プラトニックってどういうこと? カラダの関係より心のつながりを重視した恋愛とは…

付き合いが始まったら、いずれはカラダの関係を持つことになる場合がほとんどですよね。そんななかでも、肉体のつながりではなく純粋で精神的なつながりを求めて、心と心でより深く結びつくことを望んでいるカップルもいます。そんなプラトニックな関係とはどういったものなのか、くわしくご紹介いたします!

プラトニックとは?

「プラトニック」という言葉を聞いたことがありますか?最近では以前よりあまり耳にしなくなったような気がしますが、よく「プラトニックラブ」という言葉で使われたりしますよね。恋愛に関する言葉として知られているのではないでしょうか。

プラトニックというと、恋愛のなかでも気持ちをとくに大切にしていてカラダの関係は持たない…といったイメージがありますが、本来の意味はどうなのでしょうか?ここでは、プラトニックとはどういう意味なのか、プラトニックな恋愛とはどういうものなのかについてご紹介させていただきますね。

プラトニックの意味

プラトニックの意味や由来…日本語での表現は?

プラトニックとは「プラトンのような、プラトン的な」という意味で、純粋で精神的な様子を表しているそうです。プラトンとは、ご存知の方も多いでしょうが、古代ギリシャの哲学者のことです。

プラトン的=純粋というと、プラトン自身が純潔だったのかと思ってしまいますが、そういうわけではないようです。プラトンの説いた思想を後世の人が翻訳するなかで「プラトニックな愛」という言葉が使われたのですが、それが後に転用されて「禁欲的、精神的な愛」「崇高な愛」を指すようになったといわれています。

プラトンは、肉体や外見に惹かれる愛よりも、精神的に惹かれる愛のほうが優れていると説いたそうです。そういったことがこの解釈につながったのではないかと考えられています。

主にキリスト教圏では、以前は、男女は結婚するまでは純潔を保つべきだという精神的な愛が理想とされていたそうです。そのことをプラトニックと呼んでいましたが、今でもキリスト教の保守派の方のなかには、純潔を尊重している人々がいるそうです。

日本語で表現するのなら、「純粋」「純潔」「精神的」といった感じでしょう。恋愛の一種の形として恋愛がらみで使われることが多い言葉です。

プラトニックの対義語

プラトニックは、精神的なもの、つまり物質的ではなく目には見えない心や感情の部分を指しています。その対義語とはどういった言葉になるのでしょうか?

英語では、platonic (プラトニック)の対義語は carnal で、肉体の、肉欲的な、といった意味を表しています。プラトニックな愛が「純潔」を意味することから、それとは逆の「肉体的なつながり」を表すのでしょう。そういう意味でとらえるのなら、physical (フィジカル)や eros (エロス)といっても良いかもしれませんね。

反対の意味でいうと…
プラトニックは、精神的、純粋、純潔を意味するのですが、その反対の意味を表す言葉といえば何でしょうか?

純粋や純潔の反対は「不純」です。精神的の反対は「物質的、肉体的」となります。プラトニックな恋愛は純粋かつ繊細で、人の内面を愛するようなきれいなつながり、という印象がありますが、その反対だと、心のつながりよりも肉欲的で肉体関係を重視した恋愛を意味することになりそうです。

恋愛にプラトニックは必要か?

肉体的な関係を持たずに精神的なつながりを重視するプラトニックラブですが、意外にもそういう関係で付き合っているカップルは少なくないのだそうです。これは本当に個人差があるのでしょうが、すぐにでも肉体関係を持ちたいと願う男性もいれば、男性でも肉体関係を伴わないお付き合いをしたい、と望む方もいるようです。お互いに求めているところが同じならうまくいくのでしょうね!

女性の大部分の意見として、肉体関係を重視した付き合いが目的で近寄ってくる男性は遠慮したい!と思うのではないでしょうか?しかし、お互いにすごく好きなのにプラトニックを貫く、というのも寂しい気がしますよね…。果たして、恋愛にプラトニックは必要なのでしょうか?

