セックスで「イク」感覚とは?女性の演技を見破ってエッチを気持ちよくしよう

セックスでイク感覚は女性にしかわかりません。そのため「イク~!ヤバい~!ラメ~!もうラメ~!」と悶える演技を見抜けない可能性が高い…。とはいえ女性がイッたかどうかを知ることはできます。

「演技しちゃったけど今回もイケなかった…」と悲しむ女性…切なすぎますね。本記事では女性がセックスでイク感覚と演技を見破る方法、イカせるテクに至るまでを徹底解説します!

そもそも「イク」ってどういうことなの?

累積的な性的緊張からの突然の解放のことであり、骨盤まわりの筋肉のリズミカルな痙攣を伴い、強い快感を生んだ後に弛緩状態に至るもののこと

女性のイク感覚のことを「オーガズム」と言います。女性がイッたかどうかがわからないという男性が多いようですが、女性はオーガズムに至ると上記のような体の反応が起こるので、実は「ひと目で(もしくは挿入時の男性器が得る感触で)」わかります。

とはいえ。イッたかどうかは簡単に見分けるといっても、イカせられなければ意味がありません。

また「女性に演技をさせてしまっている」と知って悲しい気持ちになってしまうこともあるでしょう。そうならないために必要なことはただ一つ。女性をイカせてあげられるようになることです。

男性よりも女性の方がイったときの気持ちよさは大きい!


女性のオーガズムの快感は男性の4~10倍ほどだと言われています。

また女性はオーガズムに至ってから20秒ほど快感が続き、1回のセックスで何回もイクことができるので、「気持ちいいセックス」を女性に提供してあげることによって女性の快感をさらに大きくしてあげることもできます。

セックス後に女性器の周辺が痙攣し、体に力が入らず、動くことが出来ない女性を撫でながら見つめる…。なんとも夢がありますね!

女性は演技でイったふりをしていることも


セックスでイッたフリをしている女性は3人中2人にのぼるようです。確率にして7割弱。女性の7割がイッたフリをしているということですね。また「オーガズム未経験」の女性も少なくないようです。

参考

ベッドでの演技、どれぐらいする?【女性300人の本音】Peachy

セックスが終わった後に、女性から「もう1回」とおねだりしてきたことはありませんか?

「なんだなんだ?可愛いところあるじゃないか。そんなに気持ちよかったの?しょうがないなぁ…(ベッドイン)」と思うところですが、実際のところは「イケなかったからちゃんとイカせてほしい」という気持ちの表れかも…?

女性が演技をする理由3選

早くセックスを終わらせたい


「イク!イッちゃう!もうダメ!ねえ、一緒にイッて…?ほら…。早く…。」と喘ぐ女性。「一緒にイキたい」という気持ちで言っている可能性があるので一概には言えませんが、そのようなときには「ほら、とっととイッてとっとと終わらせなさいよ?」という気持ちで演技している可能性があるようです。

「気持ち良くないし、イケる気もしない。気持ちも乗らない。でもセックスしないのは不自然。そんなときはちゃっちゃとイカせて終わらせちゃう。(29歳女性/OL)」
「彼氏とのセックスは嫌いじゃないですよ、彼氏のこと好きなので。でもイッたことはないですね。どうせイケないって思っちゃうから演技をして早くイッてもらって、そのあとイチャイチャするのを楽しみます。(26歳女性/歯科衛生士)」

彼を喜ばせたい


まさに「愛しさと~切なさと~心強さと~」ですね。「彼のことが好き、だからセックスで喜んでもらいたいから演技をしちゃう。

でもホントはイケてない。」という女性。愛ゆえの行動であるのに、男性にとっては喜ぶべきなのかどうか迷ってしまうという…。

女性に気を使わせてしまっているのは、男性側としては切ない事実だと思います。それを解決する方法はただひとつ。女性をイカせてあげるのみです!

