自分の短所のコメントしかないというケースも考えられます。自分には良い評価にならないから、今の仕事が合っていないと他の可能性を考えないのは避けましょう。どうあっても自分には「適した仕事ではない」のかを落ち着いて確認するための参考資料だと思うようにすることが大事ですよ。

仕事で成長することが出来ていない

入社して仕事も手探り状態であったとしても、それなりに仕事や環境に順応していくことで「自分はステップアップしたな」と納得することが出来るようになるかと思います。以前と現在の自分の仕事の仕方を照らし合わせてみてください。自分はステップアップすることが出来ていますか?

仕事をしていく上で、作業の結果を上げたり手際良くしたりとゆっくり地道に自分の能力を伸ばしたりしていくものが仕事なのです。それとは逆にずっと続けていても何も変わらないという場合には「自分に合っていない」とジャッジすることが出来るのかもしれませんね。

また未だに進歩出来ていないという時には、なんということもなくに仕事をしていると思い描くことが出来ます。むやみやたらに仕事をしている環境や様子では、自分をスキル向上させることは決して簡単ではないかもしれませんね。この現実でありのまま仕事を継続することになれば周りの人に追い越されてしまうかもしれません。結果、自分に厄介な重荷で辛くなってしまうでしょう。

最終的には決まったスパンで自分が業務をする上でレベルアップ出来ていないということは、その仕事は自分にふさわしくないと結論付けることが出来ると言われています。

OFFの時でも仕事の事が頭にある?

OFFの勤務時間外のときには、出来る限り業務のことは頭によぎりたくないという人もいるかと思います。けれども、仕事が自分に合っている人は、いつも業務のことを思いあれこれ考え、どうやったらスキルアップさせることが出来るのかと前向きに進んでいると言えるでしょう。だからと言って、日々コンスタントに業務の事を思うのは不要なのです。勤務時間外でも業務の事をちょっとでも思い浮かべることがあるのかという事が重要になります。

また、仕事に夢中で好きでたまらないという人はあまりいないでしょう。経済的理由で仕事を続けているという人が大半かと思います。OFFの時でも業務の事を思うと心配や精神的プレッシャーを感じるようであれば「自分に適していない」と結論付けたほうがと良いかもしれません。

仕事と本気で取り組んだ末、「悪いことばかり心に浮かぶ」「イライラやプレッシャーになる」というようなケースになっているようであれば、転職も選択肢に考えてみてもいいのかもしれませんね。このような場合は自分を心理的に負担を強いられることも考えられます。

心地よい、又は不快な業務をハッキリ分ける

自分の全ての仕事を「心地よい業務」と「不快な業務」に分けられると思います。この2つがハッキリ見えていないと、自分の業務の本質が曖昧になってしまうかもしれません。再び仕事の中身を再確認して自分には得意なものなのか苦手なものなのか、または心地よいのか悪いのかを区別するようにしてみましょう。

人前に出て発表するのは得意だけれども、発表の原稿や資料の作成は苦手というような事です。頭の浮かぶ事を確実にハッキリと見分けがつくようにすることが重要ですよ。業務の中身が多い場合には、簡単明瞭になるように一覧にしてメモしてみてもいいかもしれませんね。このように2つに分けた時に「得意で心地よい」と思える業務がいっぱいあれば、自分のセールスポイントと言えますし、今の仕事は自分に適していると確認することが出来るかもれませんね。

逆に「苦手や不快な業務」が沢山というケースには、仕事は自分には合っていないと考えられる決め手になるかと思います。このような方法で見分けられるのでぜひ試してみてください。

上司に「仕事向いてない」と言われたときの対処方法

「言われるのは気合いを入れるのが目的かも」

人はみな自分らしさや独特の個性があります。ですから仕事の内容の好き嫌いも人それぞれによって変わってくると言えるでしょう。そのため仕事に適している、適していないという事もあるとジャッジすることが出来ます。これを一個人が決めることは容易ではないことだと言われています。

