【職場の人間関係が辛い人に送る】仕事をもっと楽にする7つの方法

退職理由のほとんどが人間関係といっても過言ではないほど、人間関係には悩まされている人は多いと思います。職場での本来の目的は、会社の利益を上げることですので、その目的のために働けたらいいのですが…そんなあなたのために今回は職場での人間関係に悩んだ時に、明日にでもすぐに実行⇒解決できる方法を7つまとめてみました。

職場の人間関係で悩んでいませんか?

人間関係で悩んでいる人も多いと思います。
今回は職場の人間関係をよくすることのできる7つの方法を偉人の話も入れつつ取り上げてみました。
明日からすぐ実行できて、少しずつでも状況が変わっていけるようなそんな方法ばかりです。
今の職場の人間関係を、あなたが中心となって、少しでも改善していけたらとおもいます。

人間関係が充実している人の特徴

笑顔が上手

笑顔は自分の心をほぐすだけでなく、それを見る相手の心まで癒し、リラックスさせる効果があります。そんな笑顔が素敵な人はやはり人を自然に引き付ける力があるのです。そのため、笑顔が自然な形ででき、かつそういった笑顔を多く出せる人は人間関係をうまく築くことができるのです。

逆に、いつもふてくされた顔をしていたり、怒った顔をしている人は人を引き離す力があり、人とうまく人間関係を築くことができないのです。

このような表情の差は人とコミュニケーションをうまく取れるか否かにおいてとてもかかわってくる大事なことなのです。

対人関係が非常にマメ

人間関係をうまく構築できる人は非常に人間関係においてマメです。彼らは自分が関わり、関係を築いていこうと考えている人に対して、とても細かい気遣いができるのです。例えば、相手の好きなこと、得意なこと、嫌いなこと、現在の状況などを詳しく知り、それを基に相手に合わせた適切なコミュニケーションを取ることが彼らにはできるのです。

そして、このような相手とのコミュニケーションを円滑に取るうえで、また彼らは相手が決して不愉快な気持ちにならないように、相手に対して気遣った姿勢を積極的に取ることができるのです。

そのため、相手からとても感じの良い人と思われ、友人として受け入れられやすいのです。

多趣味

多趣味な人は多くの人を引き付ける力があります。多趣味とは要するに多くのことに興味がある状態で、その趣味が多ければ多いほど、様々な人と分かち合える共通のものも多いということになるのです。また、多趣味になってくると、話題も非常に豊富で、多くの人と楽しくコミュニケーションを取れる機会も増えてくるのです。

そのため、多趣味な人は非常に人間関係をうまく作りやすい状況の人と言えるのです。

自分の能力や適性を理解し、活かしている

「要領の良い人」との言い換えられますが、要領を良くするためには、まずは自分の適性を理解していることが前提になります。 自分にはどのような能力があり、人からどう思われているのか。人をどう動かしていけるのか、というポイントを理解しておくと、他人への接し方が違ってきます。

そんな時にオススメなのが、転職サイトが運営しているキャリア診断テストです。

今すぐの転職を考えていなくても、自分の適性を知っておくことはとても大事なことです。
自分では自覚していない可能性や、仕事の幅を見つけられるチャンスにもなります。
また、やる気の向上につながり、仕事のモチベーションも上がる可能性があります。

オススメのキャリア診断はリクナビNEXT

おすすめのキャリア診断はリクルートキャリアが持つ独自のノウハウを活かして開発したグッドポイント診断がオススメです。

診断テストを受けて、自分の適性や強み・仕事に活かせるポイントなどが結果で分かります。
リクナビNEXTの診断テストはとにかく精度が高いことがポイントです。転職活動中の面接時にテスト結果を持参する人も多い程、的確に自分のアピールポイントを提示してくれます。

無料の会員登録完了画面から診断テストへ移動できます。

STEP1.無料の会員登録完了画面から診断を受ける


まずはキャリア診断画面から、ログイン・又は無料会員登録を行います。
会員登録自体は簡単なのですぐに出来ますが、診断のための重要な項目になるので正確な情報を記入しましょう。