彼のプライドを傷つけたくない


「彼氏のことが好きなのにイケない」と悩んでいる女性は多いようです。

オーガズムに関しては物理的な刺激で達するもの…。「イケないこと」で彼氏のプライドを傷つけてしまわないように配慮して演技をしている女性は少なくないようです。

社会的に「セックスの上手さ」が話題にのぼることが多いので、男性としては「セックスが下手」と言われたく(思われたく)ないですよね。それに対する配慮。愛ゆえです。

これは演技!女性が本当はイっていないときの特徴4選

イクときに体に力が入っていない


女性はオーガズムに至る直前、手足に力が入ります。男性も射精の直前は手や足に力が入りますよね?そういった感覚です。

セックス中に女性があなたの腕や枕、シーツなどを掴み、その力が強くなっていると感じたことはありませんか?

それはオーガズムに達する直前に力が入るからです。そのため力が入っていない状態で「ヤバい!イク!」と言っていたら演技と考えられます。

とはいえ。女性はオーガズムに至ったあとには脱力するので注意してください。力が入っているかどうかで見極められるのはイク前に限られます。

イッた後に放心状態で脱力している女性に「今の演技?」などと言わないであげてください。女性の心を傷つけてしまう怖れがあるので…。

イった後に女性器が痙攣していない


女性はオーガズムに達すると女性器が痙攣します。とはいえ、痙攣の仕方はそれほど激しくないので、しっかりポイントを押さえてください。

女性器の痙攣を確かめるためのポイントは「女性器が締まること」「女性の股(毛が生えている部分)が小刻みに震えていること」の2点です。男性も射精する直前に男性器に力が入り、射精するときとその直後に男性器が「ビクンビクン」と痙攣しますよね。それと同じようなものだと考えてください。

また裏を返せば、女性が「イク!」と言ったときには女性器が締まるまでイッてはいけないということ。

女性がイッてから射精するということを意識してみてください。臀部(でんぶ)に力を入れ、女性がイクまで射精しないようにグッと堪えましょう。

イク時に長い文章を話す


「ヤバい~イッちゃう~!気持ちいい~!ああん!ああ!もうダメ!我慢できない!ねえ、一緒にイッて?ほら、ねえ。イッて?イッて~!」と叫ぶ女性がいるとします。

ずいぶんと余裕があるように見えます。単語が多すぎますから…。一方で「イク…!イク…!ダメ…!」と喘いでいる女性はホントにイク寸前を迎えている可能性大。それは何故だと思いますか?

オーガズムに至る直前の女性には余裕がありません。「イキそうになる→イク!と言う」といったシンプルな言葉を発することはできますが、前者のように単語の多いはっきりとした言葉は出てこない可能性が高いです。

また男性にイッたと思わせたいという思考がはたらくと、「イッたと思ってもらうため(印象付けるため)に説明するような言葉の流れになりやすく」なります。男性としては切ない限りですよね。言葉を話す余裕がなくなるまで、攻め倒してあげてください。

イったあとに乳首を触っても平気


女性はイッた直後に体の感度が劇的にアップします。

そのため「乳首」のようにもともと感度の高い部位に触れられると「ひゃん!」「はうわっ!」などと言って体が反応する可能性が高くなります。

イッた(と思われる)反応をしたときには乳首に触れてみてください。

性感帯については乳首以外にも数多くあります。

「陰核」や「膣の内部」といったオーソドックスな部位をはじめ、体の上部から順に「耳」「上あご」「鼻の軟骨」「首」「鎖骨」「わきのした」「あばら骨の骨と骨の隙間」「脇腹」「腰」「尻にある硬い部分」「内もも」「アキレス腱とふくらはぎの間の部分」などが性感帯です。

女性によって個人差があり、感じるポイントは人それぞれなので、女性のどこが感じるのかを探ってみてください。

彼女をリアルでイカせられる至極のエロテクを完全解説

1度イってもやめない


一度のセックス中に何回もイケるのは女性の特権です。イクということを「オーガズムに至る」とするならば、女性は何回でもイケます。「もうダメ…無理…。」と果て過ぎて動けなくなる女性…。はい。なんとも夢がありますね!

