自分に合った仕事の探し方とは?あなたの転職を見極める方法をご紹介!

サラリーマンでも終身雇用では終わらない時代です。どんな仕事も自由に選べる時代だからこそ、自分に合う仕事を選ぶのはとても大切なことです。あなたは自分に合う仕事がどんな仕事かわかっていますか?自分に合った仕事の見極め方をまとめてみました。

自分に合った仕事がわからない

学生時代を終えると、多くの人が会社に就職などをして、社会に出て働くことになります。世の中には多くの職種があり、どんな仕事を選ぶのか、どんな会社を選ぶのか、ということは今後の自分の人生を大きく左右することになりますね。

多くの仕事があり、どんな仕事をするのかと選ぶときには、やはり自分に合った仕事に就きたいと思うのが正直なところでしょう。せっかくやるならば、自分自身がやりがいのあると思える仕事に就きたいと思うのはあなただけではないはずです。

しかしその自分に合う仕事とはどのように選べばいいのでしょうか。実際に自分に合った仕事がわからない、または、自分がどんな仕事をしたいのか、また向いていることは何なのかわからない、と考えこんでしまう人は多いようです。

自分に合った仕事を見つけるのは、とても大変なことなのかもしれません。最初から自分に合う仕事がわかっている人なんてきっといません。自分に合った仕事の探し方を考えてみたいと思います。

いきなり答えを求めないで

誰もが自分に合う仕事を探しています。もしかしたら定年を迎えたサラリーマンの人だって、何十年も費やしてきた仕事が自分に合っていたのかさえも、わからないかもしれません。全員に応えが出る問題ではないのかもしれませんね。

だからと言って、考えても答えの出る問題でもないかもしれません。自分に合った仕事を選びたいからと言って、いますぐに答えを出すのは難しい問題なのです。

どんな仕事が向いているのかは、やってみないとわからないかもしれません。そのためには仕事をしてみる必要がありますね。自分が向いていないと思っていた仕事でも、実際に挑戦してみたら意外と向いているかもということもあるかもしれません。逆に向いているだろうと思って始めたことが、意外と苦痛に感じることもあるかもしれません。

自分に合った仕事かどうかなんてことは、やっていくうちにだんだんと感じるようになることなのかもしれませんね。そのためすぐに答えを求めてもいけません。いろいろな経験をしていくことが先決かもしれません。急がば回れかもしれませんね。
では仕事を経験してときに、どんな手ごたえがあれば、自分に合った仕事ということができるのでしょうか。

周りの環境にごまかされないで

「この仕事が自分に合っているのか」ということを見極めるのは、とても難しいことです。
最初に入った会社で、先輩とそりが合わずに辞めたいと思ったとしましょう。先輩の教育方針もあなたには合わなかったのかもしれませんね。毎日毎日嫌な思いをしていたら、「この仕事、向いてないのかも」と思ってしまうかもしれません。

しかしこの場合、合わなかったのは仕事内容ではなく、先輩との相性かもしれませんね。仕事をしていく上で人間関係はとても大切ですよね。もちろん人間関係が理由で退職を選ぶ人も多くいるでしょう。

でもだからと言って、仕事が合わないわけではないかもしれません。その会社は合わなくても、同業の他の会社に行けば、うまくいくということもあるかもしれないのです。

自分に合う仕事を見つけたいのであれば、人間関係や教育方法などにとらわれずに、きちんと仕事内容で判断をする必要があると言えるでしょう。

自分に合う仕事とは?

自分に合う仕事とは、どんな仕事?そのバロメーターは?何がどうなれば自分に合う仕事って言っていいの?仕事として取り組んだときの自分にどんな感覚があればいいのでしょうか。考えてみました。

残業も苦にならないような仕事?

