【自分に合う仕事の探し方8選】自分に合う仕事がわからない人も見つけ方さえわかれば楽しく仕事ができる!

自分に合う仕事はどんな仕事なのか、今の仕事は自分に合っていないかもと悩んでしまうこともあるかと思います。自分にあった仕事を見つけるのって簡単なことではありませんよね。自分自身をしっかりと把握して、自分に合う仕事を見つけてみてください。簡単な方法を紹介します。

自分に合った仕事は自分で見つけられるの!?

どんな職業に就こうか悩んでいるときに、周りの人から「◯◯が向いているんじゃない?」と言われたことがある人もいるかと思います。自分のことを知っている人の意見を参考にすることで、今まで気がつかなかった職業にも目を向けられるようになりますよね。

しかし、常に周りの人の意見に従うようになることで、「やっぱり合っていなかった」「楽しくない」と思うようになってしまう可能性もあるようです。そうならないように、自分自身しっかりと把握した上でどんな仕事があっているのかを考えるようにしてみてください。

自分自身を知らないままでは、自分にあった職業を見つけることも難しいかもしれませんね。また、多くの人は必ず「自分に合った仕事ってなんだろう」と考えるようになると言われています。

自分にあった仕事の8つの見つけ方

自己分析をした上で客観的に見るようにする

仕事を探すときに「自分にあった仕事」を考えるようになることも多いですよね。自分は絶対にこの職業に就きたいというものがある場合には、それほど迷う必要はないかと思います。しかし、多くの人は生活のために仕事をしていて「◯◯がやりたい」というように明確になっていないのです。

そんな時には、まず自分がどんな人間なのか、どんな考えを持っていてどんなことが好きなのかなどをしっかりと考えるようにしてみてください。仕事だけではなく、どんなことでも「自己分析」をすることはとても大切だと考えられています。

ただ仕事となると毎日のように関わっていくことになるので、より真剣に自己分析を行うようにしたほうがいいかもしれませんね。この時に主観的な考えだけでは間違った結果になる可能性もありますよね。そのためなるべく客観的に自己分析を行うようにすることが大切ですよ。また、可能であれば家族や友人にも意見を聞くようにしてみてください。

自分が興味のある仕事を探す

自分にはどんな仕事が合っているのかわからないという場合には、興味を持った仕事を探すようにしてみてください。この時に、その職業がどんなものなのかしっかりと把握できていないと、実際の内容との違いで「やっぱり違った」と思うようになってしまう可能性も考えられます。

そのため、その仕事をしている人に話を聞くようにしてみてくださいね。話を聞いて「自分に合っているかも」「楽しそう」などと興味を示した仕事を行うようにしてもいいかもしれませんね。外から見た仕事と、実際の仕事には違いがあることが多いのです。

いきなり正社員になるのではなく、アルバイトなどで一度経験をして見るようにしましょう。「やっぱり自分に合っていない」と思った時のリスクを考えて短期バイトなど雇用形態を意識して探すようにしてもいいですね。

自分に合わないと感じた時にはすぐに辞める

たくさん考えて仕事に就いたのに、結果的に「自分には合わない」と感じるようになることもありますよね。しかし、多くの人はこの時に「辞める」のではなく「我慢をする」ことを選ぶようになってしまうのです。しかし、我慢をし続ければ「辞めたい」と頻繁に思うようになってしまいます。

仕事の初日で「合わない」と感じた時には一通り仕事内容を把握した上で「今後どうするのか」を考えるようにしましょう。まだ何も知らない状況では適切な判断をすることが難しくなってしまいますよ。

ただ、仕事内容を把握しても「合わない」と感じることもあるかと思います。このような場合にはすぐその仕事を辞めるようにしましょう。いつまでもダラダラと仕事を続けていても、自分や会社のためになりませんよ。