その後、完了画面の「グッドポイント診断」から診断スタートになります。

STEP2.質問に回答する


画像のような質問が幾つか出されるので、制限時間内を目安に回答をします。
さくさくと答えられる内容なので、直感で回答するのがオススメです。

診断結果は自分の「5つの強み」を教えてくれます。
今までマイナスに捉えていた自分の悩みが、実はすごい強みだったという発見にも繋がりますので、一度診断してみることをオススメします。

人の話を聞くのが上手

人が相手に興味を持ち、その人と人間関係をしっかりと築きあげたいと考えるようになる際のポイントは、やはりその人との居心地の良さに尽きると考えられます。一緒にいることでとても心がリラックスし、気分も高揚できる人とはやはり、しっかりとした人間関係を作り、できるだけその人と関わっていたと思うものです。

そして、そういった居心地の良さを提供する要素として、聞き上手というものがあります。聞き上手とはうまく人の話を聞き、相手に話す快感を存分に与えられることを言います。このような快感は一緒に居ることにおける快感にとても繋がってくる大事な要素なのです。

そのため、居心地の良さを与えられる、聞き上手の人は非常に人から好かれ、人間関係を円滑に進められやすいのです。

清潔感がある

人の見た目も人を引き付ける要素としてはとても大事なものであることを忘れてはいけません。見た目に何らかの問題があれば、人はその人から距離を置いて、関係を遮断しようとする傾向があるのです。そのため、人との関係性をうまくするためには見た目がある程度整っていなければいけないのです。

見た目が整っているというのは、目鼻立ちや体型が端正な状態でなければならないというものでなく、主に清潔感やその人のファッション的なものにおける端正さと言っていいでしょう。特に清潔感は人と交際関係をうまく築き上げるうえでとても大事な要素と言っていいでしょう。

見る者の気持ちを不快にさせず、気分のいいものにする清潔感は人を引き付けるだけでなく、その人達からのコミュニケーションを強く促す力があるのです。逆に、清潔感に問題がある人には、コミュニケーションをしたいという欲求を持つこともできなければ、近寄りたくもないと人は感じてしまうのです。

そのため、清潔感は人間との関係性を築くにおいて大前提ともいえる要素なのです。

職場の人間関係を改善して仕事を楽しくする方法!

自分の気持ちの持ち方を変える

もし、職場の上司から嫌なことを言われてしまった場合、あなたならどうしますか?「どうせ私なんか」「僕は仕事ができない人間だ」と落ち込んでしまうだけでしょうか。フロイト・ユングと並んで心理の3大巨頭であるアドラーはこう言っています。「原因」には意味がなく、大切なのは「目的」なのだと。 詳しく言いますと、あなたに何が起こったから、何を言われたから、落ち込んで仕事をする気がなくなったり、できなくなったりしたのでなく(原因)、あなたに何か悪いことが起こったけれど、何か傷つくことをいわれたけれど、それによって、あなたはどんな目的を達成していけるのか、ということを重視したほうが大切だと(目的)、いうことです。

あなたが尊敬している人を想像してみてください。今、あなたが抱えている人間関係の問題をその人が抱えている同じ立場だと思ってみてください。その人は、ただ、その現状を嘆いているだけですか。それとも、その現状があるからこそ、前に向かって進もうとしていますか。尊敬される人間というのは、ほぼ、後者です。自分にとって都合の悪い出来事を、自分の目的達成のために、よい方向に考えられ、それに向かって努力できる人、そんな人をあなたも尊敬しているはずです。

それが不幸な出来事であればあるほど、尊敬度合いも高まってきます。あなたにとって、今の状況は、将来誰かに尊敬されるべき恰好の材料となっていませんか。
「どうして」自分ばかりがこんな目にあうのだろうと考えるのではなくて、「どうやったら」本来の目的を達成できるのだろうと考えて、一日を過ごしてみてください。あなたの現状が少し変わって見えてくるはずです。

嫌われることを怖がるな

あなたがいいと思ってした仕事で、結果的に誰かに嫌われることになっても、気にしてはいけません。何か自分がいいと思ってしたとしても、100%それを喜ぶ人はまずいないということです。あなたがした誰かが喜ぶ行為で90%の人があなたに感謝しますが、残り10%の誰かにとっては迷惑だったのかもしれません。