純粋で精神的なつながりがあると、深いところで愛し合っている感じがして、女性としてはうれしく感じるのでは、と思いますが、みなさんはどう思われますか?

プラトニックの恋愛とは?

それってどういう意味?

プラトニックの恋愛とは?と聞かれれば、やはり肉体関係の伴わない精神的なつながりを重視した恋愛だと解釈されるでしょう。近年では、お付き合いが始まれば、結婚前でも肉体的な関係を結ぶのは当たり前、という感覚を持っている方が大多数かと思われますが、日本でも少し前までは、結婚するまで純潔を守りたい、という考え方も今よりはあって、実際にそれを実行している人もいたようです。

小さい頃に近所の幼なじみや同級生を好きになったときのような、一緒にいられるだけでうれしい!という汚れのない純粋な恋愛を、大人になってからもしたい…と考えている人は案外多く存在しています。肉体的なつながりよりも、心と心のつながりを欲している人がいるのでしょう。

他人には理解してもらえない恋愛観

付き合っているうちに相手のことが好き!という感情が高まってくると、自然とカラダのふれあいを求めたくなる方も多いでしょう。また、それほど相手のことを知らなくても肉体関係を持ちたいと願う方もいます。そういう関係にならなければ、相手の本性が見えてこない…と考えている方もいるようです。

そういった方たちにとっては、精神的なつながりだけでずっと恋愛をし続けたいと願うプラトニック派の人たちの考え方が理解できない場合もあるでしょう。「もっと深い仲になりたいと思わないの?」と不思議に思われるかもしれませんね。

自分はプラトニックな恋愛をしたいと思っていても、付き合った相手が肉体関係を求めている、というパターンや、逆に自分は早く肉体関係を持ちたいと願っているのに相手がプラトニックな恋愛をしたがっているという場合には、恋愛を続けるためにはどちらかが考えを変えなければならない事態になってしまうので、結局はうまくいかないこともあるでしょう。

プラトニックな恋愛がしたい

男性は、本命の女性とはプラトニックな恋愛がしたいと思うことがよくあるのだそうです。本命の人とは、もっと心の深いところからじっくりとつながって、大切にしていきたいという思いがあるのかもしれませんね。大切なものは汚したくない、ということでしょうか。

意外にも、20代の男女では、男性のほうがプラトニックな恋愛を望む率が高いということが調査でわかっています。最近の若い男性は比較的大人しいタイプが多いともいわれていますので、プラトニックな美しい恋愛で、心と心の深い結びつきを経験し、落ち着いた恋愛を経験したい…と願う方が案外多いのかもしれませんね。

女性の中にも、ひと昔前のように、婚前交渉はしたくないという考えを持っている人もいますし、肉体関係を持たずにもっと心で深く結びつきたいと願う人もいるようです。プラトニック=繊細な美しさというイメージを持っていて、それに憧れている人もいるでしょう。

学生のうちはプラトニック?

近年では、学生でもカップルになると、肉体関係をもったお付き合いをしている人のほうが多くなってきているようです。しかし、肉体関係を持つ、ということは、もしかしたら妊娠してしまう可能性も秘めていますから「責任」が伴いますよね。そういったことを考えずに行動してしまい、残念なことに心身ともに傷ついてしまう方も少なからずいらっしゃるでしょう。

肉体関係を持つことの責任をしっかりと考えている人は、プラトニックなお付き合いに自ずとなっていく場合もあるようです。とくに学生のうちは、自分の生活を支えるほどの収入があるわけでもなく、まだ親のお世話になっている状況ですから、万が一のことや将来のことを考えると無責任なことはできない、と考えることもあるでしょう。

周りは、早く経験したい!早く経験したほうが勝ち!みたいに言うかもしれませんが、肉体関係を持つことの意味を重視して、学生のうちはプラトニックを貫く、という考え方があってもよいのではないでしょうか。