周りの人に話を聞く

「この職業は楽しそう」「この職業は自分にあっているかも」と感じた時には、自分の周りにその仕事をしている人がいるかもしれませんよね。もし、身近にいるようであれば、さまざまなことを詳しく聞くようにしましょう。この時に「楽しいこと」「やりがい」などプラスに捉えられることだけではなく、「楽しくないこと」「大変なこと」などのマイナスな部分もしっかりと聞くようにできるといいですね。

また、この時に仕事内容や勤務時間、福利厚生などもしっかりと聞くようにしましょう。実際に体験しているひとの話は信用して聞くことができるかと思います。また、話をして聞いた上で「自分に合っているのか」を考えるようにすることで、実際の仕事内容や福利厚生などのギャップによって「合わない」と感じることを未然に防ぐことも可能ですよね。話を聞いた上で客観的に自己分析をするように心がけましょう。

自分なりにイメージをして見る

人から聞いた話を参考にしても「やっぱり違った」ということもありますよね。これは、その人には合っている仕事だけど自分には合わない仕事だったと考えることができます。また、実際に自分がやったら聞いた話とは違うなんていうことがあるでしょう。

そうならないように、聞いた話を参考にして自分がその仕事をしているイメージを行うようにしてみてくださいね。この方法はイメージトレーニングの一環だと言われています。実際にイメージトレーニングを行うようにすることで、そのイメージに自分が近づいていくことができるのです。

いいイメージが浮かばなかったり、鮮明にイメージできない場合には自分には向いていないと考えることもできますよね。しっかりとイメージするようにすればより、自分に「合う、合わない」を明確にすることができると考えられています。

足を運んで実際に働いている人の様子を見る

仕事を行う上で「やりがい」を大切にしたいと思っている人も多いですよね。やりがいを感じることで、より「楽しい」と思えるようになるようです。実際にやりがいを感じながら仕事をしている人は輝いて見えることが多いのです。また、その職場の雰囲気も比較的良いことが多いと考えられています。

そのため、「この職業に就きたい」「ここで働きたい」と思うような仕事を見つけたら実際に働いている人の姿観察しに行くようにしてみてください。やる気がないスタッフが多かったり、職業雰囲気があまり良くない場合には自分がそこで働いた時に「働きにくい」と感じることもあるため要注意しましょう。

この時に人の意見を参考にするのではなく、自分が感じたことを大切にするようにしてくださいね。最終的に判断するのは自分だということを忘れないようにしましょう。

チャレンジする気持ちをもつ

どんな仕事でも「苦手」だと思う内容があるということを忘れないようにしましょう。仕事内容の中に苦手なものがあることで「合わない」と思うようになってしまうのでます。苦手だと思った内容でもまずはチャレンジする気持ちを持つようにすることが大切ですよ。

自分なりにチャレンジしてみたら意外と楽しかったと思えることもあるかもしれませんのね。また、チャレンジした上で「どうしても苦手」だということもあるかと思います。そんな時には、自分だけでどうにかしようとするのではなく、周りの人に「苦手」ということを伝えてサポートしてもらうようにしてみてください。そうすることで苦手なことを楽しくこなせるようになる可能性もあると言われています。

絶対にやりたくないことを明確にする

仕事を行う上で「これだけは絶対にやりたくない」と思う仕事もありますよね。この絶対にやりたくない仕事に就いてしまえば「合わない」と感じるようになってしまいます。そのため、自分が絶対にやりたくない仕事はどんな仕事なのかを明確にするようにしてみてください。

例えば「レジ打ちだけは絶対にやりたくない」と思っているとします。しかし、ここで飲食店や雑貨店、アパレル関係などの仕事を始めることで、結果的にレジ打ちをしなければいけなくなってしまうのです。そうなってしまえば「レジ打ちがあるから自分には合わない」と思うようになってしまいますよね。

絶対にやりたくない仕事を明確にした上で、それが含まれていない仕事を探すようにすることも大切ですよ。また、この時に同時にやりたいと思う内容を探すようにしてもいいかもしれませんね。