よく「好きなことを仕事にしよう」という言葉を耳にします。好きなことを仕事にすれば楽だから……ではありませんね。

好きなことを仕事にしたならば、辛いことがあっても乗り越えられる。勉強をするのも苦にはならない、という考え方などから、好きなことを仕事にしたいと考える人が多いようです。

確かに好きなことは時間を忘れて集中することができますし、何時間でもやっていられますよね。好きなこと、興味のあることを仕事にしたならば、残業も苦にならずに務めることができるかもしれません。好きなことが仕事になった人は幸せかもしれませんね。

しかし好きなことを仕事にした人は、後悔をするという話もあります。好きなことを仕事にしてしまったら、大好きだった時間も「仕事」になってしまいます。仕事になると、時間に限りができてきたり、そこに責任が生じてきます。当然と言えば当然かもしれませんし、仕方のないことと言えるでしょう。

そのため大好きだったはずのことが、仕事になると心から楽しめなくなってしまうという人もいるのです。好きなことは仕事になってしまったので、休みの日の楽しみがなくなってしまった、という人もいるようです。

もちろん、休みの日までもやりたいような仕事がを見つけた人は天職と巡り合えたと言えるでしょうし、それこそ自分に合った仕事を見つけられたということになるのかもしれません。
あなたは大好きなことを「仕事」にしたいと思いますか?

結果をバンバン出せる仕事?

仕事にはやりがいが大切です。一生懸命やれるのは、結果が出たり、自分をきちんと評価してもらえるから、かもしれませんね。

自分に合った仕事とは、結果をバンバン出せる仕事かもしれません。成績を伸ばすことができると、楽しみにつながり、それがいつの間にかやりがいにつながるかもしれませんね。結果がバンバン出せるということは仕事をこなしていけているということでしょうから、自分に合った仕事と考えることができるでしょう。

しかしこの場合は、自分の好き嫌いは一切関係ありません。自分にとっては全く楽しさを見いだせない仕事でも結果が出れば、自分に合った仕事ということができるのでしょうか。
ただし結果が出る、成績が伸びることに楽しさを見出すことができれば、仕事を楽しむことができるかもしれません。楽しくて結果が出せる仕事だったら、自分に合った仕事ということができるかもしれませんね。

自分自身が笑顔になれる仕事

日本人は真面目な人種と言われています。仕事に対してはとてもストイックで、ちょっとくらい体調が悪くても仕事に行く人が多いですし、家族よりも仕事を優先するのが当たり前、みたいな空気があります。

そんなに毎日の多くの時間を割いている時間でも、特に好きでもなくやっている人も多いかもしれませんね。「仕事だから」という理由だけで。仕事は辛いもの、と思いながらやっている人も多いかもしれません。

過労なんて理由で倒れる人がいる一方で、ニコニコしながら笑顔で仕事ができている人もいます。仕事の中で楽しみを見つけて笑顔になっているのかもしれませんし、誰か人に喜んでもらう仕事をして笑顔になれている人もいるかもしれません。

せっかく仕事をするのであれば、自分自身が笑顔になれる仕事をしたいと思いませんか?自然と笑顔が顔に出るような仕事をみつけられた人は自分に合った仕事を見つけられたと言っていいでしょう。

自分に合った仕事を見つけるには

自分に合う仕事と言っても、その定義は人それぞれなのかもしれませんね。あなたはどんな仕事をしていたいと思いましたか?
ではその自分に合う仕事かどうかを見つけるためには、どのような行動をしたらいいのでしょうか。

好きなことから探してみる

自分の好きなことから、自分に合う仕事を探すことができる人もいます。趣味の延長が仕事になると、仕事の時間も楽しく過ごすことができるかもしれません。

パソコンなどを触るのが得意な人、絵やイラストを描くのが得意な人、旅のプランを考えるのが好きな人、写真を撮るのが好きな人、などなど、好きなことや得意なことから仕事になりそうなことはありますよね。