オーガズムは膣の内部にあるGスポットや陰核への「継続的な刺激」によっておとずれます。つまり「早くイッてしまいがち」だと女性が挿入時にオーガズムに至る前にセックスが終わってしまう可能性が高い…で、す、が。安心してください。早漏気味であっても挿入時にオーガズムに達してもらう方法はあります。

挿入時に男性器を動かしっぱなしでいたらイッてしまうのは当然です。

そうならないために、挿入時には男性器のピストン運動を休みながら、イッてしまわないように堪えますよね。

普段そのタイミングで何をしていますか?キスや言葉をかけるなど、様々だと思いますが、そこで「陰核」を指で刺激し続けるようにしてください。

男性器は攻めすぎると射精してしまう可能性が高まってしまいますが、指には限界がありません。ふふふ。また一度射精してからすぐに連続してセックスを続けるという方法もありません。

ただここで注意点があります。陰核は非常にデリケートな部位なので、「激しく触って」しまうと女性に痛みを感じさせてしまう可能性が高いので、荒々しい触り方は絶対に厳禁!女性の体をいたわってあげてください。

そのための重要なポイントは「指を(唾液や女性器の分泌液などで)濡らすこと」と「爪を切っておくこと」、「乳首をコリコリするような触り方ではなく触れたままで軽くバイブレーションするような触り方をすること」の3点です。

それらを守っていれば「痛い…最悪…」と女性をげんなりさせてしまうことがなくなるはずです。

また膣の内部に関しても指を出し入れするように触れると膣の内部を傷つけてしまう可能性が高まってしまいます。

指の最も力が入る部分(指先付近)をGスポットにあて、バイブレーションさせてください。女性をセックスで喜ばせたいときには女性の体に優しく接してこそ。それを忘れないでください。

女性のイカせ方自体はそれほど難しくはありません。

継続して休みなく女性器を刺激していればイカせられる可能性大。

女性には気持ちで感じるという部分がもちろんありますが、オーガズムに関しては物理的な刺激のほうが重要です。正しく、そして優しく女性器を刺激し、女性をイカせてあげてください!

前戯を長めにする


前戯のもつ意味は多いです。たとえば「女性の性的な興奮を高める」「幸福感を抱かせる」「挿入してほしいと思わせる」「女性の性感帯を知る」など。

とはいえ。いずれも女性をイカせるためのテクニックにはほとんど関係ありません。

イカせるために前戯を長めにすることの意味は「指や口でイカせてあげる」ということ。指や口で女性の膣の内部や陰核を刺激し、イカせてあげてください。

言葉攻めをするのも◎


長い前戯や挿入時の小休止をしていると女性が飽きてきてしまう可能性があります。

それを防ぐために、言葉攻めをしてあげてください。

女性が喜ぶ言葉については女性によって各々異なるので、女性のキャラクターに合わせて言葉を選ぶことが大事になります。

言葉攻めの例としては「可愛いね」「エロい顔してる」「イクの我慢しなくていいよ」「興奮してきちゃった」「あったかい」「ほらもうこんなに濡れちゃってるよ」「俺の体までびちゃびちゃになってるよ」などが挙げられます。

女性の好みを尊重した言葉選びをしましょう。

マンネリカップルはいつもと違う場所を攻めるのもあり


今までに女性の性感帯を本気で探したことはありますか?女性にはそれぞれ感じるポイントがあります。

それを知ることによって女性をより気持ち良くさせてあげられるだけではなく、新しい発見によってマンネリ化を防ぐことにもなるのでぜひ実践してみてください。

性感帯の探し方のポイントは3つあります。

「指先のように面積が狭く圧力をかけやすい部位で触れながら探す」
「強めに押す」
「痛くないように配慮する」
の3点です。

それらを意識して女性の性感帯を探しながら女性の反応を見てください。体がビクっと反応すれば性感帯である可能性大です。

彼女が感じる部分を攻めてイケるセックスをしよう

セックスでイケないまま終わると「生殺しかよ…」ともどかしい気持ちになりますよね?

それは女性にとっても同じことです。女性にそう思わせてしまわないように、しっかりとイカせてあげてください。女性はイカせてくれるのを待っています。

セックスのテクニックには様々なものがありますが、それらはすべて女性が喜んでくれるものであるべきです。

女性が喜ばないものはテクニックとは言えません。セックスのテクニックについて調べたり、試したりするときには女性が喜んでくれるかどうかを考えるようにしてください。

すべては女性に喜んでもらうため。それによって、体だけではなく心も掴める可能性が高まります。男女関係は心と体のつながり。どちらかだけでは満ち足りません。女性のために、頑張りましょう!