しかし、そのことを気にして、何も動かないとすると、90%の人はあなたの好意を受け取ることができません。あなたがした好意で、そのことに対して、嫌味や嫌がらせをしてくる人は「その人の課題」であって、あなたの課題ではありません。その人はあなたがしてくれた好意に対し、自分ができなかった後悔や先を越されてしまった嫉妬から、無意識にあなたのことを嫌ってしまっただけなのかもしれません。
その人が乗り越える課題なので、あなたはあまり気にすることなく、好意を職場でも行っていく事が90%の方の支持をえる手段になります。

大切な事はあなたがあなた自身を信じて、職場にとって良いと思った好意をし、仕事をすることです。あなたの気持ちは、必ず、周りの人に理解され、周りだけではなく、あなた自身も幸せにし、人間関係を潤滑にしてくれるでしょう。

人の悪口は言わず、良口を言う

これは職場では鉄則です。どんな人のことでも、悪く言わないことです。
そして、悪口を言っている人は、誰の悪口も言っています。あなただけの悪口をいっているわけではないので、気にしないことです。そんな人は、あなたが何を言っても、何をしても、嫌ってきます。それを気にする必要はまったくありません。悪口を言いたいだけなのです。あなたの悪口を言う人に何か応えるときは、あなたの味方でいてくれる人、あなたを助けてくれる人、好意を持ってくれている人、そんな方々全員を幸せな気持ちにし、お礼をのべ、あなた自身も幸せな気持ちになったあとでいいかもしれません。

オハイオ州立大学のスコーロンスキー博士の研究によると、「Aの悪口を言っているB」の映像を見せたところ、被験者のAの印象はほとんど下がらず、逆に悪口を言っていたBの印象ばかり悪くなっていたという結果を発表しました。
そうなんです。結局、悪口は言われた方より、言った方が悪い印象を与えてしまうのです。誰かの評判を落とそうとして、悪口をいうと、言った人の評判の方が悪くなるだけなのです。
職場では悪口を言わない、これは、仕事における人間関係では鉄則として心得ておきましょう。悪口をいうと、あなた自身を滅ぼしていく、悪魔の言葉です。

その逆のパターンも言えます。悪口を言わない代わりに、悪口と反対の良口をいうと、その人の評判にあやかって、実はあなたの評判が自動的に上がります。誰かを褒める言葉や、いいところを見つけて言葉にする行動、楽しい話、嬉しい話、幸せな話、みんなが笑顔になる話をすることで、あなた自身も幸せになります。
明日から変えていけることです。是非試してみてください。

今日してしまった失言や失敗を明日に持ち越さない

失敗とはなんですか。成功とはなんでしょうか。これは仕事でもいえるのですが、あのエジソンでも電気を発明するのに数多くの失敗をしてきました。しかし、エジソンは「今までに一度も失敗をしたことがない、電球が光らないという発見を、今まで二万回したのだ」と述べています。
また、エジソンはこんなことも。「私たちの最大の弱点は諦めることにある。成功するのに最も確実な方法は、常にもう一回だけ試してみることだ」と。
これは人間関係にも使えます。今日してしまった失言や失敗を気にして、明日までひこずっていて、何の得があるのでしょうか。

「あ、あのいいかたはまずかったかな」「あの言い方は周りに嫌な思いをさせたかな」と思ったら、明日からそんな言い方はしないように気を付けたらいいのです。
今日の失敗は明日の成功です。あなたが職場でも人間関係をうまくやっていこうと思っている意思がわかってもらえるまで、失敗や失言と思わないで、明日の朝は、明るく、笑顔で挨拶して、長い目でみた人間関係を作っていけばいいのです。

苦手な人に勇気をだして「感謝しています」という

納税日本一に輝いている斎藤一人さんの教えです。
お弟子さんのひとりである、遠藤忠雄さんが講演で語っていたことです。遠藤さんが自動車教習所の教官をしていた時、遠藤さんのことを嫌っている上司がいたそうです。遠藤さんが挨拶をしても「お」というだけで、他の人には笑顔で挨拶をしたり、自動2輪を教える資格を持っているのに嫌われているせいで教えさせてくれなかったりしたそうです。遠藤さんがこのことを、斎藤一人さんに伝えると、斎藤さんは遠藤さんに「明日、その上司にあったら、一言、笑顔を添えて『感謝しています』っていってごらん」とアドバイスをいただいたそうです。