パソコンが得意なのであれば、IT関係の仕事。絵が得意ならイラストレーター、旅行のプランを組むの好きならば、ツアーコンダクターなどでしょうか。

好きなこと、興味のあることなのであれば、専門的な知識ももともとあるかもしれませんし、新しく勉強をするのも、楽しくできそうですよね。

自分の好きなことはどんなことなのか、仕事にできそうなのか、もう一度じっくりと考えてみましょう。意外と身近なことが、自分に合う仕事となるかもしれませんね。

まずはバイトで経験してみる

どんな仕事が自分に合っているのかは、まずはやってみないとわかりません。例えば憧れている仕事があったとしても、外から見ているだけなのと、実際にやってみるのとでは全然違います。

どんなに想像をしてみても、やっぱり実際にやってみないとわからないことです。しかし最初からいきなり正社員で会社に入るのには抵抗があるという人がいるかもしれません。この仕事が本当は自分には合わない仕事だったらどうしよう、と考えてしまうこともあるかもしれませんね。

そんな場合は、まずはアルバイトで仕事を経験してみましょう。正社員とアルバイトでは、働き方は全然違うかもしれませんが、経験してみるとなんとなく仕事のことはわかるかもしれませんね。

アルバイトという働き方であれば、ちょっと違うな、と思ったときに、すぐに他の仕事に変更することができます。いろいろな仕事を試してみて、自分の中で比べてみるということも可能かもしれません。

いくつか仕事の候補がある人は、この方法を試してみるといいかもしれませんね。冷静に比べて判断することができるので、最終的に失敗の少ない方法と言えるかもしれません。

辞める勇気も必要

もし仕事を一定期間続けていると、辞めたいと思ってもなかなか辞められるものではありません。
周りの人との人間関係ができているから辞めにくい、仕事のキリがつかないから辞めにくい、今自分が辞めたら残された人に申し訳ない……などなど仕事を辞められない理由はたくさんあります。

しかし周りの状況を全て遮断して考えてみてください。自分自身はその仕事が自分に合っていると思っているのでしょうか。本当は他の仕事をしてみたいと考えているのに、ズルズルと辞められずにいるだけではないでしょうか。

すでに気持ちが他の仕事に向いてしまっているような状況であれば、早く仕事を辞めてステップアップした方がよさそうですね。なかなか辞められないのはわかりますが、自分に本当に合った仕事を探すためには仕事を辞める勇気も必要なのかもしれません。

見極め際、去り際をきちんと自分で見極めることが大切ですね。
仕事が安定していると、わざわざ辞めて他のことをする必要もないように思えるかもしれません。確かに安定を求めている人なのであれば、仕事を辞めるのは無意味かもしれませんね。しかし自分に合った仕事を探しているのであれば、ダラダラとする意味はありません。

仕事は世の中にいっぱいあります。自分自身が満足のいく仕事を見つけられるように、いろいろな経験をしてみるようにしてくださいね。

まとめ

いかがでしょうか。このいくつかも方法であなたは自分に合った仕事が見つかりそうでしょうか。

なかなか自分に合った仕事が見つからなくても、焦る必要はありません。世の中の働く人達は、本当に自分自身で「これは天職だ!」と思える仕事についている人ばかりではありません。むしろ自分に合った仕事を見つけられる人はとても幸せな人だと思っていてくださいね。

仕事へのモチベーションも人それぞれです。必要最低限のことだけやって、お金さえもらえればいいやと思っている人もいるでしょう。その反面、休みの時間も勉強をしてスキルアップを目指す人もいます。休みの時間を使って仕事をするほど、のめり込むことができている人は、すでに自分に合った仕事を見つけた人と言えるのかもしれませんね。

「給料は我慢料だ」と言った人がいました。仕事は苦痛なものという考え方ですね。お金をもらうためだけに、仕事をしているという人も世の中にはたくさんいるということでしょう。割り切っていられればいいかもしれませんが、なんだか向上心もなく仕事が惰性になってしまいそうです。

せっかく同じ時間で仕事をするならば、充実した時間にしたいですよね。自分に合った仕事を見つけて、やりがいのある時間を過ごしたいですよね。自分に合う仕事を見つけるまでには、時間がかかるでしょう。しかし自分自身でしっかりと冷静に見極めて、天職だ!と思える仕事を探してみてくださいね。