自分が我慢して合わせる努力をする

仕事を探す上で「100%自分に合っている」という仕事を見つけることは簡単なことではないと言われています。どんな仕事でも「辛い」「面倒臭い」と思うようなことはありますよね。仕事をしてお金をもらうということは、そういうことだということを忘れないようにしましょう。

なるべく自分に合った仕事を見つけてもこのようなことが原因で「合わない」と感じるようになってしまうのです。そうならないように、ある程度は自分自信が職場に合わせて我慢する能力を身につけるようにしましょう。

全てのことを我慢する必要はありません。誰にでも譲れないことはありますよね。妥協しても良いという仕事では、我慢をするようにすることも大切ですよ。この時に、我慢をし過ぎてしまうと結果的に「仕事を辞めたい」と思う原因になってしまいます。我慢するところと自分の意見を通すところの区別をしっかりと行うようにしてみてください。

親の職業を参考にする

家族と同じく仕事には就きたくないと思っている人もいるかと思います。しかし、親は自分と同じくDNAを持っていますよね。そのため、自分には向いていないと感じていても実際に経験してみたら親と同じ仕事が自分に合うという可能性も考えられます。

また、親だけではなく兄弟や親戚など血が繋がっている人の職業を参考にするようにできるといいかと思います。どうしても自分に合う仕事が見つけられないという時には、話を聞いて一度同じ仕事にチャレンジして見るようにしてもいいかもしれませんね。

また、血の繋がっている人からは、比較的話をして聞きやすいのではないかと思います。仕事の深い部分まで聞くことができるため、よりイメージをしやすいというのもメリットかもしれせんね。

自分では答えが出ない時には適性診断をしてみよう!

ネットを活用することで、簡単に自分にはどんな仕事が向いているのかを診断することができるものもありますよね。どうしても自分に合った職業が分からない時には、このような適性診断を活用するようにしてみてください。また、無料で診断ができるものかほとんどです。気軽な気持ちでいくつかの診断を行うようにしたほうが良いかもしれませんよ。1つの診断だけでは「本当なの?」と不安に思うこともあります。

そのためいくつかの診断をしてより自分に合っているものを見つけるようにすることも大切なのです。また、診断の結果と自分の意見、周りの人の意見を参考にするようにすることで、より自分に合った仕事を見つけやすくすることができると言われています。

診断はいくつかの質問に答えるだけのものがほとんどなので、空いた時間に気軽にできるかと思います。「仕事 診断」などと検索をするようにするとさまざまな診断ができるので一度試してみてください。自分では気がつけなかったことが見えてくるかもしれませんよ。

最終的に判断するのは自分

仕事を探すときに人の意見を参考にしたり、アドバイスをもらうようにすることはとても良いことですよね。自分だけでは主観的になりやすくなるため、客観的な意見を取り入れるようにすることができます。しかし、最終的に自分に合った仕事を見つけるのは自分だということを忘れないようにしましょう。

たくさんの人の意見を聞くようになると、さまざまな意見から混乱するようになることも考えられます。そうならないように一つ一つをメモしたりしてまとめるようにできるといいですね。また、意見を参考にした上で自分の意思をしっかりと持って「自分に合う仕事」を見つけるように心がけましょう。

あくまでも人の意見や診断結果は参考程度にするということを忘れないようにしてください。人の意見だけで探すようになれば、結果的に「合わない」という原因を招くようになる可能性も考えられます。

自分に合う仕事で毎日楽しく仕事をしよう!

このように自分に合う仕事を探すためには、ある程度はしっかりと自分と向き合ったり、その職業がどんなものなのかを把握する必要があります。ただ「好きだから」「楽しそうだから」という理由で始めるのではなく、内容などをしっかりと理解してから自分に合っているのかを考えるようにしてみてくださいね。自分に合う仕事で充実した毎日を過ごしましょう!