そこで遠藤さんは次の朝勇気を出して、にこっと笑ってその上司に対して「おはようございます。感謝してます」と言ったそうです。そしたらその上司が「おはよう」といわれ、それから、自動2輪を教えさせてもらったり、飲みにつれていってもらったりするようになったそうです。
これは斎藤一人さんによると、「この上司が自分に嫌なことをされたときの気持ちを私に分からせてくれたんだ、ありがたい。この人が観音様だとおもったら、『ありがとうございます』『感謝してます』と自然にでる言葉だ」そうです。

「感謝してます」と言われた方は決して、悪い気分にはなりません。嫌われているのをわかっている上司ほど、部下に対して平気で嫌われることをします。そのことをブロックするのに一番で的確な言葉ではないでしょうか。あなたも勇気をだして、嫌いな上司に「感謝してます」と言ってみてください。ちょっと状況が変わってくるかもしれません。今の状況が変わらなくても、悪い方向にはいかないし、減るものでもないし、お金がかかることでもありません。一度、心に思っていなくても、声にだしてみるのもいいかもしれません。

マハトマガンジーも言っています。
「他人に変わってほしければ、自ら率先して変化の原動力となるべきだ」と。上司や同僚への不平不満ばかりが多くなってしまうと、相手にどう変わってほしいかばかりを考えるようになってしまいます。上司や同僚を変えたかったら、まず自分が変わることです。そうすると、自然と相手も変わってくるはずです。そのためには「感謝してます」という言葉はとても大きな原動力となるのではないでしょうか。

話し上手よりも、聞き上手になる

本来、人間は口は一つで、耳は二つあります。自分の気持ちや言いたいことを優先して話してしまいたい気持ちはよくわかります。が、口:耳=1:2の割合を心がけてみましょう。自分の考えや言いたいことを分かってもらいたいという気持ちは誰しも持っています。言い返せば、話をしたくて仕方ない人が多いのです。ということは、その話を聞いてくれる人がいると、その人は自然と好かれていくのです。

オーストラリア出身の経営学者ピータードラッカーの名言をここで出しておきます。
「多くの人が、話し上手だから人との関係は得意だと思っている。対人関係のポイントが聞く力にあることを知らない」と。
ユダヤのことわざにも、「愚者は自分の話をし、賢者は質問をする」というものがあります。あなたが話をするより、相手に話をさせるようが利益は大きいのです。
聞き上手になるには、では、どうしたらいいのでしょうか。
それは、ワンパターンなうなずきではなく、相手の調子に合わせて、あいづちを変えることです。

「確かにその通りです」「それはいいですね」「なるほど」「勉強になります」…
相手の意見と違っていても、とりあえず、一度は飲み込むことが大切です。そのあとで、あなたの意見を言うようにします。
教えるよりも、教えてもらう態度で接することで、人は心を開きやすくなります。
また、オウム返しで相手が言ったことに対して「〇〇なんですね」とキーワードを繰り返していうようにしましょう。これは、相手が自分のことを理解してくれていると感じるとても即効性の高いキーワードです。

また、上司が言っている仕事上の言葉などは、メモに取りながら話を聞くようにすると、上司に「あなたのお話はとても価値がある話だ」とアピールすることができます。実際、あなたが部下にはなしているとき、メモにとってもらっていると、その部下を信頼してしまいませんか。それくらい心を開きやすくなります。

職場の同僚は友達ではないということを心に留めておく

職場は仕事をして、利益を上げる場です。社会人としての最低限のルールを守り、公私混同しないことが大切です。社会人として、挨拶をきちんとして、苦手な人とも嫌な顔をせずに付き合い、特定の人とだけ話すようなことはないようにしましょう。
自分ではなかなか気づいてはいないかもしれませんが、苦手な人には、なかなか挨拶がおこなえてないことがあります。「お疲れさまでした」「ありがとうございます」「お先に失礼します」など、笑顔で積極的に挨拶をするようにしましょう。

また、同僚で仲のいい人がいたとしても、勤務時間中は同僚です。公私混同をせずに、「慣れ」の態度で接することは極力控えることです。その公私混同した態度と、嫌いな人に対する態度の違いを周囲の人は冷静に見ています。そのギャップで心地よいと感じる人はまずいません。仲のいい同僚とは、勤務が終了し職場を出てから、公私混同するようにしましょう。
反対に苦手な人には、できるだけ自分から進んで会話をするようにしましょう。会話の中から共通点や、共感できるところなど、でてくるかもしれません。