心と心のつながり

カラダのつながりよりも、心と心のつながりを深めたほうが癒しや充足感があると感じている方もいます。カラダの関係だけでつながっていた相手とは簡単に別れられるけれど、肉体関係はなくても心の深いところで通じ合った相手とは簡単には別れられない、という意見もあります。

付き合っていても、カラダの関係が始まったとたんにあまり大事にされなくなった…という話はよく聞きますよね。そいういう間柄になると、自分のものになったと思って安心してしまうのかもしれませんし、そこがゴールと思っていたのなら、満足して気が抜けてしまうのもあるでしょう。

カラダの関係ではなく、心のつながりを深めていけばいくほど、深いところで熱い思いが育っていくのかもしれませんね。心のつながりを実感できる相手がいる、ということは、表面的ではなく奥深いところでの癒しや心の拠り所となるのではないでしょうか。

実例でみるプラトニックな関係

その1

30代の男性のお話です。その方は、好きな女性と2年半ほどお付き合いされ、その後に結婚されました。結婚の約束をするまでの2年間、一度もカラダの関係はなかったそうです。相手の女性が「したくない」と言った訳でもなく、自分に性欲がないわけでもなかったといいます。

普通に手をつないだり、キスをしたりすることもあって、同じ布団で寝たりすることもあったようですが、自然とそういう関係にはならなかったのだそうです。別に肉体関係を持たなくても、一緒にいて心地よい関係だったからプラトニックな関係でいられたのではないか、と思っているそうです。

その2

こちらも男性のお話です。この方は肉体関係を持つことに興味があり、実際好きだったそうです。しかし、付き合った女性がこういう関係を望んでいなくて、かえって負担に感じてしまうようならば、それは自分にとっても幸せではない、と考えて関係は持たなかったといいます。それでも全然平気だったのだそうです。

自分の幸せが相手と肉体関係を持つことだったらたぶんしていたと思うけれど、そうではなくて、彼女を幸せにしてあげたい、という気持ちがあったから、彼女の意志に躊躇なく寄り添うことができたといいます。相手を大切にしたい、という思いがあると、自分の欲求を満たすことよりも相手の思いを尊重できるのでしょうね。

その3

プラトニック継続中の女性のお話です。この方は、相手の男性に婚前交渉はしたくない、という話をしたことがあるそうで、相手の方もそれを了承してお付き合いしているといいます。男性側も、性欲が目的で付き合っているわけではないし、我慢しているわけでもないそうです。

カラダを触れ合うこともほとんどなく、それほど会話も活発ではないようですが、お互いに想い合っていることが実感できており、とても充足しているそうです。

どちらかが性欲を我慢している状態ではプラトニックとは言えない、といいます。プラトニックとは、お互いの気持ちを心から感じて通い合っており、隣に居るだけで充足感が得られる、十分に心が満ち足りている状態なのだそうです。

自分たちだけじゃない

プラトニックな恋愛をしている人のなかには、今はカラダの関係を持つことに興味がない、という方も確かにいます。また、肉体関係よりも心の深いつながりを強め、精神的な拠り所となりたいと思っている方もいます。

今の世の中は、カラダの経験が早いほど良い、経験がないのは恥ずかしい、という風潮が少なからずありますよね。しかし、そんな周りの状況に振り回されることなく、自分の本当に望むことを意志を持って貫いている方もいるのです。

周りの話に惑わされて、プラトニックな恋愛を望むのはおかしいのかな…と悩んでいる方もいるかもしれませんが、どんな恋愛をしたいかは、その人次第です。プラトニックな関係を望んでいるのなら、素直にそれに従っても良いのです。無理に周りに合わせることはしないで、自分らしく行動されたほうが、きっと充足感は大きいでしょう。

からだの関係も必要なの?