自分の上司に「君には仕事は合っていない」と言われることで「自分には合わない仕事なんだ」と思うようになってしまう事もあります。ですが、上司であっても数年ではこれをジャッジすることはできないのです。さらに業務にまだ未熟な状況であれば容易に決めることは出来ませんよね。しかし、上司の心理として「気合いを入れる、また気持ちに緊張感をもたせるように」という事もあります。

「業務に適していない」と言われることで「反省するけれどいつか立派になって見せよう」という気持ちになる人もいます。このような気持ちになることで、今よりも仕事にポジティブな根性があるようになれると考えられます。また更なる自分をステップアップさせることが出来るでしょう。

こういうことであなたの上司はこのような事を考慮した上で、意図的に「適していない」と伝えているのかもしれませんよ。このような可能性も考えられるので、完全に受け入れるのは間違いかもしれません。辞職の気持ちを固めるのではなく「もう一度チャレンジしてみよう」という気持ちが持てるようになるといいですね。上司はこのワードをで伝えることによって、後押しをしてあなたにエールを送っているのかもしれませんよ。

「考えないで退職するのはダメ」

上司に「適していない」と伝えられたことがきっかけで辞職を考えるようになり悲観してしまう人も多いかもしれません。上司とは業務に関して広範囲にわたる事を承知しているような人に言われたら「辞職または転社するしかない」と考えてしまいますよね。こんな時には、すぐに職場を去ろうとするのではなくまずありのままの自分と直面して十分に答えを探してみましょう。

現在の職場で何も見込みがなければ、自らのスキル向上させることが出来ない場所と決断することができるでしょう。このようなありさまでは今後の再就職する会社を探すことも厳しいものがあるかもしれません。少しでも自分の利益やスキルにプラスになることがあれば、また次の就職先で役立てることが出来るようになるかもしれないのです。

将来のことを考えても、実際この会社を退社してもいいのかという事をまず落ち着いて念頭に置いてみましょう。こうすることで最終的に、これから先の自分の人生にとって目的になるという事も心に留めておきましょう。ただ考え無しに退社することは人生にとってふさわしくないと思うように出来るといいですね。

適さないと感じたら状況に合わせて対処する

今の仕事があなたに適しているかどうかをジャッジするためには、いくつかのアンテナを張り巡らすようにすることが良いでしょう。適さないと感じたら、これまでに述べたような自分でシンプルな心の診断テストをしてみましょう。そのときに気を付けるのは、あなたが落ち着いたコンディションになっていることが重要です。

またあなたの上司に「仕事が合っていない」と伝えられた時には、過剰にふさぎ込まないで状況に合わせて対処が出来るようになるといいですね。もしこれから先、上司に言われると考えられる場合には、これからハッキリと念頭に事前の対処、具体策を準備しておくとあたふたせずに済むでしょう。

「適してない」と言われることは案外ある

業務にミスが続いたりすると自分で「この仕事は適さない」と頭によぎるようになってしまう事もありますよね。逆に、自分ではこのように考えていなくても突然上司から「君はこの仕事に適してない」と言われるようになってしまう事もあるのです。自分の仕事が不調な時に、このような厳しい言葉を掛けられるようになれば想像以上にに心を悩ませたり、悲しませたりするようになってしまいますよね。

中には「適さない」というのではなく「どういう方法なら仕事に適する人になれるのかアドバイスが欲しい」と希望する人もいるかと思います。特に上司から「適さない」と言い表わされれば自分は実際に仕事に合ってないように思え落ち込むでしょう。けれども、それをそっくりそのまま受け入れるのは間違いかもしれません。

適するのか適さないのかをジャッジするのは自分自身だという事を覚えておいてください。上司に仕事にあってないと伝えられた時には、何から何まで応じるのではなく出来るだけ柔軟な対処法が出来るようになるといいですね。