わからない事ほど積極的に質問する

仕事上のわからないことは職場の人達との会話のきっかけになる好材料と言えます。仕事上のことなので、自然に話をすることができるし、またわからないことを積極的に聞くことによって、職場の人達にも自分のの仕事への意欲を感じてもらえることになり一石二鳥なのです。

そのため、わからないことは積極的に職場の人たちに質問をしていきましょう。コミュニケーションが苦手だからといって、わからないことを誰にも聞かずに放置しておくと、職場の人とのコミュニケーションが取れないばかりか、自分の仕事にも支障が出てくる可能性があるので、仕事上のわからないことは絶対的に聞くのがいいのです。

プライベートのことを話す

仕事以外の場所では仕事の話よりもプライベートな話をする方が、職場の人達との関係をうまく築き上げるうえでは有効だと考えられます。仕事の話だけでは人との関係性は十分に作ることにはならず、本当の人間関係を作るには、その人本人に関わる仕事以外の内容を知ることが大事になってくることを多くの人はわかっているのです。

そのため、職場以外では仕事以外のプライベートな話を積極的にして、自分がその人と深い関係を築き上げたいという意思を見せるのが人間関係を深くしていくうえではとても大事な行為なのです。

誰からも好かれたいとは思わない

職場の人達から嫌われたくない、仲良くなりたい、という感情から、職場の人達に対してとっても好意的になってしまっている人がいます。

先程上でも言及したように仕事はあくまでも仕事であって、職場は友達を作るような場所ではないのです。そのため、職場での人間関係を学校での友達関係のような気持ちで作っていると、職場の多くの人から煙たがられて距離を置かれるようになってしまう恐れがあります。

そのため、職場という環境をしっかりとわきまえて、それに合わせた人間関係を作るようにしましょう。そのうえで、人から好かれないといけないという学生が持つような考えは捨てましょう。

行事に参加する

職場の行事に積極的に参加すると、その分職場の人達とのコミュニケーションを取れる機会が増え、今まで以上に職場の人間関係を発展させることが期待できるのです。特にお酒が出るようなイベントでは、普段は話せないような空気を持った人とでも楽しくお話をするチャンスがあります。

そして、大事なのはこういったイベント後もしっかりとコミュニケーションを取り続けるということです。イベントの時だけ調子よくコミュニケーションが取れても、職場でそれを継続させなければ、すぐにまたその人との人間関係は希薄になってしまうからなのです。

そのため、イベントはあくまでも人とのコミュニケーションを開始するうえでのきっかけと捉え、それを後の職場でのコミュニケーションに活かすようにしましょう。

あいさつする

職場で多くの人とコミュニケーションを保つのは非常に難しいと言えます。特にいつも忙しいような職場にいると、一緒の空間にいても話すことが無いことがよくあるのです。そして、それが続くことで関係性もどんどん薄くなってくる危険性があるのです。

その様な場合、長い話でなく、簡単なあいさつ程度でいいので、積極的に行うようにしましょう。挨拶は言葉が短いとはいえ、しっかりと相手に自分とのコミュニケーションを感じさせることができる魔法の言葉なのです。

そのため、あいさつはたとえ忙しくても必ず毎日職場で行うようにしましょう。

まとめ

今回紹介した方法はすべて、明日からでも簡単にできる職場の人間関係を改善する方法です。あなたが明日からちょっと行動を変えることで、あなたが理想とする職場に変えることも可能なのです。あなたが中心となって、職場をかえていくことで、働きやすい環境が作られ、利益も上げることができていくのではないでしょうか。
そして「こんな人間関係の悪い職場なんかで働きたくない」「人間関係でこんな苦しい思いをするくらいなら転職を考えている」と思っている人ほど、上記にあげた7つの方法が簡単にできたりします。もう、この職場を失ってもいいと思っているので、大胆な行動をとれたりもします。ダメでもともと、どうせ辞めたいのであれば、思いきって明日からでも行動をとってみてください。これで、ちょっとでも変わったら、それはあなた自身にとっておおきな一歩となります。今回の記事を読んで、これが職場の人間関係の改善のきっかけになればと思います。