肉体関係を持つようになることで相手の本性がわかり、深く付き合えるようになるのだ、と考える人もいます。全てをさらけ出すことで、新たな絆ができる、特別な関係になる喜びもあるのでしょう。カラダの関係なしで付き合うなんてあり得ない!という考えを持っている人は男女どちらにもいるようです。

恋愛だけならプラトニックも可能だけれど、結婚となるとなかなかそういうわけにはいかないでしょう…。結婚して子孫を増やしていくことは、人類が永続するためには必要不可欠なことです。恋愛中はプラトニックな付き合いをしていたとしても、結婚を機にカラダの関係は必要になってくるでしょう。

カラダの関係を持つかどうかは、二人の考え方次第で決めれば良いのではないでしょうか?本当に子づくりのためだけに行為をする夫婦もいるでしょうし、結婚して時が経つうちに心のつながりが強くなって、肉体関係をする必要がなくなった、という夫婦もいるようです。

パートナーと率直に話し合うのは良いことです。カラダの関係を拒むことで相手の思いが冷めるのならば、相手はその程度しかあなたを思っていなかった、ということではないでしょうか。あなたのことを本当に大切に思うのならば、あなたの考えを尊重してくれるはずです。

プラトニックsexとは?

映画のあらすじ

「プラトニックsex」とは、2008年に亡くなられた女性タレントの飯島愛さんの自伝本で、それをもとに映画もつくられました。原作本と映画は若干内容が違っているようですが、映画のあらすじは以下の通りです。

主人公の愛は男友達にレイプされ、親にも見放されて自殺しようとしたときに、間違いメールが届いて自殺を思いとどまります。しかし、その後も水商売の世界に入って物欲に溺れ、AV出演に誘われその道に入ってしまいます。愛のない関係を経験しつつ、間違いメールの相手との心安まるメールのやりとりで支えられます。そのメル友と出会い、結ばれて、本当に思いやりとやさしさに満ちたつながりを体験します。しかし、妊娠、中絶とその関係もすれ違いのなかで終わってしまいます…。

辛く寂しい愛に飢えた人生を送ってきた愛が、ささやかだけど思いやりに満ちた愛を経験して、本当の愛とは何なのかを知っていく、そんな内容の映画です。

プラトニックsexから学ぶこと

題から想定すると、精神的なつながりのある愛に満ちたカラダの関係、という意味ではないかと思います。自暴自棄になると自分を大切にできなくなり、むなしいカラダの関係を数多く結んでしまう場合もあります。しかし、心の充足は得られず、結局はもっと辛くなるだけです。

この映画では、主人公の愛とメール相手の彼がメールのなかで心のつながりをつくっていき、お金や肉欲とは違った思いやりややさしさに満ちた関係を持つなかで、そのプラトニック的なつながりの温かさを知って、本当に求めている愛とは何かを表現したかったのではないでしょうか。

悩みは人それぞれ

肉体関係なしでは愛を感じられない、と思ってカラダの関係を持ち続ける人もいます。その瞬間だけは「愛されている」と思えて満たされるようですが、終わってしまうとまた、寂しさがつのります。多くの肉体関係を持ちながらも「本当に愛してくれる人がいない」と悩んでいる人もいるようです。

本当は、心のつながりがないと「愛されている」という実感が持てないのではないでしょうか?心と心でつながった純粋な愛のほうが、本当の意味で心身ともに満たされるのかもしれません。肉体関係が主で心と心のつながりを持てたことがない方は、精神的に愛し合うという体験をすることで人生が変わってくる可能性もありますよね。

男性と女性の意識の違い

男性から見たプラトニックな恋愛

男性のなかでも、相手の女性と肉体よりも心の結びつきを強く持ちたいと願う人もいます。また、女性に貞操観念があるのは良いことだと歓迎する意見もあるようです。相手がプラトニックを望むなら、とりあえず自分もそれに合わせたい、という人も2、3割くらいはいるともいわれています。

意外にも、プラトニックな恋愛もありだと考えられる人が結構いるようです。相手がそう望むなら…というやさしい気持ちからそう思えるというのは素敵なことですよね!

逆に、プラトニックなんて絶対ありえない、理解できない!という意見の男性も2割ほどいるようです。肉体関係を持つのはとても重要な要素で、カラダの相性が良くないと関係は続かない、と考えている男性もいます。ただ単に、カラダの関係を持ちたくない言い訳ではないかと感じる方も…。また、カラダの関係がないと不安になるという意見もあるようです。

女性から見たプラトニックな恋愛

プラトニックな恋愛をどう思うか、というアンケートでは、女性の約4割がプラトニックラブを望んでいる、という結果が出たそうです。男性よりも多いですね!結婚まで清い関係でいたい、プラトニックな関係のほうが程よい距離感で長続きするのではないか、カラダの関係がないほうが気が楽、最終的には精神的なつながりのほうが強いから、といった意見が挙げられています。

逆に、プラトニック志向の男性とは付き合えない!という方も2割、プラトニックな恋愛なんて全く理解できない!という方も1割弱いるようです。スキンシップがないのは寂しい、それでは友達と変わらない、楽しいことはすればいい、好きな人とはもっと親密になりたい、という意見がありました。

理想はプラトニックだけれど、男性にそれを求めるのは無理だろう、と考えている方もいます。相手に合わせたいという方も多く、相手にも満足してもらいたいから、という男性側への配慮もあるようです。

ふたりが理解し合う必要

もし、付き合った相手がプラトニックな関係を望んだらどうしますか?そんな相手とは付き合えない!と別れる方向で考える方もいるでしょう。しかし、相手のことを本当に好きでもっと理解し合いたいと思うのなら、相手の意に沿う方向で付き合いを進めることも多いのではないでしょうか。

恋愛に対する考え方は人によって違います。それをねじ曲げてでも付き合うとなると、どこかで歪みがでてしまう可能性もありますよね。相手の意向を理解し、双方が納得いく形で付き合っていければ、お互いに信頼し合った幸せなお付き合いができるでしょう。

どちらかが我慢するような恋愛は、やはり長続きしづらいですよね。恥ずかしいかもしれませんが、自分の意見はしっかりと相手に伝えて、本当の意味で深いつながりができるようになれたらうれしいですね!

気持ちの押し付けはNG

お付き合いをしていくなかで、いくら変えられない自分の考えがあったとしても、自分の思いばかりを貫こうとしたらうまくいかないことが多いのではないでしょうか。相手の気持ちを考えないで、自分がプラトニックな関係をしたいからといって一方的に相手にそれを求めたり、プラトニックなんておかしい!といってカラダの関係をせまったりしたら、心が通じ合うことは難しいですよね。

もし、付き合っていくなかで相手に対して何かしらの希望があるのなら、正直に話をして理解を得たほうが良いでしょう。相手の気持ちも確かめずに一方的に自分の気持ちを押し付けるのはNGです!無理強いして傷つくことがないようにしたいですよね。

相手を思いやる気持ち

付き合っている相手がプラトニックな関係を望んだとき、本当に相手のことが好きで一緒にいたいのならば、相手の意志を尊重して同意することができるのではないでしょうか。好きな相手を困らせたくはないでしょうし、それが相手の望みなら叶えてあげたいとも思いますよね。もしかしたら、カラダの関係を結ぶよりも、もっと気持ちの良いつながりができる可能性もありますよ!

プラトニックな恋愛を望む人は、どちらかというと繊細なタイプかもしれません。付き合うことへの責任感が強く、深く真剣な交際をしたいと考えている人も多いと思います。相手との深いつながりを大切にしたいという気持ちは、すごく素敵ですよね!相手を思いやる気持ちは、充足感のあるお付き合いをしていくためには不可欠ではないでしょうか。

プラトニックな関係を望む人の中には、過去のトラウマなどが原因となってカラダの関係に慎重になっていることもあるようです。そういった触れにくい問題が隠されていることもありますので、一方的に否定しないように気をつけましょう。

お互いの気持ちが大事

愛しているなら理解してあげる

もし、付き合っている相手がプラトニックな恋愛を望むなら、あなたはどうしますか?何か問題を抱えているのだろか、それとも自分のことを本当は好きじゃないのではないか…といろいろと悩むかもしれませんね。ちゃんとした理由を聞いておかないと、今後のお付き合いにも不安が残ってしまうこともあるでしょう。

そんなときでも、本当に好きで大切な相手ならば、どんな理由があっても理解しようと努力できますよね。こんな恋愛もありかな、と前向きに捉えて、プラトニックな関係を楽しむのも良いのではないでしょうか。

相手のことを大切に思っているのなら、理解してあげることはできるでしょう。自分の気持ちもちゃんと伝えて、お互いを理解しながら良いお付き合いができると良いですね。あなたが相手を理解しようとする気持ちは、相手の心にもちゃんと響くはずです。二人の精神的な深いつながりができるきっかけにもなるでしょう。

二人にとって何が大切か考える

これからもずっとこの人と付き合っていきたい、と心から思っているのなら、なにか障害があっても乗り越えていきたいですよね。二人にとって何が最も大切かを考えて、理解し合いながら仲を深めていけたら、カラダの関係では得られないもっと深く満たされたつながりを体験できるかもしれません。

プラトニックな関係を続けていく場合、自分の欲求も満たしたい、という気持ちをある程度抑えなければいけないこともあるでしょう。ときには、虚しくなったり相手にあたってしまうこともあるかもしれませんね。どちらかが我慢しなければならない付き合いでは、本当の精神的な充足は得られないはずです。

二人が重視したいと思っていることをしっかり共有しつつ、お互いのためになることを願えるような気持ちのよい関係をつくるには、相手への思いやりが不可欠です。本当に心で愛し合っている間柄なら、お互いにベストな選択をしていけるでしょう。

プラトニックも恋愛

精神的なつながりだけでカラダの関係を持たない付き合いは、恋愛とはいえない!と思っている人もいるでしょう。肉体関係を持たないと、愛されていないのではないかと不安になってしまう、という人もいますし、カラダを合わせることで何かが満たされる感じがする場合もあるようです。

恋愛の行き着く先として肉体関係がある、という事実は否めません。いずれ結婚するのなら、いつかはそういうときが来るでしょう。

しかし、カラダの関係がなくても精神的な部分で深く理解しあい、お互いに満たされていて、必要としあっているのなら、これもれっきとした恋愛といえますよね。心が充足していると、肉体関係が必要だと思わなくなる、という意見もあります。これほど強く心で結ばれる経験ができる人は、一般的な人よりも実はとても幸せかもしれませんよ!

カラダの関係はすぐにでも結べる場合がありますが、心の深い結びつきはそう簡単にはできません。これができるのなら、恋愛のなかでも極上のレベルともいえますよね!

自信を持って恋愛する

たとえ周りから変な目で見られようと、いろんな意見を言われようと、プラトニックな関係を欲しているのなら、思った通りにするほうが良いでしょう!大切なのは、本当に幸せかどうかです。本当に満たされるかどうかです。一般的な流れが正しいとは限りません。周りに惑わされずに、自分の本心に従って恋愛しましょう!

素直に自分の心に従っていれば、あなたに合った人がきっと現れるでしょう。思っていることは周りに伝わるので、同じ思いの人を引き寄せることも多いです。プラトニックな恋愛はとても素敵です!自信を持って進んでいきましょう!

最後に

プラトニックなつながりは、とても美しいと思います。毎日一緒にいる夫婦であっても、本当の意味で心のつながりができているとはなかなか言いがたいでしょう。純粋で精神的なつながりができているカップルは、本当の幸せを体験できているのではないでしょうか。それは素晴らしく貴重な体験になるでしょう。

外見や地位、名誉、収入やカラダが目的の恋愛は、表面ばかりで内面的な幸せはあまり感じられないのではないでしょうか。そういった目的の付き合いは、欲するものがなくなった時点であっけなく壊れてしまうでしょう。本当に愛し合っているとはいえませんよね。

実は、本当の愛はプラトニックにあるのかもしれません。精神的に満たされた純粋な関係というものを一度は経験してみたいものです!